コタロー さん プロフィール

  •  
コタローさん: 新コタロー日記
ハンドル名コタロー さん
ブログタイトル新コタロー日記
ブログURLhttp://kotarooooooo.blog.fc2.com/
サイト紹介文これぞ、デイリーワイン!を求めて飲み続けるコタロースペシャル・デイリー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/03/19 22:22

コタロー さんのブログ記事

  • ☆ コルヴォ・ビアンコ 2016
  • こんばんは、コタローです!自営業やってて思うのは、なかなか思い通りに仕事が進まないことだ。その仕事に関係する人達のいろんな思惑が交錯するから当たり前だが、これがスルっと流れができたときは、やはり気持ちが良い。まあ、そんなことは10に1つだから、残り9つはまだまだ完成させるのに一歩一歩前に進めなければならないのだけれど。シチリア産インツォリア、グレカニコのブレンディッドデイリー価格でここまでのお [続きを読む]
  • 究極の山めし、某源流沢泊
  • こんばんは、コタローです!新緑は山の美しさが際立つ季節の一つだけどこの時期は、恒例の某源流で御馳走三昧の沢泊が楽しみな時でもあるメンバー:山童子さん、NPさん、カッパちゃん、Moriyoさん、かずぞうさん、コタローコンディション:?超晴天、無風パラダイスに行くには、短時間ではあるが劇登りを征しなければならない。例年より7〜10日早く石楠花が満開になっているこれを見るのも一つの楽しみだ尾根を越えればパラダイスが [続きを読む]
  • フィンカ・ローザル・モナストレル 2015
  • こんばんは、コタローです!今日も懲りずにさくら見物今シーズンの初物をみたときの感動はないがラグジュアリーチェアを桜の前において、最近の関心ごとについて話したり、読書をして過ごす。スペイン産モナストレル 100%モナストレルのワインは基本ハズレがない。造り手によって個性の引き出し方が異なるかもしれないけど渋みをベースに厚みもそれなりあり、アフターに酸味も感じられる。この蔵は甘味が強めかも。たる熟 [続きを読む]
  • 桜週間
  • こんばんは、コタローです!うんと寒い冬のあとの春は、いつもの春より暖かいらしいこの1週間は例年より10日ほど早かったが、いろいろな場所で満開のさくらを見ることができた。3月24日 甲陽園 花の池公園の桜すでに葉桜だ同じく先週末の甲陽園 大池の桜は満開3月28日 千鳥ヶ淵の夜桜お祭り騒ぎの人だかり外国人と仕事帰りのサラリーマンでごった返していた今日の夙川の桜満開! [続きを読む]
  • ミツマタの花
  • 作成中!こんばんは、コタローです!自然の美しさと強さにより近く近づけるようになったのはカヌー部長のおかげで、所謂、リバーカヤックをやり始めた頃からだ。既にカヌー部長が川を引退してから2年が過ぎるが今は山に入ることで、いろんな美しい風景の便りをブログを通じて知らせてくれている。その中でも今の季節、そしてこの場所でしか見ることができないミツマタの花その群生が綾部の山にある下から見上げれば、向日葵 [続きを読む]
  • 「片隅の迷路」 / 開高健
  • こんばんは、コタローです!裏山ジョグ・コースに桜並木がある。先週はうっすらと透き通ったピンク色をつぼみの下透けて見せていた枝垂れ桜が、今日にははっきりとけがれのない桜色のつぼみとなっていた。久しぶりの開高健さんの作品グーグルから図書券が届いたの64円足して電子本を購入ライトノベルの裁判ものも彼の手にかかれば一級品の小説になる。逸る気持ちを抑え、1字1句大事にゆっくりと読む。「おごそかに責 [続きを読む]
  • グラン・ローランド 赤 2016
  • こんばんは、コタローです!甲山の梅が満開だ。梅が満開ということは、雪山のシーズンも完全に終わり次はカヤックの季節になるわけだけど、仕事にどっぷり浸かっているので、幸運にも自由と青空が重ならなければ実行にはうつせない。カヤックのあとは、外せない沢の季節。それまでに何とかしなければね。同じ日の夕方、近くの大池に散歩に行くと池の周りにある4本の枝垂れ桜の内、1本は満開であった。早い春だ。ボルド [続きを読む]
  • ボア・ド・カデ 2016
  • こんばんは、コタローです!ぎょっ!今日は、春の嵐の中、自宅勤務。吉報多く、弾みがつき、気分も良い。この仕事が決まったら、とっておきナパを開けようと思っていたが、明日から東京なので週末に取っておくことに。先週の東京滞在中に飲んだ赤フランス産メルロ 80%、カベソー 20%どこにでもあるガブ飲み系のこなれた赤バランスが良いのか、単に特徴がないのか、頭の中で次から次へと考えが流れるときには、丁度 [続きを読む]
  • 「春琴抄」 / 谷崎潤一郎
  • こんばんは、コタローです!一期に春が来た。山の雪は融け、土を露出して春山の様相に。終わってみれば短い雪山シーズンで足を踏み入れる機会も例年に比べ、少なかった。さて、本題の本気にいった作家は連続して読むが、谷崎潤一郎の作品も有名どころの「刺青」、「痴人の愛」そして本書の3冊読み終えた。谷崎潤一郎の実家がカネモであったからかもしれないが刺激を求め過ぎた結果のアブノーマルなエロス作品群の印象だ。い [続きを読む]
  • 氷の芸術 六甲氷瀑
  • こんにちは、コタローです!久しぶりの山ネタちょうど3年振りの六甲 氷瀑コースは七曲滝、百聞滝、その入口となる極楽茶屋の気温は氷点下5度活動時間は10:00〜13:00の3時間青天で予報にあった風はなく、寒さは感じない午後からは予報通り雲が出てくるが青空と交互に入れ替わる空模様だった。時折、雪が舞い幻想的だった。がま滝2日前の雨で半分ほど溶けているようだがま滝の氷の芸術滝周辺の道はあまりよくないここは道な [続きを読む]
  • ソウルの裏路地
  • こんばんは、コタローです!この1週間は韓国ウィーク日夜関係ない仕事の合間を縫ってソウルの宿泊ホテルの裏路地を散策朝の裏路地既に8時をまわっているが、人影は少ない日本だとこの時間なら路上は人混みで埋め尽くされているグレー色の餃子見た目は良くないが、味は非常に旨いあまりの旨さに韓国の友人の分もたいらげる [続きを読む]
  • 「土台穴」 / アンドレイ ・プラトーノフ
  • こんばんは、コタローです!この週末は久しぶりに自宅でゆっくりできる。最近は仕事が忙しすぎて、中国やら韓国なんかに行くことが多い。今週は韓国ウィーク 。ソビエト連邦が建設される途上の時代を描いた作品難解なため訳がこなれていないので読みづらい原文のまま読む能力があれば、良いのだがそれもない。随分と最終頁に辿り着くのに時間を要した。「だれ一人夢を見るもの、過去の追憶と言葉を交わしあうものもなかった。そこ [続きを読む]
  • 「痴人の愛」 / 谷崎潤一郎
  • こんばんは、コタローです!「或る女」の葉子に続き、悪女シリーズ第2段 ナオミの登場別に悪女シリーズを読みたかったわけではないが、偶然同じ時期にダウンロードした本が、偶然に悪女の女が主人公であるストーリーだけであった話葉子は後味が非常に悪かったが、ナオミはある意味ハッピーエンドな内容だったのでホッとした。「女に自信を持たせるのはいいが、その結果として今度は此方が自信を失うようになる。」「女の顔 [続きを読む]
  • 「或る女」 / 有島武郎
  • こんにちは!コタローです!予想はしていたが、異常に忙しい日々の連続。根性と体力勝負。たまに逃げ出す弱さが心の前をすっと通るが、そんな邪念はなかったことにして前進するのみ。移動時間に読んでる本だが、女の執念が酷く、後味も良くない。男尊女卑のイデオロギーに押しつぶされた葉子の崩壊を描いたものだが、単に執念深い女の話であると思う。なぜならそんなイデオロギーが薄れた現在でも葉子みたいな女は沢山いるし [続きを読む]
  • 2018 Snow Fes. 新春雪山 山上ヶ岳
  • 作成中〜!こんばんは、コタローです!少し空が明るくなってきた雪の白も明るい白に。2つ目の洞辻茶屋ガスの向こうに薄っすらと太陽が見える空が風が流れ出す予想通り青空が広がるはずだ茶屋の向こう側青い空が近づいて来た!虹色を放つ太陽晴れた!ビューテフォー!やはり、雪山は青と白に限る美しい風景の連続紺碧と真っ白このコントラストも最高だが大きな木が全身を雪に覆われているその姿が白化粧を楽しんでる時間にも [続きを読む]
  • ☆シャトー・レ・リカール 2009
  • こんばんは、コタローです!あけおめです!正月早々10数年ぶりに風邪をひくもう、風邪なんかひかないものと思っていたが。お陰で童子会の初雪山も逃し2-3日の2日間寝たきり。久しぶりに10時間睡眠ができリフレッシュできたプラス面も。4日は復帰と思い、日中は仕事、夕刻には裏山jogに出かけた。しかし急坂を上がる途中、肺と喉に異常な痛みを覚える。今にも張り裂けそうというか、ヒリヒリするというか。足は動く、だけど余 [続きを読む]
  • カンティーネ・コローシ ネロ・ダーヴォラ 2016
  • こんばんは、コタローです!こんなに仕事浸りの日々があっただろうか?!クリスマスイベントが重なったからか、年末だからなのかそれとは全く関係なく、既に慢性化してきた仕事の山に当面の間は抜けきれなくなった感じとなった。東京の職場から歩いて5、6分ほどのところにあるランチの行きつけのイタ飯屋さんにて。イタリアはシシリー島産ネロ・ダーヴォラ 100%ここの店主はイタリア・ワイン好き。そして香りに拘る [続きを読む]
  • 「帰還」 / プラトーノフ
  • こんばんは、コタローです!短編は、短い頁の中で物語を完結しないといけないけどやはりオチの部分があとあと記憶に残るとその作家は好みの作家にノミネートされる。あまり国によって好き嫌いはないが、(原文を読めるわけでもないので)ドストエフスキーが自分のNo.1作家であるためロシアの作品が何となく好きなわけだけど、このプラトーノフも内に秘めた爆発的なものを感じることができて、読み漁りたいロシア作家の一人となっ [続きを読む]
  • ☆ ミトス レゼルヴァ 2010
  • こんばんは、コタローです!束の間の自宅での休日童子会 隊長はいつも通り土曜に山出勤明神平で素晴らしい景色を堪能されたようだ無理やり参加するには、準備不足であったため2日間とも裏山散策で代用する狂い咲いていた桜にはちゃんと名前があった「二度桜」ということだった紅葉と春の気配の有り得ないコラボスペイン産テンプラニーリョ90%、カベルネソーヴィニヨン10%ソフトでまろやさが口の中に一杯に広がる口当 [続きを読む]
  • ブリッコ・アル・ソーレ プリミティーヴォ 2016
  • こんばんは、コタローです!師走その前から師走気分で忙しい忙しいときに限って青空は広がり、裏山は紅葉真っ盛りだ。山の中腹にある池のほとりの桜が狂い咲いていたイタリア産プリミティヴォ 100%お値段の割に香り、味ともにgood!フルーティで甘みを思わせる香飲みやすいタンニンでスルスル行ける更にオーガニック数年前は3桁だったが、今は4桁に。出世した [続きを読む]
  • 青い空と雪山 弥山-八経ヶ岳
  • こんにちは、コタローです!今シーズン、初の雪山は弥山例年より早い冬の到来で11月の雪景色は最高だメンバー:トン西組(NPさん、コテっちゃん、コタロー)     鉄山組(山童子さん、カッパちゃん、J.アマノ、モリヨさん)コース:トン西駐車場(7:45)〜弥山(10:45)、   八経ヶ岳(11:10)のピストン(11km)コンディション:トン西から雪があり靴は汚れず。要軽アイゼン。晴れ時々ガス    スタート時はガスがかかっ [続きを読む]