shikokuhenro さん プロフィール

  •  
shikokuhenroさん: しこくあるく
ハンドル名shikokuhenro さん
ブログタイトルしこくあるく
ブログURLhttps://ameblo.jp/shikokuhenro/
サイト紹介文四国霊場歩き遍路、寺社巡り、城郭探訪、徒然の感想や近所周りのウォーキングを書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/03/11 22:06

shikokuhenro さんのブログ記事

  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第四十拝 円城寺
  • 成就寺様を出て岡山県の県央部、吉備高原へと車を向けた。片側一車線の快適な道で三連休も相まってライダーを数多く見かけた。目指すは備前四十八ヶ寺最後のお寺、円城寺様である。ひとしきり林の中の道を上り高原へと出た。スポーツ公園の横を抜け国道429号を横切って塩定ふるさと村へと入った。ふるさと村の駐車場に車を駐めて少し歩くと高原の街がある。円城寺門前町である。往古は十数件の僧坊が建ち並び賑わっていたそうだ。 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十九拝 成就寺
  • 幸福寺様の次は成就寺様を目指し、国道53号を津山方面に向かって暫く走った。辛口峠(からこうとうげ)のトンネルを抜け旧御津町に入った。そろそろ正午である。トンネルを抜けた先のラーメン店は車が多かったので先に進んだ。以前から気になっていた”ぶたかば”の店に寄ってみた。豚の蒲焼き丼の店で三連休中日のドライブ中とあってかほぼ満席だ。一人なので空いている席を見つけて座った。カレー担々麺とのセットを頼み食した [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十八拝 幸福寺
  • 岡山寺様にお礼を述べて車を北へと向けた。市街地を少し離れ山里に来た。幸福寺様がある。駐車場に車を駐めさせて頂くと、何台か車がやってきた。法要が行われるようだ。 境内の裏手にある駐車場から正面に回り込み正門から境内へと入った。山門手水舎の龍吐境内は植栽に囲まれており庭園の中に本堂が佇んでいる、そんな風景だ。境内と本堂お寺の名の通り幸福な気分が味わえる。日蓮宗のお勤めは心得ていないので本堂前で般若心経 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十七拝 岡山寺
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺巡拝も前回でようやく4ヶ寺を残すのみとなった。10月14日まで岡山県立博物館で報恩大師備前四十八ヶ寺ゆかりの寺院展が催されている。先日、展覧会を見に行ったので近いうちに満願しなくてはならないと意を決した。体育の日の三連休、初日に高野山へ参拝の予定だったが台風25号が近づいていたので一週間先に日延べした。二日目、台風一過とならず曇天ではあるが雨の予報ではないため、報恩大師霊場巡拝もこ [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目9日目 平成30年9月16日(日)④
  • (つづき)仙遊寺様の参道を下る途中、再びお加持水を飲み、ペットボトルに水を頂き、車道から遍路道へと出た。今治市街としまなみ海道を望むこの道は風情があって好きな道の一つだ。五郎兵衛坂を下り麓へと出た。平坦な道を伊予国分寺様へと向かった。直線で結べる道があれば早かろうが、お寺への遍路道はほぼL字に歩かねばならない。また最後で切羽詰まった歩きをやらかしてしまった。自分一人ならまだしも同道者に強いるのは感 [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目9日目 平成30年9月16日(日)③
  • (つづき)陽が高くなり暑くなってきた。栄福寺様へ向かう途中、ラーメン屋さんや中華料理店があった。時間に余裕があれば、こういった店に入るのも良いだろう。出来れば伊予国分寺様を打って伊予桜井駅から帰りたいのだが、何となく時間が厳しくなってきた。難しければ仙遊寺様を打って一つ手前の伊予富田駅でも良いのだが。とにかくも栄福寺様へと向かった。栄福寺様のある丘陵の麓を歩いた。以前は未舗装の畔道で風情があった [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目9日目 平成30年9月16日(日)②
  • 台風24号で被害に遭われた方々に謹んでお見舞い申し上げます。また、これから台風が向かう地域の方々は十分にお気を付け下さい。 (つづき)延命寺様からの遍路道は狭い道ではあるが舗装されている。墓地のある丘を越え坂を下り、しまなみ海道の高架下を抜けると広い市営墓地を歩く。坂を上っていると車の女性から、あの階段を上がると近道だ、と教えて頂いた。お礼を言い、少し戻って階段の登り口を見ると、なるほど看板がある。 [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目9日目 平成30年9月16日(日)①
  • 5時20分に起床し、床に正座してお勤めした。5時半にKさんも目覚め、支度を調えた。6時に食堂に入るともう既に用意していただけていた。同宿のお二方も入ってこられたが、相変わらず会話も無く食事を済ませた。食後、宿帳に名前を書き宿代をお支払いした。容器があれば麦茶を入れていってと言われたので遠慮無く空いたペットボトルに入れさせていただいた。7時前に宿を出た。宿を出た「また泊まって下さい」と女将さん。リーズナブ [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目8日目 平成30年9月15日(土)④
  • (つづき)旧菊間町から旧大西町へと入った。瓦と製油の街から造船の街に変わった。向こうに造船所が見えた。新来島どっく、今年4月に脱走者が出て有名になった塀のない刑務所が併設されている造船所だ。大西町は中心地である大井地区と西隣の小西地区が合併しそれぞれの一字ずつを取って大西となったのだと373773さんが教えて下さった。岡山でいえば、都宇と窪屋で都窪、赤坂と磐梨で赤磐になったようなものだな。全国で拾うとそ [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目8日目 平成30年9月15日(土)③
  • (つづき)お好み焼き屋さんを出て国道を東へと歩いた。カーブを曲がるたびに小さな入り江がある。それらの集落は山に延びていた旧街道から道が通じており人馬の往来は街道まで上り下りしていたのだそうだ。面倒ではあるが海岸端が通れなかったのだから仕方ない。歩いていると少し雨がパラついた。菊間の街に近づくと瓦工場が目に付く。また今回も道端に設けて頂いているお接待所で陶器を頂いた。Kさんは”ぶじかえる”を、自分は [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目8日目 平成30年9月15日(土)②
  • (つづき)鎌大師様に着いた。休憩所にはザックがあった。歩きの方がおられトイレから出てこられた。大阪から来られたOさんで、この時には挨拶を交わしただけで、すぐに出立された。鎌大師堂本堂でお勤めし、鎌大師について由来と手束妙絹さんについて少しお話しした。妙絹さんは庵主を務めたこの境内に眠っておられる。境内の古墳の脇に小さなお墓がある。自分が最初に訪れた時には既にリタイアされていて別の方が庵主を務めてお [続きを読む]
  • 徒歩巡拝2巡目8日目 平成30年9月15日(土)①
  • 蒸し暑さがぶり返した9月半ばの三連休、再びKさんと歩きに出た。今回はいきなり飛んで伊予路である。当日出て一泊二日で巡拝出来そうな場所を選んだ。ゴールデンウィークのみではこの先何年かかるか分からない。歩けるところを歩くことにした。今回は北条から今治を歩いた。この場所を選んだのはずっと前からお目にかかりたいと思っていたブロ友の373773さんとお会いするためだ。この日一日一緒に歩いて頂けるという。とても楽し [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 寶積寺
  • 同じ石井町内には童学寺様があり、別格二番であり不動霊場十一番となっている。別格二十霊場は先達に補任された後に改めてお参りすることとして、九番寶積寺(ほうしゃくじ)様へと向かった。札所としては院号の明王院様となっている。帰る道すがらとなるので丁度良い。東禅寺様からは少し距離がある。午前中に走った国道192号を西へと戻った。阿波山川駅を過ぎて川沿いを南へ向かい、細い坂道を上がったところにお寺がある。到着 [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 東禅寺
  • さて、大山寺様の参拝を終えて3時、もう2〜3ヶ寺不動霊場を巡拝できそうなので車を南へ向けた。十三番の密厳寺様は7月に参拝しているので、十番東禅寺様へとナビをセットした。3時半頃には到着出来そうだ。大山寺様からなら八十八カ所の札所が数ヶ寺回れるのだが、今回は不動霊場のみ巡拝することにした。吉野川を南へ渡り石井町へと出た。県道30号を西へと向かい、県道を南へ折れて田んぼの中を走った。少しばかり細い道を走ると [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 明王院
  • 県道12号を東に向かい阿波市へと入った。二番札所の明王院様に着いた。陽が高く随分暑い。院号の通り御本尊はお不動様である。通称を鼠不動という。米を食い荒らすネズミを追い払うのに御利益があるそうだ。本堂本堂内の外陣でお勤めが出来る。堂内は少しでも涼しいかと思ったが、暑かった。本坊お勤めを終えると団体さんがお参りに来られていた。妙齢のマダムばかりで、ほとんどの方が先達の輪袈裟を着けておられた。門前にマイ [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 西明寺
  • 国道192号へと出て更に東へと向かった。東みよし町から美馬市へと移り吉野川を北岸へと渡った。うだつの町で有名な脇町へと入り、道の駅で昼食を摂った。昼休憩中Hさんご主人は「徳島のうどんは・・・」と言いながらもうどんを注文されていた。やはりメニューにうどんが入っているとつい注文してしまうのは、香川県民の性なのだとか。脇町中学校の横を通り、丘陵の上にある三番札所の西明寺様に着いた。不動明王石像とお迎え童子 [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 長善寺
  • 再び国道192号へと出て更に東へ向かう。次は八番長善寺様だ。JR徳島線の三加茂駅を過ぎて右折し細い道を通って境内の駐車スペースへと車を駐めた。大同3年(808年)弘法大師の開基と伝わっている。山号は駅路山である。徳島藩が定めた駅路寺の一つである。交通の要衝にあって旅人や商人などの往来者が宿を求めた場合、食事を出し宿泊させた。但し、自国の者、乱暴狼藉者、盗賊、不審者は宿泊を断り、特に不審な点がある者は庄屋へ [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 加茂不動院
  • 不動院様参拝の後、国道192号を東へと向かった。不動霊場は1番の大山寺様から吉野川北岸沿いに西に進み、箸蔵寺様の次の密厳寺様から吉野川を南岸へ渡り先ほどの不動院様から東に霊場を辿る。国道を南へ折れ坂を上ると福性寺様がある。こちらに車を駐め、本来ならば七番札所はここから2kmの山道を徒歩で登った福性寺様奥の院の加茂不動院様を参拝する。しかし、本堂裏にある遙拝所でも良いとのことだ。今回は遙拝所でお勤めをさ [続きを読む]
  • 四国不動霊場巡拝 平成30年8月25日(土) 不動院
  • 台風被害から時を経ず、今度は道央で大震災です。災害の絶えないこの国、心が痛みます。特に今年は北摂地震、台風被害と度重なる災害に遭っています。被害に遭われた方々にはお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方々のお悔やみを申し上げます。 Hさんに連絡すると既に待ち合わせ場所近くだとのこと。15分ほど遅刻して10時に合流した。いつものようにHさんの車に先導して頂き、国道32号を池田方面へと下り吉野川を渡って国道 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十六拝 長法寺
  • 真光寺の境内から車を出し、隙をぬって国道2号を右折し更に西へと向かった。伊部で国道374号を少しばかり北に向かい、今日最後の長法寺様を訪れた。お寺の前には溜池があり池の間を抜けて境内へと入った。このお寺には山門が無い。天平勝宝年間(749年 - 756年)鑑真和上の開基と伝わる。その後、報恩大師が四十八ヶ寺に加えた。しかし、昭和51年(1976年)開山1200年の碑も建っている。と、言うことは宝亀7年(776年)である。鑑 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十五拝 真光寺
  • 台風21号が迫り来ています。何事も無く通り過ぎてくれることを乞い願っています。 光明寺様を出て国道2号に戻り西へと向かった。次は備前市街地にほど近く、国道2号沿いにある真光寺様である。国道脇に三重塔が見える。西進すると右折して入らねばならず交通量の多い国道なので入りにくい。また入口を見逃して行き過ぎる場合もあるので注意が必要だ。駐車スペースが少ないので本堂前に駐めさせて頂いた。 奈良時代中期の天平11年( [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 番外 光明寺
  • 正楽寺様から車を東に走らせ、兵庫との県境の町、備前市三石町に向かった。国道2号を北に折れ少し走ると三石の市街地の西端に光明寺様がある。このお寺も報恩大師が開基であるらしいが四十八ヶ寺に含まれない。札所で言えば客番にあたる。瀬戸内三十三観音霊場第九番札所である。山号は先ほどの正楽寺様と同じである。現在は正楽寺様が四十八ヶ寺となっているが、このお寺とどちらかが四十八ヶ寺と言うことなのかもしれない。山門 [続きを読む]
  • 報恩大師備前四十八ヶ寺 第三十四拝 正楽寺
  • 4月28日に歩いて以来、ご無沙汰していた報恩大師備前四十八ヶ寺を車で巡拝した。もう足掛け3年だ。近場だからついサボり気味である。いい加減、満願しなくてはなるまい。今回は備前市内の4ヶ寺を訪ねた。まず始めに、正楽寺様である。家からブルーラインに乗り終点で降りて最初の信号を右折する。広い駐車場がありその脇に熊沢蕃山(くまざわ ばんざん)のレリーフがある。熊沢蕃山のレリーフ蕃山は江戸時代の始め岡山藩主池田光 [続きを読む]