AKIGO さん プロフィール

  •  
AKIGOさん: 食虫植物のクロニクル
ハンドル名AKIGO さん
ブログタイトル食虫植物のクロニクル
ブログURLhttp://carnivorousplantchronicle.blogspot.jp/
サイト紹介文都内で食虫植物(Nepenthes、Heliamphora)、洋蘭(Restrepia、Lepanthes)を栽培している大学生のブログ
自由文都内の学生アパートにてこつこつ食虫植物や蘭を栽培している大学生のブログ
食虫植物の栽培記録、蘭の開花記録をつけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/03/18 18:28

AKIGO さんのブログ記事

  • Heliamphora neblinae Cerro Neblina
  • 3週間ほど前に書いたものをアップし忘れてました……。こういった記事がたくさんあります……。Heliamphora neblina Cerro Neblinaはじめは栽培記録をつける目的で始めたこのブログですが、私生活が忙しくなったことに伴って規模縮小のため熱帯植物を手放すことが増えてから、何となく雑多に植物の写真を載せるだけのブログに変貌しました……。それでも不意にアクセスしたときに面白い写真がたくさん見られるサイトでありたいので [続きを読む]
  • Dionaea muscipula 'Tiger Fangs'
  • Dionaea muscipula 'Tiger Fangs'庭があるので少しやってみようかと導入したハエトリです。たしかにスペースはあるのですが、うちの庭は夏になると予想以上に木々が茂って日が差さないのでこの手のものを栽培できるのではという目論見は外れてしまいました……。'Tiger Fangs'がどういったものかもわからないのですが、素人の僕でも4?近い大きな捕虫葉を見られているので、良い品種なのではと思います。CKから買うときにおまかせ [続きを読む]
  • Utricularia alpina
  • Utricularia alpina (Parque Nacional Henry Pittier)暑さ寒さに比較的強い着生種のウトリクラリアで、冬も屋外で球根ドロセラと同じように過ごしています。栽培しやすく、咲きやすく、花も大きくて見ごたえがある良いウトリクラリアだと思います。本記事のこれはU.alpinaのなかでも大き目な花を咲かせる系統だそうですが、言われてみればどことなくふくよかで、丸みを帯びていて大きいような……?180614 Utricularia alpina1806 [続きを読む]
  • Utricularia alpina x endresii
  • Utricularia alpina x endresii両親よりも色が濃くなる不思議な交配。ヘリアンフォラと同じ環境に置いておいたらやたらカビたので思い切って屋外で栽培したところ、葉の数も増え、艶なども改善しました。ふわふわとした大輪は食虫植物というカテゴリーを超えても美しい花だと思います。180421 Utricularia alpina x endresii180502 Utricularia alpina x endresii [続きを読む]
  • Drosera erythrorhiza complex
  • Drosera erhthrorhizaとその近縁種について今年の記録をつけておきたいと思います。 171219 Drosera erythrorhiza ver.imbeciliaこの仲間では最も小型でシンプルな見た目をしています。自生地において開花には山火事の発生が必要らしく、栽培下で開花させるには豪州地生蘭のようにエチレン処理が必要ですかね。171219 Drosera squamosa sand growing form171219 Drosera squamosa sand growing form昨年、一昨年?も掲載したD.s [続きを読む]
  • Drosera stolonifera ssp.stolonifera
  • Drosera stolonifera ssp.stolonifera初めて買った球根ドロセラです。高々数年前ですが買った当時はダメ元だったものの、意外と長い付き合いになっています。二年に一球のペースで新球をつくり、非常にゆっくりですが数が増えてきました(これと同様の鉢がもうひとつあります)。僕がまだ球根ドロセラのいろはも全くわからないころの適当な断水や気まぐれな過湿にも耐え、昨年はたくさんの花を咲かせてくれるなど、申し訳ない気持 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • あけましておめでとうございます!去年は個人的には非常にあわただしい年で、引っ越しに伴い栽培環境が大きく変化し、多くの食虫植物を手放した一年でした。ネペンテスや熱帯性ドロセラのほとんどは信頼できる栽培家のもとにお譲りさせていただき、せめてヘリアンフォラは新居に連れて行きましたが、酷暑の中での引っ越しでダメージも大きく、いまだケアに終始している現状です。ただ、今後は現在の場所に定住する予定なので、腰を [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Thelymitra #3
  • もうすでに多くが休眠に入っていますが、今年最後のテリミトラ記事です……!後半は青花系統が多く咲きます。もうどの品種を載せたのかすらわからなくなってきたので、とりあえずたくさん。 170430 Thelymitra macrophylla x campanulata T.campanulata由来のストライプが走るくっきりとした青の非常に美しいテリミトラだと思います。花茎の色から濃くて、温室の中でもひときわ目を引く花でした。まだ葉が枯れていないのでちゃん [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Ophrys
  • 久しぶりの更新です。今年開花したOphrysをまとめて掲載します! 170320 Ophrys speculum 170320 Ophrys speculum金属光沢を持ったこのブルーがとても綺麗で見とれてしまいます。このブルーは青空を反射する蜂の翅の擬態らしく、空を映したブルーなのでミラーオーキッドと呼ばれているらしいです。反射する翅の擬態とはすごい発想だ……。170304 Ophrys mammosa 170304 Ophrys mammosa&nbs [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Caladenia #3
  • 今年3回目のCaladeniaの開花記事、これで本属は最後です。また来年良い花を咲かせてくれるように花後の今はせっせと施肥につとめています……!170325 Caladenia Harlequin (flava x latifolia) x applanata erubescensカラデニアにはCowslip Orchidと呼ばれるタイプとSpider Orchidと呼ばれるタイプがありますが、本種はそれらの交配種で、姿かたちもちょうど中間、といった印象です。ただ花茎は20?以上に伸びるなどやや大 [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Thelymitra #3
  • 170413 Thelymitra macrophylla x campanulata170413 Thelymitra macrophylla x campanulata 170413 Thelymitra macrophylla x campanulata濃色ブルーにうっすらT.campanulata由来のストライプが走る美しい花です。コラムの先が古くなるにつれて濃い赤になっていく様も面白いです。温室のなかに無数のテリミトラがありますが一際目を引く銘花だと思います。 170413 Thelymitra crinita x rubra 170413 Thelymitra crinita x [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Thelymitra #2
  • 我が家で開花したテリミトラ第2弾です。第3,4弾ぐらいまで予定していますw 170319 Thelymitra nuda x variegata 170319 Thelymitra nuda x variegata実生苗を入手したのですが、この手の交配種としてはかなりvariegataそのものに近い花を咲かせてくれました。光沢のある紫色に濃色のブロッチと筋、セパルの縁取りが美しいです。シンプルですっきりした印象の花が多いテリミトラが多いな [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Pterostylis #2
  • 170303 Pterostylis cycnocepahla (Hymenochilus cycnocephalus) 170128 Pterostylis cycnocepahla (Hymenochilus cycnocephalus) 170213
    Pterostylis cycnocepahla (Hymenochilus cycnocephalus) 170303 Pterostylis cycnocepahla (Hymenochilus cycnocephalus)変わり種
    のPterostylis(現在は新学名Hymenochilusですが)。小型の多花性種です。セパルがアンテナのように
    上向きにな [続きを読む]
  • Heliamphora minor var.pilosa #1 その他
  • H.minor var.pilosa……ヘリアンフォライチ毛深い品種ですね。なかなか入手が叶わずでしたが、昨年ようやく一つだけ入手できました。170301 Heliamphora minor var.pilosa (Auyan Tepui) clone 1 昨年5月にとてもヘリアンフォラとは思えぬ姿で到着した本種ですが、ここ数か月でようやくヘリアンフォラらしい姿を見せてくれるようになりました。 さて、H.minor v.pilosaを花粉親にした交配種の近況は……。170227& [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Thelymitra #1
  • だんだん日中の気温が高くなってきまして、我が家のテリミトラがいくつか開花してきました。本日はその第一陣を記事にしておきます。テリミトラはオーストラリア産夏眠性球根ランの代表種で、100以上の種があり、また多くの交配種が作出されています。秋から春にかけて生育するタイプで、葉は松の葉のような線状のものが一枚出るだけですが、春になると絹布のような光沢を持ったとても綺麗な花を咲かせます。暑い夏は球根でしのぎ [続きを読む]
  • 球根ドロセラ:ロゼットタイプ
  • 載せていなかったロゼットタイプの球根ドロセラをまとめて記事にしようかと……! 170122 Drosera browniana昨年2月のドロセラ展で購入したものです。夏の間に少し萎びたりしたものがあったのですが、ひとつ残らず出てきてくれました。比較的強健な種なのかもしれません。 170130 Drosera browniana 161112 Drosera bulbosa golden green plantsこちらは一昨年のサンシャイン蘭展(たぶん……) [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Caladenia serotina
  • 昨年も記事にしましたCalanidea serotinaです。昨年より1,2週間ほど早く開花しました。迫力のあり、個人的に豪州産の球根ランで一、二を争うお気に入りの種です。冬の間はできる限りに日光に当てるように心がけ、水切れに気を付けるだけでちゃんと育ってくれました。ただ厳寒期、日中水遣りで夕暮れまでわずかに葉に残った滴で少し傷んでしまったことがあったので、水は株元に与えるのが無難かもしれません。毛深いせいで水をとら [続きを読む]
  • 球根ドロセラ:Drosera stolonifera その他
  • 今冬のD.stoloniferaとそれに近い種をまとめて記事にします……!170202 Drosera stolonifera 170202 Drosera stolonifera 170202 Drosera stolonifera 170303 Drosera stolonifera以前にもアップしたことのあるD.stoloniferaの普通種ですが、たいして増えもせず球根も目に見えて大きくなった印象はないのですが、毎年出るたびに分岐が増えてゆきます。球根ドロセラのいろはも分からぬ段 [続きを読む]
  • Heliamphora ciliata #2 その他
  • ひさびさにヘリアンフォラを取り出して写真撮影をしてみました。成長の遅い植物なので普段はあまり成長している実感に乏しいのですが、数年前の栽培記録と見比べると確かに多少大きくはなっていて、ブログに記録を残しておいてよかった、としみじみ思います。撮影したヘリアンフォラから原種5種の写真を掲載します(まとめて掲載したらブログネタがなくなってしまうのでw)。 170227 Heliamphora ciliata 170227& [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Chiloglottis truncata
  • Chiloglottisはオーストラリアやニュージーランドに自生する夏眠性球根ランで、メスのポリネータに擬態した独特のリップが特徴です。海外ではAnt Orchidと呼ばれており、確かに黒いリップは蟻を思わせます。一見すると奇妙で気持ち悪いのですが、その奇妙さが良いのですw 3?ほどの2枚葉を地際に広げ真ん中から花茎をのばし、そこに一輪だけ花を咲かせます。ひとつ前に記事にしましたCaladenia属に近縁のようで、リップが上を向 [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Caladenia #1
  • 夏眠性球根ランのなかでも比較的大きく見ごたえのある花を咲かせるのがカラデニアの仲間です。百種以上あって多くの種がラン菌への依存度が高く栽培不可能らしいのですが、いくつか栽培維持可能なものが国内に入ってきて販売されています。かっこいいものや鮮やかなものなどバリエーションも多く、個人的にもお気に入りで集めたくなる属です。??170212 Caladenia varians Caladenia loreaとして入手しましたが、同じ花を咲 [続きを読む]
  • 球根ドロセラ:D.erythrorhiza近縁種
  • 球根ドロセラのシーズン真っ只中ですね。難しいものが多いのですが、いろんな方から頂いたアドバイスを参考に、なんとか楽しく栽培できています。昨年から夏眠性球根ランにならって球根を掘り上げて保管しているのですが、我が家ではそれが功を奏したようで干からびるものもほとんどなく夏越しができました。とりあえず今日はD.erythrorhizaの変種だったものをまとめて記事にしておきます。161225 Drosera squamosa?高々2,3年も [続きを読む]
  • 夏眠性球根ラン:Pterostylis #1
  • 昔からぼちぼち記事をあげていた通り夏眠性球根ランの一群が好きでして(球根ランがそもそも好きなんですが)、この冬も早咲きの系統がすでに開花しています。kentさんのホームページではオーストラリア産のものを豪州地生蘭と呼んでいたのですが、大変残念なことに最近閉鎖されてしまい、豪州地生蘭と検索してもなかなか情報が得られなくなってしまいました。ということで、本ブログでもkentさんの呼称に乗っかって豪州地生蘭と表 [続きを読む]
  • おひさしぶりです。
  • おひさしぶりです。前回の更新が10月……。3ヶ月も更新が滞ってしまいました。ツイッターのほうはぼちぼち。。。?私事でなかなか更新に気が回らなかったのですが、植物の方はそこそこに管理を続けています。とはいえ、毎日世話してあげられたわけではなく、絶好調には程遠いのでこれからケアの日々が続くのかな、といった感じです。ブログ更新の方も初心を忘れずどんどんしていきます……!まれに長い記事をアップするよりは短信 [続きを読む]