寿 さん プロフィール

  •  
寿さん: スーパーカブ漫遊記
ハンドル名寿 さん
ブログタイトルスーパーカブ漫遊記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/supopopo_pop
サイト紹介文滋賀県の廃村を巡るためにカブを購入。人気のない山里を中心にカブと鉄の棺桶(車)を使って旅しています。
自由文タイトルの如くスーパーカブで巡った場所を中心に紹介していくつもりですが、カブ、ブログともに初心者のために内容的には暴走気味になるかもしれません。おっさんなので華が全くないのが目に見えるほどに明らかなのですが、それにめげることなく冥土の土産として書き綴っていこうと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供413回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2014/03/14 17:17

寿 さんのブログ記事

  • 夏目亜李とバズっちゃお!
  • 1月13日に FRESH!夏目亜李とバズっちゃお!というネット配信番組があり、岬たんが出演するということで見てみましたよ。アーカイヴがこちらで見れます。当日の出演者の皆様。左よりA級プリズナーのお二人、岬たん、夏目亜李さん、砂漠マンさん。小生は岬たん以外は存じておりませんでしたが、砂漠マンというのは名札を見る限りは番組のADのようでしたが、実質的には番組の進行をやっておられました。ゲストの岬たんとA級プリズ [続きを読む]
  • 名古屋レッドドラゴン側の池田公園に梅が咲いていた
  • 先日(1月21日)にクリトリック・リスのライヴ(ガッタガッタハニー!VOL.2)を見に行ったのですが、少し早く着いてしまったので、会場の名古屋レッドドラゴンのすぐそばにある池田公園で時間を潰していたところ、もう梅が咲いていたので周辺の風景と合わせて撮影して来ましたよ。こちらは会場となる名古屋レッドドラゴンの入っているビル。名古屋レッドドラゴンはこの建物の5Fにありました。建物正面に座っておられるお姉さんは会 [続きを読む]
  • 猫の額(庭)一応の完了
  • 年が明けてからいつも買っている花屋で、ネモフィラの苗の販売が始まったので早速ゲットしましたよ。普段は12月に入った頃に売り出すのですが、今回は一ヶ月遅かった。さすがに今回は苗の販売はないのだろう・・・と諦めていたのですが、念のためにちょくちょくチェックしていたのですよね。地元のホームセンターはガンガン潰れてしまって、どんどん家電屋に変わっていってしまっているので、お目当ての花の苗をゲットすることが難 [続きを読む]
  • 廃村谷山 7 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その14
  • 文字通りの谷川。谷山という村名の由来はそのままなのでしょうね。丘の上の家へ登って行きますよ。小生が歩いたルートは今でこそ崩れ気味ですが、かつては正規のルートだったと思われます。微妙に竹も生えているのですよね。一瞬だけ金閣寺のように見えた気がしたのですが、完全に気のせいでした。かなりむき出しの廃家ですな。外壁の崩れ具合が何やら人為的と言うか、動物の突撃系というか・・・。どちらにしても何らかのアタック [続きを読む]
  • 山神隊長主催KGB新年会ダイジェスト
  • 日付が変わってしまうので、昨日(1月20日)になりますが、山神隊長主催によるKGB新年会・・・要するに変態の集会が、大垣駅前の若の台所にて行なわれました。分かり難いとは聞いてはいましたが、ほとんどロールプレイングゲーム並の難解な場所で全然分からず、近くの交番で聞きましたよ。地元なのに(笑)ここまで来たらもう安心やろ!?と思ったあなた!それは大間違いですぞ。この地図がテキトー過ぎて方角も店舗の並びも間違っ [続きを読む]
  • 廃村谷山 6 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その13
  • 川沿いに森の中へ入っていきますよ。森の中には廃家。もしかするとかつてここらは、ある程度は木が伐採されていたものが、人が住まなくなって森に戻ったのかもしれません。まだ倒れそうではない感じでしたが、外壁はかなり痛んでいました。建物には出窓風のスペースがあります。おそらくは炊事場だったのでしょうね。壺やブロック、アルミ缶などが散らばっていました。部屋を抜けると石垣が・・・。これ道路ための石垣ではないんで [続きを読む]
  • リア充explosion-クリトリック・リス わんまん参戦! その2
  • こちらの続き。『CD交換会』のCDのネタはこちら。下ネタのナポレオン クリトリック・リスOFFICIAL SITEHAGECOREメジャー・デビュー・アルバム(2nd)適当にど田舎名古屋の街を歩いて帰って来たところで、だいたいの入場時間。すでに外に列が出来てはいましたが、その人数は7〜8人といった程度でかなり寒い状況でしたよ。名古屋なものでこんなものなのか・・・と思いつつもとりあえ中に入りました。 ライブハウスの隅っこに腰掛 [続きを読む]
  • 超歌手大森靖子 MUTEKI弾語りツアー 名古屋 千種文化小劇場より帰宅
  • 超歌手大森靖子 MUTEKI弾語りツアー 名古屋 千種文化小劇場より帰宅。いずれ詳しく書くつもりですが、自分が想定していた凄さをぶっちぎりで超えてました。凄い事は実際に見て分かっていますし、ツアー中の演奏はたくさん動画が上がっています。そんなわけで凄いと言ったって予想はつくものなのですが、まあ凄かった(笑)いきなりヘヴィ&ダウナーな、拍手すら躊躇するほど空気を鷲掴みにする演奏には、聞いていて固まってしまい [続きを読む]
  • あなたの【短所】
  • さーて、2018年初のライヴ参戦となる超歌手大森靖子 MUTEKI弾語りツアー 名古屋 千種文化小劇場に行って参ります〜あなたの【短所】:大森靖子愛が重すぎる今年はマジでキモイの王道を歩める気がする(笑)ああ大森靖子そうだよ大森靖子イエイ ウォウ ウォウあなたのツイートからわかる長所と短所あなたのツイートからラブソングを作ってみた自分でもひく・・・と自らフォローしておかないと通報レベルでキモMAXアハ〜ン〜ン [続きを読む]
  • リア充explosion-クリトリック・リス わんまん参戦! その1
  • いきなりですが、12月15日のリア充explosion-クリトリック・リス わんまん 名古屋今池ハックフィン の模様でございます。諸々の事情・・・というか時間の都合で、今回はライヴ開演の直前までの記録、明日は『CD交換会』のCDのお話、そして次回以降にライヴ本編の模様としたいと思います。もっと早く書くつもりでしたが、年末年始の諸々で忘れてしまっておりましたよ。よーく考えて見れば、18日には大森靖子様のライヴ、20日には [続きを読む]
  • 廃村谷山 5 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その12
  • 雨風のせいか庭はかなり荒れていました。窓でしょうね。ガラスが割れた後をトタンで補強したのでしょう。雨風が当たらないところはまだまだきれいです。竹が置いてあります。建物の補強に使うつもりだったのでしょうか?鍵は掛かっていると思いますが、力づくなら開きそうな戸ですね。同じ建物でも痛み具合は千差万別。外壁はきれいにペイント・・・と思ったのですが、うまく錆びて色が出たのかもしれませんな。ここは水場だったの [続きを読む]
  • 大掃除終了後のネコ軍団
  • 今更ですが、年末にお猫様のお部屋を掃除した後の猫軍団の様子ですよ。シマコ大将は片付けが完了したのを満足したのか、小生に向って「グッジョブ!」のポーズを取ってくれましたよ(笑)さすがは大将、良い身分です。大掃除中も部屋の中を荒らし続けていたハカイダーことチビスケ軍曹。「少しの間だけ大人しくしてやるぜ!」とでも言わんばかりな表情です。ずっとこの中にいてほしいものですよ。シロは良く分からない体制で寝てま [続きを読む]
  • 廃村谷山 4 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その11
  • 二日連続で同じような画像ですが、場所が微妙に違うのでご了承下さい。崖沿いの道を歩きます。今でこそ木が生い茂っていますが、かつては家々を繋ぐ主要な道だったはずです。この道から倉庫のような小屋が点在しているのが見えますよ。少し進むとかなり崩れて来ているのか道かどうか判別が出来なくなって来ました。崖には石垣の一部が見えます。何となく道っぽい・・・って感じですかね?道の高度みたいなものが分かりますかね?そ [続きを読む]
  • 本日も暴食いのネコ軍団
  • 外に置いてあるバケツの水が凍って解けないような気音ですが、ネコ軍団は朝から飯をよこせと煩いですよ。なぜか冬場はよく食べる。備蓄してあるお猫様のご飯もそろそろ底を尽きそうなので買いに行かねばなりませんよ。飯を配給してもなぜか若い衆はコタツから出ず。面倒くさいのでしょうかね?白クロのツートンカラーは性格も真逆。黒い方は物凄く大人しいもののも白い方は小便垂れるは部屋中を壊しまくるはで本当に大変です。キミ [続きを読む]
  • 廃村谷山 3 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その10
  • 秋の空の美しさは別格ですな。もう完全にお忘れだと思うので、念のために書いておきますが、2015年10月17日の記事ですよ〜。フル杉。ススキが良い感じでしたよ。穂の散り具合からすると夜間は相当寒いのでしょう。通路沿いにガードレールの残骸のようなものが置かれています。かつてはここにガードレールが取り付けてあったのかも。路地の奥は崖。崖沿いに家があるので大雨の時は大変だったのではないでしょうかね?でも人が住まな [続きを読む]
  • 廃村谷山 2 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その9
  • 村の更に奥に向ってみましょう。かなり家屋が立て込んでいるみたいですよ。とりあえず村の中心地と思われる場所でカブを停車。周りの様子を見てみますよ。こちらの建物は明らかに数年以内に建てられたものでしょうな。村の集会所ではないか?と思われます。東海自然歩道の標識が村のど真ん中に立っていました。東海自然歩道とは言っても、この奥は登山道なので注意。ラン系の植物が植えられているので、ここらはどこかのお宅のお庭 [続きを読む]
  • 猫の額(庭)の改造と大掃除
  • 年末の猫の額(庭)の大掃除と改造の模様でございます。年末の庭の整理の前に木製のプランター台の保全をしようと思ったのですが、思ったより痛みが激しくて買い替えをした方が良さげでした。実は数年前にプランター台の取り替えが必要になった時のために・・・ということで、買ったお店に同じものがないかと見に行ったのですが、すでに製造中止のようでなかったのですよね。そんなわけでわざわざ整理の前に保全をしようとか思った [続きを読む]
  • 廃村谷山 1 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その8
  • 建物があったのでそちらへ向ってみましょう。川には手すり付きの橋が架かっていましたよ。だいたいの地図川の上流方向。ちゃんとコンクリで整備されてます。山からの水なのできれいでしたよ。橋を渡ったその先にあるのは・・・村外れの一軒家といった感じでしょうか?建物はなんとか建っているという感じでした。戸のガラスが一枚抜けているのは、かつて猫が出入りしていたとか?・・・そんな理由ではないでしょうな(笑)こういう [続きを読む]
  • 廃村谷山へ 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その7
  • さてここからは未知のルートです。時山多賀林道のゲートほどではありませんが、ここも何度も挫かれた場所なのですよ。砂利道はあっという間に舗装道路へ・・・。あれっ!?って感じで拍子抜けしました。直進ルートが本命なのですが、左へ曲がる分岐もありましたよ。一応確認。こちらはかなり酷い道のようです。今回は廃村谷山へ行くのが目的ですので、とりあえずはスルーしました。もちろん次回来た時には、この分岐道も突入しまし [続きを読む]
  • 三倉〜上ヶ流林道 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その6
  • いきなりですが、天空の里、上ヶ流の入り口まで登って来ました。まだこの頃はグルーグルのMAPにも岐阜のマチュピチュなどとは示されておらず、静かなものでしたよ。人っ子一人いません。というか本当に人の姿を見たことがなかったです。この場所にカブを置いての記念撮影はいつもやってますな(笑)三倉〜上ヶ流林道の入り口(出口)付近にある小さな祠。毎度ですが手を合わせてから進みます。いい感じの林道になって来ました。ど [続きを読む]
  • 足打谷併用林道 2 〜 春日村漂泊記 初めての廃村谷山 その5
  • さて何事もなかったように漫遊記も再開ですよ。もうすでにこの連載はお忘れかと思いますが、こちらの続きでございます。ちなみにここは足打谷併用林道ですよ〜何やら監視小屋のような建物がありますな。この場所のこの日に限ってはもしかすると本当にここに監視人がいたのかもしれません・・・。路面も良くなって来たので、意気揚々と走っているといきなりのバリケード。林道を走っていればゲートが登場するのは日常茶飯事。そんな [続きを読む]