静佳茶庵 さん プロフィール

  •  
静佳茶庵さん: 〜静佳茶庵〜
ハンドル名静佳茶庵 さん
ブログタイトル〜静佳茶庵〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/kinwa/
サイト紹介文宇宙のエネルギーを吸収する養生法、自然治癒力向上の健康法、中国古来の気功法、茶禅一味の坐禅法を発信!
自由文健康は何よりです。得意な事は手作り天然美容水、坐禅養生。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/03/19 19:32

静佳茶庵 さんのブログ記事

  • このような「贅沢品」いくつ持っている?
  • 中国のSNSで流行っている「贅沢品」ランキングは、今までの認識を覆すほど、思いもよらない「物」は、皆さんの憧れとなっている。十大「贅沢品」ランキング:1、童心(子供のような純真な心)2、強い信念3、健康な体4、喜びと広い心5、穏やかな睡眠時間6、自然に回帰する7、たっぷりと楽しめる独自の空間と時間8、心が通じ合う伴侶9、美しい気持ち10、他人に希望をもたらす知能このような「贅沢品」いくつ持っているかな〜 [続きを読む]
  • 心身のリラックスは自然治癒力アップ
  • 大人になってくると、リラックスの状態でいられるのは難しいことになる。子供の頃はごく自然にできているのに、大人になってからは、心身のストレスや緊張感の職場、人間関係などで、いつ間にか神経を使い過ぎてリラックスできなくなっちゃった。体はリラックスしようが、心はやはり緊張のまま。心はリラックスしようが、体は思う通りにはいかない。心身のバランスを崩すと、病に体に侵入するすき間を与え、些細な不調から徐々に深 [続きを読む]
  • どんな日でも好日のつもりで迎える
  • 物事がスムーズにいくよう望んでいるが、なかなか期待に沿えない時はあった。そんな時期に、色々辛い経験やいやな思いが詰まっていた。不安な日々だった。しかし歩んできた道を振り返ってみると、当時はいくら辛かったけど、挫折の時期こそ人生の宝物だと気づかせた。そのおかげで、大きく成長した自分がいる。深く反省した自分がいる。初めて分かったことがある。だから不調な時期は、自分にとっては欠かせないものだと分かった。 [続きを読む]
  • ふと気づいたら、全ては他人からの恩恵
  • 朝、目が覚めると雨音が聞こえてきた。部屋にいるから雨に濡れる心配はないと当たり前のように思ったが、ふと気づくと部屋のごひいきがあるからこそ、気楽に雨音を聞き、のんびりと過ごしているのではないか。もし部屋がなかったら、身体はどんなに苦痛だろう。だから部屋に感謝しなきゃ。部屋って、一つ一つの木材から組み合わせ。では木材に感謝しなきゃ。木材は大自然の提供によるもので大自然に感謝しなきゃ。そして木材は伐採 [続きを読む]
  • 夜中の2時からやり始めること
  • 10月の半ばですが、寒さがひしひしと身に迫ってきました。夜中の2時ごろに目が覚めたら真っ黒な外からバイクの音が近づき入り口の門に来たらアイドリングストップしてすぐさま離れました。犬は全然吠えなかったそうか!新聞紙の配達員です。毎日この時間帯に頑張っているんだ〜夜中とは言え目が冴え眠気がなくなったので、薄暗い明りを灯し国安気功を始めました。両足を蓮華座に組んで背筋を伸ばし姿勢を整えた後両手を膝の上に置 [続きを読む]
  • 心の塊が溶けてしまった瞬間
  • 「愛は右、思いやりは左生命道の両側を歩きながら種を蒔き、花を咲かせます。長い道のりを彩り芳ばしい匂いを漂わせます。この枝や葉っぱの下を通り抜ける通行人に、いばらを踏んだとしても苦痛を感じさせなく、涙が落ちても悲しい思いをさせない」この短文は中国著名な作家・氷心さんによるものです。氷心さんの優しい思いに温かく包まれ、読んだ瞬間、心の塊がスーッと溶けてしまいまるで美しい景色が目に映ったようで癒されまし [続きを読む]
  • 中国最もプラスエネルギーの都会
  • 中国大手電子商「アリババ」の統計データ(2013〜2017年)によると、中国最もプラスエネルギーの省(日本の県に相当する行政)ベストテンを選出されました。このランキングは5年間社会で勇気を持って正しい行いをした人々の本籍地を統計したものです。例えば河川に落ちた人の救助や犯罪者の危険の行動を押さえたことなど。第1位の省は、なんと日本で馴染みが薄くあまり知られていませんが、トップの座は、中原の地と称する「河南省」 [続きを読む]
  • 数十年体型が変わらない我流の食事法
  • 昔から「昼食を過ぎたら、食事を取らない」言い方があります。 時間に余裕のある私は伝統派なので、心掛けて実践しています。 おかげで体型は数十年変わっていません。 体重のコントロールは、健康へのコントロール。食事管理は、まず意識から 朝食 朝食はエネルギー補給。私の定番料理に欠かさないのは、 牛乳に落とし卵 或いは ヨーグルト、ゆで卵。食後の後に必ず仕事のお伴:淹れたてプーアル茶を嗜みます 茶香が [続きを読む]
  • 私流の不調解消法
  • パソコンを見つめて作業して知らず知らず3、4時間経ったことはたまにから頻繁になりました。最初は平気で、少し休憩してからまた続きます。とうとうある日、首が疲れた〜と感じちゃったやはり疲れが積み重ねると休憩でもすぐに解消できなくなるなぁー。痛みでもなく凝っているような感じで、血流がうまくいってないからです。すぐにでも直したく揉んでいても大した変わりがありません考えた末にきちんと座り、背筋を伸ばし目を閉じ [続きを読む]
  • このおかげで毎日快便
  • 最近中国の記事「ラードの良さを見直す」を読んだら、ラードに対する感情が復活ラードは実は今まで中国の家々で極普通の存在でしたが、いつの間にか台所から消えて、取って代わったのはサラダ油やピーナッツ油、菜の花油など。非飽和脂肪酸の言葉をよく耳にしたり目にしたりするほどの情報が溢れている中、植物性のものが良いと外国の潮流に遅れないようにラードは国民の目では、極力避けられたい悪党のような存在になってしまいま [続きを読む]
  • 禅とは何か
  • 修行文化によくある言葉:「禪」聞き慣れているある日急に頭に禪って、一体どういう意味でしょう今まで自然の流れであんまり考えてなかったようでしばらく思いを馳せて…真っ先に仏教のことを思い浮かべましたでも仏教のほか道教や他文化にもその姿がありますひいては生活にまで浸透禅って智慧と言えるでしょう無上の智慧禅語は、智慧の言葉坐禅は、座って(足を組んで)瞑想により智慧が生じます禅って心の中に秘めて静寂から生まれ [続きを読む]
  • 魔法の鏡に映り出した世界
  • 誠な心、純粋な気持ちで人に接し 事をなす。無心に結果を求めずひたすら本心を貫く時、この世界は貴方の身に同じく誠実と純粋を帰す。不満不平、気にくわないことがあれば、それはかえって自分を反省するところです。目に映った是非はまさに自分の意識です。どんな態度でこの世界に接するか鏡のようにその態度が返ってくる。心に深く問いただし自分の非はどこにあるのだろう?自分が変われば、世界が変わる。 [続きを読む]
  • 私のありがたい「縁」
  • 健康維持の方法として「気」という概念は古くから大切にされている中国。気血の流れをよくすれば臓器に栄養素がスムーズに運ばれます。そして体内の老廃物も滞りなく排出されます。体は常にリフレッシュの状態に保たれます。ですので中国では気の鍛錬法は綿々たる伝統として民間に伝わっています。気の鍛錬法は「気功」とも言います。例えば「国安気功」の中で、三つに大別されているやり方:「動功」:字の通り体を緩やかに動かす気 [続きを読む]
  • 「環境の激変」に準備は万全?
  • 世界中に猛暑が続く異様な気象。北半球の北欧まで未曾有の熱さに見舞われています。それどころか冬はずの南半球も夏のような高温天気。このような異常気象は、もう50年に一度ではなく、今後頻繁に発生する確率が高い。猛暑もあれば極寒もあります。暴雨もあれば干魃もあります。不安定な自然環境、激動の変化は18年以降更に目立つでしょう。われわれが唯一できるのはいかに環境に順応して生存していくことです。健康であること、養 [続きを読む]
  • 古人の知恵VS現代人、勝ったのは?
  • 古来の文化を取り入れた、スタイリッシュな生活スタイル。それは、気功です。中国ではまさに気功ブームの時期を迎えています。生活レベルの向上につれ人々は生活の「質」に日に日にこだわるように変化し目先は、いかに健康でいられることです。昔の伝統文化をもう一度見直そうと多くの有識者らが呼びかける中、ようやく国が国家的戦略として基盤からの改革を急務としています。今迄は自分の文化をおろそかに扱った時期は長かった! [続きを読む]
  • インパクト!頭から離れない
  • 昨日一つのニュースが目に留まって その内容が気になって ずっと頭から離れません。 それは 中国のネットニュースですが、 6歳から関節リュウマチを患っているある女性のことです。 8歳になると症状がひどくなり、 筋肉が萎縮し始め 寝たきりの生活が余儀なくされました。 そんな中 家族の支えをバックにして、 彼女は画家への夢を追い続けています。 今までデッサンや水彩を独学してきました。 油絵を始めてたった [続きを読む]
  • 真夏パンダはピンチ?!
  • 真夏日、四川省のパンダ基地に パンダくんは何をしているんでしょうか? ぬいぐるみのようなパンダくん、 暑さにかかわらず 元気に振る舞っているようです。 ぼく、高台で納涼したいの。 木の階段を登らなくちゃ。 ヨイショ、 この高さは大丈夫かしら? あ〜ぁ~上がれそう、 もう少し足を上げないと。 助けてくれー ぼく、落ちるわ。 ハハ〜実は木登りが得意なんです。 これくらいなら [続きを読む]
  • 真夏を乗り切るヒント
  • 今年の夏日は早くも 6月の下旬から来ています。 雨どころか 日射しが激しく照り続ける毎日。 蒸し暑い昼間ですが、 夜になると、林からの涼風に当たり 心地よく寝入ります。 食欲をそそるため もずくや酢の物を食べ、 だるさを取るため 茶器で淹れた暖かい プーアル茶を飲んでいます。 水分の補給は、お茶以外に 果物からも …… 汗をかくべき夏日は、 発汗により体表温度が下がり 夏バテを防ぎます。 体をひ [続きを読む]
  • 見落としてしまった「食」事情
  • お腹が空くと、 ついつい食べ物に手を出してしまい 「最近、太っちゃったよ〜」 と言いながらも、 選んだおやつは、甘物。 このようなことは身近にあるではないでしょうか? 実際、空腹を感じ始めたときから そのまま摂取せず 1時間以上経つと 体内では「長寿因子」と言われる 物質が作り出されます。 体を修復する役割があります。 昔からすでに「お腹を空かせる」 養生方法があるのです。 現代人によくある血圧 [続きを読む]
  • 世界の中心に回してくる運勢
  • 2018年ちょうど半分過ぎたところ、 世界の情勢はいまだに不明瞭。 グローバル時代の交代に当たって、 一体どちらに軍配があがるかは 今年中に世界情勢の決着がつくでしょう。 自然な成り行きは 誰にも進路を阻まれることができません。 来年から世界秩序が軌道に乗り始め アジアを中心とした局面が 迎えられるでしょう。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 斬新?!な食事療法
  • 食事療法の中で、 バランスよく栄養補給するように 摂取するのは一般的ですが、 実際は食べる方法もあれば 食べない方法もあります。 それは「断食法」です。 病気の治療にも応用されています。 断食法は、つまり数日間から週間に 食事を取らずに液体の水かジュースを飲むだけの療法です。 実行するには指導を受ける必要があります。 糖尿や心血管疾患などに優れた効果があります。 「数日間食べずにはいら [続きを読む]
  • 我の心に居座る子供
  • 今日は児童節、中国の子供たちの祝日で 子供にとって大喜びの日ですが SNSでは、大人たちの「童年」思いの日になってました。 幼い頃の写真をアップしたり、 大人でも「童心」を忘れてはいけないと呼びかけたりするなど。 年を重ねていっても 子供心をずっと保ったままでいられれば、 どんなにいいでしょう。 素直、誠実、天真爛漫。 それは我々の本心です。 でも大人になるにつれ、 本心とどんどんかけ離れていって [続きを読む]
  • 人気上昇中の心身を癒やす方法
  • アメリカのエリート層で近年瞑想が流行してきて心身の癒やす方法として人気上昇中瞑想を始めた理由を聞かれると自分を見直したい心身を浄化したいストレスを緩和したい不安や不調から抜き出したい……などが挙げられています。瞑想の座り方や瞑想前、瞑想中、瞑想後について師匠の教えにより方法が違います。瞑想は、坐禅とも言います。中国では、生命力を高める健康法として認識されています。生命力は「気」に関わるものなので、 [続きを読む]
  • 毎日快適に過ごす3ポイント
  • 気温の上昇や温度差が激しい今年は、体調を崩しだるさが長続きやすいほか、夏風邪も引きやすいので、うまく天候に順応し乗り切るよう日々養生に気をつけています。今年の特徴と言えば、気温の変化です!例年と違いますので、毎日快適に過ごすため、3つの心構えをしています。一は、昼間の気温。それに合わせて服の増減に注意しています。二は、寝る時の気温。自分の身で体感した気温により布団を決めます。三は、夜中の気温。夜中 [続きを読む]
  • 人生はこの花に見習うべき
  • 花で彩る毎日の暮らしに綺麗、可憐、派手、地味……いろんな個性の花々に出会います。しかし世界一美しい花って何でしょう?……それは、心の中に咲いている花なんですでは、最も神聖な花は何でしょう?……それは、蓮華です。古くからのことわざですが、「蓮は泥より出づるも染まらず」蓮は泥水から生じ美しい花を咲かせます。どんな過酷な状況にあっても、それに流されず、芯がしっかり立てて清らかに生きている蓮。中国では多く [続きを読む]