kobewool さん プロフィール

  •  
kobewoolさん: 羊毛をもっと楽しもう!神戸ウールの会
ハンドル名kobewool さん
ブログタイトル羊毛をもっと楽しもう!神戸ウールの会
ブログURLhttp://kobewoolnokai.blog53.fc2.com/
サイト紹介文普段は会員同士でいろいろなウールクラフトを楽しんでいます。皆さんも参加して羊毛を楽しみませんか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/03/23 21:30

kobewool さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • タティングレース講習 レポ
  • 神戸ウールの会でタティングレースの講習会をしました。タティングレースはシャトルの動かし方、目の作り方、一番最初が一番難しいレース編みなので、今日も、初めて挑戦の皆さんは四苦八苦しながらの講習になりました。最初の2時間の講習では目を作るということができたら、ゴールです。右手のシャトルが動くのでシャトルの糸で目を作っていくのかと思うみたいです。実際には左手にかけた糸が目を作る糸になって右手の糸の張り具 [続きを読む]
  • タティングレースの講習もやります
  • 5/19(土)にはタティングレースの講習をやります。ウールではないけれど、ちょっと変則的に。タティングレースを始めて手芸本で見た時に、その可愛らしいデザインに魅了されました。それまではレース編みといえば、かぎ針で編むクロシェレースしか知らなかったんです。タティングレース?初めて聞くわ。どんなレースなんだろう?え?クラシカルな古い時代のレースなの?このデザインなんて可愛いんだろう!俄然挑戦してみたくなった [続きを読む]
  • 一色で濃淡をそめる 化学染め講習
  • 5/13に六甲山牧場 夢工房のウールクラフト室で化学染めの講習をしました。今日はその化学染めの様子をお届けします。今回は1フリース(フリースは羊一頭分の羊毛のことです)1.2kgの羊毛を濃い藍色と薄い色に染めました。羊毛を半分に分けて、黄色がかった羊毛は濃い色に、白い羊毛は薄い色にわけます。染める前に、40度くらいのお湯に浸けます。染料がきれいに入るように台所用洗剤を加えます。羊毛をつけておく間に染料を用意し [続きを読む]
  • 「紡毛機で、一人で紡げるようになりました。嬉しいです」
  • 今日はウールの会の会員さんが、お家で紡ぎ車で紡いだ感想を教えてくださったので、シェアしますね。ーーーーーーーーーーーーーーーーーこんばんは。一人でやってみました??嬉しくて報告です!羊毛がネップが多くて??やっぱり綺麗に紡ぐのは羊毛からですね??巻取りがキツイのか、ボコボコと巻き取ってしまってます。練習あるのみで頑張ります。ウールの会で 紡ぎ機を貸していただきとてもありがたいです??ーーーーーーー [続きを読む]
  • グリージー 原毛の洗い方 後編
  • 羊毛洗い 後編です。前編はこちら60度の温度のモノゲン液に漬け込んだのが↑こちら4時間後です。湯温は手をつけて、ちょっと熱いかなというくらい。お風呂の温度より少し熱いくらいです。同じ温度のお湯で、すすぎます。すすぎは少量ずつです。たらいにお湯を流しながら、たらいに張った湯の中で揺すっていきます。汚れが毛先に残っている部分があれば、指先でつまむようにすると、汚れは溶けていきます。ザルにあげながら、2回以 [続きを読む]
  • グリージー 原毛の洗い方 前編
  • きょうはお天気が良くなかったんですが、グリージーを洗いました。ここではお家で洗いやすい、少量ずつ洗う洗い方をご紹介します。刈りとった羊毛は、グリージーといって、羊毛の脂分のラノリンやら、餌の藁やら、とにかくめっちゃ汚れています。でも、洗ったらびっくりするくらいにきれいになります。その劇的ビフォーアフターを見ると、感動するので、汚毛洗いは楽しいのです。↓今年刈りとった六甲山牧場のコリデール一頭買い [続きを読む]
  • 六甲山牧場で羊の毛刈りショーと羊毛のスカーディングやってきました
  • 4/21、22の週末に、六甲山牧場では、羊の毛刈りショーが行われました。刈りとった羊毛を選別する作業のスカーディングを神戸ウールの会が毎年担当しています。今年もスカーディング作業をしてきました。去年から今年にかけての冬は雪も多くて、寒かったのは記憶にあるところです。冬が厳しいと、羊は寒さに対応するために羊毛の繊維の太さが細くなって、クリンプ(羊毛の縮れ具合のこと)がとても細かくなって、紡ぎをするスピナー [続きを読む]
  • 紡ぐ時の羊毛の持ち方、どうしていますか?
  • ドロップスピンドル、紡毛機で紡ぐ時、スライバーやカードがけした羊毛、ローラッグをどんな風に持っていますか?せっかく綺麗にカードがけした羊毛を、綺麗なままで最後まで紡げずに、最後の方、3cmくらい、ポイッて取り払って、カードがけをやり直していませんか?羊毛の持ち方に原因があるんです。↑こんな風に握り込んでいるでしょう?特に、紡毛機で紡ぐ時はよくやる持ち方です。写真はドロップスピニングやっている時ですが [続きを読む]
  • 糸紡ぎに夢中です。
  • 「今まで自己流でやってきたんですが、うまくいかなかったところが、どうしてだったのか、よくわかりました。」昨日4/7はウールの会活動日で、9名の会員さんが集まりました。写真にあるように、皆さん、スピンドルスピニングに夢中です。編み物の講習の成果を持ってきて見せていただいたり。「完成しました」エストニアスパイラルは編み地が自然に斜行して、バスケット編みのような模様になります。段染め糸で編むと、模様の出方が [続きを読む]
  • 双糸に撚り合わせる時のちょうどいい撚り加減、チェックの仕方
  • ニット用の糸は、双糸に撚り合わせて糸を作ります。二本の単糸を撚り合わせるので、双糸と言います。(織り用の糸は、単糸です。最初から反時計回りの回転でs撚りに紡ぎます)スピンドルでも、紡毛機でも、理屈は同じです。↓こちらがちょうどいい撚り合わせ加減の双糸です。撚り合わせて、スピンドルや紡毛機のボビンに巻き取る前に、双糸にした糸を少し緩めてみます。そうすると、撚り合わせが甘い場合は↓のように、単糸同士の間 [続きを読む]
  • ハンドカーダーの選び方
  • 手紡ぎをすると、必要になってくるのが羊毛をふわふわにほぐして繊維の向きを揃えるのに使うハンドカーダー。いろいろなサイズがあるけれど、かなりの頻度で使うものなので、選ぶのにこつがいります。1.重さが軽いこと! これが1番重要ポイントです。2.針目は2種類あります。粗め(ウール用)ロムニー以上の太番手(毛番手) 羊毛の繊維が太いもの用お店に行くとハンドカーダーくださいっていうと、大抵これをもってこられます。 [続きを読む]
  • スピンドルのホイールにこれもおススメ
  • スピンドルを自作するようになると、ホイール探しをしちゃうんです。というのも、コンパスで円を描いて円盤を切り取るっていうの、結構面倒くさいんです。ドロップスピンドルの作り方↑の記事で紹介したハーゲンダッツの蓋もいいですが、もう一つ、見つけました。ポテトチップスの蓋です。クリスピーのは蓋がプラスチックです。底も中に押し込むと外せます。この底の円盤を型紙に使えます。そして、↓こちらはプリングルスの蓋。ド [続きを読む]
  • 編み物講習やりました
  • 3/18に、3目ゴム編みの簡単なリストウォーマーの編物講習をやりました。↓これを編むのでしたが、参加の方の希望で、↓こちらや、↓こちらのエストニアスパイラルのリストウォーマーやかかとなし靴下の講習も同時進行でやりました。午後からは、スピドルの糸紡ぎや、ハンドカーダーの使い方の講習もやってました。参加の会員さんの希望にそって、個対応な講習になっています。ーーーーーーーー参加された方からのご感想です。ーー [続きを読む]
  • スピンドル一本で双糸に撚り合わせる方法
  • スピンドル一本しかない場合の双糸の撚りあわせ方ニット用の糸は時計回り(z撚り)に単糸を紡いで、それを2本用意して、反時計回り(s撚り)に撚りあわせます。スピンドルの重さで糸の太さが変わるので、同じ重さのスピンドルが3本必要になってきます。(単糸 2つ、撚り合わせ用に1つ)スピンドルを作るのが面倒という場合は一本でも撚り合わせができます。スピンドルの心棒に紙を巻いてボビンにします。ここでは広告の紙を1/8の [続きを読む]
  • ハンドカーダーの使い方
  • ハンドカーダーを使うのは最初はとっても難しいです。でも、このレッスンで練習してみると、ハンドカーダーを使うのは楽になりますよ。カーディングにはじまり、カーディングに終わる手紡ぎの糸の仕上がりは実はカーディングの出来に比例しています。カーディングをさぼっちゃうと、それなりの糸しか紡げません。うまくなってくるとネップすらもほぐれて糸になってくれます。カーディングって紡ぎの工程の中で一番重要なものなのに [続きを読む]
  • ドロップスピンドルの作り方
  • 糸紡ぎの手始めにちょうどいい道具がドロップスピンドルです。どういう理屈で糸ができるのか、とてもシンプルな構造で理解できるので、使いやすい道具です。材料料理用菜箸ホイール用の厚紙 ホイール用のハーゲンダッツの蓋無地のものは6つパックの小さいサイズのもの真鍮ヒートン(ベビー)2.使う道具たちハサミ 紙用と眉毛用の刃先がカーブしたもの両面テープ丸やっとこ目打ち紙やすり(400番)ピンバイス(鉄工用ドリル1mm)ピ [続きを読む]
  • 3/18 編み物講習のお知らせ
  • 3月18日(日)10:00〜13:00 編み物講習をやります。場所 神戸生活創造センター JR神戸駅前 クリスタルビル 5F持ち物 中細の毛糸 50gほど 3号棒針 4〜5本 短い方が編みやすいです。講習費 ウールの会会員は500円 一般の方は 1000円とてもシンプルなゴム編みのリストウォーマーを編みます。お申込みは↓こちらのフォームからどうぞ。講習お申込みフォーム午後は糸紡ぎもできます。 [続きを読む]
  • ハンドカーダーで混色 手紡ぎ講習会 開催しました
  • 2/17(土)に 糸紡ぎ講習会 ハンドカーダーを使った混色の仕方 やりましたー。ハンドカーダーの使い方のレクチャーがメインの講習会になりました。今回は、10:00から15:00くらいまで、午前中、午後から、など、参加したい方が自由な時間で来ていただけるようにしました。募集をした時には、どのくらい人数が集まるのかなぁと思っていましたが、フタを開けると、なんと15名の参加でした。ハンドカーダーの使い方は、丁寧にはなかなか [続きを読む]
  • 外出時だけでなく、家の中でこそ使って欲しいリストウォーマー
  • 3/18(日)の編み物講習のレシピを作っています。編み物初心者さんでも出来るシンプルなゴム編みのリストウォーマーです。今年の冬はすごく寒くて。家の中でPC作業をしていると、手首が冷えてきます。スマホを触るときも。そんな時に、このリストウォーマーがいい仕事をしてくれます。外出時だけでなくて、お家の中でも使うといいですよー。神戸ウールの会に入ると、いろんなウールクラフト手紡ぎ、草木染め、化学染め、ニードルフェ [続きを読む]
  • 3月の編み物講習はシンプルなリストウォーマー
  • 神戸ウールの会です。3月の編み物講習のサンプルを制作中です。ゴム編みの簡単リストウォーマー↑こちらは、くるっと円に編んでいっています。表側しか見ないので、編むのは楽チン。極細〜中細くらいの糸の太さ、使っている針は3号棒針 ダブルポイント。途中で、親指を出す穴を作るために、引き返し編みをします。↑こちらはグラデーションになるように、ハンドカーダーを使って混色して、紡いだ糸を使って。きれいなグラデーショ [続きを読む]
  • 神戸ウールの会 2/17の紡ぎ講習はハンドカーダーの使い方メインです
  • 神戸ウールの会です。2/17(土)に紡毛機の紡ぎ講習をやります。こんな紡毛機で紡ぎ体験します。今回はハンドカーダーの使い方を丁寧にやりますよ。ハンドカーダーで、グラデーションの色の混色のやり方を講習します。画像のリストウォーマーは濃い臙脂の羊毛と白の羊毛をハンドカーダーで混色して紡いでいます。ハンドカーダーのカーディングは、結構手間がかかって、手が痛くなるから好きじゃないという人も多いです。ちょっとのコ [続きを読む]
  • 神戸ウールの会 2018年度総会開催しました
  • 1/13(土)に神戸ウールの会の総会が開かれました。総会に出席すると、久しぶりに会員の皆さんに会えるので、とても楽しいのです。今年の総会では、会員の皆さんがもっと気軽に集えるよう、活動場所を生活創造センターにしてきます。それと同時に今までは会員さんオンリーになっていて、ちょっと閉じられた集まりになっていましたので、今年は一般の方も気軽に体験参加していただけるようにワークショップを告知していく予定です。 [続きを読む]
  • バスケット編みリストウォーマーの編み物講習
  • 今日は神戸クリスタルビル創作工房で、バスケット編みのリストウォーマーの編み物講習でした。8名の参加で楽しくやりました。初めてのバスケット編みはウェアのニットとも違う、マフラーでもない、ちょっと戸惑う編み方でしたが、一行程づつ、個人対応で講習いたしました。ウールの会の会員の皆さんは、みんな、勉強熱心です。いつもいつも新しいこと、新しいことを学ぼうとされるんです。そんな姿勢が長生きの秘訣かも。今日はメ [続きを読む]
  • 今年の会員向け編み講習 バスケット編み
  • 9/13のウールの会の編み物講習はバスケット編みのリストウォーマーサンプル製作中です。羊毛は、レインボー染したものを色ごとに分けて、紡ぎ分けたもの。それを極細〜中細くらいに手紡ぎしました。使用針は3号ダブルポイント。このバスケット編み、編み地をひっくり返さずに、表側だけをみて編んでいきます。サイズが小さめなので、パターンの目数を一目増やして、もう一つ、サンプルを作る予定。文責 畠山 [続きを読む]
  • 過去の記事 …