Oka Osamu さん プロフィール

  •  
Oka Osamuさん: 六方たんぼのコウノトリ便り
ハンドル名Oka Osamu さん
ブログタイトル六方たんぼのコウノトリ便り
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/roppoutanbo/
サイト紹介文コウノトリがいる六方たんぼの風景、風景となったこうのとりを、兵庫県豊岡市からお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/03/21 20:57

Oka Osamu さんのブログ記事

  • サンストぎゃらりー
  •  昨日から明日まで、豊岡駅前商店街の空き店舗を利用した写真展などが開催されている。「木工・陶芸展」には、私のつたない木彫作品も展示されている。今日は当番で行ってきた。予想外に多くの観客があって、中には木彫をやってみたいと言う人がいて、3名の方に入学案内をお渡しした。 会場の案内図   木彫作品展示の一部 雲を抜けて伸びたタケノコ。(白いのが雲)茅葺きの民家と比べるとその大きさがわかる。 台とタケノ [続きを読む]
  • 豊劇「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」
  • 豊劇で上映中の「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を観てきた。ベトナム戦争が泥沼状態(そのようには報道されていなかったので反戦世論にはなっていなかった)の米国で、「ニューヨーク・タイムズ」が政府の機密文書「ペンタゴン・ペーパー」(マクナマラ文書)を入手、暴露し、政府を糾弾した。ニクソン大統領の告発で発刊停止の決定を受け、3日後にニューヨーク・タイムズは発刊停止処分となった。「ペンタゴンペーパー [続きを読む]
  • 草刈機実演
  • 六方川河谷橋付近で草刈機が動いていた。この種の機械は以前から普及して珍しくは無いが、堤防を美しくしてくれているので立ち寄って見物した。クボタ販売店の近畿クボタが従業員研修で機械操作の訓練をしているところだった。トラクタは、耕耘・代掻きのほか、暗渠・排水溝・畦付け・肥料散布・緑肥の細断・小麦大豆の播種、畑作物の収穫など様々な作業をこなすが、それぞれの作業機械をトラクタに装着して行っている。作業機械の [続きを読む]
  • 佐渡の百合
  • 佐渡の百合が開花した。もう6年前になるが、佐渡の「トキの森公園」の土産物店で買った球根から育った百合なので我が家では「佐渡の百合」と呼んでいる。ここ数年放置していたので、雑草の中で勢いが無い。今年は花後の管理をしっかりして、来年見事な花を復活させたい。 こちらをポチッ→    [続きを読む]
  • 在韓米軍も在日米軍も撤退に向かう
  • 朝鮮半島の南北融和を阻止したい日本政府と無知蒙昧のネトウヨの願いむなしく、いよいよ今月12日、トランプ*金正恩の米朝首脳会談がシンガポール・セントーサ島で行われる。安倍首相はトランプ大統領に最後のお願いに行ったが、適当にあしらわれた。米朝が和解し、「朝鮮戦争終結」が実現するとどうなるか。在韓米軍の撤退が進み、在日米軍も撤退ないし大幅縮小に向かう。と分析するのは、国際情勢解説者の田中 宇(さかい)氏 [続きを読む]
  • 港アウトドアフェスタ2018「川旅」
  • 県立円山川公苑で開催された、港アウトドアフェスタ2018「川旅」に参加して楽しんできた。地元港地区の町おこし事業として開催し、今年で3年目になるそうで、家族連れ、女性、シニアなど70名余りが参加した。市外からの参加者が多かったようだ。 県立円山川公苑からこぎ出して円山川に出た。 円山川を遡上 楽々浦(ささうら)湾へ入る 鼻欠け地蔵の祭りが行われていた。 上陸して休憩。鼻欠け地蔵見物と、戸島湿地見物に分か [続きを読む]
  • キイロスズメバチ営巣か。
  • 3匹のキイロスズメバチが庭の梅の木に居た。今春女王蜂の卵から生まれ成長して、働き蜂として活動開始したものと思われる。未だ何処に巣があるかはわからないが、働き蜂の増加と共に巣作りも加速していく。昨年は2群れが屋根裏と軒下に巣作りしていた。今年も飛び交いそうだ。 庭の梅の木にやってきたキイロスズメバチ。 梅の木に付いたアブラムシが餌になるのかも知れない。 明日は、円山川でカヤックをこいで川旅を楽しむ予 [続きを読む]
  • 映画 「ヒトラー 〜最後の12日間〜」
  • アマゾンプライムで映画「ヒトラー 〜最後の12日間〜」を見た。ヒトラーの秘書だった女性の手記をリアルな映像で映画化したもの。その女性は、第二次世界大戦でドイツ敗戦が目前の1945年に、志願してヒトラーの秘書になった。ベルリンの地下要塞で生活するヒトラーとその身内の世話をしていたが、ヒトラーの自決で、自身はベルリンを脱出した。映像は映画の一場面 秘書たちには常にやさしく接するヒトラー 軍の参謀には厳 [続きを読む]
  • 六方たんぼの小麦
  • 小麦が大分色づいて来た。田植えがほぼ終了し、湛水した稲作田と、小麦栽培田のコントラストが鮮やかだ。六方たんぼを空から見るとパッチワーク模様に見える。田植えしていない黒土の田んぼは大豆の栽培予定地だ。小麦栽培田には、ヒバリ好んで巣を作り子育てするので、周辺はヒバリのさえずりがかしましい。何故か、カラスも寄ってきて、大群でたむろしている。ヒバリの巣はカラスが天敵かも知れない。 こちらをポチッ→   [続きを読む]
  • 動画編集ソフト「VideoPad」は欺し
  • 無料動画編集ソフトで検索し、「Video Pad」をダウンロードして使用した。切り取り、つなぎ合わせの編集は「Quick Time」を使用していたが、音声の編集が出来ない不満があって高機能を謳った「Video Pad」を導入した。使い勝手は「Quick Time」とはまるで違い、特に音声編集では試行錯誤に時間を取られたが、数本を仕上げて大いに気に入って、人にも勧めたいと思ったところだった。ところが今回、時間をかけて仕上げた動画を保存し [続きを読む]
  • 河谷巣塔のJ0228
  •  今年2月から3月にかけて、河谷巣塔ではJ0111とJ0099がペアになって営巣を始めたので、ヒナ誕生、巣立ちが実現するかに思えて期待していた。 ところが残念なことに、百合地巣塔のJ0016とJ0025並びにJ0228の度重なる襲来で、3月末から河谷巣塔に姿を見せなくなってしまった。 河谷巣塔の今はJ0228が定着している。 河谷巣塔のJ0228 巣材はJ0111とJ0099のペアが運んだものだが、J0228が持ち込んだものも少しある。 何故かしば [続きを読む]
  • 百合地巣塔のヒナ
  • 百合地巣塔のヒナが大きく成長した。 六方たんぼの百合地巣塔 遠景は来日山 母親の帰りを待つヒナ。父親のJ0025と。 母親のJ0016が餌を持ち帰って、ヒナの朝食 父親のJ0025は餌を獲りに こちらをポチッ→    [続きを読む]
  • カヤック初体験
  • 今日、県立円山川公苑でカヤックの初体験をしてきた。6月3日に催される、アウトドア体験イベント「川旅」(下にチラシ掲載)に参加申込しているが、「カヌー、カヤック経験」がその参加資格になっているので、事前に体験しておく必要があった。陸上で指導員からバドル(櫂、オール)のこぎ方を教わり、早速カヤックに乗った。小学生の自然学校が開催されていて大勢の児童たちに混じってカヤックを楽しんだ。 カヌー、カヤックを [続きを読む]
  • 美山町かやぶきの里一斉放水
  •  美山町かやぶきの里で年2回(5月20日と12月1日)行われる一斉放水を見物してきた。過去6回行ったという「滝ギャラリー」の佐々木さんに誘われて出かけた。 今回は山の上から撮ると言うので、スパイク靴を準備したが、足を滑らしたら一巻の終わりの急斜面を登って撮った。山には各地から来た同類が20人程いた。 放水は13時30分、サイレンの吹鳴で始まり、5分間続く。 集落内に多数設置されている、放水銃と給水 [続きを読む]
  • 女王蜂か?
  • オオスズメバチだろうか。体長36mm、外観から、ネットの記事で調べたらオオスズメバチの女王蜂ではないかと思われる。ビニルハウス内に飛来したので「蜂ジェット」で仕留めた。「スズメバチの巣造りは、4月下旬から5月にかけて、越冬を終えた1匹の女王バチによってひっそりと始められています。巣造りの当初は女王バチしかしないので、最初の小さな働きバチが羽化するまで1カ月から1カ月半の間は、巣造り、産卵、育児、外敵防御を [続きを読む]
  • 豊劇 「北の桜守」
  • 吉永小百合と堺雅人の「北の桜守」を観てきた。南樺太で庭に桜の木を育て、さくらの開花を楽しみにしていた家族だったが、1945年、ソ連軍の襲撃により、夫を残して幼い息子2人を連れて北海道稚内へ向かう船に乗り込む。成長した息子、堺雅人は、米国企業の日本進出を任され、社長令嬢で妻の篠原涼子と共に帰国する。長い間音信が途絶えていた母、吉永小百合を新居に呼び寄せるが、母の異常行動に不安になる。家を出て行った母 [続きを読む]
  • サツマ芋 植え付け
  • 注文していた苗が届いたので植え付けた。苗は京丹後市網野町の栽培農家から。品種は鳴門金時。52本届けられた。植える畝は事前に準備していたので、作業は夕方の僅かな時間で済んだ。 こちらをポチッ→    [続きを読む]