光山市交通局 さん プロフィール

  •  
光山市交通局さん: 光山市交通局のブログです
ハンドル名光山市交通局 さん
ブログタイトル光山市交通局のブログです
ブログURLhttp://taketorizaka.seesaa.net/
サイト紹介文鉄道模型、レイアウトのブログです。 NがメインですがHO(16番)やZゲージなども入る時があります。
自由文ブログサービスの終了に伴い新天地でスタートしました光山市交通局のブログ・2代目です。

相変わらず鉄道模型とレイアウトの話しかないですがよろしくお願いsます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供264回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2014/03/17 21:29

光山市交通局 さんのブログ記事

  • GMの京王6000系キットを作る
  •  もう彼岸の中日ですが、7月以来続いている車両工作構成が未だに続いているのが不思議です。 今回のは積みキットの中から先ごろエバグリでジャンク品を購入したGMの京王6000系トータルキットを消化しました。 京王6000のキットは既に新塗装の仕様も製作しているのですが、今回の奴は更にそれよりもバージョンが古い。 製作も前回と同じ要領だと思っていたのですが、いくつかの相違点もありました。 一番の驚きが窓ガラス。  [続きを読む]
  • 帰省の運転会(笑)に思うこと
  •  もう一?月以上経っているのに、先月の帰省ネタです。 実は今回の記事は先月のうちに下書きだけは既に書いていたのに、つい昨日まで上げるのを忘れていました(恥) 出し遅れの証文みたいなものですがその辺はご勘弁を。 車を使った帰省のいいところは、持ち込む荷物の量が電車利用よりも制限されにくい所にあります。 まして現住地と故郷が500キロ以上離れていると「故郷の実家に鉄道模型を持ち込んで運転する」という行為 [続きを読む]
  • アオシマのアパートの2棟目を作る
  •  久しぶりのストラクチャー工作から だいぶ前に新発売に飛びついて一棟サンプル的に作ってそれっきりになっていたアオシマの団地キット。 近日改修するモジュールのポイントにはぜひ必要な建物なので残りの一棟も製作しました。 ところで、前回のサンプル製作で気になったのは「階段側にやたらとベランダが並ぶ独特の構造」でした。 私の故郷や現住地で見かける公団住宅やアパートでは階段側の壁面にはベランダが付いていない [続きを読む]
  •  レンタルレイアウトの梯子で思うこと2
  • レンタルレイアウトに思うこと、前回の続きです。今回の企画の前に試走させている鉄道カフェを含めて4つのレイアウトを走らせてみた訳ですが、それらの成り立ちはどれもこれも個性的です。鉄道模型専門店の併設型、民宿併設型、地元の総合模型屋さんの併設型、そして鉄道カフェとどれもコンセプトが異なる点がまず面白い。もうひとつ特徴的なのはひとつを除いて「県外客が多い、または県外客がメイン」であるという点です。確かに [続きを読む]
  • ライブスチームの9600に乗りに行く
  •  先日の日曜日を利用してかねて見て見たかったライブスチームを観に行きました。 これは春に当ブログで線路だけ紹介していた奴で、春から秋にかけて韮崎中央公園で日曜日ごとに運行されている127ミリゲージのライブです。 で、いい歳したおっさんのくせして「あわよくば乗せてもらおう」なんて不純な目論見もあったりします。 ところがが到着した公園は何かのイベントで超満員状態。 これではライブどころではないかとか思っ [続きを読む]
  • 鉄コレ版701系盛岡色を作る(大汗)
  •  先日紹介したマイクロエースの701系盛岡色。 前にも書きましたが、今回の仕様は200年代の登場時に準拠した仕様で特に帯の色が現行と異なります。 後のIGRや青い森鉄道の第3セクター移管で、ほぼ同形の701系が異なる塗装で同じ駅に集まる事になった時、前述のふたつの第3セクターがどちらも青基調の帯色になったせいかそれらと見分けやすくするために更新時に紫色の帯に設定し直した・・・という所でしょうか。 ですが今、盛岡 [続きを読む]
  •  レンタルレイアウトを梯子して思うこと1
  •  先日の701系入線に伴う「レンタルレイアウトのはしご状態」でふと思った事から。 この趣味を再開してからこのかた、鉄道模型の運転と言えば自宅のレイアウトか運転会でのモジュール運転というのが99.999パーセントを占めていたと思います。 その間レンタルレイアウトを全く使わなかったという訳ではないのですが、その全てが県外でネットで知り合った方々とのオフ会と言う性質の物でして運転と言うよりはイベントと言う [続きを読む]
  • 16番フリーのEB58のはなし
  •  今回は久しぶりの16番ネタです。 先日現住地であった鉄道祭りで入手した一品 エンドウのEB58の中古です。 このところ16番で入手するモデルはフリータイプと言いますか、玩具にごく近い素朴さのあるモデルが多いのですが今回のもその例に漏れません。EF58ベースのフリー機は実は以前ED58のボディだけというのを入手しているのですがそれと比べても寸詰まり感が非常に強いものです。昔の私だったらここまで玩具くさいモデルはま [続きを読む]
  • 701系でレンタルレイアウトツアー・その3
  •  701系を連れてレンタルレイアウトツアー第3弾(っていつからシリーズに?) 今回は県内で唯一の「繁華街に隣接した模型屋さんのレンタルレイアウト」です。 こちらは鉄道模型にも元々強い所ですが本来が「地元の模型の総合百貨店」と言う性格もあって普通のプラモデルからRC,ガンプラやミニ四駆果てはモデルガンまで扱い、店の二階にはシューティングレンジまであると言う充実度! ご店主もごく気さくな方で専門知識もあると [続きを読む]
  • とあるショッピングモールの閉店に思うこと
  •  趣味の原点を振り返る・今回はこの趣味の再開に伴う思い出のはなしから うちの近所のショッピングモールのひとつが20年の営業期間を経て、先日閉店しました。  私の所では中心街が空洞化するくらいに郊外型のショッピングモールが多い所なのですが、近年はその郊外店同士の競合による閉店が相次いでおり一種戦国時代の様相を呈していた所でした。 ですが、この店は私も所属しているクラブのメイン運転会場としても20年以上の [続きを読む]
  • 今月の入線車・KATOのキハ82-900
  •  さて今月の入線車のサプライズ KATOが先日リリースしていたキハ82-900がまだ在庫があったとの事で急遽入線させる事ができました。 実車は僅か2両しか存在せず必然的に運用は制限されますがそれでも「やろうと思えば使える」というのは有難い。 ただ、私の手元にあるキハ82系は文字通り年代物の初期〜中期の仕様(動力車がキシではなくキハ80になっているので恐らく中期型です)なので現行仕様の800を編成に混ぜ込もうとすると [続きを読む]
  • 701系でレンタルレイアウトツアーその2
  •  前回、行きつけのショップのレンタルレイアウトで入線した直後の701系を走らせましたが少し時間に余裕があったので同じ日の昼過ぎに先日紹介した「民宿のレイアウト」にも行ってみようと思い立ちました。 二つのレイアウトは30キロほど離れているのですがそこは田舎の気楽さ、S660を飛ばせば路が空いていれば40分ほどです。 幸いそちらの方も客がいないとの事で平日の昼下がりを楽しませてもらいました。 前回ここを紹介した [続きを読む]
  • 鉄道ミステリとNゲージ28・「天空の魔神」
  •  鉄道ミステリとNゲージのネタ。 いつもなら鮎川哲也編の大人向け鉄道ミステリアンソロジーからピックアップするのですが、今回は少し趣を変えてジュブナイルから 江戸川乱歩の少年探偵シリーズの一作「天空の魔神」から 先に「消えた貨車」と言う作品で「荷物を積んだ貨車が1両丸ごと抜き取られる」と言う題材を紹介しましたが、こちらの方は伝票や書類の操作でもとから存在しない貨物を消失させ、代金を詐奪するという話でし [続きを読む]
  • 運転会のグルメ?のはなし(笑)
  •  先日の運転会のこぼれ話から。今回は鉄道模型は出てきません。 今回の運転会は比較的遠隔地での開催という事もあってビジネスホテルで一泊でした。 ところが会場周囲でお祭りやイベントが重なった関係で空き室が取れず、メンバー全員が泊まれるのが「電車で片道30分は掛かる」隣町。 東京人の感覚としてこれが遠いのか近いのか私には判断できかねますが、とにかくそういう事になりました。 初日のイベントを終えてとにかく電 [続きを読む]
  • 701系とレンタルレイアウトのはなし
  •  先日入線の701系盛岡色を引き取ったのは平日休の時でした。 それを引き取った時は行きつけの店も開店直後でしたし、平日の朝という事もあって他に客もいない様子。 前にも触れた事がありますが、このショップでは店舗に隣接してかなり大きなレンタルレイアウトがあり、週末などは県外客を中心ににぎわっている所です。 ですが私の場合、掛け違ってこれまで客としてここを利用した事はありませんでした。 レイアウト自体は何 [続きを読む]
  • 今月の新車から・「マイクロエースの701系1000番台盛岡色」
  •  今月の新車から かねて長い事待ち望んでいましたマイクロの701系1000番台盛岡色。 製品化予告からかなり待たされましたがようやくの発売に勇んでショップへ駆けつけました。 701系は仙台色を筆頭に秋田色、田沢湖色、果ては青い森鉄道やIGRの仕様まで出ていたのに(しかも最近では鉄コレまでリリースされた)盛岡色だけはこれまで製品化に恵まれませんでしたから。 最近の(あるいは最近までの)盛岡駅は盛岡色だけでなく場 [続きを読む]
  • マヤ50とEast-iDのはなし
  • 先日入線のEast-iDに関連したはなしです。帰省から帰った後の話ですが、私の現住地で有名中古ショップが主催の鉄道イベントが行われていました。私が帰省から帰ってきた時点で残り二日を残すのみだったので中古とはいえ、めぼしいアイテムは払底しているだろうと思って大して期待もしないで会場へ向かいました。中古車両は数は結構あったのですがレアモノの値段が「秋葉原相場」だったので手を出せず。何か他に変わったものはない [続きを読む]
  • 去りゆく「鉄夏」をふりかえる
  •  いよいよ今日から9月 思えば七夕前の梅雨明けから始まり、猛暑と大雨の繰り返しみたいな夏ではありました。 7月前半の常識外れの猛暑にははっきり言ってまいりましたしゲリラ豪雨と台風の連続には驚かされました。 この夏はJAMにもまた行けずじまいでしたが、それでいて私個人にとっては一種の「鉄夏」と言っていいくらい色々とやった夏だったと思います。 車両工作ではこのふたつきの間にチラ1、シキ180、クモヤ22001 [続きを読む]
  • 夏の運転会のモジュールと参加車両2
  •  前回に引き続いて夏の運転会ネタです。 クラブの運転会としては久しぶりの16番・HOのコーナー。 主催者側から「モジュールの他に出し物がもう一つ欲しい」とのオーダーで実現したものです。 普段はステージになっている場所に複線のエンドレスを配して2列車の交互運転をしていたのですが、Nとは異なる走りの質感のせいもあって実にゆったりとした。お座敷運転と大して変わらなくなる筈の所を周囲の植え込みが良いアクセントと [続きを読む]
  • 夏の運転会の参加車両から・1
  •  先日の夏の駅ビル運転会。 会場に行くまでの距離が結構あったのと各メンバーの急な都合やらが重なったので泊りがけの運転会でありながらいつもの半分程度のメンバーしか参加できませんでした。 設営と撤収がどうしても人海戦術に頼りがちなイベントだけに企画側のお手伝いも得られたものの、体力的にはやや辛かったのは確かです。(私も歳だなという事も実感させられたりして汗) それでいて各メンバーが走らせた編成はトータ [続きを読む]
  • 真夏の日差しの下、Nゲージが走る(16番も笑)
  •  昨日、一昨日の週末は二日掛かり、泊りがけで東京方面の某駅ビル内の運転会に参加(と設営・撤収という肉体労働付きw)してきました。 グランシップの様なテツドウモケイイベントを別にすれば、クラブ単独で泊りがけの運転会イベントに参加するというのは私にとっては初めての経験でもありました。(私の加入前なら何度かあったようですが、最近は加入メンバーにも年少者が増え遠出を伴うイベントがやりにくい事情もある様です [続きを読む]
  • 帰省の入線車から・マイクロのEast-iD
  • 帰省土産からその4マイクロエースのJR東日本East-iの3連。以前入線させた東海仕様のキヤ93と並ぶ「今時の検測車」です。キヤの時は新車でしたが、今回のは中古モデルです。個人的に今時の車両っぽいあの独特の顔にいまひとつ違和感を感じていたことが新車での購入を躊躇させる一因だったのですが、今回半額以下の出物があったのでつい手を出してしまいました。白地に赤帯のカラーリングは何と無く盛岡色を連想するのですが、車体の [続きを読む]
  • 帰省とイベントのジャンク漁りからその2・ジャンク品機関車から
  • 帰省とその後のイベントでの入線車。何れもジャンク品扱いの機関車2両です。左のはイベント入線のTOMIXEF30、右のは帰省の折に故郷のショップにあったジャンク扱い品のKATOのDD13どちらも中古としては格安でした。EF30はあとからKATOがより細密感あふれるモデルを出しているのですがTOMIXのそれも決して悪いモデルではないと思います。かつてはNゲージでEF30がリリースされる事自体が夢物語だったのですが今では2社が競作なのだか [続きを読む]
  • 帰省とイベントのジャンク漁りから・1
  •  帰省の戦利品からプラスαのはなし。 実は現住地でお盆時に近所で鉄道フェスタなるイベントが開催されていました。 基本的に帰省中のお子様連れや逆に遠出ができない地元の家族連れを対象にしてミニ機関車に載せたり鉄道模型のレイアウトの体験運転をさせたりするイベントなのですが、鉄道グッズや中古鉄道模型の即売会も行われるというお子様からマニアまで請け負ったこの辺では非常に珍しい一大イベントでした。 帰省からの [続きを読む]
  • 「不二家」と「グリーンマックス」
  •  帰省土産鉄道模型編その2 などと書くと大袈裟ですが、車の帰省でないと買いそうにないものをいくつか。 TOMIXの角店「不二家仕様」 それまでの同社のストラクチャーの中で最もおしゃれに見える建造物(更に実在のブランド準拠)だったので印象が強いものです。 TOMIXの角店そのものは割と単純な形態で自社の店舗と組み合わせる前提の構造なのですが、それだけに街並みが画一化しやすくなる欠点もあり、そこをどう処理するか [続きを読む]