エビネンコ さん プロフィール

  •  
エビネンコさん: 建築家エビネンコの自由時間
ハンドル名エビネンコ さん
ブログタイトル建築家エビネンコの自由時間
ブログURLhttp://ebinet.blog99.fc2.com/
サイト紹介文建築、クラシック音楽、サッカー、食べ歩き、美術のことを気ままに書き綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供129回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/03/23 23:45

エビネンコ さんのブログ記事

  • 川幅うどん@埼玉県鴻巣市
  • 4/21は所用で埼玉県鴻巣市へ行ってきました。お昼どき、知り合いに連れて行かれたのは、地元で有名な蕎麦屋さん。先日、「孤独のグルメ」に紹介された上尾市のとんかつ屋さんも候補に挙がったのですが、混んでいるだろうという理由で断念。しかも、その蕎麦屋で名物なのが、「うどん」らしい。ちょっと怪しい…。聞いてみると、「川幅うどん」は鴻巣市ではご当地グルメ。それほど古いものではないらしい。たしかにユニークなかたち [続きを読む]
  • 上野の森の小さな野球場
  • 4/8日曜は朝から晩まで東京文化会館で音楽三昧だったことは数回の日記で記しました。エリザベート・レオンスカヤのピアノリサイタルと歌劇「ローエングリン」の休憩時間、私は館外に出て新鮮空気を吸ってリフレッシュしていました。新緑の下を散策するのは気持ちがいいものです。東京文化会館の西側には小さな野球場があることは知っていました。しかしそれほど注意をはらったことはありませんでした。私はどちらかというと「サッ [続きを読む]
  • 上野の空で採集した雲
  • 4/8は一日中、東京文化会館で音楽三昧でした。午前は小ホールでエリザベート・レオンスカヤのピアノ・リサイタル、午後は大ホールでワーグナーの歌劇「ローエングリン」。11時から19時半までホールに籠城すると息苦しくなります。オペラの幕間の30分は、外の空気が吸いたくなりました。上野の空の下は行楽客でいっぱいですが、上を見ると雲がのんびり浮かんでいるだけ。ジーッと雲を見ていると、雲のかたちが愉快なので、ついシャ [続きを読む]
  • レオンスカヤのシューベルト・チクルスⅢ@東京春祭
  • 昨日の上野公園の空です。新緑の右には「鳳凰」のような雲。初夏っぽい陽気の中、ちょっと肌寒い風が抜ける感じはシューベルトの音楽の似姿のように感じられるのは私だけでしょうか。4/8日曜の昼、「東京・春・音楽祭」で、グルジア出身のエリザベート・レオンスカヤのシューベルト・チクスルⅢを東京文化会館小ホールで聴いてきました。レオンスカヤは計6回の演奏会で、シューベルトのピアノ・ソナタなど主要な作品を演奏します [続きを読む]
  • 「お風呂が沸きました」の音楽
  • わが家のお風呂のお湯はりが終わった時に流れる音楽って、ずっとノーリツ社のオリジナルだと思っていましたが、ちがっていました。この動画の50秒ぐらい経ったところででてくるメロディそのものでした。テオドール・エステン作曲の小品集「子供の情景」作品202の中の“お人形の夢と目覚め”という曲であることを、ある方のブログではじめて知りました。これもクラシック音楽と言ってよいのかな。 https://www.youtube.com/watch?v= [続きを読む]
  • 笠間市郊外のカフェのランチ2
  • 先週3/28、茨城国際音楽アカデミーinかさまのスチューデント・コンサートを聴きに行った時のこと、時間が無かったので3日前にも寄ったカフェでランチしました。わが家からの目的地へ行く途上にあるので立ち寄りやすいのです。でもメニューは変えました。前回は野菜が食べたい気分だったので、野菜たっぷりのスープランチにしましたが、この日は肉の気分でした。これだけたべて1,400円ポッキリ。また来年、再訪決定。最初は前菜3種 [続きを読む]
  • 金の卵たちの演奏会@茨城国際音楽アカデミーinかさま
  • 私が建築学科の学生だったころ、都内の美術研究所で石膏デッサンを習っていた時期があります。(わりと上手でしたw。)好んでよく描いたのは胴体だけのトルソーです。たとえば写真にある“フォーンのトルソー”。それと“ベルデヴェーレのトルソー”。この2体は、ウフィッツィ美術館やヴァチカン美術館に実物があり、外遊した時、それらに対面した時は感動しました。トルソーとはギリシアやローマの遺跡から発掘された,頭・腕・ [続きを読む]
  • 笠間郊外のカフェのランチ
  • 例年3月末は、「茨城国際音楽アカデミーinかさま」でクラシック音楽を楽しむために笠間市へ行くことが増えます。笠間市は中心街から車で10分ぐらい離れた郊外に、気が利いたカフェが点在しています。例年、そういうカフェでランチも楽しんでいます。昨日、“T”というカフェで食べたのは、野菜たっぷりスープのランチ。最近、野菜が足りないと思っていたので…。なかなか美味しかったです。スープはミネストローネ風。笠間焼の器 [続きを読む]
  • 伊藤恵ピアノリサイタル@第14回 茨城国際音楽アカデミーinかさま
  • 3/21、春の冷たい雨の中、車を飛ばして笠間市へ行ってきました。毎春、私が楽しみにしている茨城国際音楽アカデミーを聴くためです。今回で14回目。このアカデミーではピアノとヴァイオリンを中心とした講習が主となります。一方で指導講師等のコンサートや講演会なども行われ、クラシック好きじゃない方でも楽しめるプログラムが用意されています。このアカデミーの受講生のレベルは非常に高く、国内外のコンクールの上位入賞者を [続きを読む]
  • 禁断だったDAZNのサッカー・ネット観戦
  • サッカーが好きな私にとって、スタジアムで試合観戦することが理想です。しかし地元の鹿島アントラーズや水戸ホーリーホックのホームゲームを全部観戦することは、さすがにできません。アウェイゲームならなおさらです。一昨年までは、Jリーグのテレビ放映権はスカパーが持っていましたが、昨年からDAZN(ダ・ゾーン)というインターネット配信会社に放映権が変わりました。契約者であればDAZNではサッカー以外のスポーツ全般が視 [続きを読む]
  • ハイ・コスパの地元イタ飯屋さん
  • 昨日3/15木曜は確定申告の締め切り日でした。前日、国税庁のHPでチャチャッと書類をまとめました。私はエライので私の分だけじゃなく、母の分も作成します。母の医療費控除のために、1年分の通院の膨大!な領収書を整理し、それらをエクセルで集計するのがいちばん難儀でした。二人分の申告書を提出して、控えに受付印を押してもらっておしまい。この後、私が行ってみたいと狙っていたイタ飯屋さんへ直行。このお店は、近所のスー [続きを読む]
  • オール・プロコフィエフのヴァイオリン・リサイタル
  • 3/8木曜、ジャパンアーツさんから招待券をいただき、滝千春氏のヴァイオリン・リサイタルを聴いてきました。オール・プロコフィエフ(以下、プロコ)という滅多にない意欲的なプログラム。私、プロコのヴァイオリン作品、わりと好きです。ロシア的な憂愁の中にあって斬新なリズムとモダンで甘美な響きに惹かれるからです。実は7~8年前、私は滝氏の演奏を聴いたことがあります。それは私の地元の茨城県で毎春に行われている「クール [続きを読む]
  • 雨中の建築行脚「駐日クウェート大使館」
  • 3/8に上京した時、丹下健三設計の「駐日クウェート大使館」を見てきました。なぜ雨の中、わざわざ見に行ったかというと、耐震性の問題があり、4月ごろから改築がはじまると発表されていましたからです。解体されてしまってからではもう遅い。見られる時に行かないと!と思い、行ってきました。ここへ行ったのは私が建築学科の学生だったおよそ30年前。白金高輪駅を降りて三田方面へ。この辺りは坂が多いことでも有名。幽霊坂など [続きを読む]
  • 雨の平日の東京散歩
  • 3/7水曜の昼に、東京の有名音楽事務所から封書が届きました。その中には3/8木曜、東京の紀尾井ホールにおけるオール・プロコフィエフのバイオリン・リサイタルの招待券が入っていました。急に前日に届くというのも迷惑千万ですが、でも聴いてみたい。その日は、来週締め切りの確定申告書を書くつもりでしたが、それは日を改めることにしました。行く!と決めた瞬間、速攻で高速バスの予約をネットで済ませました。ちょうど行きたい [続きを読む]
  • 鹿島のホーム開幕戦(vsガンバ大阪)は辛勝
  • 昨日、私が熱心に応援している鹿島アントラーズの2018年J1第2節の試合を観戦してきました。第1節はアウェイゲームだったので、これがホーム開幕戦。試合は1−0でガンバ大阪に辛勝。1点差ゲーム好きの私にとっては90分、緊張しながら観戦できました。鹿島はゲームそのものは支配していました。しかしシュートは撃ってもなかなかゴールが決まりません。決勝点は後半33分、右サイドかの安西のスローインを受けた鈴木優磨が相 [続きを読む]
  • 藤村実穂子 メゾソプラノ・リサイタル@水戸芸術館
  • 2/25日曜、水戸芸術館で藤村美穂子のメゾソプラノ・リサイタルを聴いてきました。藤村は日本よりも欧州で有名なオペラ歌手。バイロイト音楽祭に9年連続で出演したそうです。彼女の歌声はTVやFMで聴いたことがありますが、実演は初めてとなります。私はシューベルトやシューマンなどのドイツ歌曲が超好きです。現役ワーグナー歌手が歌うドイツ歌曲を是非聴いてみたいと思い出かけてきました。先週、クラシック好きのマイミクさんが [続きを読む]
  • 「パン好きの聖地」で朝食を…!
  • 2/18は松戸市の「パン好きの聖地」と呼ばれるお店へ行ってきました。ここは1階がパン屋、2階がカフェになっています。ここの朝食はたいへんに評判がよく、予約なしで食べることは至難です。先月、バンクーバー在住の友人から「2月に帰国するので、またグルメ会をしよう」というメールがきました。そこで私が選んだお店がこのパン屋のカフェの朝食。日曜の早朝、自宅を出て、水戸でLさんをひろって常磐道を南下。予約時間を10分 [続きを読む]
  • 「鈴降稲荷」をたずねて…“ひよっこ”回想2
  • 2/12に上京した時、竹橋の近代美術館で熊谷守一の回顧展、新浦安で河村尚子のピアノリサイタル、青山のギャラリーで会田誠展とめまぐるしく移動。時間は夕方6時半。時間があったらもうひとつたずねてみたい場所が赤坂にありました。それは昨年放送された朝ドラ「ひよっこ」の舞台となった赤坂・あかね坂商店街の洋食店「すずふり亭」の名前の由来となったと思われる鈴降稲荷です。ここ鈴降稲荷の縁起は「ひよっこ」のドラマでもア [続きを読む]
  • 河村尚子|ピアノリサイタル@浦安音楽ホール
  • ■河村尚子の現在(いま)を聴く〜ベートーヴェンを中心に〜■2018年2月12日(月)14時@浦安音楽ホール■ピアノ:河村尚子♪バッハ:「羊は安らかに草を食み」♪バッハ:パルティータ 第1番 変ロ長調 BWV 825♪ブラームス:間奏曲イ長調op118-2♪ブラームス:バラードト短調op118-3♪ブラームス:間奏曲ホ長調op116-4♪ブラームス:奇想曲ト短調op118-3 【休 憩】♪ベートーヴェン:ピアノソナタ 第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」♪ [続きを読む]