FELICITEA さん プロフィール

  •  
FELICITEAさん: 紅茶と英語のある暮らし
ハンドル名FELICITEA さん
ブログタイトル紅茶と英語のある暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/felicitea/
サイト紹介文紅茶と英語、ティーウェア、スイーツ、アフタヌーンティーなどを中心に綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/03/20 22:11

FELICITEA さんのブログ記事

  • チェリーベイクウェルタルトでティータイム☆
  • イギリス旅行中に、 どこかのカフェのレジ横に置いてあったチェリーベイクウェルタルト。 購入したものの、その時食べきれず、持ち帰ってきました。 ドレンチェリーがアクセントになってかわいい 小さいながらも、中身がしっかり。 白い部分はなんというか、杏仁豆腐風のお味でした。 底にはジャムがしっかり入っています。 このチェリーベイクウェルタルト、 よく見ると WE LOVE CAKEという、 グルテン、小麦 [続きを読む]
  • カフェ ウィーン@日本橋三越でティータイム♪
  • 先日のフェルメール展の後、 探したいものがあって日本橋三越へ行きました。 何となくカフェウィーンの気分になり行ってみました。 スワンのお皿に入ったピーチメルバを また頼もうかとも思ったのですが、 今回はアップル シュトゥルーデルに こちらのアップルシュトゥルーデルは 薄くて繊細な生地に包まれて りんごがぎっしり入っていました。 暖かいカスタードクリームとホイップした生クリームが添えられていて 美味しかった [続きを読む]
  • フェルメール展へ☆
  • 先日の事ですが、10月5日から上野の森美術館で始まったフェルメール展へ行きました。 今回は、日時指定入場券を事前に購入することができたので、さぞかし入場はスムーズだろうと思いましたら・・・ 怖い絵展の時と変わらない長蛇の列。 選んだ時間が悪かったかしら〜 13時〜14時30分の指定を購入したのですが、 その時間内だけ見学可能というのではなく、 14時30分までの間に入場すればよい、というもので 時間きっかりに行く [続きを読む]
  • ブラムリーアップルのミニケーキとブラムリー原木の現状
  • 今年も小布施からブラムリーアップルをお取り寄せしました。 イギリスのクッキング界で有名な メリー・ベリーさんのレシピを参考に少しアレンジして作ってみました。 素朴な印象の焼き菓子ですが、 ブラムリーの甘酸っぱさがアクセントになり、 家族にもなかなか好評でした。 瑞々しいグリーン色と、 コロンとした形が可愛いブラムリーアップルは イギリスからやってきました。日本のブラムリーアップルの樹は 小布施や他の地域で [続きを読む]
  • ジャッファケーキでティータイム♪
  • イギリス旅行記も終わり、 今日からはまたこれまで通りのブログにもどります。 ゆるゆるとお付き合いくださいませ。 以前ブログで、 イングランドのサッカーチームがロシアに持ち込んだティータイムのお菓子、 ジャッファケーキの事を書きましたが、 そのジャッファケーキでティータイムの時の写真です。 茶色の部分は、ブッセの少し固めな感じの生地で チョコレートがポコっと盛り上がった部分にオレンジ味のゼリーのようなもの [続きを読む]
  • セントパンクラス ルネッサンスホテル☆
  • フェスティバル期間は エディンバラのホテルはどのホテルも倍以上に跳ね上がるので 泊まりたかったホテルは予算オーバー。 悩んだ挙句、新しくできたリーズナブルなHUBというホテルにしました。 そこも倍になるのですが、それでもまだリーズナブルで、 清潔で機能的で、ロケーションも良かったです。 今日はロンドンに戻って帰国前の最後の一泊を楽しんだ セントパンクラス ルネッサンスホテルをご紹介ます。 キングスクロス [続きを読む]
  • ローラアシュレイホテル ザ・ベルスフィールド☆
  • 湖水地方ではボウネスにある ローラアシュレイのホテル ザ・ベルスフィールドに宿泊しました。 予約してから今日までの間に、 日本撤退発表からの復活劇がありましたが 予約した時はそんなことが起こるとは思いもしませんでした。 インテリアはローラアシュレイで綺麗に改装されていますが 建物自体は古いようでこのタイプのエレベーターに乗るのは久しぶりでした。 娘がとても楽しそうでした。 ローラアシュレイになる [続きを読む]
  • プリンシパル ヨーク☆
  • ヨークでの宿泊先はプリンシパル。 プリンシパルは以前からあった大規模ホテルを改修して イギリス国内はもちろん、 欧州にも次々に展開している 勢いのあるホテルのようです。 エディンバラのブログでご紹介していたホテルも ジョージホテルからプリンシパルに名前が変わったホテルのひとつ。 ウェスティンやシェラトンなどのホテルを所有していたこともある 会社が関係しています。 ヨークでは、かつてロイヤル・レイルウェ [続きを読む]
  • 元ウェッジウッド家私邸 アッパーハウス☆
  • ストーク オン トレントでの宿泊先は ウェッジウッド家が一時期住んでいた邸宅をホテルにした アッパーハウスにしました。 ストーク オン トレント駅からは離れているのでタクシーで移動です。 もう一つ手前の駅からの方が近かったのですが、 その駅にタクシーがいるかわからなかったので、安全策を取りました。 ドキドキ… ロビー脇の落ち着いた雰囲気の部屋。 お茶やアフタヌーンティーも頂くことができます。 その隣の [続きを読む]
  • ウォーバンホテル☆
  • ロンドンから移動して、 ウォーバンアビーのあるウォーバンでは ウォーバンホテルに1泊しました。 モダンで洗練されつつアットホームな雰囲気のホテル。 到着した時は、アフタヌーンティーのお客さんでいっぱいでした。 ウォーバンアビーをテーマに レーシングルームやハンフリーレプトンなどの部屋名がついています。 荷物を預けてウォーバンアビー見学に行き、戻ってみると 「チャイニーズルームをご用意しました」 と言わ [続きを読む]
  • ザ グロブナーホテル ロンドン
  • ロンドン到着後から連泊したのが ヴィクトリア駅に隣接している ザ グロブナーホテル。 バッキンガム宮殿が徒歩圏内で便利なロケーションという事で、 5年前に一度利用してみたら バスタブ付きの部屋でも わりとリーズナブルながら(ロンドンではの話) エントランスホールの雰囲気も気に入って今回リピートしました。 前回のロンドンはサボイで、それと比べてしまうと、 サービスや調度品のクオリティーなど、 星一つ分の差は [続きを読む]
  • ミリタリータトゥー イギリス旅行2018 11日目⑥
  • エディンバラの夏を彩るミリタリータトゥー。 各軍に所属する音楽隊や地域の音楽隊などが パフォーマンスを繰り広げる大きなイベントです。 出場者が観客と同じくらいいるのではないかというほど多くて、 圧倒されました。 座席は、パッケージプランでブロックが決まっていたため その中から割と前列の方を選びました。 ロイヤルシートもある正面からの眺めが一番いいと思うのですが、 サイド席の方が観客も多いからか、配慮さ [続きを読む]
  • エディンバラ城でディナー イギリス旅行2018 11日目⑤
  • ミリタリータトゥーのチケットは タトゥーの観覧のみもありますが、 数種類のパッケージが用意されています。 せっかくなので エディンバラ城でのディナーがセットになった パッケージチケットを購入しました。 いくつかある中から選んだのは スコットランド料理が楽しめると書いてあった、 ジャコバイトパッケージ。 ウィスキーを楽しむパッケージなどもありましたよ。 係りの方に誘導されて、お城の方へ向かいます。 本日 [続きを読む]