ムツミ さん プロフィール

  •  
ムツミさん: フランス語と私のエトセトラ
ハンドル名ムツミ さん
ブログタイトルフランス語と私のエトセトラ
ブログURLhttps://ameblo.jp/franceokinawa/
サイト紹介文英検1級、仏検準1級まで独学で取得しました。語学を身につけるのに必要なエッセンスを発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/03/16 15:09

ムツミ さんのブログ記事

  • 会社員デビューから一年
  • 駆け抜けるような師走の忙しさの真っただ中、先日、今の会社に入社してからの、一年記念を迎えました(^^)。 同僚と一緒に「早いね〜!」と驚いたのですが、本当にあっという間の一年でした。 入社当初は、「一年続くかなぁ、、、、」という不安がありました。 やはり一番心配だったのは、家庭(育児)と仕事の両立でした。 子持ちになってからは、ずっと「会社員」という立場で仕事をしてこなかったので、 子供の件で [続きを読む]
  • 残り一か月
  • 相変わらず盛沢山な毎日で、ふと気が付けば、もう2018年最後の月に突入! 今日の朝は、月一でレッスンを受講して下さっている生徒さんとのフランス語レッスンがあり、別れ際に、 「ちょっと早いですが、『良いお年を〜』ですね^^」 と言われ、ハッ!となりました。 一年の時の流れの速さに驚きつつ、でも同時に、 この一年、すごく充実していたな〜☆ と、折々のイベントに思いを馳せながら、ほかほかとした気持ちで帰宅しま [続きを読む]
  • 日本の公教育を経験させてあげられる事に感謝
  • 息子が籍を置く学校で、音楽会がありました。 普段はインターに通っていて、そちらが休みの時を中心に行っている小学校ですが、先生の協力、好意あって、夏のはじめに行われた運動会、今回の音楽会共に、息子も参加させてもらいました。 この音楽会。私の小学校時代にはなかったように記憶していますが、三年に一回のペースで行われるなかなか熱の入ったイベントのようです。 皆が一か月毎日練習したのに対し、息子はちょう [続きを読む]
  • 息子の質問に、ドキッとした話
  • 7歳の息子は、親の私が言うのもなんですが、とても素直でかわいいこ(親バカ)です。 「〇〇はね、パパとママが自分のお父さんとお母さんで、本当によかった! こんなにいいパパとママは、他にいない!」 という事を、毎日のように言います。(強制もしていなければ、私が教え込んだわけでもないですヨ、笑) それに対して私も毎回懲りずに、 「パパとお母さんも全く同じで、〇〇と妹ちゃんが、パパとお母さんの子供になってく [続きを読む]
  • 小さくても人格がある
  • 私の中で、やや破天荒キャラの娘。彼女と接していると、ハッと気づかされることが色々あります。 昨日は、片づけをめぐって、言い合いになりました。 娘は、お世辞にも、片付けが上手だとは言えません。 大好きなお絵描きをした後、いつも、道具をその場にバラ―と残したまま放置します。 「使った後は片付けようね〜」と毎日のように口酸っぱく言っても、改善が見られず、やっと片付けてもらうまでに、何度も声掛けをする [続きを読む]
  • 諦めたと思っていた夢が
  • 今から10年くらい前、通訳になりたくて、2年くらい通訳学校に通っていました。 沖縄から出てきて東京で仕事を見つけ、半年くらい経った頃だったでしょうか。念願だった、通訳学校に通い始めました。 土曜日の朝に2時間ほど、緊張感マックスで、同時にものすごくエキサイティングな時間。決して易しくはない授業ですが、「駆け抜けている感覚」が、とても爽快で。 平日は仕事をしながら夜の時間にせっせと宿題をこなす日々。 [続きを読む]
  • 給与交渉その後
  • 少し前の記事に、職場で給与交渉に臨んだ事を書きました。 入社してもうすぐ1年という所ですが、半年を過ぎたあたりから、社内の人事に大きな変化があり、私の責任が一気に大きくなった、という背景があっての事でした。 交渉した事を記事にし、温かい応援もたくさんいただいたので、一応結果も書いておこうと思いました。 単刀直入に言うと、期待以上のものを頂けました(嬉)。 この交渉に臨む1か月前くらいに、私の信頼 [続きを読む]
  • クラスのガキ大将とのエピソードにウルんだ話
  • 今日は、息子が地元の公立小に連続して通う、最後の日でした。2週間通っていたので、また一層クラスの仲間とも打ち解け、クラスの子のぶっとびエピソードから、おもしろ話、キテレツ話(笑)、などなど、毎日毎日色んなエピソードを聞くのが、本当に本当に楽しみでした。 特に、公立小で友達になる子達は、普段近所で見かける子も多いので、顔とエピソードが一致していく事で、私まで、息子のクラスの子達に、親近感が増し続けて [続きを読む]
  • 外国人なの?
  • 普段通っているインターが休みのため、地元の小学校に通っている息子。 やっぱり「一年生」というのは、私にとって、どこか特別感があり、毎日毎日、 「今日はどうだったかな〜?」 と考えながら仕事から帰宅し、ゆっくり一日の出来事を聞く事が、とても楽しみなものです(^^)。 今日は、学校帰り、同じクラスのT君に加え、T君の友達で隣のクラスにいる男の子2人も交えて、 「皆でぺちゃくちゃおしゃべりしながら、帰ってき [続きを読む]
  • 小学校での経験から色々考える
  • 普段通っているインター校が休みの為、地元の小学校に通っている息子。 時々しか通えませんが、通う時はいつも楽しそうに行ってくれて、私もとても嬉しいものです。 昨日は学校が4時間授業で、1時頃には下校になったそうで、その後から5時まで、学童に行って遊んできました。 なんでも、ハロウィンパーティーがあったとかで、皆で変装用のお面?をつけて、チームになって、なんらかのゲームをしたそう。 どんなゲームをし [続きを読む]
  • 給与の交渉
  • 先日社長に、給与の交渉を持ちかけました。以前ちらりと記事にした事もありますが、今の会社に入社して、もうすぐ1年ですが、社内の色々な事情で、私の責任の範囲が当初と比べてだいぶ広くなりました。 夏頃くらいから今の状況になり、私の負担が増えたものの、「1年経つまでは辛抱」というスタンスでしばらくいましたが、最近は、以前にも増して、折々にストレスを感じるようになり、私の仕事ぶりに会社が満足しているのも分か [続きを読む]
  • 「親」「子」とか、「育てる」とか。
  • この間、息子が、 学校でトイレに入っていたら、『急げ、急げ!』と言いながら外からドアをドンドン叩く人がいて、それで焦って急いで出たら、『クソ、ノロ!』という類の暴言を吐かれた、 というエピソードを話してくれました。 その子は上の学年の子で、特に知り合いではない、との事。 小さな子供でもないのに、なんだか気性が荒く、コワイ子だなぁ〜 と話を聞きながら私も感じましたが、当事者の息子はもっと嫌な思いをした [続きを読む]
  • 父のラインデビュー
  • 私の実家とは、長い間、スカイプでコミュニケーションを取っていました。 無料でお互いの顔を見ながら話ができるこのツール。 我が家は、フランスに住んでいた頃からかなりお世話になっていました。 おかげ様で、フランス生まれの子供たちも、日本のじーちゃんばーちゃんとも距離を感じる事なく成長してくることができ、本当に、この素晴らしき文明の利器には感謝がつきません。 が、最近、実家のパソコンが不調になった事 [続きを読む]
  • 「フランス流寝かしつけ、採用しなくてよかった」と思う瞬間
  • 国際結婚の夫婦だと、子育てにおける価値観で、何かと意見が食い違う事が多い事だと思いますが、 我が家も例外にもれず、フランス人の夫と育児をするにあたっては、散々揉めてきました(笑)。 出産直後にまず直面した問題が、「寝かしつけ」でした。 フランスでは、子供は赤ちゃんの時から子供部屋で一人で寝るもの、という考え方がメジャーです。 つまり、寝かしつけはなし。子供がまだ起きていても、「おやすみ〜」と言っ [続きを読む]
  • モヤモヤしていた最近
  • ここ最近、仕事の事で、モヤモヤしていました。今の会社で働き始めてから、早10か月。 小さな会社なので状況の変化もめまぐるしく、アシスタント的な位置付けで入った私が、気が付けば、重要なポジションをカバーするようになっています。 自分で言うのもなんですが、「敷かれた道」のようなものがほぼなかった環境で、この短期間で、本当によくやってきたなぁ、、、と思います。 で、そこまではいいのですが、最近はちょっ [続きを読む]
  • 何度でも聞きたい言葉
  • 少し前に、こんな事がありました。 一緒にお風呂に入っていると、娘が急に、 「ねぇお母さん。子供たちがいて、よかった?」 と質問してきました。 それで私が、 「うん、もちろん。おにいちゃんと、〇〇ちゃん、二人の子供がいて、本当に幸せだよ♪」 と答えると、 「子供がいると、役に立つから?^▽^」 とさらに聞いてきました。 お風呂の前に夕食があり、その時にお手伝いをしてくれたことを褒めたので、それを思い出し [続きを読む]
  • 息子と私と好き嫌いと
  • うちの息子、一歳半までは与えるもの何でも食べる子だったのですが、一歳半を過ぎた辺りから、好き嫌いが色々出てきて、以来、現在進行形で格闘中です。 家で見ていて、苦手なものでも食べる努力をしているという事は認めるのですが、頭で一度「ダメ」と判断されたものは、口に入る前からオェッとなり、涙目。 よくあるように、味そのものがダメ、というよりは、イメージで「これはダメだ」と判断してしまったものは、もう体が [続きを読む]
  • 今日の帰りの電車の中で
  • 今日の夕方、仕事を終えて、子供達のお迎えに向かう電車の中での出来事です。 車内はそこそこ混雑していましたが、たまたま目の前の人が降りた事で、私は席に座る事ができました。 普段は座れないので「ラッキー」と思い、シートに腰かけて、ゆったり本を読んでいましたが、ある駅で止まった時にふと顔をあげると、斜め前のドアから、杖をついたおばあさんが乗ってきました。 席は空いておらず、そのおばあさんは、細い手で [続きを読む]
  • みんなちがって、みんないい。
  • どの家庭もそうなのかもしれませんが、我が家の二人の子供たちも、性格、タイプが違います。 上の子7歳男児:正直者で、真面目。良くも悪くもウソはつけない(笑)。基本的にシャイ、臆病。数字、科学など、理論的なもの大得意。勉強も好き。 下の子5歳女児:世渡り上手、お調子者。オープンで人見知りほぼなし。理論より感覚派。数字、文字などいかにも「学」なものには抵抗感が強く、一方で、創造力に任せたお絵描きなどは大 [続きを読む]
  • 故郷の縁で、サポートさせて頂いた話
  • 去った週末、オンラインでコーチングを実施しました。 8月の休暇中に連絡を頂いた方で、なんと、沖縄出身の女性でした^^。 ふとした事から私のブログにたどり着き、「沖縄」、「フランス語」、「英語」、というキーワードにピンと来て、連絡を下さったのだとか。 昔から、(東京あたりで)出身地を伝えると、なぜか、「沖縄出身に見えないですね」と言われる事が多いのですが、そんな「見えなさ」とは裏腹に、沖縄の事はい [続きを読む]
  • 涙もろい年頃
  • 昨日土曜日、息子の小学校の授業参観日でした。※ 普段はインターに通っていますが、公立小にも籍を置き、インターが休みの時や月一回の土曜授業の時に通っています。 今回の参観日は、国語の授業で、「夏休みの思い出」を一人ずつ発表する、という内容でした。 夏休みの宿題となっていた絵日記二枚。 二つの中から各々、自分がより好きなほうを選び、それを先生があらかじめ、ズームショットで写真に収める。 この写真を黒 [続きを読む]
  • 夏休み、完全終了にて、少ししんみり。
  • フランス帰省から戻っても、まだまだ子供たちの夏休みは10日ほど残っていましたが、昨日でそれも完全に終わりました。 夏休みの残りは、うちの母が来て、子供たちの面倒を見てくれました。本当に本当に、ありがたや。 家に帰ってからの夕食づくり、子供の送迎の事を考えずに、時間いっぱい仕事をして、サクッとまっすぐ家に帰る日々。 あぁ、、、、最高!!!!(☆▽☆) その一言では表せないほどに、軽快、爽快なものでし [続きを読む]
  • コツコツ積み上げてきたものは、やっぱり強い。と感じる事
  • 去年の暮れに、衝動的に(笑)会社員になってから、生活の流れが色々変わりました。 一日の大半を会社で過ごすようになった為、時間の使い道も取捨選択の必要が出てきて、それに伴い、ブログの更新頻度も非常にゆるやかなものとなりました。 ありがたい事に、 「いつも楽しみしているので、もっと更新されると嬉しいです!」 というメッセージを頂く事も少なくないのですが、なかなか期待に応える事もできず(^^;)。 何 [続きを読む]
  • 日本に帰国、日常へ
  • 3週間のフランス義実家里帰りを経て、東京に戻ってきました。 去年は夜遅く東京に着く便で帰ってきてしまったので、子供も私も時差ボケがひどく、非常に苦労しました。 その反省から、今回は、昼頃には自宅に着ける便を選びましたが、それが結構功を奏し、皆調子がいいです。 夫は今週いっぱい休みを取っていたので子供たちとのんびり過ごし、私は帰国翌日から仕事に行っています。 帰国数日前、会社からメールがあり、私 [続きを読む]
  • フランスで見る、日本人としての自分
  • スペインからフランスの義実家に戻り、荷造りを始めながら、残り数日のバカンスを楽しんでいます。 スペインから戻ってくる途中に、夫の父側の親戚に会いました。(広い畑に囲まれて、空気がおいしい♪) (テラスを散歩しながらおしゃべり) 毎年会っているC叔父さん。 ありがたい事に、私の事をとても気に入ってくれて、何かと懇意にしてくれます。 夫と出会った当初から、色々と親切にしてもらっていましたが、何年か前 [続きを読む]