夢酔亭主人 さん プロフィール

  •  
夢酔亭主人さん: オムライス食日記
ハンドル名夢酔亭主人 さん
ブログタイトルオムライス食日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/musuiteisyujinn/
サイト紹介文夢酔亭主人の下町ランチ日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/15 20:01

夢酔亭主人 さんのブログ記事

  • クサカ亭(中村橋)/ ホンコン飯
  • 先月、ぼんやりテレビを見ていたら「嵐にしやがれ」で紹介されていた『ホンコン飯』。何となく気になったのでメモしておいて機会があれば訪問したいと思っていた。何の予定もない日だったので練馬区の中村橋まで遠征。 駅から徒歩3分。中華料理の「クサカ亭」さん。オープン5分前に到着し店の前で待っていると中からオバちゃんの手招き。 どうぞどうぞと案内され1番乗りで入店。 「冷やし中華始めました」はよく見かけるが [続きを読む]
  • 串かつでんがな(秋津) / 串かつとビール
  • 数日前の夜・・・東村山市の秋津での仕事を終え時間を見ると18:00。駅に向かって歩いているといい香りに足が止まる。「串かつでんがな」さん。以前、上野店に一度行ったことがあるが、全国展開する串かつのチェーン店だ。串かつとは串に豚肉と葱を刺して揚げる料理だが、近畿地方では豚肉に限らず肉や魚介類、野菜など何でも刺して揚げる文化がある。いわゆる「串揚げ」のことだね。店先で迷っていたが「晩酌セット」のメニュー [続きを読む]
  • 三幸園(神保町)/ 肉うまに丼
  • さあ、今日から夏季休暇。15日までの休みだが、終ってみるとあっという間だし、残るのは疲れだけ。今日がいちばん楽しいのかもね。神保町交差点の近くにある「三幸園」さん。町内だけで6軒の姉妹店を持つ超人気店。サンプルケースを前にしてチャーハンか冷やし中華で迷う。どうせ、迷うなら涼しい店内で考えたほうがいい。1階のカウンター席に空きがあったのですんなり着席。後から入店してきた客は2階席に案内されていく。こ [続きを読む]
  • 尾張屋(飯田橋) / とろろそば
  • 勝ち運に恵まれなかった原樹理がようやく安定してきた。これまでの苦労は必ず実るだろうし、今までの負け分を取り戻し、スワローズのエースを目指して頑張って欲しい。飯田橋にある大正12年創業の老舗蕎麦屋「尾張屋」さん。 丼物とのセットのランチ限定メニューもあり、サラリーマンの胃袋にも満たしてくれる。1階はすでに満席になり、相席で案内される。2人様以上はもれなく2階席だ。とろろそばを注文。お水を飲みながらスポ [続きを読む]
  • M&C Cafe(大手町)/ 元祖早矢仕オムライス
  • 今では全国で食べられるハヤシライスだが、元祖を名乗る店はいくつかある。「上野精養軒」、「銀座煉瓦亭」、「三河屋」、それに丸善の創業者「早矢仕有的」などなど・・・私は上野精養軒説を取るが、早矢仕有的説も健在だ。大手町にあるマルゼン本店。その元祖早矢仕ライスのお店がマルゼン本店4階にあるこのお店で受け継がれている。「M&C Cafe」さん。ピカピカに磨き上げられたサンプルケース。「お名前を書いてお待 [続きを読む]
  • 舎鈴(飯田橋)/ つけめん
  • ラーメンはさすがに暑いし、かといって冷やし中華が食べたくなるほどの暑さでもない。・・・となると、間を取ってつけ麺か?飯田橋前に去年オープンしたお店。ラーメン、つけ麺の「舎鈴」さん。「六厘舎」で有名になり、その後チェーン展開を始めた松富士食品の業態である。直営なのか、FCなのかはわかないが、億越えの出店費用が掛かる駅前物件を中心にあっという間に店舗を拡大しているようだ。店内はサラリーマンが中心だが [続きを読む]
  • 神楽坂焼肉Kintan(神楽坂)/ 焼肉
  • 夏は大好きな季節で「夏バテ」ってしたこともないのだが、今年の夏の猛暑では体力が落ちていることは確かだろう。こんな時は肉を食うに限る。神楽坂に去年オープンした「神楽坂焼肉Kintan」さん。一歩店内に入ると、熟成されている肉と大量のスイカ?焼肉屋とは思えないほどオシャレで清潔感がある。前回よりメニューも一新したみたいで、和牛KINTAN焼肉セットを注文。焼肉にはやっぱりハイボールだよな!そう思いながら飲 [続きを読む]
  • 人形町花(人形町)/ 鳥玉手箱
  • 勝負事には相性の良し悪しはついて回るものだが、スワローズもここまで阪神に弱いと情けなくってきちゃうね。今年は夏の高校野球の方がよっぽど面白そうだ。人形町にある創作料理店「人形町花」さん。表のメニュー看板で面白そうな料理を発見し初訪問。本館は満席で、隣の建物の別館に案内される。気になった料理とは鳥玉手箱。だし汁付きで注文。●南部美人暑い日には冷やした酒もよござんすね。●鳥玉手箱(1,200円)「お待 [続きを読む]
  • BARセカンドルーム(つくば) / ミートグラタン
  • 一昨日の続き・・・仕事で訪れた茨城県つくば市。つくばエクスプレスの開通で都心からわずか1時間なのだが、打合せが長引き、帰るのが面倒くさくなりそのまま出張扱いにしてお泊り。ホテルのチェツクインを済ませ、温泉に浸かった後はつくばの街のぱとろーる。 早速目標に遭遇。 「BARセカンドルーム」さん。 ドアを開けると先客は2名。奥のカウンターに座り、バックバーを一通り眺める。熱中症にならないためにも最初はロン [続きを読む]
  • 竿品香(飯田橋)/ 四川よだれ鶏
  • 九段にある四川料理の名店の「竿品香」。ランチの時間は連日数十人の大行列だが、去年ここから徒歩6分ぐらいのところに別館がオープンした。「竿品香別館」さん。ここも行列覚悟だが、本店よりはまだましなのでオープン以来何度か訪問している。カウンターに空きがありすんなり入店。前回は本場四川の汁なし担々麺だったが、今回は本場四川よだれ鶏定食を注文。中華料理店のキッチンは大体が賑やか。お水を飲みながら見ているの [続きを読む]
  • 寿し松(つくば)/ そっきり丼
  • 仕事で遠征したのは茨城県つくば市。つくばエクスプレスの研究学園駅周辺でのランチ探検。商業施設の中で見つけた鮨屋「寿し松」さん。つけ台は満席でテーブル席へ案内される。目の前には巨大水槽。そっきり丼?「そっきり」とは鮨屋の隠語で13のことだよね。写真で見るとバラずしのようだったので注文してみた。つけ台のお客は清酒で盛り上がっているが、あたしゃ淋しくお茶でがまん。驚いたのはBGMがモーツァルトの交響曲第3 [続きを読む]
  • 味仙楼(飯田橋)/ ネギチャーシュー麺
  • 連勝したり連敗したりと忙しい我がスワローズだけど、昨日の試合が今の実力なんだろうね。先月初めて訪問し機会があれば再訪したいと思っていたお店。中華料理の「味仙楼」さん。店前のメニュー看板を見ると内容が変わっている。どうやら週替わりで変更しているようだ。テーブル席は満席で、1名様は相席の円卓へ案内される。こう暑いと冷やし中華のような冷たい麺が食べたくなるが、なんだか夏に負けたようで粋じゃない。ここは [続きを読む]
  • ★★/紅亭(さいたま市)/おまかせランチ
  • 早いものでもう8月。 今年の夏の猛暑は耐えられそうもないので、今日から3か月ほどスコットランドにある別荘で過ごそうと思います。 世界中の美女を集めて夜ごとのパーティ三昧で過ごそうと思っていますので、しばらくはブログの更新もできませんのでよろしくお願いします。では、行ってきま〜す。 ・・・・・ なんて言ってみたいな(笑) 大汗をかきつつ仕事で訪れたのは埼玉県さいたま市。 さいたま市に来たらどうしても訪れ [続きを読む]
  • ★/結花楼(神楽坂)/ 酢豚定食
  • 中華の名店が軒を連ねる神楽坂。料理はもちろん、お店のコンセプトから接客まで、真に実力がないと生き延びれない街で、逆に言えば神楽坂で認められれば全国どこに行っても成功するだろう。飲食ビルの最上階の「結華楼」さん。飾り気のない玄関は自信の表れなのだろう。ランチは予約客が多いため満席で待たされることもあるが、今回は比較的余裕がありすんなり入れた。キッチンが見渡せるカウンター席を確保。カウンター席は奥行 [続きを読む]
  • 壽(池袋) / レモンそば
  • 連勝というのはいつかは止まるものだが、昨日の試合は勝ちたかった。スワローズの投手陣もこの暑さじゃバテるのもしょうがないか。池袋西口徒歩1分。ラーメン屋の「壽」さん。店の前を通り過ぎようとしたんだが、表の看板のあるメニューが気になって入店してみた。その気になったメニューっていうのが人気NO1のシールが貼られた「レモンそば」。もちろんこれまでの人生で食べたことのない料理だ。券売機で、レモンそば、小ライス [続きを読む]
  • 吾妻寿司(岡山)/ 岡山ばらずし
  • 昨日の続き・・・岡山での仕事を1時間ほどでチヤッチャと片付けあとは帰るのみ。でも、せっかく遥々と岡山まで来てそのまま帰るのももったいない。時刻はまだ15時。駅ビルにある鮨屋「吾妻寿司」さん。明治45年創業の文字が目に入ったので、岡山の老舗の味を楽しんでみたい。ランチタイムが終わり、一服しながら夜の仕込みを始める時間。先客は遅めのランチをしているサラリーマンとお買い物帰りの主婦。とりあえず熱中症対策に水 [続きを読む]
  • 味司野村(岡山)/ 元祖ドミカツ丼
  • 最近は地方への出張が多くてやや疲れ気味。楽しみはやはりご当地グルメ。今回訪れたのは岡山県岡山市。ちょっと早く出てきたので、とりあえずもう一つの楽しみのお城めぐり。初めて見た岡山城はなかなかの迫力。ずいぶん歩いたのでお腹もペコちゃん。路面電車で駅まで戻り、早速お店探し。今年の春に訪れた時には岡山名物の「えびめし」を堪能したが、岡山にはもう一つのご当地名物がある。それは、「ドミカツ丼(デミカツ丼)」 [続きを読む]
  • イタリアン酒場P(飯田橋)/ ボロネーゼ
  • 連勝したり、連敗したりしながらようやく2位に上がった我がスワローズ。とりあえず借金は完済したいが、まだ残り試合も50数ゲームあるのでどんなドラマがあるのか楽しみだ。 飯田橋にある東京大神宮様の門前にある「イタリアン酒場P」さん。カウンター席に案内されメニューを手渡される。「酒場」に入ったのにメニューはパスタだけ。どうせ飲めないのだが、それでも何だか淋しい気もする。ボロネーゼとフランスパンを注文。ドリ [続きを読む]
  • 多花美(高尾)/ ドイツ風コロッケ
  • 仕事で訪れたのは東京の西の端高尾。天狗で有名な高尾山も一度登ってみたいけど、仕事の合間じゃムリだろう。仕事の前に腹ごしらえだ。駅の周辺を探してみたが目ぼしい店がない。「高尾名店街」なる一角を発見。時代をタイムスリップしたようなお店ばかりで、朝ドラ「半分青い」のフクロウ通り商店街のイメージ。洋食屋さんもあるぞ。サンプルケースも古いなりに掃除は行き届いている。こんな店はハズレの確率は少ない。13時を過 [続きを読む]
  • ★/萬福(東銀座)/ 中華そば
  • 横浜に勝ち越し、中日を3タテと上り調子の我がスワローズ。今日からの読売3連戦が大事だよね。ラーメン屋の萬福さん。いや、正しく言うと定食類もある中華料理店だし、ラーメンじゃなく中華そば。ラーメンという名が一般的になったのはインスタントラーメンが全国に普及してからのことで、それまでは中華そばや支那そばという名が一般的だったようだ。2年ぶりの訪問だが、まだお昼前で空席もあり、カウンター席に案内される。 [続きを読む]
  • ★★/トミーズキッチン(鐘ヶ淵)/オムライス
  • 雑誌「大人の週末」に掲載されていたお店で、美味しそうなオムライスに魅かれ鐘ヶ淵まで遠征。洋食屋の「トミーズキッチン」さん。オープン10分前に訪れたがすでに店内には先客の姿がある。この暑さの中に並ばせるのを気の毒に思ってオープン時間を早めたのだろう。テーブル席に案内される。開店時間のの11時30分を過ぎると次々に客が押し寄せ、あっという間に満席になる。常連さん比率が高そうで、街の洋食屋さんらしくハンバー [続きを読む]
  • 「平成30年6月のランチ月間MVP」
  • 月に一度の休日の楽しみ企画。6月に訪問したランチで印象深いお店をノミネート。その中から月間MVPを選定します。今回は前月より3軒減の9軒のノミネート。それでそれでは紹介しよう。●6/1 日本料理花家(神保町)の 「豚の生姜焼き定食」1,080円 ●6/6 味処いちむら(豊洲)の 「アジの刺身定食」1,000円●6/9 ノーサイド(金沢)の 「ハントンライス」950円●6/11 岐阜屋(新宿)の 「炒飯」620円●6/ [続きを読む]
  • ファリーヌキムラヤ(飯田橋)/ 焼きそばパン
  • 連日の猛暑で体もお疲れ気味。ランチ探検に歩くのも面倒くさいのでパン屋さんの惣菜パンで済まそう。 飯田橋にある「ファリーヌキムラヤ」さん。銀座木村家の暖簾分けのお店で、創業は明治38年の老舗。 広い店内は総菜パンやサンドイッチなど数十種類のパンがずらりと並ぶ。 会社のリラックスルームもいいけど、目の前の都会のオアシスで森林浴しながら食べる方がよりおいしいだろう。 飲物はいつもと同じ牛乳。 ●フレッシ [続きを読む]
  • 大阪王将(飯田橋)/ 冷やし中華
  • 先日、水道橋の「餃子の王将」にて冷やし中華を食べたが残念ながら満足のいくものではなかった、ちょうどいい機会なので「大阪王将」と食べ比べをしてみよう。そう思い立って向かったのは、飯田橋駅近くの「大阪王将」さん。最寄駅は違うが、歩いてみると5分ほどの距離なのだ。「餃子の王将」は行列必至なのだが「大阪王将」はいつ行っても余裕がある。1階は満席で2階に上がる。冷やし中華と半チャーハンのセットを注文。前回 [続きを読む]