noro さん プロフィール

  •  
noroさん: tubuyaki ::: from Norway
ハンドル名noro さん
ブログタイトルtubuyaki ::: from Norway
ブログURLhttp://noroxx.blogspot.no/
サイト紹介文ノルウェーのBodøに2回目の留学。ノルウェーでの生活や旅行などを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/16 01:56

noro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 白夜ウォーキング【ノルウェー生活】
  • 白夜を歩く。独りで歩く。行き先があるわけでもなく何を求めるのでもなくただひたすら歩くそこに期待はなくそこに怒りはなくそこに迷いはない森に入ると私は早足になる独りがこわいのかもしれない何かに出くわすのがこわいのかもしれない何故かはわからないけれど早足がいいと確信してる若干不気味なパステルカラーの雲はもくもくと姿を変えていくふと地に目をやるとタンポポの綿毛は風に飛ばされて死と生の誕生を垣間見るー諸行無 [続きを読む]
  • 【ノルウェー留学】不自由さを感じる瞬間
  • 今週、急性扁桃腺炎にかかった。月曜日の朝、急な喉の痛みから始まり、頭痛、高熱が出た。何度出ているかわからないが、症状はインフルエンザのようで関節が痛み、全身に寒気がする。頭が痛くて体が動かせない。体温を測ろうと思っても、体温計がない。薬はお医者さんに行かないと処方してもらえない。そもそもノルウェーのお医者さんにかかったことがないから、どこに行けばいいかわからない。調べようと思っても高熱で気力が出な [続きを読む]
  • 【ノルウェー留学】国際シンポジウムに参加してきました
  • 先日、日本水産学科創立85周年記念国際シンポジウムに参加してきました。1月後半から研究を始め、5月頃にはある程度成果が出ていたので、指導教官から学会にいってみないかと提案され「要旨」を学会に提出。7月後半に口頭発表枠で受諾されました。卒業まで、日本への帰国予定がなかったので非常にありがたいです。このシンポジウム参加が決定したので、夏休みも休みなく研究室に閉じこもることになったのですが・・・。夏休みは [続きを読む]
  • 極寒のヒッチハイキング【ノルウェー写真】
  • さあ、旅へ出よう。親指を立ててみよう。極寒のノルウェー、温かさを発見する旅。----------------
    -----February 2014, two Japanese girlsThe length of trip: 2 daysThe distance of journey: 460 kmThe time we waited: 5-6 hoursPeople
    who made us happy: over 10 people-------------------白い景色、白い息その中にイロを探して光のスペクトル
    を見透かすかのように極寒の地で、約束のない待ち合わせ誰かとの待ち合わせほら [続きを読む]
  • 【思想】生きる
  • Life The meaning of life is, to find the meaning of it.If you wonder, you succeeded.You are alive.Life is beautiful in that way,it
    is meaningless.A constant struggle for sense,in complete non-sense.Once enlightened, depleted of ignorance,concepts do no longer
    exist.You do no longer possess life, death,nor the absence of those.Even the attempt of explaining or describing,proves the existe
    nce of ign [続きを読む]
  • 日曜日のピクニック-静かな湖Tussvatnet- 【ただの日記】
  • 日曜日のピクニックボードの天気は気まぐれ。突然雨が続いたり、晴れてもすぐ雨になったりする。一週間ほどずっと雨だったからうんざりしていたけれど、晴れの日はやはり急にやってきた。さあ、出発だ。大学から10kmほど離れたところに位置するTussvatnetと呼ばれる湖のあたりまでサイクリングした。小道を抜けると誰もいない静かな湖が。ボードは田舎で、東京とは比べものにならないくらい騒音が少ない。けれど、車も人もない自然 [続きを読む]
  • 言語の違いからみる日本人と英語国人の自己感覚【思想】
  • 2013年、ノルウェーから帰国した私は、日本語の感覚を取り戻すのに苦労したのを覚えている。なんだか原因はよくわからないけど、日本語がスラスラ出てこない。それがストレスになって余計言葉に詰まるようになった。言語によって、話す内容も、マインドセットも異なってくる。英語と日本語では感覚がまるで違う。私はノルウェーで慣れていた欧米風のマインドセットのまま日本で生活していた。そのことに気づいていなかったのだ。英 [続きを読む]
  • 波のように現れては去る【トルコ・カッパドキア】
  • 一人旅にでると、直感に従うことが多くなってくる。感覚が研ぎさまされきて、人のオーラ、雰囲気に敏感になってくる。人の純粋さ、フェイク感を感じるとることができるようになる(気がする)。少なくとも私にとってはそうだ。一人旅にでると、ふと出会いはやってくる。その人と一緒にいたいかどうかは自分次第。もし一回会ってチャンスを逃しても、また再び違う場所で会ったりするから面白い。会うべき人が自然と寄ってくるのだ。 [続きを読む]
  • 猫のいる生活
  • 2017年1月から大学から歩いて20分ほどのリサーチステーションと大学を行き来することになった。大学から8kmほど離れた街の中心部に住んでいた私は、毎日バスの行き来(往復1時間半)と授業と実験で自由時間がなく、かなり忙しく過ごしていた。幸い友達が大学の目の前の家に住んでいて、そこに住める人を探していたため、急遽そこに引っ越すことになった。オーナーは5月から家の改装を行うとのことで、契約は5月まで。街の中心街 [続きを読む]
  • ロフォーテンに恋して
  • 写真整理をしたくなったので///2015年3月、ロフォーテン諸島旅行March, 2015 2014年12月、ノルウェーでの一年間交換留学が終了して日本で待っていたのは、逆カルチャーショック。ノルウェーが、ノルウェーで出会った友達が恋しくて恋しくて仕方なかった。日本で悶々と過ごしていた私は、大学が始まる4月まで少しだけノルウェーで暮らすことを決意。荷造りをし再びノルウェーへ旅立った。Værøyロフォーテン諸島の南部には、Vær [続きを読む]
  • 留学生でも学費が無料?ノルウェー留学、リアルな滞在費は?
  • 最近ノルウェー留学に関して質問を受けることが多くなったので、質問に答えていきたいと思います。ノルウェーの大学は留学生でも学費が無料!はホント 「ノルウェーでは大学の学費が無料って本当ですか?」日本では信じがたいことなのでよく聞かれますが、ノルウェーの公立校では基本的に学費が無料で、留学生に対してもそれが適応されています。実際、学費手数料705NOK (2016-2017年)を学期ごと(半年)に支払う形になっていますが [続きを読む]
  • ノルウェー留学前は、文房具の準備を!
  • ノルウェーの文房具事情”留学する際、文房具はどの程度持っていけばよいのか?”留学直前に疑問に思う方もいるのではないでしょうか。基本的にノルウェーでは、大学構内の書店で文房具の購入が可能です。ペン、ノート、ファイル類、ポストイット等基本的に必須品は揃っています。しかし、日本のように品揃えが豊富なわけではありません。私の住んでいるボード−は小さな街なので、オスロやベルゲンなどの主要都市とは事情が異なる [続きを読む]
  • 一学期目を振り返って
  • お久しぶりです。ブログを全く更新せずに1学期が終わってしまいました。期末試験がやっと終わり、東京に戻って実家でゆっくりしています。今年の夏からノルウェーの大学Nord UniversityのMaster of Biology and Aquacultureに入学したわけですが、元々学部時代の専攻が異なっていたこともあり、授業についていけるか不安でした。この大学に以前交換留学していた時は、英語でのレポートもほとんどグループワークでやっていたので、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …