おだわら治療院 さん プロフィール

  •  
おだわら治療院さん: おだわら治療院のブログ
ハンドル名おだわら治療院 さん
ブログタイトルおだわら治療院のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/odawarashiatsu/
サイト紹介文肩、腰、膝、関連し合う身体の痛み、凝り、痺れ、様々なお悩みに、一人ひとり丁寧に対応させて頂きます。
自由文おだわら治療院
指圧・整体・運動療法
http://www.odawarashiatsu.com/

0465-46-9363 (予約制)
お気軽にご相談下さい

〒250-0853
神奈川県小田原市栄町1-6-16ビラ片岡102
小田原駅東口より徒歩4分。旭ヶ丘高校前。

受け付け時間 午前9:00〜午後19:00 

定休日 火曜日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/03/24 18:29

おだわら治療院 さんのブログ記事

  • 空きあります
  • 台風の影響もあって今日の予約はキャンセルが相次ぎました 残った予約の患者さんも 開院当初は一時間かかっていた施術が 30分ほどで満足して頂けるよう仕上がり 自分の空き時間が多くなっています 自分なりに有効に時間を過ごしておりますので 安全第一に考えて来れるタイミングにまたご予約下さい [続きを読む]
  • お盆も休まず営業用…ただし…
  • お盆中は 既に予約も入っていることから 休まず出勤する予定でいます ただし、予約時間外に変則的に治療院を空け 予告なく遅刻早退中抜けすることもあるかもしれません ご予約は計画的にお願いします 初めてのご来院も急なお悩みの際にはご相談ください 断っておきますと当院はアパートの一室で一対一で施術を行っております [続きを読む]
  • 手技を教える、伝える
  • 先日から新たに人に手技を教えています 「私ごときに…」などと謙遜するのは 私の治療を支持して下さる患者さんへ申し訳がないのでしません これは私が治療院に勤務時代に私が兄弟子の先生から受けていたことであり 同級生と切磋琢磨して行っていたことでもあります しかし、私が治療院の勤務時代にやり残したこととして 後輩に教えるという経験をしなかった言葉通りがあります 兄弟子の先生は 後輩に教えることであらためて自分 [続きを読む]
  • 第8回マンガワン投稿トーナメント直前
  • 8月に入りました 以前にも少しだけ触れておりましたが 私は治療院の経営に並行して その他の時間で漫画の執筆をしていました その作品で今月末から開催される 第8回M−1(マンガワン)トーナメントに参戦します これは投稿する全作品が一般公開され 読者による投票によってトーナメント形式で連載権を賭けて争います その為、基本的にこのブログを読んで頂いている方にもご覧頂けます 作品の内容は何年も前から描き続けてき [続きを読む]
  • 特攻の島
  • 治療院の本棚にも置かれている 「ブラックジャックによろしく」の作者sん佐藤秀峰先生の昨年完結したばかりの作品 特攻の島 読了したので感想を書きたいと思います 実をいうと特攻を題材としたジャンルが苦手で この作品も食わず嫌いをしていました というのも 他者の為の自己犠牲の精神というのは どうしたって慈悲深く感動せざるを得ないシチュエーションであり しかしながら「お国の為」という共感し得ない動機が重ねられるこ [続きを読む]
  • 緊急お知らせ
  • 本日、3時以降予約が入らなければ早めに治療院を閉めて早退させて頂きます ご了承下さいませ 自分ではあまり台風情報気にかけていなかったのですが 患者さんに警告促して頂きました 皆様もどうぞお大事に [続きを読む]
  • 教訓を活かして
  • 台風が接近中です これから当日予約を入れる方は天気の様子を見ながら時間帯を吟味してご検討ください さて、以前に施術後の運動指導が伝わらず施術の効果を台無しにしてしまったかも という失敗談を紹介しましたが その患者さんが再訪して下さりました 自分では上手くいかなかったと思える施術にも関わらず 再び機会を頂きました患者さんには本当に感謝いたします 今回は前回の失敗を踏まえつつ 施術後には余計なことは一切しま [続きを読む]
  • アスリートの最終調整
  • この秋に世界大会に挑戦される患者さんが 国内の大会の最終調整の為に来院されました 今年に入ってからはかなりの状態が良いとおっしゃっていましたが 大きな大会に繋がるの為に大事をとって調整と確認の為の施術です そこでは患者さん自身の自覚のない状態まで改善することが私の目標です 施術後に歩いて頂くと 明らかに変化を実感して頂けた表情を見せてくれました しかし、懸念されるは 台風が近づいての今週末の天気ですね や [続きを読む]
  • 病院に通うか否か問題
  • 前回記事の話題から考えることがあります ギックリ腰をした患者さんが その日に病院に行った時には 「様子を見て来週の月曜日にまた来てください」 と言われたそうでしたが その月曜日に朝から仕事に出たということは 病院に行く必要もなかったようです ここで 医師が「この日に来て下さい」と言ったにも関わらず 言いつけを守らなかったという状況が発生します 治療院ではこのようなことはザラにあります なにぶん 保険が効かな [続きを読む]
  • ギックリ腰が改善
  • 今朝は暑さが和らぎ なんでもない夏の朝が ありがたくも感じられます 先週のギックリ腰を起こした友人から 一昨日の朝 「お蔭ですっかり良くなって仕事に出られるよ」と lineで連絡が来ました プライベートで繋がっている友人だと 良くなった状況もリアルタイムで知れることは 施術者としての大きな利点でもあります 例えば、年に1,2回しか来院されない患者さんだと 前の結果を知れるのも半年〜1年後ということになります す [続きを読む]
  • 続・熱射病
  • 引き続き 熱射病の話題 昨日の朝の天気予報で 同じ気温で アスファルトと芝生の上 どちらが熱いかという問いかけがあり その答えは意外にも芝生とのことでした その理由は 水分を含む土や草の上は湿度が高く体感温度が高いそうです しかし それは同じ公園内での話し 最近毎週続けて通って頂いている農家さんの話しを聞くと 街中より畑のほうがはるかに涼しいとのこと 小田原では近年は以前に増して田んぼが減っています 自転車で [続きを読む]
  • 熱中症
  • 毎日暑いですね 私は自転車通勤ですが 気温が少しでも高くならない早めの時間に出勤するようにしています すると定刻の出勤時間よりも日陰も多いという恩恵まで受けられると気づきました しばらくは朝の時間をゆっくり過ごしています さて、熱中症対策の話題です ある療術家は 近年の子供に熱中症が増えたのは 「呼吸が下手になっているからだ」(キリッ)と主張します その論拠の一つとして 「昔の子どもは運動中に水を飲ませら [続きを読む]
  • 寝違えの症例
  • 一週間前の症例 初診で寝違えを訴える男性が来院されました ネットの情報を辿って予約頂いたそうですが いつもこのような新患は独特の不安を抱えています いわゆる 良い患者か 悪い患者か 当院としては治療という価値観に重きを置いて施術に臨むのですが時に過去に受けたリラクゼーションのように 受け心地を重視したり その他の「何か」を期待して来院される患者さんはよくいて その場合はいかに良い治療が出来たとて評価に結び [続きを読む]
  • ギックリ腰の予後
  • 一昨日の記事に書いたギックリ腰の続報です 治療相手が友人であることがあることの利点は 予後も連絡がとりあえることで 現状が逐一把握出来て 応じたアドバイスが送れることです 一時はようやく歩けるようになった友人は その翌日まで調子が改善したものの その更に翌日は再び症状がぶり返して感じていました そこで呼吸法と体位を積極的に変えるアドバイスをしました 常に同じ姿勢でいることは身体に負担になります 多少動くの [続きを読む]
  • 暑中のギックリ腰
  • 昨日は定休日でしたが 早朝から友人のSOSの連絡が入りました どうやらギックリ腰のようです 這いずるように家のすぐ近くの病院に行くも 普段ならすぐに痛み止めの注射を打ってくれるお医者さんも それすら止めた方が良いとのこと 病院の行き返りの間にも何度も心配され声をかけられたそうです 私は急遽予定を変更し往診に行きました さて、施術では普通にとまでいかないまでも なんとか歩けるまでに快復しました 原因はというと [続きを読む]
  • チコちゃんに叱られる
  • 今年始まったばかりのNHKの人気番組「チコちゃんに叱られる」 大人に様々な疑問を投げかけ答えていくバラエティー番組 前回の放送で 「なぜ風呂上りに牛乳を飲む時、腰に手を当てるのか?」 という問題が出ました その答えが牛乳瓶のカタチにヒントがあったという 私の盲点を突かれましたが 一方で、腰を当てたほうが背中反らせやすくなるという身体の謎について… 治療をする人間にとっては簡単な論理なのですが 高級車を変え [続きを読む]
  • 冷房病対策
  • 直接当たる風を避ける 今日も暑いですね 各地で熱中症のニュースが報道されており 「ガマンせずに冷房をつけましょう」と 呼びかけられていますが 私が思うに 報道されたような高齢者の多くは ガマンしていた訳ではないように思うのです 治療院に来院される患者さんには 冷房が苦手な患者さんが多くいます 人によっては冷房だけでなく扇風機も止めさせられ 私が汗びっしょりになりながらの施術を余儀なくされることもあります [続きを読む]
  • 寝返り方の答え
  • おだわら治療院では恒例となっている 「寝返り」の指導 人間、当たり前の行為がなかなか上手に出来なくなってしまうもので 一昨日来院された患者さんも 寝返りの際に腰に痛みを訴え 観察すると 明らかに痛みの出る瞬間には無理な体制になっていました しかし、この指導のタイミングがいつも悩ましいところなのです 患者さんが私の言葉通りに意識を集中させて痛みのない動きが出来たところで 日常生活に戻ればすぐに忘れてしまう [続きを読む]
  • ありがとうの受け取り方
  • 続け様に私事ですが 予め断っておきますと 今日のお話しは自慢ではありません 先日、常連の患者さんに すっかり症状が解消された施術後「流石良い腕していますね」そうお褒めの言葉を頂きました しかし 「ありがとうございます」という返しが出来ず 言葉に詰まってしまいました いつぞやの私なら何の抵抗もなくその言葉を受けていたかと思いますが いくつもの臨床経験を経て なかなか思い通りにいかないことを幾度と経験すると [続きを読む]
  • 初心
  • またまた申し訳なくも私事のぼやきです 沢山の技術を見知って 取り入れ 試行錯誤するも 臨床経験を重ね 必要なもの 洗練し 不必要に不必要なものを 淘汰し 研ぎ澄ませていった結果 結局残ったカタチは 最初に技術を習った師匠に過去最も似た在り様ただ、その遠回りも 無駄なものだったかと言えば 今に至る過程として必要であったと思いたい 治療に限らずとも そんなことありませんか? [続きを読む]
  • 施術者の身体
  • 患者さん同様 施術者も同じ人間であり 身体を痛めることも当然あります そんな訳で 昨日に引き続き私の話しをします 「志村君も○○歳を過ぎたら分かるよ」 この言葉が昔から大嫌いでした 会話で年長者に年齢を言い訳にされると議論の余地がないからです しかし幸いなことに 過去にこれを言われた歳を私は順調に越えてきました もちろん、平々凡々と過ごして何事もなく今日に至っている訳ではありません 自分自身のことなど最も [続きを読む]
  • モチベーション
  • 昨日はブログの更新をさぼってしまった訳ですが身体がだるく感じて天気を言い訳にしていました しかし、なぜか仕事(施術)に入るとモチベーションが回復 終わると燃え尽き症候群 仕事の時だけ鬱になる人もいますが やはり何かしらのモチベーションなくして活力は生まれません とはいえ 目標のない人に目標を見つけなさいなどと言うのも 無責任にも聞こえてしまいますので なので 私は相手を見た上で言葉をかけるようにしています [続きを読む]
  • ヨガの教え
  • 治療の流れからヨガの指導をする機会は相変わらず多い 昨日も健康に良かれと思って行っていた体操が かえって膝を痛めてしまっているようで 改良を求める指導をしたら その流れでヨガのアーサナについても質問されました ヨガを教える立場の人間の中には 「自分が教えることによって相手の気付きを奪ってしまい兼ねない」 そういう葛藤があるようで 私自身に少なからずそれはあります 「そんなことを言っていたら仕事(治療)に [続きを読む]
  • 気象と気性
  • 最近は膝の痛みの症例が増えています しかも患者さんのお話を伺うと 症状を発症したのも先週から先々週の間と重なります このような時期による流行病を察知する度にこのブログではお知らせしています 時期による因果関係を私なりに憶測するならば その時々の気温や気圧の変化が関節内の圧力に影響を及ぼしているものと考えられます 更には物理的な観測を越える何かしらの関わりが別にあるかもしれません それは明確に予測し結びつ [続きを読む]