えむえむ さん プロフィール

  •  
えむえむさん: えむえむダイアリー
ハンドル名えむえむ さん
ブログタイトルえむえむダイアリー
ブログURLhttps://ameblo.jp/pingu37
サイト紹介文フリーランサー・えむえむのブログ。夫婦でSOHO(翻訳・DTP・校正)。青色申告ネタも連載しています。
自由文信州のまんなかに、夫&鳥さんたちと暮らすえむえむです。夫婦2人してフリーランスで自宅でお仕事。主に翻訳やDTP・校正業務を請け負っています。税理士事務所勤務経験もあるえむえむが、フリーランスの経理についても連載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/03/13 23:03

えむえむ さんのブログ記事

  • ゼリージュ☆2作目は大好きな色合わせで
  • ブログでもよく書いているように、えむえむの好きな色はピンク系洋服も気づくとワインレッド(えんじ色と言うと夫に笑われます)ばかり揃えてしまいます。 モロッコの伝統的なモザイクタイルをポーセラーツで表現した技法。1作目はモスクのイメージで青系統でデザインしましたが、今回は自分好みに染めてみましたそれぞれ合う色のフレームに入れて飾っています。 上絵の具の色ごとの特色や制限などもあらためて勉強になりました。 [続きを読む]
  • 父の想いをつなぐリメイク
  • 断捨離ねたの続きで、今日は義父の手づくり作品をご紹介します。典型的な松本手まりとひし形の吊るし飾りです 40代半ばで亡くなった義父が、病室で作り上げたものだそう。どんな気持ちで手を動かしていたのだろうと思うと切なく、いつも見えるところに飾ってあげたいと願うようになりました。とはいえ元々が、ザ・和風のデザイン吊るし飾りはこんな大きさです。洋室にも合うようなアレンジが浮かばず、駆け込み寺もとい花空間ロー [続きを読む]
  • カルトナージュのペン立て
  • ここ数回えむえむ家の断捨離ネタが続いたのは・・・実はここ数年内に信州→神奈川へ引越しします夫の転職先が見つかればすぐに、見つからなければ定年まであと2年働いてから(夫の中では55歳定年)というゆる〜い予定ではありますが。横浜や鎌倉、見どころいっぱいで楽しみです 引越しを控えているので、最近の手づくりごとは実用的でコンパクトなものを中心に楽しんでいます。 こちらは市販のペン立てを布地でデコカルトン(厚紙) [続きを読む]
  • 結婚記念日を祝って?ポーセラーツの写真立て
  • えむえむ家の断捨離も、ようやく落ち着きました片付けの手をついつい止めてしまうのが、昔のアルバム白黒ながら味のある昭和初期の写真はサイズもまちまち。それがカラーになり、L判に統一したかなと思ったらパノラマサイズが出てきたり。そしてデジカメのデータを保存する時代を経て、今はスマホで撮影してSNSにアップ。時代の変化に思いを馳せるひとときでした そんな今どきの事情に合わせたのでしょうか。正方形サイズの可愛 [続きを読む]
  • 汗と涙の初ソウタシエ作品
  • 先日は国技館で大相撲観戦を楽しんできました。横綱・大関が揃っていると、こんなにも盛り上がるのねと、しみじみ相撲は、音楽とともに子どもの頃から続いている趣味です。一方、手作りごとはここ数年始めた分野なので、今は新しいアイテムを探すのに夢中なのです そんな好奇心で見つけたのが今回ご紹介する、ソウタシエ。 日本でもじわじわファンが増えているようです。まずは体験 とフェリシモキットのネックレスを作ってみま [続きを読む]
  • スイーツも惣菜にも合う☆珊瑚柄の角皿
  • 暑い夏。えむえむ家では急ピッチで断捨離が進みました。10歳年上の夫は50代。少し早めですが、セカンドライフを楽しむために準備中です。 というわけで、久々のブログ更新 ポーセラーツで作ったサンゴ柄の角皿です。スプーンもお揃いで スイーツ用に作ったのですが、シュウマイをのせたり(中華似合います)朝ちいさなパンをのせたり(程よいサイズ)何かと重宝しております オマケ夫の実家の箪笥からこんな発見が義父の出征旗で [続きを読む]
  • 繊細なレースを描く☆ポーセラーツブラッシュアップレッスン
  • 最近の御用達だったローラアシュレイ。今夏に日本撤退してしまうので、先日は横浜のお店で最後の買い物を楽しみました。レース使いや花柄の雰囲気が大好きでした。。しばらくはブランド難民になりそうです こちらは何度もレッスンに通ってじっくり完成させたポーセラーツの作品。「岸田周子先生考案のプラックレース」です。 優雅なレース柄を白磁で再現できるなんて感動ひとしお描く、削る、塗る、たたくさまざまな技法が学べる [続きを読む]
  • 市松模様で和洋折衷のお茶碗
  • こんにちは。ボクはえむえむ家の文鳥、くるみです大好物はお米。えむえむさんが健康のために食べている玄米「金芽米」がすごく美味しいんだ。 今日は、えむえむさん達がお米を食べているうつわを紹介するよ。「お茶碗」って言うらしい。えむえむさんが手づくりしたんだって。 内側はほんのり桜色ボクは桜文鳥だけど、羽が生えかわって、お腹の桜色がなくなっちゃったんだよ。この模様も、かっこいいな〜 あー。お腹すいてきちゃっ [続きを読む]
  • 気持ちも涼やかに☆白バラのスワッグ
  • 座右の銘、というほどではありませんが、折にふれて思い出す言葉があります。20代の頃、上司のおともで訪ねた銀座のクラブでママさんに言われたこと。「女性はね。きれいなものを見て生きていかなきゃだめよ」70歳近いママさんの言葉には、心をつかまれるようなパワーがありました。それから20年、きれいごとばかりじゃない世の中を生きてきたけれど、それでも常に「こうありたい」と願い、目指すところはその言葉だったように思 [続きを読む]
  • スカラップリム&花文字の手作りプレート
  • アメブロのハンドルネーム「えむえむ」の由来は、イニシャル。結婚してM.M.になりました。旧姓はベスト3常連のありふれた苗字でしたので、子どもの頃からファーストネームで呼ばれることが多かったわたし。「M」は愛着のある文字なのです。(プリプリの歌も好きです) 今回、そんな「M」への愛をこめた作品をつくりました。ブラッシュアップレッスンでスカラップリムをあしらったプレートに花文字でワンポイントお気に入りの素 [続きを読む]
  • 大好きなジュイ柄?スツール作りでリラックス
  • 最近毎週観ているBSの番組「偉人たちの健康診断」 歴史上の人物の体調や性格、死因などを史料から読み解き、歴史学者と医療関係者が同席するという、なかなか興味深い企画です。先日は、伊達政宗が茶道具の手作りを趣味としていた話を取り上げ、ある程度手が慣れた作業はリラックスと達成感が得られ、ストレス解消になると解説されていました。 なるほど日頃ついつい没頭してしまう私の行動、その裏付けがとれたようで安心しまし [続きを読む]
  • 絵の具でやさしい色合い?ミニフラワーベース
  • 東京から親戚が訪ねてくれたので、初夏(というより夏真っ盛り)の安曇野サイクリングや上高地ハイキングでおもてなし。信州に移住した頃の新鮮な気持ちを思い出し、久しぶりに自然を満喫しました こちらはやさしい緑でいろどった、ポーセラーツの作品シーズンレッスンにて絵の具で作成した、ミニミニフラワーベースです。ほんとうに小さな、手のひらサイズドライフラワーを挿して、母の写真コーナーに飾ってみました。ほんのり緑 [続きを読む]
  • UV対策に強い味方☆ビーズのグラスコード
  • えむえむが住む松本は、紫外線の多さで有名なエリアIターンして初めての夏、東京と同じ感覚でお散歩したら1時間で肌が痛くなったことがあります夏の訪れがはやい今年はGW前から完全防備。エステに通っているPOLAで新発売のサングラスをゲットしましたブルーがかった色合いのグラスに合わせ、貴和製作所でグラスコードのレシピを見つけたので早速手づくりしたのがこちら 市販のコードは何となくマダム(塩沢トキさん)的なイメー [続きを読む]
  • 夏を楽しむ?ガラス食器と相撲観戦
  • 1年に1回あるかぐらいのお仕事繁忙期を無事に終え、昨日は国技館に行ってきました。 夏のような暑さ2階席は快適でしたが、1階は扇子がいっぱい揺れていました。TVでは分かりづらいですが、まぶしいほど明るい土俵の照明効果か、はたまた力士の気合いか、お客様の熱気なのでしょうか。地元からの応援団の声援が飛び交う中、半日のんびりと満喫しました こちらは、夏になる前にとはやめに作ったポーセラーツの食器。あまりの暑 [続きを読む]
  • トワルドジュイでインテリアを優雅に
  • 今の時代、Google先生の力を借りればたいていの困りごとは解決できるのですが・・・私が仕事で使っているソフトは、DTPや翻訳などマニアックなものが多く、試行錯誤の日々です。それでも5年近くかけて、同じ失敗を繰り返すうちに、ようやく仲良くなってきました。時間と手間がかかるほど、愛着がわくものですね手作りごとでも、最近はじっくり時間をかけるのが楽しくなってきました。カルトナージュの箱。基本型だからこそ、よりキレ [続きを読む]
  • 初心に戻って☆ポーセラーツの鍋敷き
  • 新年度をむかえ、通勤電車もフレッシュな空気でいっぱい。20代を思い出し、ふと身がひきしまるひとときでもあります。「初心忘るべからず」手作りごとでも大切な教えだと思います。ポーセラーツのお教室では、最近絵の具作品を多く作っていましたが、久しぶりに初心に戻ってみました。平面に転写紙を貼ってつくる、鍋敷き以前カップ&ソーサーをつくった転写紙を使い、日ごろお世話になっているお友達へのプレゼントです花柄がキ [続きを読む]
  • カルトナージュでハンガーを着せ替え
  • 今週は出勤ゼロ、まるまるお休みでした納品前など忙しい時には集中して出勤、暇な時に休む お互いの利益が一致すれば、理想的な働き方だなぁと思います。 そんなわけで。。花粉症でかゆい目をこすりつつ、フレンチのランチ、美容院、手作りごとなど、のんびり充電の1週間でした こちらはカルトナージュのレッスンで作ったハンガーです。木目のふつうのハンガーが、自分好みに変身手作りごとの醍醐味ですね自宅のインテリアに合う [続きを読む]
  • 色あそび、花あそび、春のハーバリウム
  • 2ヶ月に1度のお楽しみ。大相撲が始まりました場所中は仕事以外の用事はなるべくいれず、相撲優先の生活です。特に初日は、「少しやせたかな?」とか、「まわし変えたなー」など、テレビから目が離せません。まわしの色で違和感を感じるのは、もはや力士の身体の一部になっているからでしょうか。同じ紺色でも色合いが微妙に違ったり、肌の色との相性や、色が与えるイメージなど、なかなか深い〜要素がつまったアイテムだと思うのです [続きを読む]
  • 自宅で作るポーセラーツ作品
  • ポーセラーツも習いはじめてそろそろ1年半。転写紙だけでなく、絵の具を使う作品にもチャレンジしています。道具も少しずつそろえ、教わったワザを使って自宅でも作品づくりができるようになりました。 最近のおうち作品をご紹介します 千鳥格子のトレイ装飾がついたかわいいトレイに、レッスンの復習で、大好きな色の転写紙で千鳥格子をデザイン。格子の枠は8mm(意外と計算しやすい)、次は大きめのトレイに1cmで作ってみようと [続きを読む]
  • 細密な模様を描く☆ゼリージュ
  • オリンピックでさまざまな国から集まった選手たちの姿を見ていたら、ふと旅立ちたくなりました。ここ数年、家の事情もあり海外にはいかれなかったのですが、次の年末年始には海外の年越しが実現しそうです。 学生の頃は中近東によく旅しました。(人のやらないコトをやりたいクセは昔からです)トルコ、エジプト、モロッコ、そしてイランまで。そんなイスラム世界の芸術を表現したポーセラーツの作品をご紹介します。 今回ばかり [続きを読む]
  • 冬の京都たび ☆☆☆番外編
  • 旅行からまだひと月もたっていないのに、「また京都いきたいねー」と懐かしがっているえむえむ家です。旅ブログ最終回は番外編。冬ならではのネタではありませんが、あえて「寒さ」にもつなげてみました。 鳥さん好きスポットのこと街なかをぶらぶらしていて偶然見つけた「フクロウの森」目を輝かせて入口から離れないわたしを見かねて、「買い物してるから行ってきたら」と苦笑いの夫でした。 受付で手をアルコール消毒して、ふれあい [続きを読む]
  • パワーのみなもと☆ミモザのリース作り
  • 今回のオリンピックいつになく真剣に観ています。今日から始まったアイスダンスは、子どもの頃からのお気に入り氷上の社交ダンスと言われるように、ステップや表現力、本当に見ていて心踊る競技です。 そんなふうに元気をもらえる、今が旬のお花といえばこちら。ミモザのリース花空間ローヌ先生のシーズナルレッスンで作りました。カッティングボードにスタンプを押したり、ボタンとリボンを自由にアレンジしたり、お花以外のアイ [続きを読む]
  • 冬の京都たび ☆☆グルメ編
  • 前回につづき、冬の京都旅行ご紹介。2回目はグルメ編です。いつもながら現地で行き当たりばったりのネット検索それでもほぼハズレがないのです。京都グルメってすばらしい 今回訪れたお店はこちらすべて禁煙(またはフロアごとで分煙)なのでノンスモーカーも安心ですよ 京料理 かじ(丸太町)お店の公式サイト富山まで食べに行こうと思っていた「ブリしゃぶ」を京都で味わいました。こだわりを存分に感じられる割烹での、贅沢 [続きを読む]
  • 冬の京都たび ☆観光
  • 前回の京都旅行から1年3ヶ月。えむえむ家ではすっかりお気に入りで、今年は冬の都を堪能しました。3回に分けてご紹介します 前回の旅ブログはこちら秋の京都たび紅葉のお寺めぐり編 グルメ編 ホテル編 「京都 冬 旅」で検索するとトップにヒットするのが、「京の冬の旅」期間限定の特別公開で、今冬は初公開の場所も多いよう。個人でも拝観できますが、おのぼりさんの私たちはバスツアーを利用しました。建築・名宝をめぐる [続きを読む]
  • 隠居生活のおともに☆刺繍や編み物
  • 約1年のフルタイム勤めを終え、年明けからは月の半分出勤というスタイルになりました。在宅DTPをしていた会社にも1年ぶりに復帰し、こちらは週8時間くらいのペースで 。本当は完全在宅を目指していたのですが、まだいろいろな事情で難しいところもありましてでもこんな二足のわらじ生活、わりと性に合っています 少し時間の余裕もできましたので、、いつかくる隠居生活に向けて、刺繍や編み物など、時間をかける手づくりごとを模 [続きを読む]