たかママ さん プロフィール

  •  
たかママさん: たかママのブログ
ハンドル名たかママ さん
ブログタイトルたかママのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/mysweethomeandfamily/
サイト紹介文子育てを中心に日々のことをつづっています。今年はお茶の先生としての一歩を踏み出そうと考えています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/03/27 20:35

たかママ さんのブログ記事

  • 旧永山邸の貸室事業説明会
  • 札幌市内にある歴史的建造物のリニューアル工事がここ数年続いていますが、今年完成した建物として旧永山邸(正式名称:札幌市旧永山武四郎邸及び札幌市旧三菱鉱業寮)が話題になっています。1階にレストランができ、2階の和室が公開されていると同時に貸室としても利用されています。 オープンから1ヶ月半ほどの利用状況の説明と、利用者の募集・意見交換という流れでした。出席者は…途中まで私一人。人気の施設と思ってい [続きを読む]
  • 夏茶会 2018
  • 毎年恒例となっている、札幌の支部連合による夏茶会が、北海道茶道会館で行われました。今年は第3支部・第4支部の担当です。 お茶会にもいろいろあり、お茶券があるものとないものがありますが、夏茶会・冬茶会はお茶券が事前に販売されます。券面には開催時間が記載されており、「8時30分〜」と書かれていました。そう、毎回8時30分が開始時間と確かに記載されています。 ただ最近は行くたびに第1席目が始まるのが早 [続きを読む]
  • 家族で海釣りに
  • 子供も夏休みとなり、30度を超える日々が続いたので(今日はギリギリ下回りました)、海に行こう、釣りをしようということになりました。釣り堀で釣りをしたことはあっても、子供にとっても私にとっても海で釣りをするのは初めて。 穴場なのか平日だからか、それとももっと早朝に来るべきだったのか、辺りはあまり人気もなく美しい景色を満喫できました。 釣られた魚を狙ってか、カモメがそばで待つこともありましたが [続きを読む]
  • インバウンド茶道体験 中国の方を迎えて
  • 久しぶりにインバウンドの方向けへの茶道体験の申し込みを頂きました。各方面手配して、昨日無事行いました。 今回は大手旅行会社が間に入っていて、中国人のガイドもついていると聞いていました。それはそれで心強いのですが、お客様もガイドもおまけに旅行会社の担当者も中国人ということで、モヤモヤの残る展開でした。まあ日本人の担当者がついても満足したことはないので、こんなところかなと納得させています。 帰宅して [続きを読む]
  • お香会 北海道茶道会館にて
  • 松栄堂主催のお香会が、北海道でも毎年場所を変えて行われています。今年は北海道茶道会館で行われました。半月前に裏千家の北海道地区大会が行われた、あの思い出の場所。このお香会にもお茶の関係の方はたくさんいらっしゃっていたようです。 お香席は三席用意されていましたが、時間の都合により二席入らせていただきました。一席で帰った方もいるので、頑張った方でしょう。二席目の雲井香では25人入ったため、重硯は三つ [続きを読む]
  • お茶碗が届きました。
  • 7月2日の記事で触れた、札幌芸術の森美術館で行われている北海道陶芸会50周年記念の展示会。その記事の最後で触れたお茶碗の買取が、13日実現しました。 作家さんがわざわざ車を走らせ自宅まで届けてくれました。小甲楠緒子さんという方で、南区で活動をされているそうです。玄関内に裏千家の門標があるのを見て、ちょっと驚いた様子。ご自身も裏千家のお茶を学んでいるとのことで、共通項を見出しちょっと距離が縮まりま [続きを読む]
  • 茶道裏千家 第55回北海道地区大会
  • 7月7日・8日と、裏千家の北海道地区大会が開催されました。直近では雨が続いた日々でしたが、期間中はお天気が持ってくれて着物でも気持ちよく過ごすことができました。 一日目は茶道会館で設けられた濃茶をメインに考えていましたが、まさにここだけで時間が取られる結果に。なんと4時間待ちとなりました。今までも待ち時間が長いお茶会はありましたが、こんなにかかったのは初めてです。と言っても始めの1時間半ほどは、 [続きを読む]
  • 床の設えを替えました
  • 先週のことですが、久しぶりに自宅で過ごす時間をとれたので、床の設えを夏向きに替えてみました。 お軸は自体が好きで大抵戸上明道さんの物を求めていましたが、これは同じ戸上さんでも若いころの筆で力強い筆です。 花は庭の物で、京鹿子と夏咲秋明菊。 [続きを読む]
  • 札幌芸術の森美術館 呈茶がありました
  • 現在芸術の森美術館では、北海道陶芸会の会員による作陶展が行われています。 普段お茶のお稽古は土曜日に行われていますが、都合により退職6月は第4週・第5週が休みになったことから、6月23日の初日に展示を見に行ってきました。 以前札幌ドームで行われた「モノビレッジ」では、出展されていた作品のレベルに満足のいくものがあまりなく、北海道の陶芸のレベルってこんなものかなと思ったところがありました。でもこ [続きを読む]
  • お茶会(教室内)が終わりました。
  • 教室内のメンバー限定でのお茶会を昨日行いました。生徒さんが亭主側と客側に分かれ、立礼でお茶を楽しみました。 立礼にすると、必然的に半東が必要になります。これまで四畳半の畳の上でお稽古や茶事を行ってきましたが、半東は必要なかったため二人で息を合わせて会を進めるということの経験がありませんでした。正座しないから楽だろうな、なんて思っていましたが、意外と頭の使う流れで亭主側の生徒さんにとっては良い経験 [続きを読む]
  • 退職後初めてのファイルボックス
  • 公務員をしていた時は、書類の整理に自分でファイルボックスを買って机の上や引き出しの中に入れていました。退職後は子供の幼稚園や小学校のお便りというものが発生しましたが、クリアファイルに入れて整理して済んでいました。ところが最近、商工会議所でやあちこち行って書類を頂くことが多くなり、書類を見逃す危機感が出て来たので数年ぶりにファイルボックスを購入しました。 ノート型のファイルブック(?)はただ管理 [続きを読む]
  • 息子の初稽古
  • お茶の道具は一通り家にあり、時々自分の練習に使っていました。いつか子供ともお稽古したいなと思っていたところ、昨日は午前授業で息子が早く帰ってきました。 自分の練習のため道具を出していたので、お茶を飲んでもらうついでに「点ててみる?」と促すと、照れながら(渋々?)点前座について茶筅を振ってくれたではありませんか。おっかなびっくり、初めての人はみんな茶筅を振るとお茶がこぼれると思って中途半端なスピー [続きを読む]
  • 夏日のお稽古
  • 札幌の気温のアップダウンが激しいですが、昨日は夏日となりました。茶道教室に出かけている間は雨が降ることはありませんでしたが、夕方スコールのような雨が降り、タイミングの良さに救われました。 暑い日は畳に座らなくてよい立礼がいいですね。そんなこと言っていたら夏の間ずっと立礼をすることになってしまいますが。 お菓子は寒月の求肥。燕がのっているのですが、銘は忘れました。冷凍の状態で買って朝まで冷凍 [続きを読む]
  • 香道教室 香元
  • 香道教室は月2回しかないのに、今月はうっかり1回目行くのを逃してしまいました。連休明けの週で、ちょっとぼんやりしていました。なので今週は気合を入れて早めに行ったのですが、それが功を奏したのか香元の役を指名されました。 いつもは茶道の指導をしていて、生徒さんが同じところで間違えたりするとなぜ間違えを繰り返すのかと思いますが、人のお手前を見ていてもやはりすべては覚えられないもの。先生が傍で順序を説明 [続きを読む]
  • 夏日のお稽古
  • 夏の空気が入って暑くなったかと思えば春の空気が入ってきてひんやりしたり、北海道の天気はなかなか安定しません。そんな中で今回のお稽古日は夏日となり、普段汗をかかない私でも汗をかく状態でした。なので思い切って単にしましたが、写真を撮り忘れたのでその着用姿はまた今度。 実は「北の茶縁日和」」に参加しようかと考えていましたが、思いがけない日程が発表され、生徒さんたちと相談していました。生徒さんたちはあま [続きを読む]
  • ライラック祭りのお茶会
  • 毎年5月に開催されるライラックまつりでは、茶道及び煎茶道各流派のお茶席が設けられます。今年は土曜日が雨で中止になったことから、日曜日は例年に増して混んでいたように感じました。 裏千家のお席に開始前から並んでいると、11時の開始を待たずに一席目が始まり、お得な気分でお茶会を楽しむことができました。学校茶道担当の日だったので、学生がお点前やお運びをしていて初々しかったです。先生たちは気が気じゃないでしょ [続きを読む]
  • 勉強の日々
  • 今週も商工会議所にお世話になる事が多く、すっかり受付の女性と顔見知りになってしまいました。 相談するといっても、全体像がまとまらない中で目の前に浮かんでいる問題を一つ一つ解消している状態なので、分野が多岐にわたります。今日はこの専門家に一つ聞いて、明日小さなことなんだけどまた別の専門家に相談する、という小さな作業を繰り返しています。先週から持ち越してやっと会ったと思ったら、ここにまず聞いてみてと [続きを読む]
  • 札幌商工会議所のサービス
  • 先週初めて札幌商工会議所に行ってきました。市役所の前、時計台の隣という絶対目に付く位置にありながら、意識の外にある暮らしをしていたころは存在にすら気づかなかった場所。 商工会議所なんて社長の集まる場所で自分の関わるところではないだろうと思っていましたが、ホームページを調べてみると面白い講座や専門家による無料相談があったりして、なかなか使えそう。考えてみれば、札幌の経済や産業を盛り上げるためにある [続きを読む]
  • 桐たんす、4竿目。
  • 昨日外出中に、注文していた桐たんすが届いていました。私にとって4竿目となります。5月1日に発送しましたのメールが来てしばらく音沙汰なかったので、連休が明けてから届くのかなと思っていたら、休日も働いてくれる方のおかげで予想より早く受け取ることができました。 今までもほどんどの着物はちゃんと桐たんすにしまっていたのですが、着用予定が当面ないものや浴衣などちょっと管理の甘いものは、ウォーキングクローゼ [続きを読む]
  • 占いを信じますか?
  • 女性は占いが好きと言われますが、私は子供のころから占いが大好きです。学生時代は星座や血液型占いしか知りませんでしたが、10数年前に知人から風水を教えられて以来、断然風水にはまっています。 風水では生年月日により九星に分けられますが、毎年自分の星の本を購入しています。今年のテーマは「進むべき道を見つける年!」。その言葉に促されるように、自分が本当にやりたい姿が次々に浮かんできて、ワクワクする毎日で [続きを読む]
  • 夕ざりの茶事
  • 先週は四日も着物を着てお茶関係のお出かけがありましたが、その集大成ともいえるものが昨日行われた夕ざりの茶事です。「巧者の茶事」とも呼ばれるお茶事で参加させていただくのも初めてなのに、亭主方を務めさせていただき大変勉強になりました。 お昼の12時に家を出てから8時過ぎに帰宅するまで立ったり座ったり、大事なお道具を扱うこともあれば火のついた炭を扱うこともあり、今日は一日筋肉痛から解放されません。でも [続きを読む]
  • 立礼のお稽古を始めました。
  • 1月の稽古始めの際、生徒さんたちの発案で6月に野点の趣向で内輪の茶会をしましょうということになりました。そのため今月から立礼のお稽古を始めます。 今日は午後からのお稽古で、生徒さんのお点前風景を撮りはしたのですが、日差しが強すぎて逆光となったため写真は割愛します。 久しぶりの人、初めての人がいましたが、足が楽ということもありお点前はスムーズに進みました。今まで少しでも早く終わらせるために拝見を省 [続きを読む]
  • ポーランドからのお客様
  • 自宅にお客様をお招きするのって、友達などでも掃除などいつも以上に気を張りますよね。今回は外国のお客様を茶道の空間にお招きするという緊張感から、二日半かけて準備をしたので、終わってからちょっと放心状態です。 お軸は「一花開天下春」。通訳案内士の方が説明していましたが、あまり興味なさそうでした。お花はやはり興味があったようで、案内士も名前がわからないながら日本の花だと説明してくれたよう。貝母とコデマ [続きを読む]
  • 外国からのお客様をお迎えする準備
  • 明後日、自宅に外国からのお客様をお迎えすることになっています。一週間ほど北海道各地の普通の民家にも泊まりながら、農業体験などをして現地の人たちの生活を体験し楽しみたいという、リッチなご家族をお迎えすることになりました。 どんなおもてなしをしようか、引き出しが少ないながらも考える日々です。大体流れと使うお道具が決まってきました。 汲出しとして、普通白湯のところを桜湯にしました。お父様のお誕生日 [続きを読む]
  • インバウンド向け茶道体験の内容を変更しました。
  • 旅行会社を通してのインバウンド向け茶道体験、実は以前から自分自身で内容に違和感を抱えていました。基本的な文章はプログラムを立ち上げた当時、旅行会社の担当者が考えて作ってくれそれを使い続けていました。 ただ担当者も、日本人といえども茶道の経験のない方で、表現が少々大袈裟だと感じていたのです。私も写真を良いところしか載せておらず、実際の場を見てギャップをお客様に感じさせているだろうとモヤモヤした思い [続きを読む]