Mumbler さん プロフィール

  •  
Mumblerさん: Mumbler
ハンドル名Mumbler さん
ブログタイトルMumbler
ブログURLhttp://calendaryamato.blog.fc2.com/
サイト紹介文トシをとると、どうしてこうも忙しいのか? 先ずは 記録してみることにしました。
自由文ブログにこそ 生きがいを見出しているシニアたちが集まりました。「ブログのまち」をめざします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2014/03/12 21:11

Mumbler さんのブログ記事

  • 『市報』に動画が載っている!
  • 『市報』で動画が配信されています。『市報』にスマホをかざすと、音声と動画が見られます。『市報』2018年9月15日号無料のアプリ、「HP Reveal」をスマホにインストールします。その方法は市役所ホームページにあります。↓https://www.city.higashiyamato.lg.jp/index.cfm/36,90471,384,667,html [続きを読む]
  • アレ、うちも半分が浸水する!
  • 『市報』のQRコードにスマホかざすと、拡大地図が出てきました。浸水予想地域が色分けされています。まさかと思ったのですが、うちも半分が20〜50センチ浸水の予想。床下まで来そうですね。確認しておきましょう!『市報』2018年9月15日号「QRコードリーダー」をインストールすれば、スマホで、このハザードマップが見られます。 [続きを読む]
  • 東大和市ってどんなまち?
  • 市役所の公式ホームページに出ていました。「東大和ってこんなまち」と説明するのにピッタリ。「こんなまちに住んでます」と言ってあげましょう!トップページの中央に出ています。カンタンに絵で説明するなら、左側。URLはhttp://www.city.higashiyamato.lg.jp/suumo/15分40秒の動画を見てもらえるなら、右側。下面いっぱいでみるなら、下記URLを 。https://youtu.be/aUku28fwg34老友たちへの年賀状にコレを入れてやろうか [続きを読む]
  • なんがい児童館で潜望鏡をつくった
  • 女児6と男児9、計15名が参加。潜望鏡工作の前に波としての光の性質を勉強。直進性、反射角など。入射角と反射角が等しいことを実験。ほかに光の屈折、フィルター、プリズムによる実験も。潜望鏡の筐体を組立てるセロテープでとめる一対の鏡を入れてセロテープでとめる完成!3階建ての潜望鏡!指導は、狭山ガリレオ・クラブのおじさんたち。キット提供はキーサイト・テクノロジー社でした。 [続きを読む]
  • 「アプリを楽しむ」スマホ講座
  • 西久保コミセンで「アプリを楽しむ」講座始まる。受講生のうち、1名はiPhone、4名が「らくらくスマホ」「かんたんスマホ」「シンプルスマホ」とばらけている。いずれもが一筋縄ではゆかないのだ。違ってる。アプリをインストールするのに手順がバラバラ。戸惑いながら、個別に対応。WiFiの設定からして決して「シンプル」ではない。参った、参った。 [続きを読む]
  • パワポいろは 東京雑大PCサロン
  • パワポの特訓を開催。パワポの「いろは」はコレ。その1.「デザイン」→「スライドのサイズ」を「標準(4:3)」にする。デフォールトでは「ワイド画面(16:9)になっている。その2.「表示」→「スライドマスター」でフォーマットやフォント、サイズなどをレベルごとに予め設定してしまう。スライド1ページごとに手を加えなくても統一される。 [続きを読む]
  • 水野靖夫 『勝海舟の罠』を読む
  • 図書館に返さなきゃぁと思って急いで読む。海舟といえば、西郷との「江戸無血開城」談判。が、これは海舟の大ボラ。実は慶喜から直接頼まれた山岡鉄舟の満塁逆転ホームラン。徳川の家名存続、慶喜の備前お預けを撤回させたのも、鉄舟。あとがき p281に「勝の「功績」と思われるものをピックアップすると、コピペの「海防意見書」提出、殆ど船室で寝たきりの「咸臨丸」渡米、僅か十ヶ月で閉鎖の「神戸海事操練所」設立だけである。 [続きを読む]
  • 『賊軍の昭和史』を読む
  • 「官軍が始めた昭和の戦争を賊軍が終わらせた」という刺激的な副題がついています。お二人の調べ上げた陸軍、海軍の派閥争い。軍縮会議、2.26事件、満州事変、三国同盟などなど、軍に操られたまま漂った日本。半藤の書いた、敗者から見た『幕末史』『仁義なき幕末維新: われら賊軍の子孫』を思い出している。今度は昭和史だ。 [続きを読む]
  • ベルツ夫人、花さんの生涯
  • シーボルトの息子についての記述が出てくるというので、岩波文庫『ベルツの日記』を読みだした。これが滅法おもしろい。東大医学部を実質創設し29年間滞日、大正天皇の侍医、岩倉具視の死をみとるなど。ベルツの名は、もっと知られていい。上巻は、明治9年着任から日露戦争前夜まで。国際結婚のベルツ夫人、花の出自を追って在独の著者の執念が凄い、ここまでやるか!シーボルトの息子を追っかけているうちに、こんなところまで来 [続きを読む]
  • スマホでロボットを動かす 遊友会で
  • 5/28南街公民館パソコンクラブ遊友会で、スマホでロボットを走らせてみました。ロボットは通販で購入して組立てた「mBot」です。光や、超音波検出機能つきで、スマホでプログラムが自由に設定できます。無線(Bluetooth)で遠隔操作してみました。私のスマホには「mBlock Blockly」をインストール(無料)ステップバイステップがわかりやすく、2020年からのプログラミング正規教科化に備えたこどもの学習にフィットしています [続きを読む]
  • 金原ひとみの『マザーズ』を読む
  • 昨年の話で恐縮。LC読書会の9月課題作品。我慢して読了。が、なんて汚い作品か。どうしてこんなのが、課題作品に選ばれたのか。「芥川賞作家」の肩書からか。清涼作品で禊ぎをしたいので、青木玉の『小石川の家』を探し出して読み始めた。幸田露伴にしごかれた昭和に生きる「明治の女性」のなんと対照的なことか。 [続きを読む]