夢酔亭主人 さん プロフィール

  •  
夢酔亭主人さん: オムライス食日記
ハンドル名夢酔亭主人 さん
ブログタイトルオムライス食日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/musuiteisyujinn/
サイト紹介文夢酔亭主人の下町ランチ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/15 20:01

夢酔亭主人 さんのブログ記事

  • 尾張屋(飯田橋)/ 鍋焼きうどん
  • 「寒い冬の日はこれを食べて温まろう!」 第3回目は、『鍋焼きうどん』数日前の夜、今夜は予定もないし真っすぐ家に帰るか。そう思いながら駅へ向かうが、震えるような寒さ。ブルッとしながら立ち止まると、目の前は蕎麦の「尾張屋」さん。気が付いたら席に座っていました(笑)とりあえず体が温まるおくすり。●鴨焼き(950円)そば前は冬の楽しみの鴨焼き。焼いた葱と鴨が奏でる二重奏。これはたまらんね。ポカッと温まった [続きを読む]
  • かつ村(九段下)/ ロースかつ定食
  • 店の前を通るたびに気になっていたお店。とんかつ屋の「かつ村」さん。近隣のサラリーマンに人気が高いみたいでいつもは数人の行列ができているのだが、覗いてみると店内に4名の席待ちのみ。いい機会だからと思い、サンプルケースの豚に招かれ初訪問。行列はなくても店内は超満員。相席で案内される。特ロースかつは揚げ時間20分ということで断念し上ロースかつを注文。「お昼は上ロースかつはやっていないんですよ」じゃ、ラン [続きを読む]
  • お多幸(日本橋)/ とうめし
  • 「寒い冬の日はこれを食べて温まろう!」今年もこの企画の季節がやってきました。寒い日に心も体も温まるランチを探して歩こうと思います。第2回目は、『とうめし』向かった先は日本橋。大正13年創業のおでん屋さん「お多幸本店」。暖簾分けで都内に数軒ある「お多幸」の本家。おでん屋さんにはやっぱり「赤ちょうちん」だね。現在時間11:35.開店から5分しか経っていないのに1階〜3階まですべて満席。行列の最後尾に並ぶ [続きを読む]
  • 希須林(赤坂)/ 担々麺
  • 寒い日が続きますね。そろそろこの季節恒例の企画を始めましょうか。「寒い冬の日はこれを食べて温まろう!」第一回目は、『担々麺』仕事で訪れた赤坂でのランチ。「希須林 担々麺屋 赤坂店」さん。青山に本店がある中華料理店で、赤坂店は担々麺専門店。ランチタイムは超人気店で行列必至なのだが、オープン直後ということでスムーズに入れた。券売機で担々麺のキーをポチッ!キッチンを囲む10席ほどのカウンターのみの店内。 [続きを読む]
  • タケウチ(神保町)/ 煮込みハンバーグカレー膳
  • おや、今日は行列が少ない。神保町の洋食屋「タケウチ」さん。テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられる店でランチタイムは行列必至なのだが、近隣の大学生が冬休みだからなのか、たまたまタイミングが良かったのか外に1人、店内に2人のウエイティングがいるだけ。せっかくの機会なのでこの際訪問してみよう。数分待ってカウンター席にご案内。初めてのお店なので迷った時には一番人気だという煮込みハンバーグ膳で注文。デミグラス [続きを読む]
  • ★/更科堀井(麻布十番) / さらしなそば
  • 江戸の昔から続く江戸蕎麦の三大勢力は、「藪」、「更科」、「砂場」。私の好みは庶民的な「藪」だけど、大名蕎麦として発展した「更科」も大好き。 麻布十番にある更科そばの総本家「更科堀井」さん。 信州高遠のお殿様保科家(後の会津松平家)の分家の飯野藩保科家から特に許され、更級と保科の一字を合わせて「更科」と名付けられた。 将軍家や大名に愛された蕎麦として発展し、世が明治になると皇后陛下や宮家にも出前をして [続きを読む]
  • ★★★/サントリーラウンジ イーグル(新宿)/ カニドリア
  • 正月休みも終わり、日常の生活に戻っても、まだ何となく倦怠感があってやる気のない毎日。数日前、エネルギー補給に向かったのは新宿。新宿アルタの裏通り。「サントリーラウンジ イーグル」さん。すぐ近くには同系列の「昴」もあるが、長年通っている「イーグル」の方に親しみを感じる。地下への階段を降りるとそこは大人の別世界。いつものカウンター席に着席。「こちらはお店から新年のサービスでございます」●雪椿この店の [続きを読む]
  • みゆき食堂(清瀬)/ 五郎さんセット
  • テレ東のドラマ「孤独のグルメ」。数年前に放送されたお店で機会があれば行ってみたいと思いつつ忘れかけてたお店。思い立ったが吉日とようやく初訪問。昭和48年創業。清瀬市にある「みゆき食堂」さん。オープン前にはすでに行列ができていて、11時45分の開店と同時にあっという間に満席。このメニューの数を全て見るだけでも時間がかかる。とりあえずビールとポテトサラダ。ゴキュ、ゴキュ、ゴキュ・・・●ポテトサラダ(200 [続きを読む]
  • パンチョ(海浜幕張) / ナポリタン
  • 昨夜は飼っていたハムスターがゲージの中で遊びながら落下したみたいで、そのままあの世行き。 去年の7月に買ってきたので半年の命だった。 先ほど、庭の椿の根本に埋めた。 仕事で訪れた千葉県の海浜幕張。「貴闘力」の焼肉のお店に行くもディーナ―だけの営業に変っていた。駅の近くでお店探しするもチェーン店ばかり。そんな中、駅前の商業施設で見つけた懐かしいお店。 スパゲッティの「パンチョ」さん。ナポリタンとミー [続きを読む]
  • ★★/伊万里ちゃんぽん(内幸町) / ちゃんぽん
  • 長崎県の郷土料理である「ちゃんぽん」が好きでいろんな店を食べ歩いてきた。その中でナンバーワンだと思っているのが佐賀の「井手ちゃんぽん」長崎ちゃんぽんとは違うが、その深い味は他の追随を許さない完成度の高さ。その兄弟店が内幸町に誕生したらしい。「伊万里ちゃんぽん新橋店」さん。「井手ちゃんぽん」の創業者には2人の子供があり、本店は弟が後を継ぎ、姉が「伊万里ちゃんぽん」と名を変え新しい店を開いたが、作り [続きを読む]
  • ★/友野(神楽坂)/ にぎりすし
  • 正月休みは終わっても正月気分は抜けない毎日。3連休も控えているので今週中はしょうがないよね。仕事は適当に済ませて、お楽しみはランチ。住宅地の中にある一見何の変哲もないマンション。1階は何かの会社の事務所。2階の一室が「神楽坂 友野」さん。1年ぶりの訪問。マンションの住居を改造したお店は鮨屋というより友達の家を訪れたかのようだ。玄関で靴を脱ぎ、2卓あるテーブル席に着席。奥には畳敷きの部屋もある。 前回 [続きを読む]
  • 田中そば店(九段下)/ ネギラーメン
  • かの福沢諭吉が「悪しき隣人」と喝破した韓国という国。昔も今も厄介なのは変わらないが、そろそろガツンと経済的な制裁を加えないと同じことの繰り返しになると思うよ。「田中そば店」さん。つい数か月前にオープンしたお店だ。そば店と言ってもお蕎麦屋さんじゃなくラーメン屋さん。カウンター席のみの店内は満席で撮影は断念。券売機で食券を買うシステム。喜多方ラーメンのお店らしいが、山形味噌ラーメンも気になるね。ネギ [続きを読む]
  • イマカツ(神保町)/ ささみカツカレー
  • 今年は11連休と長いお休みだったのでいつも以上に楽しみにしていたんだが、終わってみるとあっという間だったね。増えたのは疲れと体重だけ。予想はしていたけど体重計の数字は72,3kg。こんな時ブログは便利なもので、1年前を振り返ってみた。去年の1月10日の記事では70.6kgで過去最高を更新したと嘆いていたのに、それをはるかに超える結果になってもうた。こうなりゃ本気のダイエットを明日からがんばろう!今年最初のラン [続きを読む]
  • たつ屋(新宿)/ かつ牛どん
  • 昨日の続き・・・新宿三丁目のBAR「カルーソー」さんで、素敵な雰囲気の中で素晴らしいカクテルを楽しみ帰路に就く。ふと立ち止まったのはこのお店の前。昭和44年創業。丼物の「たつ屋」さん。そういえば・・・腹が・・・減った・・・カルーソーさんはお酒を楽しむBARなのでチャームしか食べていなかったんだよね。深夜の丼物もいかがと思うが、我慢したらストレスになりそうなのであとの事は考えずに突撃!いきなりです [続きを読む]
  • ★/カルーソー(新宿)/ カルーソー
  • 今年は長いと楽しみにしていた正月休みもあっという間に過ぎ去ろうとしている。 明日から仕事だと思うと気も重い。 BAR「カルーソー」さん。店名は伝説の名歌手エンリコ・カルーソーから採ったもの。 重厚な石造りの店内では大迫力のオペラが聴ける。 店内は2つのランプのろうそくの炎のみで、マスターの顔も判別できないほどの暗闇。 明るすぎる夜に慣れ過ぎているんだろう。しばらくすると暗闇に目が慣れてくる。 最初 [続きを読む]
  • ★/ウィーン(三越前)/ ウィーンの洋菓子
  • 日本橋三越本店に行ってきた。 「パンツ履かないと風邪引くよ!」ここに来るといつも言っているんだが、何度注意してもこの子はスッポンポンなんだよね(笑) 2Fにある「カフェ・ウィーン」さん。 お店のシンボルマークはヨハン・シュトラウス。 モッくんは紅茶のデザインで登場だ。 まだお昼のピーク前で、静かな店内にウィーンの調べが流れている。 いつも頼むものは同じで、リンゴを使った「アプフェル・シュトゥルー [続きを読む]
  • 水口食堂(浅草)/ いり豚
  • 年末年始の休暇もあと3日間。毎日朝から晩まで飲んだり食べたり、食べたり飲んだりの繰り返しの規則正しい生活を送っている。創業昭和25年。浅草の定食屋「水口食堂」さん。年末年始は休みなしで頑張っている。浅草演芸ホールの芸人さんご用達のお店で、運が良ければナイツやねづっちと相席ができるし、運が悪けりゃ目の前にプッチャリンさんがいることも(笑)和洋中なんでも揃う。そのメニュー数は120種類を超え、旬の食 [続きを読む]
  • みはし(上野)/ お雑煮
  • お正月の食べ物といえばおせちとか雑煮でしょう。でも、ハッキリ言って好きじゃない。「おせち」って数万円から高いのは10万円くらいまであるようだけど、みんな美味しいと思って食べているのかな?我が家もお付き合いがあるので一番小さいのを買って形だけは揃えるが、それでも残っちゃう。上野の甘味処「みはし」さん。何度通っても飽きない老舗の安定感。1階は満席で2階に上がる。お雑煮を注文。本当は熱燗が欲しいところだが [続きを読む]
  • おかめ
  • 昔は家族や親戚が集まるお正月ならではの遊びがあった。凧揚げ、羽根つき、カルタに双六・・・目隠ししておかめの顔を作る福笑いなんていう遊びもあったね。今ではそんな遊びをする家庭も少なくなったと思うが、正月らしくおかめそばで遊んでみよう。おかめそばは江戸時代の末期、下谷七軒町にあった「大田庵」で誕生した。具をおかめの顔に見立てて飾った蕎麦で、発売されると同時に爆発的な人気で江戸中に広まっていったそうだ [続きを読む]
  • 尾張屋(浅草)/ おかめ
  • あけましておめでとうございます。 俺様がジンだ!文句あっか! どうもどうも、あたしゃハムスターの麦です。今年も美味しいお酒や料理に毒舌のスパイスをたっぷり振りかけて更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。 大晦日は年越しそばを食べて過ごした人も多いだろう。 年越しそばって何を食べればいいの?そう聞かれると、「好きな蕎麦でいいんじゃないの」と答えるし、地方によっても風習があると思うので正解 [続きを読む]
  • 今年を振り返る。印象に残る名店【ランチ編】
  • さて、今年もたくさんのお店を訪問し、美味しい料理やたくさんの人と出会うことができた一年だった。特に印象の深かった店を月ごとに振り返り年間のMVPを選んで今年最後の記事にしよう。なお、オムライスは先日特集したので今回は対象外。 ※価格は訪問当時のもの。<1月> ●あき山(浅草)の「特上ロースカツ膳」2,808円●まつや(神田)の「おかめ」1,000円 <2月>●エルベ(銀座)の「ビーフシチュー」1,70 [続きを読む]
  • 「ベスト・オブ・オムライス2018」
  • 「オムライスはは幸せを与える料理である!」かの食通で有名な北大路魯山人・・・とは全く関係ない私の言葉だが、今年も年末恒例のこの企画がやってまいりました。 多い時には年間120軒以上のお店のオムライスを食べてきたが、今年は39軒のオムライスを紹介してきた。 この中からベスト10を選び本年度NO1を決定します。 ※価格は訪問当時のもの ちなみに過去6年間の優勝はこちら。2012年 紅亭(さいたま市)2013年 グリルグラ [続きを読む]
  • 今年を振り返る。印象に残る名店【お酒編】
  • 今年も早いもので残すところあと3日間。振り返ると今年もいろんな事があった。ぶっちぎりの最下位から2位に躍進した東京ヤクルトスワローズ。神宮球場では去年はやけ酒ばかりだったが今年は祝杯も増えた。体重は増えても今年は大きな病気もなく無事に終わりそうだ。さて、私の記事はランチが中心。ランチは1日1回だが、夜ははしごで数軒行くこともあり訪問したお店もランチより多い。接待、宴会、デートと、夜は誰かと一緒の時 [続きを読む]
  • 食彩一番(神楽坂)/ ミックスフライ
  • 昨日で今年の仕事も御用納め。今日から1月6日まで11連チャンの冬休み。 地中海に面したモナコの別荘で暮らすのでしばらくブログは休みます。なんて一度は言ってみたいな〜(笑)1階は鮨職人養成スクールで、鮨職人の卵たちがにぎる寿司食べ放題の「寿司アカデミー」さん。2階に上がると人気の定食屋「食彩一番」さん。まだお昼前だけど店内はすでに満席に近い。厨房の前のカウンター席に案内される。前回と同じくミックスフ [続きを読む]