Mumbler さん プロフィール

  •  
Mumblerさん: Mumbler
ハンドル名Mumbler さん
ブログタイトルMumbler
ブログURLhttp://calendaryamato.blog.fc2.com/
サイト紹介文トシをとると、どうしてこうも忙しいのか? 先ずは 記録してみることにしました。
自由文ブログにこそ 生きがいを見出しているシニアたちが集まりました。「ブログのまち」をめざします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/03/12 21:11

Mumbler さんのブログ記事

  • 西久保コミセン スマホ講座
  • 最終日の3日目を終了しました。初日の「メール」を復習しました。続いて2日目の「検索」「音声アシスタント」「マップ」を復習。3日目のアプリのインストールを学習。「漢字力診断」「数独」「百マス計算」などをインストール、そしてアンインストールしてみました。 [続きを読む]
  • どっとネットのアイコンをみんなのホーム画面に
  • 12/11の「上北台どっとネット・カフェ」でスマホに「東大和どっとネット」アイコンを入れました。サイトを開いておいて、「ホーム画面に追加」を するだけ。ホーム画面に、アイコンが追加されます。↓(「電源」ボタンと「音量下」ボタンを長押し、スクリーンショットで撮影) [続きを読む]
  • 市ヶ谷の防衛省をツアー
  • 「NPO法人 いきいきくにたち」のみなさんと防衛省を2時間ツアーしてきました。厳重なセキュリティを経て、赤い外套の3人の案内嬢と一人の職員さんが付き切りで案内してくれました。一部を除き、撮影自由。市ヶ谷台敷地にハイテクのビルが群立。東京裁判)の法廷となった大講堂などを移設・復元した「市ヶ谷記念館」坂や、階段を8000歩。かなりきついツアーでした。 [続きを読む]
  • 穴森稲荷ほか大田区を歩く
  • 12/8新現役ネット「歴史を訪ねる旅」に参加した。行程は、京急大鳥居駅〜自性院〜羽田神社〜大谷政吉商店〜大師橋〜赤レンガの堤防〜羽田の渡し跡〜羽田本通り〜七曲がり〜五十間鼻〜弁天橋〜天空橋〜稲荷橋〜穴守橋〜穴守稲荷神社〜京穴守稲荷駅1時半から4時まで。肌寒い12000歩の旅。大鳥居駅構内のレリーフ 昔は鳥居が見えていた「大田・品川まちめぐりガイドの会」に案内していただいた。JAL、ANA以下社長さんたちの絵馬もあ [続きを読む]
  • 星野前市長のガイドで「国分寺を歩く」
  • 星野前市長(現観光協会会長)さんがガイドさん。東京雑大一行20名が国分寺を歩きました。武蔵台遺跡⇒旧鎌倉街道⇒武蔵国分尼寺跡⇒武蔵国分寺⇒史跡資料館⇒万葉植物園⇒お鷹のみち・真姿の池⇒武蔵国分寺公園⇒「ぼんまり」で昼食。歩程11000歩。西国分寺駅からの「史跡通り」を行く先ずは「国分尼寺跡」武蔵国分寺七重塔跡史跡資料館から万葉植物園へ現国分寺からお鷹のみちに向かう「雨天決行」だったが、20度Cの日照り。ジャ [続きを読む]
  • 東久留米 くるくるチャネル交流会
  • 東久留米市コミュニティサイト運営委員会からお招きを受けて、12/1(土)に参加してきました。「東久留米くるくるチャネル加盟団体交流会」会場は、市役所内のプラーザホール。14:00 挨拶、紹介、活動報告14:20 登録団体活動紹介14:30 川柳表彰式14:45 懇親会タイム15:45 じゃんけん大会15:50 閉会の挨拶 運営委員会委員長福田さんの開会挨拶。「どっとネット」新井代表も挨拶毎年、テーマを決めて川柳コンテストホスト役の [続きを読む]
  • 小川洋子 『ことり』 を読む
  • CL読書会12月の課題なので図書館から借りて西武線車内で読了。「発達障害」と片付けられそうな兄弟の穏やかな生活。淡々と、事件らしい事件もなく、書き綴った枯れた筆に感心する。ついでに他の小川洋子を借りてきた。芥川賞の『妊娠カレンダー』を読み、文庫本所収の『ドミトリイ」も。さらに『博士の愛した数式』に挑戦中。 [続きを読む]
  • 二つ目4人の競演 神保町で
  • 11月の神保町落語会は、二つ目ばかり4人の競演。4つの演題を3時間弱の熱演。今回は真打ゼロ。この落語会は隔月開催。が、真打ゼロは珍しい。今回は、二つ目でも有望株を集めた感じ。聞き甲斐がありました。柳亭 小痴楽鈴々舎八ゑ馬柳家やなぎ三遊亭歌太郎〈プログラム〉 落 語 柳亭 小痴楽  「磯の鮑」 落 語 鈴々舎 八ゑ馬 「不動坊」 ― 仲 入 り ― 落 語 柳家 やなぎ  「千早ふる」 [続きを読む]
  • 東京雑学大学 2018年12月の講義?予定
  • 参加費は、1回500円です。学生会員に入会すると、毎回資料代(100円〜300円程度)だけでご参加できます。学生会員の年会費は、5,000円です。(年度内途中入会には、割引があります。)下記のホームページに、最新の情報と会場ご案内地図を掲載しております。( してください)http://tzatudai.ec-net.jp/kaizyoumap.html開催時刻は、いずれも午後2時から4時までです。(ただし、第2木曜日の講座は、2時半から)====== [続きを読む]
  • 子規と漱石を訪ねて歩く 司馬遼の会
  • 司馬遼の会の歴史散歩。一行13名。駒込からスタート。大龍寺の子規の墓を詣でる。新装なった田端文士村記念館を見学鶯谷駅から子規庵に。終焉の間からヘチマが見える。子規ゆかりの元禄4年創業「笹の雪」で豆腐尽くしのランチ目白からバスで、昨年開館の漱石記念館へ。入り口の漱石像を背景に集合写真を撮った。再現された漱石山房 作家生活11年のうち9年を過ごした。 [続きを読む]
  • 『ベルツの日記』を語る LC読書会
  • 11月のLC読書会で『ベルツの日記(下)』を発表。下巻は、ベルツ博士、日露戦争真っ只中の記述。まさに、『坂の上の雲』に対応する。滞日29年のドイツ知識人の冷静な筆。貴重な記録だが、長男トク・ベルツの「編集」によるひずみが勿体ない。不肖の息子、トクに悩まされるベルツ夫人、ハナ。シュミット・村木の『花・ベルツへの旅』に詳しい。よくできた花にすっかり同情した。 [続きを読む]