ちもろぐ さん プロフィール

  •  
ちもろぐさん: ちもろぐ
ハンドル名ちもろぐ さん
ブログタイトルちもろぐ
ブログURLhttp://chimolog.co/
サイト紹介文黒い砂漠のガイドブックを目指すブログ。金策、レシピ、マップ、ボス湧き時間など揃ってます。
自由文黒い砂漠のガイドブックを目指すブログ。金策、馬、ワールドマップ、ボス湧き時間、キャラメイク配布、レシピなど、黒い砂漠で役に立つことを網羅するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供445回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2014/03/17 17:03

ちもろぐ さんのブログ記事

  • 砂粒バザールと首都バレンシアを「直線オートラン」する方法
  • 首都バレンシアへ行く方法として、砂漠をそのまま横断するコースと、北回りで行く方法がある。北回りで行く方法の場合は、オートランを利用できるのだが指定できるコースには限界がある。でだ、楽に指定できるコースを教えてもらったので記事にします。砂粒バザールと首都バレンシアをラクダで行き来する時、行きは良いとしても帰りが個人的には厄介だったりする。というわけで、極めて正確に砂粒バザールへ直進する方法について解 [続きを読む]
  • 黒い砂漠の「推奨スペック」をデータに基づいて、自作マニアが徹底解説
  • 「黒い砂漠は非常に重たい部類ゲーム」とよく言われている。しかし、その根拠も一切無しに割高な価格設定の「黒い砂漠推奨モデル」を並べただけのサイトや、確実に黒い砂漠が動くものの価格が高すぎるマシンを紹介しているだけのブログが多い。「根拠もなくハイエンドマシンをオススメするのはどうなのかな…。」というわけで、この記事では16台の自作PC歴があり、黒い砂漠に約1年ほどハマっていた筆者「やかもち」が、各種データ [続きを読む]
  • 最新版、労働者の収穫物リスト / 検索機能つき【黒い砂漠】
  • 黒い砂漠は生産に必要な素材や材料を、労働者に集めさせることが出来る。拠点(親ノード)から伸びている生産拠点(子ノード)に貢献度を投資し、労働者を派遣すれば「自動採集」が可能。しかし、どこに肝心の生産拠点があり、どんな収穫物が得られるのか。マップを見ただけではほとんど分からないので、分かりやすく表にまとめてみました。 更新情報2016/03:労働者の収穫物リストを作成2017/10:カーマスリビア領を追加、リスト [続きを読む]
  • ガレリアDTを徹底レビュー【屈指のコスパを持つ秀品です】
  • ガレリアDT(GALLERIA DT)は、ぼくが「ちもろぐ」にて頻繁に推奨しているゲーミングPCの一つ。恐らくガレリアXFよりも推しているわけだが、その理由が10万前半という比較的敷居の低い価格設定と、大抵のゲームをフルHDでヌルッと動かせる優れた性能を両立しているから。というわけで、そのガレリアDTを徹底レビューします。「ガレリアDT」概要GALLERIADT 16GB搭載モデルOSWindows 10 Home 64bitCPUCore i5 75003.40 Ghz 〜 3. [続きを読む]
  • 【黒い砂漠】フォガン族長「ティティウム」の知識を意外な場所で見つけた
  • 黒い砂漠って本当に細かいところまで作ってあるね。まさかあんなところにフォガン族長「ティティウム」の知識が見つかるとは…普通思わない。ヤギと戯れていたら見つかったのでメモしておきます。 この記事を書いてから約2年が経ち…内容が分かりにくいと感じたので書き直しました。Sponsored Linkヤギ尾根で見つけた「ティティウム」バレノスとセレンディア地域を南北に隔てている大きな山脈地帯。それが「ヤギ尾根」です。登ると [続きを読む]
  • Call of Duty:WW2の推奨スペックを徹底解説:60fpsで動かすには
  • CoD最新作の「WW2」が2017年11月にリリース予定。現在実施されているβテストで概ね、Call of Duty : WW2の推奨スペックが明らかになってきました。2017年はPUBG、ARKなどの超重量級タイトルが登場してきたが…果たしてCoD:WW2はどれほどの重量級なのか。この記事では、WW2を平均60fpsで動かすための推奨スペックを徹底的に(推奨CPU、推奨GPUをデータに基づいて判断する…ということ)解説してみたい。Sponsored LinkCall of Duty [続きを読む]
  • 【レビュー】「Core i7 8700K」は、史上最強のゲーミングCPUだ。
  • 2009年に登場して以来、メインストリーム向けでは一貫して4コア搭載だったCore i7が、今回から6コアへと増量された。エンスージアスト向けのCore i7では10コア搭載などもありましたが、一般向けで6コア搭載は初のこと。この記事では「Core i7 8700K」がゲーミングCPUとして最強の座を更新できるのか、そしてライバルである「Ryzen 7」をどれほど圧倒できるのか。各種データにもとづいて確認してみたい。Sponsored Link「Core i7 87 [続きを読む]
  • 【レビュー】「Core i5 8400」は半額でi7に迫る、コスパ神品。
  • 「Core i5 8400」の絶妙なところは、i3 8350Kと比較して14ドルしか価格が違わないということ。それで6コアCPUが手に入ってしまう。ライバルのRyzen 5 1600は219ドルですから、かなり良いポジションを取っていると言える。さて、実際のところ性能はどうなのだろうか。各種データで確認してみる。Sponsored Link「Core i5 8400」の仕様をチェック世代CoffeeLakeKabyLakeZenCPUi5 8400i5 7400Ryzen 5 1600Ryzen 5 1600Xプロセス14nm++ [続きを読む]
  • 【レビュー】「Core i3 8350K」は宿敵Ryzen 3を駆逐できるか?
  • 「Core i3 8350K」はインテルの第8世代「Coffee Lake」のメインストリーム向け下位モデルです。Core i3は2010年に登場して以来、一貫して2コアCPUだったのが今回から倍増して4コア搭載に大変身。4コア化したCore i3は処理性能はどれほどの進化を遂げたのか。各種ベンチマークを相対的に見ながら確認してみよう。Sponsored Link「Core i3 8350K」の仕様を確認世代CoffeeLakeKabyLakeCPUCore i3 8350Ki3 8100i5 7350Ki3 7100プロセス [続きを読む]
  • 【PUBG】武器別 & 命中部位ごとのダメージ一覧リスト
  • 「武器まとめ」にもダメージは書いてあるが、もっとシンプルに部位別ダメージだけを知りたいという人向けに。色分けを施した分かりやすい武器別 & 命中部位ごとのダメージ一覧リストを作ってみました。Sponsored Linkダメージ一覧リスト / 武器別 & 命中部位別表の色100〜一撃で死亡(気絶)に追い込める威力50〜99死亡(気絶)までに2発必要33.3〜49死亡(気絶)までに3発必要25〜33.2死亡(気絶)までに4発必要20〜24死亡(気絶 [続きを読む]
  • 【PUBG】全6種の「防具」(ベスト・ヘルメット)の性能と解説
  • PUBGの世界には全部6種類の「防具」が実装されている。胴体を保護する「ベスト」、頭をヘッドショットから守ってくれる「ヘルメット」、それぞれ3段階あって全部で6種類ということ。この記事では防具の基本性能から、適用部位など少しマニアックな話まで解説してみる。Sponsored Link防具 ? ベスト編ベストは胴体に命中した弾丸から受けるダメージを、大幅に軽減する効果がある。そのダメージ軽減効果は、たとえベストの耐久値が [続きを読む]
  • 【PUBG】Shelter(地下トンネル)のマップ
  • PUBGには「Shelter」と呼ばれる地域があり、その地下には「掩体壕」(Bankerとも)と言う航空機からの攻撃を防ぐための地下空間が広がっています。で、ここは結構面白い場所ではあるんですが、入ると迷子になりやすい。意外と入り組んでいる感じがするので、分かりやすくマップにしてみた。Sponsored LinkShelter(地下)一応、少しだけShelterについて解説しておきます。マップでは東側に位置していて、PrisonとWoodcutter Campよ [続きを読む]
  • 黒い砂漠の金策を片っ端から68個まとめてみた
  • 黒い砂漠の金策。黒い砂漠ほど、ゲームコンテンツのすべてがユーザーにとって利益になるように調整されているMMOは珍しい。黒い砂漠では基本的に何をしていてもシルバーが稼げるようになっています。この記事では効率よくシルバーが稼げそうな金策や方法を片っ端からまとめました。なお、新たに金策が見つかった場合は随時更新していきます。自分の好みに合った金策、天職が見つかると幸いです。 更新情報2015/12/11 大幅改訂2016 [続きを読む]
  • 約10年続いたルールを打ち破った「Coffee Lake」は期待できそう
  • AMDが2017年にもたらした「Ryzen旋風」は、確実にCPU業界に健全な競争を取り戻すことに成功したようだ。今回のインテル最新作「Coffee Lake」は、そういう感想を抱かざるを得ないラインナップになっているんですよ。約10年近く続いてきた、とある法則が。ようやく大きく変化することになったんだから。Sponsored Link第8世代「Coffee Lake」は、かなり歓迎できる内容今回のインテル最新作が今までのIntel CPUと比べて最も革新的な [続きを読む]
  • 約10年続いたルールを打ち破った「CoffeeLake」は期待できそう
  • AMDが2017年にもたらした「Ryzen旋風」は、確実にCPU業界に健全な競争を取り戻すことに成功したようだ。今回のインテル最新作「CoffeeLake」は、そういう感想を抱かざるを得ないラインナップになっているんですよ。約10年近く続いてきた、とある法則が。ようやく大きく変化することになったんだから。Sponsored Link第8世代「CoffeeLake」は、かなり歓迎できる内容今回のインテル最新作が今までのIntel CPUと比べて最も革新的なの [続きを読む]
  • ローエンドGPU対決「GT 1030」と「RX 550」はどちらが買いか?
  • 2017年に登場した「GT 1030」と「RX 550」は、3年近く目立った進化が見られなかったローエンドGPU市場を大きく沸かせた存在です。しかし困ったのは、両者ともに価格設定は全く同じで、処理性能もおそらくはほぼ同格だろう…ということ。本記事ではGT 1030とRX 550、どちらを買ったほうが良いのかを解説してみたい。Sponsored Link処理性能で対決:GT 1030 対 RX 550やはりグラフィックボードを選ぶ上で一番最初に確かめなければな [続きを読む]
  • VRAMの使用量から考える、VRAMのオススメ容量
  • グラフィックボード専用のメモリである「VRAM」。グラボによって2GBしか無かったり、逆に8GBも搭載されていたりと、色々なVRAM容量があるものの…。実際のところは何GBくらいあれば良いのだろうか、VRAMの使用量から考えてみる。Sponsored Link前提:VRAMが不足すると困ること以前に書いた「GTX 1060は3GBと6GBのどちらがいい?6GB版です。」という記事で、使えるVRAM容量が残りわずかになるとフレームレートが急落する現象を紹介 [続きを読む]
  • PUBGを30fpsで動かせる、おすすめ「低スペック」を解説!
  • 「最低画質で、30fps前後でもいいから、低スペックで動かしたい。」という人が少なくない。要するに予算が少ないからハイスペックな環境をそろえられないけれど、30fpsくらいは出てくれるスペックを知りたい…ということですよね。「これくらいで動くよ。」という記事がある一方で、データでは語られていないため、この記事ではデータに基づいてPUBGのおすすめ低スペックについて解説してみたい。※おすすめ低スペックという、どこ [続きを読む]
  • 【最新版】PUBGの設定ガイドマニュアル
  • 「PUBGを低スペックでも快適に動かす設定を知りたい。」「オススメな操作設定はあるのか。」「音の設定も知りたい。」などなど、PUBGの設定に関する疑問はいろいろとあります。この記事では、「軽量化設定」だけでなく便利な「操作設定」から「音響設定」まで、PUBGの設定に関して幅広くガイドブック風にまとめてみたい。Sponsored LinkPUBG設定ガイドの目次幅広くまとめたので、読みたいと思ったところへ飛んでください。全部知り [続きを読む]
  • 一番ゲームに向いている「Ryzen」はどれだ?データで解説
  • 「AMD Ryzenを使ってみたいけど、インテルと比べてゲーミング性能が悪いって聞きました。一番ゲーム向けなRyzenはどれでしょうか?」という質問を割りとよく受けるので記事にまとめてしまうことにした。Sponsored LinkRyzenのゲーミング性能が低い理由前提として、なぜAMD Ryzenのゲーミング性能がインテル製CPUと比べて低いのか。この理由について一応解説しておきます。「i7 7700K」と「Ryzen 7 1700」のどちらがゲームに向いて [続きを読む]