temari さん プロフィール

  •  
temariさん: rimeiku-TEMARI
ハンドル名temari さん
ブログタイトルrimeiku-TEMARI
ブログURLhttp://oatsurae.exblog.jp/
サイト紹介文着物から、お洋服へのお仕立てをしています。
自由文「何を作るとたくさん着られますか?」まず、初めにお伺いします。だって、またタンスにしまってしまうなら、お金をかける必要ないですもの・・。
着物で作ったドレスは素敵です。でも、たくさん着られるワンピースはもっと素敵だと思うのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/03/26 22:44

temari さんのブログ記事

  • 既製品・コート
  • お待たせしました!既製品のコートのご紹介です。少々寒さが厳しくなってきましたが、正絹のコートは意外と暖かいです。渋いピンク地の小紋から。クラシカルなスタンドカラーに、白いボタンがポイント。寒さに強い方は、鎖骨を見せて女性らしく。黒や白のタートルネックセーターも、バッチリです。髪をまとめて、大きなイヤリングが合いそう。後ろのタックでふんわり着やすい。裏地は濃い紫... [続きを読む]
  • 花柄の難易度
  • 高校生の頃、グレーのプリーツスカートが流行りました。白いブーツが流行ったこともありましたね。最近は小花柄のワンピースが流行りでしょうか。これをオシャレに着こなすのは・・・・難しいです。来年大学を卒業される、お客様。最近若い方が増えて、とても嬉しいです。胴裏が紅絹、八掛が水色というアンティークのお着物でした。大胆な花柄も、赤白黒だと大人っぽく。ウエストの切り替えをほんの少し上... [続きを読む]
  • 売っていないものを
  • もし自分がこういう仕事に携わっていなかったとして母や祖母の着物を目の前に、どうしただろう。手間・時間・お金をかけて仕立て直す事、したかなぁ・・・と最近思うんです。美しい白生地から、変形襟のブラウス。染める前の縮緬の反物。こちらはロールカラーのブラウスに。横姿、ふんわりした胸元が縮緬の業。黒のシガレットパンツや、タイトスカートも合うけれどきれいな色のワイドパンツなんて、素敵じ... [続きを読む]
  • 隠しタック
  • 大人になると、隠したい・隠さなきゃいけないところが多くでてきます・・一番はウエストまわり、でしょうか。ゆったり着られるワンピース。体の線を拾わない、生地も紬でハリ感があります。太い縞も目くらまし効果。中心から少しずれた場所、ウエストの高さに隠しタックを忍ばせました。気になるお腹周りを、優しく包みます。横から見ると分かるかな?タックで、シルエットに変化が出ます。下にパンツ... [続きを読む]
  • クジャクはどこに
  • 店の前の銀杏も、そろそろ終わり。これからは銀杏の葉が絨毯になります。黄色の絨毯の上、白いコートなんて素敵でしょう?裾に大きな模様のある厳かな白大島、カジュアルにしました。正面に柄は外して・・・後ろに立派な羽が見えます。クジャクはここに。ポケットにも蓋をつけて、横姿にアクセント。一度着たらみんなの脳裏に焼き付くような服って、次回着にくい。さりげなーく、が長く着られるコツかも... [続きを読む]
  • 色を使わない
  • 雨続きだった先月と比べ、最近お日様がまぶしい。外に色々干したくなります。朝晩寒いけれど、日中は着物のコート位がちょうど良い。グラデーションが美しい紬の着物を活かして、ロングコート。柄の出し方・・けっこう悩んだ一着です。淡いピンクベージュに、グレーが入って引き締まります。何だか民族衣装の雰囲気も。(あれ?着物も民族衣装か・・・)片袖に配した柄もアクセントに。着物の柄を邪魔しな... [続きを読む]
  • 世界で一つの
  • 気が付けば11月。・・・11月?!いやぁ、こんな感じで今年が終わるんだ・・。今さっき売れてしまったんですが、ご紹介だけ。密かにファンの多い、ショール。端切れで作るので、不定期、サイズもバラバラです。ウールのショールと違って、立体的になるのが良いところ。華やかになります。年末年始のイベントに、自分へのギフトに。世界で一つの贈り物、素敵ですよ。また入荷したら、ブログでご紹介し... [続きを読む]
  • おそろい
  • 着物のと羽織のセット、アンサンブルがあると女優コートや、ワンピースとコートのセットが出来ます。おススメは男物のウールや紬。市販では中々手に入らない、お揃いのワンピースとコート。スーツとは違った、女性らしい雰囲気。ワンピースはノーマルなスタイル。アクセントのサッシュベルトでウエストにポイントを。ワンピースとは対照的に、コートはカジュアル。肩を落としたデザインでガウン風。サイ... [続きを読む]
  • 冬の必要な物
  • 昔からダウンコートが苦手で、持っているのはウールのコートばかり。さすがにウールのコートで砂遊びは出来ないのでショートダウンが必要なのか、手持ちで乗り切るか・・・。寒がりじゃなければ、着物のコートは真冬でも大丈夫。白地に淡いピンクとグレー。とても優しい雰囲気のロングコートです。寒い時期の白いコートは、やっぱり素敵。後ろは、ほそーく三角に接ぎを入れているので少しAライン。この加減... [続きを読む]
  • 濃い色のチャイナカラー
  • 近ごろちょっとめずらしいチャイナブラウス。一時期は着物で作る定番でしたね。チャイナブラウスも、うんとロングにしてコート風にすると大人のイメージ。黒地の紬にロング丈がよく合います。横にはロングスリット。歩きやすく、パンツを合わせた時にカッコイイ。白っぽいパンツも素敵かも。私も最近探してるんです、普通のスカート。後ろが長かったり、横が短かったりするスカートはお店に飾ってあるとき... [続きを読む]
  • 家紋
  • 着物を仕立て直すとき、みなさん気になさるのが「家紋」お好みなのですが、ブラックフォーマルでも家紋を外すと少しカジュアルな感じになり、いろんな場面で着やすいですね。家紋の入った喪の帯。こういう帯って意外と珍しいです。白抜きで入っていると洋服にしずらいですが、静かな主張なのでそのまま活かしました。スタンドカラーで、丈は短く。先日着物からワンピースを仕立てたので、アンサンブルで持って... [続きを読む]
  • マスタード×紺
  • 秋冬になると、少しこっくりした色を身に着けたくなります。グリーンでも、新緑の緑ではなく常緑樹の色黄色もひまわりではなく、カラシ色・・・紺×マスタード、大人にしっくりくる組み合わせ。ストレートのスカートなら落ち着いた印象です。セーターはお隣のROUNDさんで買ったもの。ふふ。巻きスカート、ウエスト部分はマジックテープ。実用的で、ウエストまわりがピタッととまります。裏地にも正絹を... [続きを読む]
  • あたたかみ
  • 大好きなウールの着物。色柄も華やかなものが多く、これからの季節におススメ。いかにもレトロな配色。紺地にオレンジが可愛いウールの着物から、ロングコート。裏が無いので、カーディガンの感じかな。いつもはAラインでひらっとさせるパターンが多いのですが今回はまっすぐなシルエットに。共布のくるみボタンは、少し小さめに。柄が大胆なので、邪魔をしないように。ウールの着物は普段着。買い取... [続きを読む]
  • 帯から
  • 先日、アオザイ風のブラックフォーマルを仕立てたお客様上に重ねるベストもオーダー頂きました。シャープなロングベストひたすらにカッコイイ、です。帯なので、かっちりしたラインが出ます。後ろも横も、あまり余裕を持たせずに仕上げました。胸元のあきがポイント。顔周りスッキリ、タートルのインナーが似合いそう。喪の帯ですので、もちろんブラックフォーマルとして着られますが普段の格好にプラスす... [続きを読む]
  • 式の装い
  • そろそろ結婚式シーズン。着物を着るのが難しい時があります。体に負担の無い、柔らかなブラウスとパンツ。じゅうぶん素敵な装いです。来月、お孫さんの結婚式へ。ご遠方で採寸も難しいため、サイズの参考にブラウスを送って頂きました。静かな柄の羽織でしたので、デザインを少し加えて華やかに・・・カフスを付けると、きちんとした雰囲気になります。椅子に腰かけている時間が長いので、横にはスリットを... [続きを読む]
  • スクエアネックの中は?
  • 寒くなると、重ね着に心悩ませる日々。中に着るものって、意外と困るんですよね。男物のウールの着物から、ジャンパースカート。真面目なシルエットが、大人の女性に丁度いい。広めに開いたスクエアネックには、何を合わせましょう。マスタードイエローのタートルネック白と黒のボーダーのセーターちょっと遊びのあるアイテムが合いそうです。カーディガンを大人っぽくすれば、落ち着いた雰囲気に。ジャン... [続きを読む]
  • 淡いピンク
  • 今年はどんなコートが流行りでしょうか。どうしても暗い色が多くなりがちな冬、思い切って明るい色のコート素敵です。少しくすんだピンク、大人っぽい色ですね。表地の汚れが気になったので、裏返して仕立てました。普通のステンカラー、比翼仕立て、きちんとしたコートです。後ろのタックで着心地よく。真冬になるまでの間、軽くて出番の多い一着です。少し角を落とした襟が優しい雰囲気。グレーやベージュ... [続きを読む]
  • くろ
  • 「袖コンシャス」という袖にボリュームがあるニットやブラウスが流行り。オムツ替えを考えると、事件が起こりそうで手を出せずにいます。やりすぎない「ふんわり」を一か所だけ。袖口に少しギャザーを寄せました。カフスのあるワンピースってきちんとしてて最近のブームです。全体的にゆったりしたシルエット。黒の中に、襟と飾りボタンだけ地模様のある黒を。ちょっとの事なんですけどね、印象が変わる。... [続きを読む]
  • レトロか、昔の人か。
  • 古着屋さんの「宝探し」のような感覚が好きです。同じものは見つからない、着物の仕立て直しと一緒です。女性らしい、柔らかな雰囲気のロングワンピース。着物の柄との相性を考えてウエストから下はゆったりフレア。袖口も少しひらりとさせます。大人が古着をそのまま着ると、ただの「昔の人」になってしまいがち。特に肩幅とウエストライン。ちゃんとサイズを合わせてのオーダーなので、今のシルエットになり... [続きを読む]
  • 勝負
  • 大好きな色、グリーン。色とシルエットで勝負、のワンピース。ウエストをキュキュっとオーバーサイズの服に見慣れた今、新鮮です。こういうワンピースが欲しいんですよね。後ろのスリットは、ボックスプリーツ。足も見えないですし、クラシックな印象。映画「ローマの休日」が大好きです。10代の頃から何十回見たことでしょう。最後の方、ローブを着て濡れた髪を櫛で撫でつけるシーン。昔はさほど気... [続きを読む]
  • ベスト
  • 何を着て良いんだか困ってしまいますね。もう10月も半ば、半袖のTシャツ一枚っていうのも・・・ウールの着物で、小さなベスト。ちょっと着るだけ、ポイントになります。季節外れの夏日には、薄手のカットソーの上に。かわいいポケット。何かを入れるわけじゃないんだけど、あると嬉しい。後ろにもタックが入っています。背中に圧迫感がなく、重ね着をしても楽に動けます。洋服はクローゼットにかけて... [続きを読む]
  • 今回は別。
  • リバーシブルって、実は片面しか着ないことが多い。だから、あまりおススメしないのですが、今回は別。男物の渋い紬2枚で、チェスターコート。襟元がポイントになって、さりげなくおしゃれ。デザインを極力省いて、男物っぽい雰囲気を出しました。シンプルにつくるからこそ、小物が映えます。グレーの無地のマフラーで徹底的に男っぽいのもカッコイイ。オレンジのボリュームストールで優しい雰囲気も。襟を... [続きを読む]
  • 大切
  • 大好きな一着、大切な一着がクローゼットにありますか?その服を手にレジへ並んだ高揚感、みたいなものが残っている服って素敵です。雨コートから、ドレスジャケットとでも言うようなロングジャケット。フリルや派手さだけがドレスじゃないですね。体に沿ったジャケットは、女性の味方です。ウエストを絞ったライン、最近はメンズライクが流行りなので意外と売ってない。腰回りも絞っているので女性らしいシルエ... [続きを読む]
  • クラシック・スーツ
  • クラクラするような夏がやっと終わり秋風が吹くと、少し身なりを整える余裕が出てきますね。暑さを凌ぐ服から、装う服へ。かわいい大島紬、可憐な雰囲気のお客様に合わせたスーツ。こげ茶ベースに紫とピンクが何ともかわいい。ジャケットの裾、スリットが入ってます。昔の女優さんが着ていたスーツから、デザインちょっと拝借。小さなスタンドカラーとくるみボタンでクラシックな気分です。スカートは少しタ... [続きを読む]