suzu さん プロフィール

  •  
suzuさん: つづまやかな家の庭ぐあい
ハンドル名suzu さん
ブログタイトルつづまやかな家の庭ぐあい
ブログURLhttp://saiwaikazoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文わたしらしく慎ましく穏やかな生活を心がけています。丁寧に生きる人との出会いを大切にしています。
自由文どんな生き方も否定しない、しっかり寄り添って話が聞けるカウンセラーを目指して、ただいま勉強中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/03/18 12:27

suzu さんのブログ記事

  • 妻としては、こうなってみたいものです。
  • 妻は家の奥にいて、豊かな房をつけるぶどうの木。食卓を囲む子らは、オリーブの若木。 詩編 128編 3節このみ言葉は、家の奥にいて、家の管理をしっかりする。家族の健康のために食卓や環境を整える働きをする、ということでいいのでしょうか。「妻は家の奥にいて」ってところに、心が動きます。その立場に我慢し続けれるかどうかは別にしてですが 。(^-^;自分でいうのもおかしいですが、家事にしろ、仕事にしろ、趣味にしろ、特別 [続きを読む]
  • コンサート三昧で豊かな日々だけど…
  • 芸術の秋なので、コンサートのお誘いが目白押し。先週と今週、コンサートに行ってきました。一つは、市民合唱団のコンサート。オペラ・ガラコンサートを含むプログラム。しかも、バルコニー席に座ったので、優雅な時間が過ごせました。もう一つは、小編成のアンサンブルコンサート。若手の演奏家が中心なので、フレッシュ、エネルギッシュな音楽が楽しめました。もちろん、気持ちはリフレッシュ。(^^♪声楽の先生からも発表会のお [続きを読む]
  • わたしの努力を超えたものを手に入れる
  • 主は恵みに富み、憐れみ深く忍耐強く、慈しみに満ちておられます。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編145編 8節このみ言葉には、アーメン(まったくその通り)と答える以外、いい言葉が出てきません。クリスチャンなら、この神の性質を身にまとえるように、祈り続けているのではないでしょうか。自分の素の心を眺めるなら、神の性質とは真逆な性質(冷淡で、すぐにキレて、すぐに人を批評する)を持っていることを認めないわけに [続きを読む]
  • 願いがかなった日、今日は記念日
  • 今日は、共に心理学を勉強する人たち10人と一緒に、聖書の知恵を学んできました。世界的な価値観の中に沁み込んでいる聖書の背景を知っていると、心理学の理解も深まるとの考えから立ち上がった勉強会です。集まった方々の聖書の知識はまちまち。学生時代に学んだ方もいらっしゃれば、「友の会」を通して聖書に触れた方、歴史や芸術を通して聖書の物語に親しんだ方…。聖書は難解で親しみにくいと思われがちですが、とても面白い [続きを読む]
  • 家族にとってのおふくろの味を聞いてみた
  • 主婦の家族を守る一番の行為は、食事ではないかと考えています。まさにおふくろの味。長年一緒に暮らす主人も、食べやすい物は義母がよく作っていたもののような気がします。わたしが作る食事がおふくろの味になっているのかと思い、家族に取材してみました。(^^♪まず子ども。ちょっと考えて、「塩にぎり!」んーーーー。どうなんだろうね、おにぎりを料理というのだろうか?夫の答え。…………「明日答える。」とのこと。(*_*;「 [続きを読む]
  • 必要とされているわたし
  • それどころか、体の中でほかよりも弱く見える部分が、かえって必要なのです。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 コリントの信徒への手紙一 12章 22節昨日はいろいろ用事が重なって、へとへとになってしまいました。そのような状態でみ言葉を探していたら、飛び込んできたのがこの言葉。このみ言葉、とっくに紹介していたと思ったら、初めて紹介するようです。私の中では、ゆりかごのようなみ言葉です。このみ言葉を味わっていると、 [続きを読む]
  • ぶれないってことは、こういうことか
  • 日々の生活の中で、いろいろな人の価値観の中で揺らぐことがあります。今まで自分の信じていたことが、違っていたと感じると土台がゆらぐ感じがします。自分の視野の狭さに気が付いて土台が揺らぐのは、いたいけど、改めれば良いことになるのではないかと思います。しかし、悪質な隠し立てとか、裏切りとか、悪意のある二枚舌、などに気付いたときは、受けるダメージが大きいです。足元が崩れる感じがします。わたしの愛する兄弟た [続きを読む]
  • み言葉とともに
  • わたしの愛する兄弟たち、こういうわけですから、動かされないようにしっかり立ち、主の業に常に励みなさい。主に結ばれているならば自分たちの苦労が決して無駄にならないことを、あなたがたは知っているはずです。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 コ リントの信徒への手紙一 15章 58節 [続きを読む]
  • 歌には力があると、よく言われるけれど
  • 先日、音楽ボランティアにいって改めて感じたのは、「音楽には力がある」ということ。昨年春まで、介護予防の体操指導に行っていましたが、音楽を伴った活動と比べると、集まる人の笑顔の量と質が違うように感じます。なんでかなあと思いめぐらしていると、「音を楽しみたいと言う、多くの人の意思が結晶しているからなんだろう。」との考えが浮かんできました。歴史が記される前からの、人間のDNAに、音を楽しむという記憶がある [続きを読む]
  • 朝方生活には知恵がいる
  • 先週から、朝の活動を増やす生活に移行中です。きっかけはいろいろありますが、早朝の聖書の学びの時間を充実させるというのが大きいです。早朝聖書を読み黙想することで、大きな力と知恵が与えられるということは、いろいろなところから耳にすることです。あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。 日本聖書協会『聖書 新共同 [続きを読む]
  • 2017 第44聖日
  • あなたがたの中で知恵の欠けている人がいれば、だれにでも惜しみなくとがめだてしないでお与えになる神に願いなさい。そうすれば、与えられます。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ヤコブの手紙1章 5節 [続きを読む]
  • 雨に打たれる、秋の草
  • 台風の影響なのでしょうが、外は冷たい雨になっています。我が家の小さな畑(土改良場)に、イヌタデが生えたので、抜かずに様子を見ていたら、立派な株になりました。冷たい雨に打たれて、イヌタデの紅葉も進んだようです。(一緒に交じっているのはムラサキゴテン)童謡「もみじ」の歌の歌詞に溪(たに)の流に散り浮くもみじ波にゆられて はなれて寄って赤や黄色の色さまざまに水の上にも織る錦(にしき)というのがあって、こ [続きを読む]
  • 欲張ってみる
  • 最近心を入れ替えて?朝の聖書の学びを頑張っています。そのために、生活習慣の見直しを迫られました。(家事が追い付かない!(^-^;)人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 エフェソの信徒への手紙3章 19節欲張りな性格ですからね。人知を超えた愛を知りたいし、神の豊かさも浴びるほど預か [続きを読む]
  • 感謝と祈りを込めて
  • 人の知識をはるかに超えるこの愛を知るようになり、そしてついには、神の満ちあふれる豊かさのすべてにあずかり、それによって満たされるように。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 エフェソの信徒への手紙3章 19節 [続きを読む]
  • 新しいことを初めて分かったこと
  • 今日は、音楽ボランティアのアシスタント第一日目でした。音楽の力ってすごいなあと、改めて思った日になりました。高齢者の方も喜んでおられ、その姿がうれしかったです。初めての高齢者のを前に、自己紹介代わりに、介護予防でしていた体操を5分余り、頑張りました。いっぺんに知ってもらうのは、お互いに疲れるので、少しでしたが。(リードしてくださる音楽家の方に、客観的なアドバイスがいただけたのがとっても嬉しかったで [続きを読む]
  • 謙遜について学びを深めてみたら
  • クリスチャンにとって、謙遜というのは当然備えるべき資質だとは思いますが、本当の謙遜というのは、死ぬまで磨き続けなければならないものではないかなあと思っています。最近、朝の聖書の学びを充実させようとしています。生活習慣も変えないと時間の確保が難しいのですが、神の言葉を求め始めると、不思議と外からの働きが起こってきます。(なので、いま変化に対応中です。(^-^))その学びの中で与えられた、神の知恵が、「低 [続きを読む]
  • 2017 第43聖日
  • そこで、「高い所に昇るとき、捕らわれ人を連れて行き、人々に賜物を分け与えられた」と言われています。 日本聖書協会『聖書 新共同訳』 エフェソの信徒への手紙4章 8節 [続きを読む]
  • 学校の保護者会がが有益だった!
  • 今日は、子どもの学校の公開日でした。昨日から接待の準備に参加し、有意義な時間を過ごしました。今日の保護者会は、ほとんどの保護者が最後には集まるという、学年始まって以来の快挙?!SNSを通じての子どもの人間関係の現状、SNSの使い方マナーを思春期の子供にどう教えるか、思春期の子どもとの距離の取り方など、自己開示してくださる方のおかげで話が深まりました。予定時間を30分程度もオーバーするくらい、熱心な話し合い [続きを読む]
  • やっぱり、それが課題でしたか
  • 今日は、岡山刑務所で行われた矯正展行ってきました。刑務所で働かれている知人から、所内の見学(居室、浴室も)ができるとの紹介で、刑務所の内部を見てきました。居室の見学は今年初めての試みだそうで、長期の受刑者(岡山刑務所は10年から無期懲役まで)の気持ちに寄り添う案内でした。刑務官の熱い思いを聞くうちに、その人らしく人生を終えるということを考えてしまいました。矯正展の少年院のコーナーで、性格テストを受 [続きを読む]