FELICITEA さん プロフィール

  •  
FELICITEAさん: 紅茶と英語のある暮らし
ハンドル名FELICITEA さん
ブログタイトル紅茶と英語のある暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/felicitea/
サイト紹介文紅茶と英語、ティーウェア、スイーツ、アフタヌーンティーなどを中心に綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/03/20 22:11

FELICITEA さんのブログ記事

  • ベルガモットスパークリング♪
  • 高知県産しょうがと高知県産ベルガモットを使用した スパークリング飲料を見つけました。 ノンアルコールです。 ショウガとベルガモットなので 香りもお味もキリッとした印象です。 泡の力も手伝って、結構辛味を感じる場合もあるかもしれません。 そこで、シロップと軽めに淹れた白茶で割ってみました。 シロップはこれからの季節を意識してブルーに。 帝国ホテルのハレクラニアフタヌーンティーの影響もあります。 彩りにレ [続きを読む]
  • ロイヤルウェディング レセプションメニュー♪
  • ハリー王子とメーガンマークルさんのロイヤルウェディングでは エリザベス女王がランチタイムレセプションを開催、600名のゲストををおもてなしされたそうです。 ベッカム夫妻やクルーニー夫妻も召し上がったであろう メニューの内容は・・・ 〜カナッペ〜 スコットランド産アカザエビのスモークサーモン巻き クリーム添え イギリス産アスパラガスのグリル カンブリア地方のハムで巻いて エンドウ豆のパンナコッタ ウズラ卵 [続きを読む]
  • ル カフェ ドゥ ジョエル ロブション@日本橋高島屋♪
  • 所用で日本橋高島屋の近くに出かけましたので ル カフェ ドゥ ジョエル ロブションでランチにしました。 最後の紅茶と小菓子。 フルーツケーキのような感じでした。 前菜 新玉ねぎのヴルーテ ポークのブレゼ とても美味しかったです セットの紅茶はセイロンティーに決まっていましたが、 紅茶メニューには クスミティーが数種類ありました。 クスミティーは試飲のチャンスがあまりないので、 こちらで一度飲んで決めるの [続きを読む]
  • カフェ ソウセキでティータイム♪
  • 先日、漱石山房記念館に行きました。 夏目漱石終焉の地に、 在りし日の一室を再現した記念館です。 併設のカフェでは 漱石にちなんだメニューを頂けます。 空也最中とドリンクセットにしました。 飲み物は、宮内省御用達のコーヒー、 F&Mの紅茶など こだわりのラインナップから選べるのですが 上林春松本店のほうじ茶をオーダー。 ブックカフェになっているので本を手に取って読むことができます。 作品が生み出された場所で読 [続きを読む]
  • 絵画の中のティータイム☆
  • 昨日ご紹介した「花言葉」というタイトルの絵は ジョージ・ダンロップ・レスリー(1835 ? 1921)によるものです。 レスリーはロイヤルアカデミーにも在籍していました。 風俗画を多く残していて、お茶関連の絵もあります。 TEAというタイトルの絵。 テーブルクロスはかかっていますが、 トレイ上のティーウェアはスポード(風?)のアースンウェア、 胸元にお花を飾った若い女性が お茶を注ごうとしているところでしょうか。 後 [続きを読む]
  • ルドゥーテの花言葉本☆
  • 写真は、高校時代に購入した手のひらサイズの花言葉の本。 この本のイラストがルドゥーテのものだと気付いたのは、数年前の事でした。 中はまだ色褪せず、きれいなままです。 改めて序章を読んでみると 花言葉の成り立ちについて簡単な説明がありました。 ギリシャ神話に出てくる神々の名前と関係あるお花には、 アイリス(イーリス)や 水仙(ナルキッソス) ヒヤシンス(ヒュアキントス) などがあること。 シェイクスピアの [続きを読む]
  • 紅茶のザッハトルテでティータイム☆
  • 昨日の写真ですが、 紅茶のザッハトルテでティータイム。 ケーキにはオレンジが少し入っていたみたいです。 紅茶はF&Mのカウンテスグレイを淹れました。 ティーウェアは久ぶりにウィーンのバラを使いました ところで、いよいよハリー王子をメーガン マークルさんのご結婚が近づいていますね。 F&Mから記念のウェディング ブーケというお茶が出ているようです。                           (画像 [続きを読む]
  • サンリオピューロランドへ♪
  • 母の日はいかがお過ごしでしたか? 今日は、娘のリクエストでサンリオピューロランドへ行きました。 いつもは午前から行くとスムーズに入場できるのですが、 用事で午後に到着したら入場制限が ミキハウスの招待デーなのでしかたないですね。 娘ができてから、招待デーに行かせて頂くようになりましたが、 サンリオのキャラクターもどんどん新しいのが出て 数種類しかなかった子供の頃とのギャップに驚きっぱなしです。 娘が気に [続きを読む]
  • タカナシ ミルクパーラーのバターで作るスコーン♪
  • タカナシのバターを使ったスコーンを焼きました。 タカナシのバターは一般に流通していませんが、 タカナシ直営のミルクパーラーにあったのです。 ミルクパーラーは横浜そごうに一店舗のみ。 なかなかレアなバターです。 通常、スーパーマーケット等に置いてあるバターは 冷凍保存されていたものを解凍したものだそうで ミルクパーラーのバターは、 一度も冷凍していないのが特徴。 冷凍品より香りが豊かなんですって。 量り売 [続きを読む]
  • イギリスのバノフィーパイチョコレート発見♪
  • バナナを使ったイギリス菓子、バノフィーパイ。 サクサクのクラストに、 バナナとトフィー、そしてたっぷりのクリームがのって とっても美味しいお菓子です。 そんなバノフィーパイ味のチョコレートを 成城石井で発見しました♪ イギリスのGNAW というチョコレートメーカーのもの。 gnawはガリガリかじるというような意味で、 よく見ると、Wの文字がかじられていますね。 ウェイターのリスがトレイに載せているのがバノフィー [続きを読む]
  • ラデュレのテ ウジェニーでティータイム♪
  • 昨日のアンティーク・レース展のチケットには ウジェニー妃にちなんだレースが使用されていたので 今日はラデュレのテ・ウジェニーでティータイムにしました♪ お供は、頂き物の焼き菓子です。 レタンプリュスという洋菓子店のもの。 一つ一つが美味しい 今日は、録画していたクイーンメアリー2を見たのですが フランソワ2世がついに天に召されてしまいました。。。 カトリーヌ・ド・メディシスも登場するので とにかく今日 [続きを読む]
  • アンティーク・レース展@そごう美術館へ♪
  • 急に時間ができて、横浜のそごう美術館のアンティーク・レース展へ行きました。 アンティークレースの鑑定家でコレクターとして日本にお住いの ダイアン・クライスさんのコレクションの中から 170点を展示。 何も知らず見ていても繊細な美しさにうっとりしてしまうのですが、 レースについて知らなかったので勉強になりました。 ざっくりいうと、 発祥は大きく分けてヴェネツィアとフランドルで、 それぞれ発展してニードルポ [続きを読む]
  • ブラタモリ 宇治編♪
  • 前回のブラタモリ、ご覧になりましたか? 宇治をお散歩していましたね。 行った後でしたので、行く前に見ていたらなぁと思う事もありましたが とても興味深い内容でした。 こちらは先日ブログでご紹介できていなかった茶舗の写真です。 三星園 上林本店とその奥がかんばやし。 平等院表参道にありました。 三星園は、日本語堪能な外国人の方がいらして、色々と説明してくださいました。  こちらは、ブラタモリでは長屋門の面 [続きを読む]
  • ロクシタンカフェのアイスティー♪
  • パディントン展の後 渋谷駅近くのロクシタンカフェでのどを潤しました。 ハーブティーも多く 南仏のロクシタンのカフェならではの品ぞろえという印象。 温かいものを飲めばよかったのですが、 気になってオレンジアイスティーを頼みました。 大きなグラスでたっぷり。 オレンジジュース、パッションフルーツ、紅茶の組み合わせ。 娘は抹茶を使用した飲み物を。 初めて知りましたが、ハーブティーや紅茶のティーバッグも販売し [続きを読む]
  • パディントン展へ♪
  • bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の パディントン展へ行きました。 東急百貨店のディスプレイでワクワク。 いろいろな顔があるパディントン。 作者のマイケル・ボンドさんはとても優しくて、 ユーモアのある方だったのねと改めて感じました。 沢山の方が手掛けた パディントンのほのぼのしたイラストももちろんですが、 作者のマイケル・ボンドさんや 翻訳者の松岡亨子さんへの 読者からのお手紙もとてもかわいらしくて [続きを読む]
  • ロシア語グッズのサモワール☆
  • プーシキン美術館展のギフトショップでは、マトリョーシカなどロシア関係の商品も並んでいました。その中で目をひいたのがイラストがかわいい、ロシア語のアルファベットグッズ。お茶のところにはサモワールが描かれています見開きファイルです単語の意味は別の場所に書いてあるのですが、全く読めません〜最後までお読み下さいましてありがとうございました [続きを読む]
  • プーシキン美術館展〜旅するフランス風景画〜へ♪
  • プーシキン美術館展に行きました。 エルミタージュ美術館に次ぐ収蔵品数を誇る大きな美術館から フランスの風景画をテーマに作品が選ばれており、 中でもモネの「草上の昼食」は初来日だそう。 先日、モネの生涯を特集していた番組を見た時に、 「室内のアトリエで描く慣習を打ち破り、外に出て描きたい!」 と願ったモネの記念すべき作品と知り、楽しみにしていました。 (実際この作品は、大きい作品だったため、外でスケッチし [続きを読む]
  • バラ色のデザート♪
  • 今日は上野へプーシキン美術館展を 見に行きました。 ランチはブラッスリーレカンへ。 人気でいつも行列です。 食後のデザートメニューに ばら風味のメレンゲ淡雪とシャーベット という魅力的な響きのものがあり お願いすることに 確かに薔薇の風味 食感、お味とも、 とても美味しかったです プーシキン美術館展をイメージした コースメニューもありました。 美術展についてはまた明日にでも書きますね 最後までお読み下さ [続きを読む]
  • スズラン柄のかわいいもの♪
  • 今日は、スズランの日。 フランスでは大切な人やお世話になっている人に スズランを贈る風習があり、 贈られた人には幸運が訪れるのだそうです。 とても良い香りで、ベルのような形でかわいいですよね こんなにかわいいスズランですが、 全体に毒があるので虫がつかないのだそうです。 そう言われてみれば、この時期、葉が食べられる植物も多いですが、 ずっときれいなままでいてくれるかも・・・ 和光のカタログのリモージュボ [続きを読む]
  • 宇治にて♪
  • 今日は駆け足で宇治観光。 少し早めに着いたつもりが 中村藤吉本店前には既に長蛇の列が。 相変わらずの人気ぶりでした。 今は銀座に出店されましたが、 本店は趣がありますね。 ただ、今回の目的ではなかったので先を急ぎます。 今回は綾鷹で有名な上林春松本店へ伺いました。 どっしりと威厳のある門をくぐって右手に上林記念館があり 昔の製茶道具や、 お茶壷道中に使われたかごや茶壷、ルソン壺 お茶道具などが展示されて [続きを読む]