清水孝彰 さん プロフィール

  •  
清水孝彰さん: 清水孝彰の喧嘩競輪〜第二章〜
ハンドル名清水孝彰 さん
ブログタイトル清水孝彰の喧嘩競輪〜第二章〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/movekeirin/
サイト紹介文競輪予想提供メルマガ『ムーヴ』清水孝彰が、競輪に関する雑感を綴る
自由文かつて競輪予想の一翼を担った競輪予想提供会社ムーヴで、代表をしていた清水孝彰が、予想提供メルマガで復活。競輪や選手に対する思いを、熱く語ります。時には予想の参考になる呟きも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/03/18 18:50

清水孝彰 さんのブログ記事

  • 久留米熊本記念初日にて
  • 本日メインは9R、12Rでした。 9Rは、山下選手のカマシを狙って、セイヨーを信じました。 1=7から、85が厚めでしたが、2、そして近畿から鷲田の9を拾って抑えた次第。 2450円、安いですね。 最終12Rは、北の二弾が本線で、抑えで2−7を。 二車単的中も、三着萩原選手がない・・・ 思い起こせば、久留米は人気薄が三着に飛び込むパターンが多いですね。 二車単400円の一番人気が、6が三着に来ただけで、 [続きを読む]
  • 明日から久留米熊本記念初日にて
  • 今年も熊本ではなく、久留米で熊本記念。 熊本は一度だけ、選抜の時?行きました^^ 新幹線、在来線を乗り継いで・・・遠かったです^^; 滑走路を生で見ました。 そして最終日の負け戦で、四日間勝ちまで戻して、ウキウキで帰宅したのを覚えています。 熊本の競輪ファンは年齢層の幅が広く、一日も早い復活を願っています。 では久留米バンクの紹介。 久留米の印象と言えば、一番は雨! いつも雨の気がします。 とくに夜は。 [続きを読む]
  • 千葉記念最終日を終えて
  • 優勝は、佐藤博選手でしたね。 ブログの冒頭で、賛否両論と書くこともありますが、今回の千葉記念決勝においては、皆の思いは同じでしょうか。 佐藤博選手の優勝はあると思っていました。 しかし、山中選手はラスト一周フルモガキと思いましたがね! 初手が前受けで、嫌な気がしましたね。 兄の抑えから始まり、山中選手は下げて中団。 内から長島選手を突く策でしたね。 長島選手が動かず、中団狙いであっても、千葉で優勝者は出 [続きを読む]
  • 千葉記念三日目にて
  • 三日目メインは、11R、12Rでした。 その前に、本日一発目の8R。 コンリュウから、白戸選手の迷子を狙って、1−2、1−4、1−8を狙いました。 1−2から58が厚め。 雨走路の中、コンリュウが抜け出し、1−2の58で決まったと思いきや、瀬戸内三車で落車・・・・ オーマイガー! 一分程フリーズしました。 流れが悪い時、こんなレースが続きますね。 雨だけに、勝負は避けたのですが、獲れているレースを外すの [続きを読む]
  • 千葉記念二日目にて
  • 本日二日目は、4R、9R、11R、12Rがメインでした。 4Rは、千葉が元地元である北野選手の先行、番手小嶋選手の抜け出しを狙いました。 決まれば3−4が一点目で、3−〇−4を二点目で狙いましたが、3−9−2。 youの捲りは浮くと観て見切り。 9Rは、コンリュウの捲りを狙ったのですが、河野選手の牽制で力尽きましたね。 あのパターンでも結局は捲り斬るのがコンリュウですが。 初日の掛かりを見れば、仕上がって [続きを読む]
  • 千葉記念初日にて
  • 初日メインは9Rでした。 狙いは、一枠を得た伊藤裕選手。 番手は同期で大仲の神田選手。 三着も、根性マン真田丸。 1=9−43でほぼ大丈夫と観ていましたが・・・ まさかの突き抜けぇ〜。 いつもなら、1−4325−9を抑えているのに。 せめて、1−43−9を抑えるべきでしたね。 反省です。 他はC評価で狙った特選でしたが、千葉祭りでしたね! 根田、岩本の名前はないが、ほぼ勢揃いであった今節。 千葉からしてみれ [続きを読む]
  • 明日から千葉記念初日
  • 朝晩は、少し涼しくなってきましたね。 まだ私はクーラーガンガンの毎日ですが^^; 競輪も、体が資本なので、皆さんも健康には気を付けてくださいね。 さて明日から千葉ですね。 500バンクは好き嫌いがあると思いますが、私的には嫌いではありません。 500バンクの基本は、逃げ切るのは厳しいが、先手ライン有利。 力と調子が良ければ、後方になっても届く、て感じですね。 千葉は皿バンクなので、外をぶん回す捲りより、 [続きを読む]
  • 前橋寛仁親王牌G1最終日を終えて
  • 優勝は一成選手でしたね。 1番人気はシャバーニ吉田選手からでしたね。 私はなんやかんやで新田選手と思っていましたが。 レースは、岡村選手が横の甘い吉田選手の位置で粘りましたね。 深谷選手も言うように、皆が想定外の展開。 普段あんなレースをする岡村選手ではないのに、何故単騎で斬って、インネバをしたのか? G1初決勝入りが、そうさせるのか・・・ 個人的な意見を言えば、悪あがきしただけです。 獲り斬ったとして [続きを読む]
  • 前橋寛仁親王牌G1三日目にて
  • 本日三日目は、5R、6R、12Rがメインでした。 5Rは、ヨシタクから狙いましたが、三車、四車並走となり、最後に追い上げた神さんが獲り斬り。 追いかけた分、悦夫に差されて9−1−5。 単騎の渡辺選手まで競りに参加するとは思わずでした。 大勢で位置を獲りに行く場合は、競り負けた選手が追い上げてドッキング。 典型的なレースでした。 6Rは、新山選手が突っ張ったのに、ザキヤマが離れましたね。 しかも、南関両者 [続きを読む]
  • 前橋寛仁親王牌G1二日目にて
  • 本日二日目は、1R、8R、12Rでした。 朝イチからヨシタクで勝負。 アッシー兄が付いて行けば1−7ですが、狙いは師弟コンビで駈けて、池田選手の連がらみ。 1−7−9で良かったのですが、1−9−7。 二点目の3420円の厚め指示的中でした。 まだマシ。 続く3RはB評価で提供しました。 鳥と川がやり合えば、いつも泣いている永澤選手の捲り頃。 ワダケイが差しましたww 10780円の一点目的中。 厚めは押切 [続きを読む]
  • 前橋寛仁親王牌G1初日にて
  • 思っていたより平穏な初日でしたが、所々で紛れが生じましたね。 提供第一弾は、3Rのカシノドライブから狙いましたが、届かずの三着やん・・・ 鳥がスルーするまでは読めたのですが。 ならば5=3−1は要りましたね、反省です。 4Rは、おったまの先行で、シャバーニが番手から出る。 相性が良い山内選手を信じて、3=8−29が厚め、続いて5。 坂もっちゃんは、捲りと観たので、中団は阿竹。 シャバーニが出るまで踏まず [続きを読む]
  • 明日から前橋寛仁親王牌G1初日
  • いよいよ明日から、第26回寛仁親王牌 世界選手権トーナメントG1ですね! やはりこの大会は、グリーンドーム前橋ですね。 では前橋のお話しの前に、今日のF1から少し。 お昼は小田原の11R決勝のみ、勝負レースで出しました。 狙いはパーキンスが池田選手に競り勝って、ゴール前でサシコ! 三着は、日本勢で一番展開が向く鈴木選手。 7−2−3が完全一点目で、1180円の的中でした。 一番人気は、ボスの押切りでした [続きを読む]
  • 松戸記念最終日を終えて
  • 優勝は諸橋選手でしたね。 皆さん賛否両論でしょう。 私の感想、一言でいうと、「エグイ」 初手は根田選手の前受けは読めました。 ならば下げた根田選手は七番手か、切り替え遅れた選手が一人いても六番手。 捲って出た根田選手が、関東の横に来るのは1センターか2センター。 外に牽制するカミタク。 そこで、諸橋選手は内には行かないと思っていました。 まだ早い! しかし実際は、切り替えなかった単騎三車。 何と、根田選手 [続きを読む]
  • 松戸記念三日目にて
  • 本日三日目は、提供レースを三個にして、全て勝負レースにしました。 第一弾は、2Rから。 一枠得た、地元補充の蒔田スポーツ。 他に買える選手も居らず、カマシて番手の佐藤選手とマッチレース。 差し目の7−9−1から入りましたが、一点目的中。 続く10Rは、山中選手の捲りで7=1が一点目。 抑えは諸橋選手頭からフォーメーションをしましたが・・・ 1−2489−2489。 エビがない。 ジャマナカ踏んで、エビなん [続きを読む]
  • 松戸記念二日目にて
  • 今日のメインは、4R、11R、12Rでした。 4Rは、石ちゃんの一枠生かしたカマシ。 西村選手は千切れないと観て、5=7の折り返しのみ。 スジのけんちゃんを信じたのですが、迷子でしたね。 この中では調子が一番であった大崎選手が突っ込んで、7−5−9で当たり。 外れるよしマシ程度で。 11Rは、初日千切れた海老根選手が修正し、付いて行くと信じました。 まともに決まれば千葉三車と観ていましたが、山本選手が千 [続きを読む]
  • 松戸記念初日にて
  • 松戸初日は、6R、10R、11Rがメインでした。 6Rは、松岡選手の先行で、番手柴崎選手の抜け出しを狙いましたが、村上選手に内から飛び付かれて、ちーん。 ダッシュが良い柴崎選手なのでね、油断・・・ 10Rは、根田選手の逃げではなく、ヨシタクの逃げから。 番手諸橋選手との一騎打ちが一点目でしたが、厚めがあえて押切から。 しんちゃん三着は厚めで、1900円。 まだマシな配当ですね。 11Rは、松戸が初めての [続きを読む]
  • 明日から松戸記念初日
  • 青森記念から中一日で松戸記念。 松戸のお話の前に、今日のF1から少し。 提供したのは、富山の9Rと、防府11R決勝戦。 富山の9Rは、前回擦過傷の影響もあったが、内容が良かった伊藤選手。 一枠があり、やり合いが見込める番組なので、芯は伊藤選手と観ました。 二着も、まともに決まれば地元の岩本選手で、狙いは佐賀のボニー。 前回もボニーは狙っていたのですがね。 この選手は内に入るより、外を踏んだ方が良いタイプ。 道 [続きを読む]
  • 青森記念最終日を終えて
  • 優勝は深谷選手でしたね。 まあ、ナンボ考えて深谷選手になりますね^^: 問題は二着以下でした。 私は基本、二分戦の捲りからライン三車で勝負するのは嫌いなので、あえて深谷選手から筋違いを本線で狙いました。 新山選手はコメントからも抑え先行ですね。 その四番手は松浦選手。 六番手から仕掛ける深谷選手に対して、稲川選手が少しでも千切れてくれないか?でした。 松浦選手が踏んで伸びる園田選手との3−2が一点目で、 [続きを読む]
  • 青森記念三日目にて
  • 本日メインは、8R、12R、そして裏の防府10Rの勝負レース三本でした。 8Rは、須永選手が負け戦なので地元を連れて逃げると観ていましたが、やっぱりこの選手は汚いですね。 S級に上がってきた当時と同じ。 良くて中団。 ほぼ後方。 二度踏むのが嫌なのか。 今日の内突きも、ライン三車でやることではないです。 小橋選手が付いて行ったとしても、三番手の鹿内選手は無理ですね。 九番手シカナイ。 まだジャン前だったの [続きを読む]
  • 青森記念二日目にて
  • 二日目メインは、10R、12Rでした。 10Rは、山ちゃんから狙いましたが、紫原さんから切り替えられた山下選手が大捲りを決めて、4−1。 これは私には無理でした。 1−9、1−2を狙っていたのですがね。 12Rは、和田選手の先行を坂本選手が考えたカマシを撃つと観ていました。 新田選手の「考えた」は、見えないプレッシャー。 優秀なんでね、坂本選手が勝つ競走をしても、無理な番組で、そのレースは準決勝でいい、の [続きを読む]
  • 青森記念初日にて
  • 初日のメインは、9R、12Rでした。 9Rは、川口選手のカマシ先行、岩見選手が千切れるので、その三番手を巴選手がハマり狙い。 坂上選手が千切れないなら、5=2−9で決まる番組、ですがぁ〜。 直線の長い青森だけに、その次があります。 これが北で言えば、函館なら決まっていたか。 しかし青森なので、三着狙いの巴選手が、嫌々踏まざるを得ないがあります。 川口選手が失速して、後続の選手が届くパターン。 その場合は [続きを読む]
  • 明日から青森記念初日
  • 今月はG1がありませんが、記念が多い! 明日からの青森が終われば、一日置いて松戸記念。 今、流れが良いので、このまま何とか月末まで突っ走りたいと思います^^ では青森のお話しの前に、昨日決勝戦だった伊東F1を。 優勝はオランダの英雄、テオ・ボス選手。 ボスの優勝を導いたのは、ボスと同じオランダのマティエス・ブフリ選手。 人気はボスの一着、二着は三番手のバベクで突き抜けの2−4で、2.1倍、ブフリが二着 [続きを読む]
  • 武雄共同通信社杯G2最終日を終えて
  • 優勝は諸橋選手でした! 昨日のブログでも宣言した通り、私の本命は新田選手以外の、諸橋選手でした。 競輪ファンの半分以上が、新田選手本命だったと思います。 絶対にない、とは言い切れませんでしたが、一成選手の番手ですよ?^^ しかも、新田選手が一成選手に「番手でお願いします」の話でした。 おまけに、新田選手は疲れていると言っているし、今後を考えて、どちらが前でも戦えるようにと。 新田選手は、「北の中から優 [続きを読む]
  • 武雄共同通信社杯G2三日目にて
  • 順延となった三日目。 今日のメインは、7Rと11Rでした。 7Rは、菅田選手のカマシに、吉澤選手が捲りでの読み。 1−5−2、1−2−9が狙いでしたが、次は2−9−1。 何とか的中できた感じですね。 そして11Rですが、狙いは中部と近畿で折り合うが本線でした。 あの展開で久徳は竹内を出すと思いましたが。 結果、出さずに突っ張り、坂口選手を飛ばして失格。 兄は何とか二着になりましたが、あのレースをすれば、 [続きを読む]
  • 明日は武雄共同通信社杯G2三日目だぁ!
  • まずは、皆様にお礼を申し上げます。 アメブロ、公営ギャンブルジャンル部門で、一位になりました^^ ありがとうございます! ほんま、テキトーと言うか、私の愚痴がメインのブログなんですがね^^; 皆さん競輪が好きで、何かヒントがないかと、見てくださっていると思います。 私はニコ生でも言っていますが、有名選手とは繋がりがないので、シガラミも何もありません。 だから、何でも言えます^^ モラルの範囲で。 関係者 [続きを読む]