Sono さん プロフィール

  •  
Sonoさん: 砂時計
ハンドル名Sono さん
ブログタイトル砂時計
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sonorite277
サイト紹介文超?短編、恋愛ものとそうでないもの。 どれも短めです♪余韻を楽しんでもらえれば嬉しいです♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/03/23 10:44

Sono さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • しばらくぶりの更新
  • とても悲しいことに命などいらないとさえ思うしばらくは この気持ちとのたたかい出口があるのかも わからないまま〜傷み〜ありがちな心の傷みは失恋として片づけられるそんなところにもっていけるのならまだいいのかもしれないそれ以外の深い傷みはもっていくところなどないのだから [続きを読む]
  • 〜不安〜
  • 少しの不安も抱かず揺らがないでいないと保てないけれどひとかけらの不安で揺らいでしまうこんな僕をあのひとは好きでいてくれるのだろうか [続きを読む]
  • 〜春〜
  • 春はつかれるいろいろな刺激がからだを蝕むたとえば風たとえば匂いたとえば感触それらが穏やかにからだを蝕む [続きを読む]
  • 〜 Silence 2 〜
  • 彼女が僕を呼び出したのは、それから間もなくのことだった。その日は仕事を終えたら彼女のマンションにいくことになっていた。僕はデスクの上をささっと片付けてからオフィスをでた。もうそろそろ結婚を考えてもいいころなのはわかっていた。彼女からそれとなく催促をされるのだろうか。僕の頭はそんなことを考えていた。それと同時に心地よい洋楽が流れていた。ビートルズではなくスティービー・ワンダーのほうで、中でもお気に入りのあの曲 [続きを読む]
  • 〜 Silence 2 〜
  • 彼女が僕を呼び出したのは、それから間もなくのことだった。その日は仕事を終えたら彼女のマンションにいくことになっていた。僕はデスクの上をささっと片付けてからオフィスをでた。もうそろそろ結婚を考えてもいいころなのはわかっていた。彼女からそれとなく催促をされるのだろうか。僕の頭はそんなことを考えていた。それと同時に心地よい洋楽が流れていた。ビートルズではなくスティービー・ワンダーのほうで、中でもお気に入りのあの曲 [続きを読む]
  • 〜 Silence 1 〜
  • いまだに彼女が僕と話さないのは、ばつが悪いからか。1年前、僕は一度だけ大学の後輩に会った。後輩が男なら何も問題はなかった。そんなことは時々あることだし、職場の同僚と食事や飲みにいったりも月に何度かはあるのだから。女性と二人だけでいくことはまずなかったが、本当にたまたまだった。その後輩というのはの2つ年下の赤坂麻里。彼女は見た目もいいし成績もよかった。ただ男運がなかった。よくない男に言い寄られ、あと [続きを読む]
  • 〜 Silence 1 〜
  • いまだに彼女が僕と話さないのは、ばつが悪いからか。1年前、僕は一度だけ大学の後輩に会った。後輩が男なら何も問題はなかった。そんなことは時々あることだし、職場の同僚と食事や飲みにいったりも月に何度かはあるのだから。女性と二人だけでいくことはまずなかったが、本当にたまたまだった。その後輩というのはの2つ年下の赤坂麻里。彼女は見た目もいいし成績もよかった。ただ男運がなかった。よくない男に言い寄られ、あと [続きを読む]
  • teabreak
  • 秋が深まりゆくのを極上と言うしかないそのなかで できつつあるものをもう少しだけ眺めながら [続きを読む]
  • teabreak
  • 秋が深まりゆくのを極上と言うしかないそのなかで できつつあるものをもう少しだけ眺めながら [続きを読む]
  • 〜キミの期待と僕の疑問〜
  • 誰のもとへたどりつくのか楽しみだと言ったキミ僕が手繰りよせたならキミはくるのだろうかおだやかな波に揺られてキミはくるのだろうか僕のもとへたどりつくのだろうか [続きを読む]
  • 〜キミの期待と僕の疑問〜
  • 誰のもとへたどりつくのか楽しみだと言ったキミ僕が手繰りよせたならキミはくるのだろうかおだやかな波に揺られてキミはくるのだろうか僕のもとへたどりつくのだろうか [続きを読む]
  • 〜涼しさ〜
  • 涼しさを求めていたらいつのまにか涼しさのなかにいた僕はもうキミが知っている僕ではないキミが見てきた僕ではないしキミが感じてきた僕ではないとんでもなく キミが想像できないくらいに僕は変わってしまったきっとキミがかつて望んでいた以上にきっと僕がかつて望んでいた以上にそして とてもいい具合に僕は変わってしまったそんな僕を キミに見せたい涼しさのなかに キミを呼びよせて [続きを読む]
  • 〜涼しさ〜
  • 涼しさを求めていたらいつのまにか涼しさのなかにいた僕はもうキミが知っている僕ではないキミが見てきた僕ではないしキミが感じてきた僕ではないとんでもなく キミが想像できないくらいに僕は変わってしまったきっとキミがかつて望んでいた以上にきっと僕がかつて望んでいた以上にそして とてもいい具合に僕は変わってしまったそんな僕を キミに見せたい涼しさのなかに キミを呼びよせて [続きを読む]
  • 〜それでも〜
  • 後悔がないように生きているつもりだけど後悔は 僕につきまとって僕を落胆させようと狙っている少しの隙も見せられない息がつまりそうだこんな毎日を僕は それでも楽しむしかない [続きを読む]
  • 〜それでも〜
  • 後悔がないように生きているつもりだけど後悔は 僕につきまとって僕を落胆させようと狙っている少しの隙も見せられない息がつまりそうだこんな毎日を僕は それでも楽しむしかない [続きを読む]
  • 過去の記事 …