よしお不動産 さん プロフィール

  •  
よしお不動産さん: よしお不動産
ハンドル名よしお不動産 さん
ブログタイトルよしお不動産
ブログURLhttp://yoshiorealestate.com
サイト紹介文主に不動産投資情報と埼玉県吉川市の紹介をします。
自由文不動産投資でお金持ちになりたい方の為に色々なノウハウをご紹介させて頂きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/03/25 22:09

よしお不動産 さんのブログ記事

  • 本当に
  • 市街化調整区域の開発許可基準がやはり行政ごとに違い過ぎると思います。同じ地域の市街化調整区域のみをたくさん仲介していればあまり行政ごとの許可基準の違いなど気にならないと思いますが、弊社の場合は扱う地域がバラバラですので、そのたびに役所に細かく確認が必要になります。市街化調整区域が廃止されれば良いのにと本当に思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 計る
  • 税金やローン等を滞納して不動産を差押されてた後に、差押登記が抹消される場合があります。滞納金を支払って差押登記を抹消してもらっているのですが、差押される前にちゃんと支払っておけば良いのにといつも思います。税金やローンを支払える人(法人)でもわざと滞納をして不動産等を差押させてその不動産等を処分する人もいると思います。不動産等が競売や公売になって売却されても、滞納金額よりもまだ足りない場合は残りの滞 [続きを読む]
  • 10日後
  • 10日前に庭に雑草が生えていた物件ですが、有名なラウンドアップという除草剤(農薬)と同成分のジェネリック農薬であるサンフーロンという除草剤を撒いてみました。10日前に写真はこんな状態です。除草剤を撒いて10日後はこんな状態になっていました。一番の変化は、雑草の葉が枯れてなくなって雑草が茎だけになっています。ただ雑草の種類によって除草剤が良く効く雑草と効きにくい雑草があるようで、あまり枯れていない雑草もあ [続きを読む]
  • Don’t make a problem bigger.
  • 何か問題が起きた時になるべく早く対応して、その問題が大きくならないようにするべきだと思います。起こってしまったことはしょうがないですが、その後の対応の仕方次第で問題をいかようにも変えられることができると思います。問題をチャンスにすることも可能だと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お願い致します。
  • At Home より物件のお問合せを頂くことが多くありますが、連絡先が携帯のEメールですと資料を添付してご返信できない場合が多いです。着信拒否設定をしている方もいらっしゃいますので、なるべく連絡先のEメールは携帯以外でも使える(gmailやHotmail等)Eメールアドレスをご連絡頂けると大変助かります。どうぞ宜しくお願い致します。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 不動産の取引には縁が必要だと思います。スムーズに契約までいけるかと思えば些細なことが原因で話が流れてしまったり、まず契約なんてできないと思っていたお客さんなのに決済まであっという間に進んでみたりです。ま〜ようは縁だと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 調整
  • 市街化調整区域内の開発許可基準や立地基準が、県や建築主事を置いている特定行政庁ごとに条例等を定めていて微妙にそれぞれ違っています。市街化調整区域の土地が所在している県や役所(特定行政庁)ごとに細かく確認しないと、その土地利用の可能性が分かりません。色々役人に質問をしていく中で市街化調整区域であっても可能性を見出せることがあります。市街化調整区域を制する者は田舎の不動産を制すると思います。にほんブロ [続きを読む]
  • 境界
  • 土地を売買する際に隣地との境界確定測量を買主側から求められることがあります。登記上の土地面積と実際の土地面積が異なる場合に実測面積で取引ができることと、隣地との境界トラブルを未然に防ぐこと等が利点として挙げられます。売主の責任として土地の境界を明示する必要がありますが、買主が了承すれば、境界の明示をしないで売買契約をすることもあります。土地家屋調査士に境界確定測量等を依頼すると数十万円かかりますの [続きを読む]
  • 選んでる
  • お客さんが不動産屋を選ぶ以上に不動産屋はお客さんを選んでいます。不動産屋に好かれるお客さんは結果として良い物件を購入することができたり、好条件で物件を売却することができることが多いと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 結構
  • 不動産は自分で手を入れて価値を高めることができます。但し、不動産の周辺環境、近所の人、マンションの場合の管理状態&形態等は自分一人だけでは変えられないものです。そうゆうものが結構大切な要素になる場合が多いような気がします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 高値
  • 現在不動産を売りに出している売主の方は、なかなか売れないからといって焦る必要は無いと思います。焦って値下げは絶対にしない方が良いと思います。現在不動産市場は好景気に伴い、売物件が不足している状態です。景気が悪くならないうちに高値で売却できれば最高だと思いますし、それが十分可能な市場状況だと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 旧宅
  • (旧)住宅地造成事業に関する法律という法律に基づいて宅地造成された土地は、その土地が現在は市街化調整区域であっても、用途や区画形質等を変更しないのであれば建物の再建築が認められます。この住宅地造成事業に関する法律は昭和39年に施行され、昭和43年に現在の都市計画法が施行されるのに伴い、廃止されています。市街化区域や市街化調整区域などは都市計画法にて定められていますので、上記の様にこの2つの法律が成立し [続きを読む]
  • サンフーロン
  • 販売中の物件の庭が見ないうちに雑草だらけになっていたので除草剤を使ってみることにしました。経験上、草刈りをするよりも除草剤を使う方がはるかに楽に処理できます。使った除草剤は世界的に有名なラウンドアップという除草剤(農薬)と同成分のジェネリック農薬であるサンフーロンという除草剤です。こちらの方がラウンドアップより安いです。2週間もすれば効果が出てくるのでまた確認をしに行く予定です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 好景気
  • いま日本はどう考えても好景気だと思います。株価も値上がりし続けています。不動産価格も以前の民主党政権時に比べるとかなり値上がりしました。今は不動産を買うにはあまり良くない時期だと思います。正直、不動産価格が値上がりし過ぎたと思います。反対に不動産を売却するにはかなり良い時期だと思います。今不動産を売却し、また不景気になった時に不動産を安く買う為の準備をするのが良い方法だと思います。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 地面師①
  • 積水ハウスが品川区西五反田2丁目の2009.76?の土地を売主になりすました地面師に55.5億円をだまし取られた事件がありました。不動産の所有権移転登記をするには、権利書(登記識別情報通知)、実印、印鑑証明書、評価証明書、所有者の身分証明書(運転免許証等)等を用意し、実際に代金の授受が行われれば、依頼した司法書士の先生が法務局に申請をしてくれます。地面師(グループ)が売主個人のパスポートや印鑑登録証明書等を偽 [続きを読む]
  • 値下げしました!! 注文住宅。 お金かかってます。
  • 注文住宅でお金をたくさんかけて建てられている住宅です。この家の元所有者は日本舞踊やお茶を教えていたようで、1階に踊りを教えていた板の間の稽古部屋と珍しく茶室が在ります。2階は天井の梁がむき出しになっていて開放感満点です。この梁の太さを見るだけでもお金を沢山かけて建てたであろうことが伺い知れます。3階もおまけ程度にあります。天窓が付いていて電動で開閉ができます。この宅地の良いところは北側だけに建物があ [続きを読む]
  • Starbucks Effect.
  • スターバックスのお店がオープンすると周辺の不動産価格へ多少なりとも好影響があるように思います。アメリカのZillowという不動産検索サイトを運営している会社の方がアメリカの住宅の価格の記録を基にスターバックスのお店から400m以内とそれ以外で比べた結果によると、スターバックスのお店から400m以内の住宅の取引価格はそれ以外の家より34%程高く、1997年から2014年までの間の価格の上昇率も31%程高かったそうです。“…the [続きを読む]
  • 不動産屋の社会貢献
  • 一昨年に売買の仲介をさせていて頂いた、地方都市の中心市街地にある1棟ビルにテナントが入った様で、昨年末頃にお洒落なレストラン&バーがオープンしていたようです。地方都市の中心市街地の活性化が社会問題になっていますが、弊社なりに多少はそのお役に立てたことがとても嬉しく思います。不動産屋が地方都市のシャッター通りや中心市街地の活性化に一番誰よりも貢献できるのは明らかですので、弊社もこの社会問題の解決の為 [続きを読む]
  • 線を引いても既存宅地確認
  •  線引き後の既存宅地確認の制度があった当時、既存宅地に該当する土地は全ての用途にて既存宅地確認を役所から受けることができたそうです。住宅が建っていた土地でも、住宅以外のすべての用途の建物用地として既存宅地確認を受けられたそうです。これはかなり優遇されていた制度だったと思います。何故ならば、市街化調整区域内では通常建てることが認められない用途の建物もこの制度を利用すると建てることができてしまったから [続きを読む]
  • 未公開
  • 弊社には未公開(レインズやアットホーム、弊社HP等に載せていない物件)があります。Eメール等でご連絡を頂ければ物件資料をお送りさせて頂きます。ご興味がある方はぜひ弊社まで連絡ください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • EAST BASE  値下げ致しました!
  • 山梨県山梨市にある物件です。傾斜地に建っている3階建ての建物です。1階は元作業所、2&3階は2階建ての戸建て住宅になっています。1階は鉄骨造り、2&3階は木造です。建物の他に大きな物置もあります。建物の建築年月は登記上は昭和41年となっていますが、現在の建物の建築確認が新築で昭和55年となっていますので、おそらく昭和55年築の建物だと思われます。建物を使用するには大規模な修復&修繕が必要です。現在建 [続きを読む]
  • 正直思います。
  • 不動産(建物及び土地)を売却をする場合は、空室で残置物が無い状態が売れる為の最低条件だと思います。居住中や残置物がある物件だと売却するのがかなり難しくなってしまいます。とは正直思いますが、明日は残置物が沢山置きっぱなしの物件調査を行いに行きます。売主は売却する際になるべく費用はかけないようにしたいものなのでしょうがないとも思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 駅まで
  • 不動産の物件は何かと駅まで徒歩何分か、距離は何メートルあるか等の情報が載っています。ただ世の中には普段電車に乗らない方もたくさんいらっしゃいます。そのような方が不動産の物件を探す場合は、駅まで近くても遠くてもあまり関係ないことだと思います。今後の不動産の物件情報は、余計に思える情報が重要になってくると思いますし、購入を検討している方も知りたいはずです。ただ難しいのは、売主はなるべく物件の情報を隠し [続きを読む]
  • 広告
  • 不動産を売却しようと宣伝する場合、今はインターネット広告が主流ですが、意外と昔のやり方の方が効果が高いことが多いと思います。例えば、看板からの反響は意外に多くて驚くことがあります。チラシよりも看板の方が効果が高いと思います。それと、問合せをしてくるお客さんの真剣度が看板を見て問合せてくる方のほうが、インターネットを見て問い合わせてくる方より遥かに高いと感じます。インターネットは気軽に物件を探せます [続きを読む]