purupuru さん プロフィール

  •  
purupuruさん: 目指せ有段者!将棋初心者の上達日記
ハンドル名purupuru さん
ブログタイトル目指せ有段者!将棋初心者の上達日記
ブログURLhttps://www.syougisyosinnsya.com/
サイト紹介文将棋初心者が有段者を目指すブログ。級位者の管理人が日々の練習記録などを綴ります
自由文級位者の管理人が、基本的に日々の練習記録を綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/03/13 22:02

purupuru さんのブログ記事

  • 【将棋ウォーズ三段に一発入る】相中飛車で端攻めから穴熊崩し
  • 少し前の対局ですが将棋ウォーズ三段に一発入った棋譜を載せます。達成率が65%だったので、偽物の三段ではないですよね。相中飛車でこちらは美濃囲いに組み、相手は穴熊だったので端攻めを開始。しかし相手の桂馬もはねて来て対応を間違えると紛れると感じ、相手しないで一気に攻めかかる。角も切って敵陣突破。粘られるものの寄せていき詰みました。初めて3段に勝ったので自信になりました。棋譜棋戦:将棋ウォーズ(10切)持ち [続きを読む]
  • 【将棋DVD】攻めて強くなる戸部流中飛車の感想【次の一手】
  • 先手と後手、相振り飛車に対応しているDVD付き中飛車定跡本DVDはおまけではなく、DVDで出てきた形を見て覚え、次の一手を解いて強くなるように作られている。初心者は定跡を理解し記憶にするのが得意ではない方が多いと思うので画期的な本だと思う。管理人では将棋ウォーズ1級達成率56%だったころから、初段に昇段するのに効果があった本です。定期的に見て解いて強くなる本でした。第1章 先手5筋位取り第2章 先手中 [続きを読む]
  • 【級位者向け】よくわかる振り飛車穴熊の感想|佐藤和俊著
  • 居玉棒銀から相穴熊までの持久戦まで級位者に多く出てくる形をフォロー本書は三間飛車と四間飛車を扱っており級位者でよく出てくるけどどう指したらいいかわからない形も多く載っています。第1章 四間飛車穴熊第2章 三間飛車穴熊第3章 穴熊の終盤講座第1章 四間飛車穴熊居玉棒銀編対急戦編山田定跡玉頭位取り対銀冠相穴熊対矢倉第2章 三間飛車穴熊対急戦対持久戦相穴熊後手番作戦石田流穴熊第3章 穴熊の終盤講座穴熊の [続きを読む]
  • 【対持久戦と藤井システム編】四間飛車を指しこなす本〈3〉の感想
  • 対玉頭位取り、5筋位取り、左美濃と藤井システム編持久戦の中でも指し方を知らないと互角以上に戦えない『玉頭位取り』『5筋位取り』『左美濃』が載っている。そして『藤井システム応用編』これが全部の定跡ではないですが、これだけ知っていればそれなりに指せます。全3巻全てマスターすればアマチュア4段の力がつく内容第1章 藤井システム応用編第2章 左美濃完全撃破第3章 5筋位取り第4章 玉頭位取り第1章 藤井システム応用 [続きを読む]
  • プロ合格の原動力! 今泉の勝てる中飛車の感想|今泉 健司 著
  • 勝てる将棋、勝てる戦法の内容更新版で急戦対策も網羅以前感想を書いた【最強アマ直伝】勝てる将棋、勝てる戦法の続編です。自戦記と対急戦対策が書いてあり上達コラムも載っています第1章 中飛車対三間飛車第2章 中飛車対向かい飛車第3章 相中飛車第4章 中飛車対角交換型第5章 中飛車対急戦第6章 中飛車対一直線穴熊第1章 中飛車対三間飛車小林流第2章 中飛車対向かい飛車第3章 相中飛車先手左玉の変化第4章 中飛車対角 [続きを読む]
  • 【対居飛車穴熊編】四間飛車を指しこなす本2の感想|藤井 猛 著
  • 指しこなす本2は対居飛車穴熊と藤井システム基本編プロローグではなぜ4枚穴熊に組ませない方がいいのかが書いてあり、組ませる前に仕掛けるというのが本書の内容第1章 角交換挑戦型第2章 56銀速攻作戦第3章 66銀型四間飛車第4章 48飛戦法第5章 藤井システム基礎編第1章 角交換挑戦型第2章 56銀速攻作戦第3章 66銀型四間飛車第4章 48飛戦法第5章 藤井システム基礎編感想角交換挑戦型は相手が船囲いにしないで [続きを読む]
  • 【最強アマ直伝】勝てる将棋、勝てる戦法の感想|今泉健司著
  • 対居飛車穴熊と角交換型、対四間以外の相振り定跡本まだアマチュアだった今泉健司さんの初めての定跡本先手中飛車の定跡本ですが条件付きで向かい飛車の指し方も載っています。第1章 角交換型第2章 相中飛車編第3章 対一直線穴熊第4章 左穴熊の戦い第5章 向かい飛車編第6章 次の一手第1章 角交換型第2章 相中飛車編△44歩型△64歩型△35歩型第3章 対一直線穴熊美濃囲い編相穴熊編第4章 左穴熊の戦い対三間飛車 [続きを読む]
  • 後手番で勝つ!中座の横歩取りの感想|中座真著【3つのG使い分け】
  • 後手番で勝つ!中座の横歩取りは後手目線の本作戦選択を体系的にまとめ、攻め手筋のパターン化されている暗記に頼るのではなく、方針がしっかりしているので分かりやすい。そしてこの本は後手目線の横歩取り本ということ。普通の相居飛車本は先手と後手どちらにもかたいれせず、互角、もしくは先手ないし後手やや良しとなるが本書は後手が作戦勝ちや優勢になる変化が多い。序章  現代横歩取りの概要第1章 G7 △7二銀第2章 G6 [続きを読む]
  • これだけで勝てる 三間飛車のコツの感想|大平 武洋著
  • この本は先手後手、急戦、持久戦の指し方が載っている中飛車を指すときに振りなおすことがあるので三間飛車本を購入。四間飛車とは違った進行になることがとても面白いこのシリーズの特徴で三つのコツがあり、方針が分かりやすいので迷わずに指すことが出来る。1章から6章まであります第1章 三間飛車三つのコツ第2章 急戦対策先手と後手第3章 居飛車穴熊対策先手と後手第4章 左美濃対策先手と後手第5章 囲い別攻め筋第 [続きを読む]
  • 【将棋ウォーズで初段に昇段】ゴキゲン中飛車対ツノ銀雁木
  • あけましておめでとうございます。昨年12月下旬に将棋ウォーズで初段に昇段しました。リハビリで指していたら、あれよあれよという間に達成率が上がっていき、4連勝でウォーズ初段になりました。一回95パーセントから70パーセントまで戻りましたが、その後連勝を重ねて目標達成しました。2015年の新年の目標がウォーズ初段だったのでずいぶんかかりました。このブログの目標は有段者ですが、とりあえず町道場初段、次に24初段、最 [続きを読む]
  • 【中飛車対石田流右玉】スカスカ自玉で対振り風にも狙いを消して指す
  • 序盤、駒組の段階で狙いが分からなかった。途中で右玉や角換わりのような形で慎重に駒組を続ける。22手目あたりで普通ではないと感じて早囲いから銀を援軍に送る。26手目、意表な飛車回り・・・この形で回ってくるとは考えていなかった。その後、玉がスカスカになり囲いと呼べるものではなくなった。仕掛けてからアクセル全開で攻めていく。大駒を捌いて2枚替え、そして飛車を成り込んだ。85手目くらいから寄せに入る95手目から72 [続きを読む]
  • 【43戦法対78金型】32飛に22角成の変化で指し方一例
  • 今回は32飛に22角成の変化を載せます。大抵は居玉を避けてから角交換とか24歩で仕掛けるのが多いかと思います。この戦法のいいところは急戦にも持久戦にも強いところ。ただ、全く知らない状態だと指しこなすのが難しいので、指し方の一例で参考になれば。本譜は43戦法に78金型でした。78金型って囲いづらいので自分では相居飛車で使うぐらいですね。おそらく角交換しやすいようにということでしょうか。32飛に22角成と来てから同銀 [続きを読む]
  • 【中飛車の糸谷流右玉対策】石田流に組み替えて桂頭狙いから玉頭攻め
  • 中飛車対右玉での一局。中飛車で有力だと思っている右玉対策の一つ右玉だと分かってから対右玉用の駒組に。囲いは美濃囲いで、出来るだけ端歩は突いておく。右玉を指したことがあるので分かるが、右玉側としては玉側の端歩は省けない。もし突き返してこない場合は詰めておこう。この端歩の意味は後に分かる。飛車を振りなおして桂頭の歩を交換したら浮き飛車にする。石田流に組み替えたら58金左と締まって本美濃囲いにするのもい [続きを読む]
  • 【2手目52玉!?】5筋を集中砲火【中飛車対ウキウキ飛車】
  • 5筋位取り中飛車から相手の指し手がおかしいなと感じ始める中住まい〜金開き。ここらへんから歩交換して浮き飛車に構える普通の将棋ではない力戦のため、85歩には75歩で8筋を守る。次の手がやはり浮き飛車。いつもは浮き飛車目くらまし表記だがいつも同じでも何なので、本譜はウキウキ飛車で進める76飛と転換し石田流に組み替える。そこから美濃囲いを目指す。相手の駒組は進展性がないため手待ちと揺さぶりくらい。隙を見 [続きを読む]
  • 【遊び駒は活用せよ】先手中飛車対飛車先不突き超速矢倉
  • 見たことのない指し方の将棋になったので、考える時間は使ったと思う。正確には既存の戦法の組み合わせではあるが、初めて。まず角道を止めた矢倉模様で、73歩から64銀で超速のような手、囲いはカニ囲いから矢倉囲い、そして引き角から攻めの形。こちらは77角や89桂馬が遊んでいるので、格言どうり活用する。形だけ見れば糸谷流右玉に似ている。力戦では出来るだけ知っている形に持ち込むように考えている。角頭を攻めてきたので流 [続きを読む]
  • 【中飛車対角道不突き65歩早仕掛け】攻めを抑えながら駒得し捌き
  • 中飛車の実践では、位を取らせる5筋位取り中飛車が増えた昨今指しこなす上で壁になるのが、対急戦ではないかと感じる。というのも、持久戦であればお互い組み合うことが多くなるので、簡単に抑え込まれたり、潰されることが少ないから。中飛車の定跡書では対急戦は書かれていることが多いので安心していた。しかし、全てを網羅しているわけではないので、当然見たことのない指し方はある。本譜がまさにそんな指し方で、65歩早仕 [続きを読む]
  • 【糸谷流右玉対居玉ツノ銀中飛車】4筋制圧も2枚替えから手筋で優勢
  • 右玉を指していた時に対ツノ銀中飛車があったので載せます。基本的な指し方は相振り飛車で左玉戦法 居飛車で右玉戦法 (将棋最強ブックス)で対応できます。これは、金開き、ツノ銀でも英ちゃん流でも原始中飛車でも同じなので参考になりますよ。さすがに端角は少し考える必要はありますが、(破壊力がある奇襲戦法なので)というわけで、最初金開きかなと思ったので注意して指しました。47銀から何か変だなと感じて、37桂と跳ねたと [続きを読む]
  • 【角交換左玉対三間飛車】筋違い角のダンスから受け切って詰ます
  • 本譜は角交換右玉対三間飛車です。基本的な指し方はとっておきの右玉 (マイコミ将棋BOOKS)ですが、載っているのは対向か居飛車と四間飛車。なぜかというと争点が出来ずに結局振りなおすからみたいですね。というわけで対中飛車と対三間飛車は割愛されています。時間を使って指せば右玉、左玉の指し方で問題ないと思います。番数こなして経験値を貯める感じ。本譜、角を追われる展開になったが、するする逃げて馬を作り玉の堅さを活 [続きを読む]
  • 【右玉対2筋突き捨て型端棒銀】受けの練習に最適だった将棋
  • 右玉にしようとしたら居玉の速攻原子棒銀。もはや急戦というよりは奇襲に入りそうな感じになっているいつも通りに組んでいこうとしたら2筋を突き捨てて端棒銀。右玉を指していて初めて見た変化。角道を止めたらやられることは多いが、右玉では初めてだと思う。95歩を取ると銀が出てきてお手伝いになるので、取らないでさばきを考える。98歩と打っておいてひとまず安心と思ったら95銀。ただ、金を上がっておいてなんともない。角を [続きを読む]
  • 【都成流対居玉原始棒銀】詰ろだったので駒得を生かして寄せ返し逆転
  • 久しぶりに都成流。対居玉原始棒銀は初めてでした。飛車先止めてから逃げ道を間違えて王手飛車を喰らう。ただ、紐はついているので飛車角交換に終わる。 ミスで角損。飛車を抑えたところで角を打っていく。勘違いで成捨ててしまうも、田楽刺しが入る。馬と飛車が自玉の近くにいる状態だったので、下手に受けると間違えると感じ、時間も気にしていたし、大駒2枚に金銀2枚ずつ。寄せの手を考えていたら寄りそうだったので、駒 [続きを読む]
  • 【角交換糸谷流右玉対中飛車】打ち込みの強さを生かして大駒交換
  • だいぶ前に指した棋譜。角交換右玉で相手が中飛車に振ってきたので、糸谷流にした将棋。多分珍しい形ですよね。とっておきの右玉には載っていないので、とりあえず自分が 知っている形にしましたが・・4間や向かい飛車にされることが多いです。銀冠に組み替えてきたので玉頭狙う。飛車浮きで受けてきたのですが、65角があって飛車銀両取り。飛車が逃げると金がタダ。リカバリーで角を打ちますが、自陣は角の打ち込みに強いので [続きを読む]
  • 【右玉対美濃囲いの浮き飛車めくらまし】壁金を咎めるように寄せる
  • 久しぶりに10秒将棋を指しました。読みが早くなっているかの確認を兼ねてですが、10秒に慣れていないのと相手が奇襲?B級戦法だったので、いつもより慎重に指した結果、手渡しのような手がいつもより多くなっていますね。10秒や3分切れ負けでは中盤で悪くしてしまうと巻き返すことは出来なくなるので仕方ない。本譜は浮き飛車目くらまし。しかも片美濃囲い。以前指されたことがあるのでびっくりすることはなかったですね。 [続きを読む]
  • 【横歩取り33角型空中戦法】2017年指し始めを勝利で飾る
  • あけましておめでとうございます。2017年になりました。新年早々将棋学習しています。新しい定跡書も買い、読み込みながら並べていたら、以前より指し方の幅が広がりました。指しはじめは将棋ウォーズです。1級になってから新戦法を試していたら達成率が少し下がりましたが持ち直しました。切れ負けばかりやっていると指し手が荒くなりやすくなるというデメリットはありますが、長めの詰将棋をやりながら中終盤に時間を使う指 [続きを読む]