おだわら治療院 さん プロフィール

  •  
おだわら治療院さん: おだわら治療院のブログ
ハンドル名おだわら治療院 さん
ブログタイトルおだわら治療院のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/odawarashiatsu/
サイト紹介文肩、腰、膝、関連し合う身体の痛み、凝り、痺れ、様々なお悩みに、一人ひとり丁寧に対応させて頂きます。
自由文おだわら治療院
指圧・整体・運動療法
http://www.odawarashiatsu.com/

0465-46-9363 (予約制)
お気軽にご相談下さい

〒250-0853
神奈川県小田原市栄町1-6-16ビラ片岡102
小田原駅東口より徒歩4分。旭ヶ丘高校前。

受け付け時間 午前9:00〜午後19:00 

定休日 火曜日
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/03/24 18:29

おだわら治療院 さんのブログ記事

  • 睡眠第一
  • 先週から患者さんの体調不良で予約のキャンセルが続出しています 風邪などの症状では よく寝て、休んで頂くことが第一 「治療院」という看板をかけながら 「体調不良でのキャンセル」というのも 複雑ですが これは人間として生きている以上 当たり前のことと ある医術家は 「寝て治らない病気は何をしても治らない」と断言するほどです そして、患者さん自身が施術より今は休んでいたい そう感じるようでしたら その感覚を尊重す [続きを読む]
  • 比例する「分りやすさ」と「誤解」
  • 過去に私が運動指導を行った患者さんに このようなことを言われることがあります 「言われた通りやってますよ」 「でもなかなか変わらないですね・・・」 「ところで、どれくらいやったら変わりますか?」 ムム・・・(ー.ー;) ところが、観察してみると・・・ 私が伝えたことと全然やっていることが違う 厳しいことを言わせて頂きますが そりゃ、いくらやっても劇的な効果は得られません・・・ 余裕の表情で反復している時点で [続きを読む]
  • 理屈と実践
  • 昨日の最終の施術では 時間の許す限りの運動指導 正直、私の伝えんとすることを全て伝えようとすると 本当のエンドレスになってしまうのですが 意欲の高い方は ありがたいことに、どこまでも付いてくれます さて、そんな私の運動指導は 端から見られると 「また理屈ばかり並べているよ・・・」 そう思われる人もよくいます その心の奥底では 「でも実際は理屈通りにいく訳ないんだよ」 そう穿っていることでしょう しかし、私の [続きを読む]
  • なぜ?何?回答・・・説得力
  • なぜ痛むの? どういう動き、姿勢が良くないの? どういう運動をすれば良いの? 何が悪いの? 何をすれば良いの? そんな患者さんの症状に関する素朴な疑問 私の治療では その回答が明快だと 良く評価してくれる患者さんが多くいらっしゃいます とても有り難いことですが それでもなお 充分に伝わらず反省させられる患者さんと遭遇することがあります それというのは 決して患者さんの語解力や 論理的思考力の問題ではなく これ [続きを読む]
  • 今回、足を攣った原因は・・・
  • 長らく通院されている患者さんが 先日の施術の際 突然に足を攣ってしまわれました しかも、どう動いてもまた攣りそうな様子 脚の施術の途中だったのですが こんな時は慌てず焦らず 改めで全身を観察してみました すると、その日の患者さん 足を攣った側の肋骨が 極度に下がっていることに気付きました その分だけ腰の可動域が制限され 足にまで影響を及ぼしているようでした そこで深呼吸を促しながら肋骨を引き上げるように腰 [続きを読む]
  • ヨガの相談
  • このブログでは度々話題に挙げる ヨガ そこで患者さんからの相談を受けました 講師の先生から 「身体の柔らかさに頼って筋肉が使えていない」 そう指摘され どうして良いか分らず困惑されていました この時点で 「え!?ヨガって力を抜くのが良いんじゃないの??」 そう思われる人もいるかもしれません 流派などにもよるかもしれませんが ヨガとはストレッチ体操ではありませんので そうとも限りません 実際にその患者さんの動き [続きを読む]
  • 骨盤底式呼吸
  • 最近のマイブームは 腹式呼吸でもなく 胸式呼吸でもなく骨盤底式呼吸 いわゆる会陰部に呼吸を通すこと (この画像がアメブロの規約に反しないことを祈る) まぁいずれも全身に連動が及ぶことに違いないのですが 意識は腹や胸を中心に向きがち すると どうしても下半身にまで呼吸が伸びていかず この骨盤で引っ掛かってしまうのです 呼吸とともに骨盤がしっかり開閉してこそ 深呼吸 [続きを読む]
  • 終わらない修行
  • おだわら治療院の運動指導は 毎回、その時の最善と思われる手段を全力で処方しています その為、1回きりご来院された方には そこで必要な指導の全てを伝え切ってもらったと思い込まれるかもしれません しかし、実際には 毎回の施術の度に新しい指導を行ないます 時に、初診から一年以上も経て2回目にご来院された患者さんが 「こんな役に立つことを教えてくれるのか」と 驚かれる方もいます それは決して初診で出し渋っていた [続きを読む]
  • NHKスペシャル『人体』
  • 昨日から放送されているNHKスペシャル人体http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/番組では最新科学で画期的な内容と語っていたのですが その内容、実は東洋医学の概念で考えれば至極当たり前のこと 冒頭から興を削がれてしまいました その触り説明すると 人体は個々の細胞レベルで情報を交換してネットワークしているというもの これまでの考えは 脳が司令塔として身体を動かしているという考えであったと 山中伸弥さんはコメン [続きを読む]
  • エアロビクス
  • 「エアロビクスをやっている人は身体が硬い」 そんな話しを学生時代に聞いたことがありました まぁ、多分に偏見を含みますが 同級生にエアロビ指導の経験者がいて 大きく首をタテに動かしていたことが説得力を帯びていました たしかに、見るからに機械的な単調な動きの繰り返しのようでもありますが運動をしているだけ していないより身体が硬くなる訳はないだろうと 思われるかもしれません しかし そのやり方次第では 身体が硬 [続きを読む]
  • S字カーブ
  • 解剖学的に理想とされる 背骨のS字カーブ 医師の診断では当然これを基準として診察されます(ただし、そもそも病理学で定義される状態以外は無視されてしまうこともままあるでしょうが)しかし、実際にはこの形状がどうにも動きにくいこの感覚を自分自身で得られたのは 実は最近のことですが一度身体が覚えてしまった感覚は 当たり前のことのように頭でも理解出来るようになる不思議 クラシックバレエでも 「背骨は真っ直ぐに」 [続きを読む]
  • スピン、ピルエットのやり方
  • 様々なパフォーマンスにおいて行なわれる機会のある 回転 昨日までに書いている「かに歩き」には そのヒントも見出せます 一般の人がその場でジャンプして回ろうとしても なかなか回転力は生み出せません 日常においてまず必要とされないであろう動き そもそも人間は直立歩行を基本とする生き物現代人はそれさえままならなくなっていますが・・・ 前進する運動とはどのような機序で成り立っているかそれを理解出来れば 横軸の [続きを読む]
  • 洗練
  • 新しい運動指導を早速実践してみたところ これまで通院して頂いていた患者さんには すこぶる好評 当たり前のことの難しさを体感し 当たり前の自分の身体を学び 大したした運動でもないにも関わらず 頭も身体もフル活性 そして、私自身も患者さんから新たに学び 洗練されていきます ただし、初診の方に行なうかは 検討段階 気になる方は 重ねて通って頂くか相応のモチベーションを示して頂ければ ご教授させて頂きます [続きを読む]
  • ちょっと(?)他とは違う運動指導
  • おだわら治療陰での運動指導は これを これだけやれば これくらいで治ります というような 方法論ではなく 気付きを与えるヒント 特定の能力の向上よりも 革新が目的です だから 一般的なストレッチや筋トレは行ないません それでも結果的にどこかしこの筋肉は鍛えられ 瞬間的に身体中が熱くなる 今まで感じたことない部位に筋肉痛が出る 不思議な感覚が芽生える というような感想をよく言われます 多くの人は新鮮な刺激に楽し [続きを読む]
  • かに歩き
  • おだわら治療院で新たに始める運動指導は・・・ かに歩き 歩行に難のある方や 歩行に関心のある方が対象です 何の意味があるのか・・・? もちろん、ただ横に進んで歩けば良い訳ではなく 私の提示する「ある課題」を踏まえることで 「ある感覚」を捉えてほしいのです そこから、歩き方のヒントを見つけ出して頂ければ幸いです 興味のある方は 治療陰までお越し下さい [続きを読む]
  • リセット
  • 患者さんに言われてモチベーションが下がる言葉の一つがマッサージで運動機能が改善した後・・・「結局すぐ元に戻るでしょ」 しかしながら幸か不幸か・・・ 良くも悪くも 人生に リセットや やり直しは 効きません 施術を受けて頂くにも そのつもりでご利用ください [続きを読む]
  • おだわら治療院の英会話塾
  • 外国人の患者さんが肩の施術を終えて言ってくれた たった一単語の感想 「すぃんく!」 付き添いの男性が「軽い」だと通訳してくれました 施術後に私はモヤモヤ 「think」と言ったなら「考える」だ 「thinc」・・・? 「sink」「shinc」「thic」「shik」「sic」 ??? いくら調べても「軽い」に結びつかない そして一時間考え抜き 患者さんのジェスチャーを思い出し ようやく理解出来ました 「swing」! バットやクラブでも振っ [続きを読む]
  • 死生観
  • 『スピリチャル』 しばしカルト的に都合よく解釈されたり (笑)といじられがちで フィクションとの区別が曖昧になりがちですが 文学的に向き合えば それらとは一線を画すようになります 科学の一種にも捉えられるようになります 私にとって「死生観」は確固たるものとしてあり 患者さんとお話をしていると 高齢の方ほどその価値観がよく合っていくように感じます 私は死を悲観しませんが 生を蔑ろにもしません 天命を受け容 [続きを読む]
  • ヨガorストレッチ
  • ヨガはストレッチではありません つまり 「伸ばす筋肉を意識しましょう」というような精神性 所により、それを目的とした指導がされることもあるかと思いますが ヨガがストレッチ体操的な指導になってしまうのは それが単純明快で分りやすいからですが その時点で既にそれがヨガである必要もありません 月一で通院される患者さんは ヨガ講師の言葉の捉え方に迷われているようです 毎回、その指導についての質問を受け 回答して [続きを読む]
  • 「スマートフォンサム」
  • 今週放送されたNHKの人気番組『ガッテン!』 「手首の痛み」の特集とのことで チェックしてみましたが 「スマートフォンサム」について つまり、スマホによる親指の使いすぎに関する 相変わらず「らしいな」という内容 当院でも以前からよく診る症例ですが この呼び名は学が至らず知りませんでした しかし、医師による解説は 局所的、構造的な切り口が主 もう少し番組全体の構成がタイトになって 機能的、全体的なアプローチも [続きを読む]
  • 為末大ブログより
  • 昨日の為末大さんのブログに共鳴しましたhttp://tamesue.jp/blog/archives/think/20170910何かに秀でた人間とは 特別なことが出来る というよりは 誰にでも出来る当たり前のことがレベルに違いが見られる 私自身の治療の手技においても 患者さんへの運動指導においても よく思うことであります [続きを読む]
  • 波乱の秋場所
  • 相撲界は怪我が続出して波乱の展開 その理由は諸説あります ウェイトを増やそうとする傾向が強い 立ち合い重視で土俵際の練習が減っている 土の上での四股が減っている などなど 私は特に角界に詳しい訳ではなく あまり突っ込んでは烏滸がましいかもしれません ただ、外から見た立場として感じる印象を書けば つい最近まで 良い結果が出ている内は どんな特別な練習をしているのかという 近代トレーニングが注目されていたと感じ [続きを読む]
  • 最近観た作品まとめ
  • 最近、患者さんと施術中に映画の話しで盛り上がることが多くあります 私自身も感化されて気になっていた作品や勧められていた作品(旧作ばかり)を積極的に観ています この2週間に観た作品をメモ書きしておきますくまのプーさん(2 2) 冷たい熱帯魚(1 4) 500日のサマー(2 2) コード・ブルーシーズン1(3 3)シーズン2(3 3) レゴムービー(3 3) 凶悪(1 2) おとなのけんか(3 3) ヒーロー [続きを読む]
  • 内転筋を鍛える・・・??その意味は?
  • 病院でのリハビリテーションで頻繁に指導される内容「内転筋を鍛えましょう」 「内股の筋肉を付けるんです」 「ボールを股に挟んで押すトレーニングをして下さい」これらの指導は当院では基本的には適用しません なぜか?? そもそも医師や理学療法士がこのような指導を行なう理由とは 高齢者ほど膝が開いて(O脚)がに股の姿勢になりがちだからです だから膝を閉じる筋肉を付けましょうという理屈・・・ しかしその理屈は 人間 [続きを読む]