うら さん プロフィール

  •  
うらさん: Take it EZ!セカンドダンジョン
ハンドル名うら さん
ブログタイトルTake it EZ!セカンドダンジョン
ブログURLhttp://ura21023.blog.fc2.com/
サイト紹介文双極性障害2型・ADHD。28歳(女)大学4年生のブログ。
自由文うら,28歳女,2017年某私立大学の文学部心理学科4年。
21歳で双極性障害2型,24歳で広汎性発達障害,その後ADHDと診断されています。
入院歴14回くらい。

服薬は,ラミクタール125mg・デパケン300mg・ストラテラ80mg・漢方。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/03/28 01:54

うら さんのブログ記事

  • 精神病院を捨てたイタリアに学ぶこと
  • 明日,卒論発表会で緊張している私です。12分のプレゼンのためにどれだけ時間を使ったか...wがんばろう。今更ながら感満載だが,大熊一夫さんの著書を初めて読んだ。元朝日新聞記者で,70年代にアルコール依存症のフリして「ルポ・精神病棟」を書いた人。その後も障害・福祉サービスに切り込んだ著書を出版しているらしいけれど,未読です。今回読んだのは,「精神病院を捨てたイタリア捨てない日本」という2009年に出版された本。 [続きを読む]
  • 社会的スティグマ・セルフスティグマ
  • 放置乙という感じのブログになってましたね笑ちょっと最近いそがしくてあと卒論発表会のプレッシャーもあってイライラすることが多いけれどなんとかやってます。私は今年の4月から大学院で社会精神保健分野で研究をする予定。今,もっとも興味があるのが,障害者に対する社会からのスティグマ(偏見)と,障害者本人が自分に対して抱くスティグマ(セルフ・スティグマ)について。特に,どんな特性を持った人,どのような環境に置 [続きを読む]
  • スポット派遣のいろいろ紹介記事
  • アレ前でアレな私です。1日2日は例の人と私の実家めぐり。本日はぐだってただけで,正月終わりました笑 明日からお仕事で,学校は来週が卒論提出,そして卒論発表会練習に移る,といったところです〜。ところで箱根,通っている大学が大健闘でとても気持ちよかった〜。シード落ち,予選会敗退,後のシード復活の今回の快走は素晴らしかったです。お疲れ様ですハイ。去年は11月から12月中旬まで,1ヶ月半契約の派遣をしていて,そ [続きを読む]
  • 今年後半と来年やりたいことのいろいろ
  • また1ヶ月以上あいてしまいましたね。今年は何回更新したんでしょうか笑11月からかなり環境が変化しました。事務系の派遣をほとんどフルタイムでやりながら,卒論を書き,同時進行で引越しの物件探し,手配,荷造り等々行った。大学は週2日くらいしか行っていないけれど,毎日なにかしら卒論関係は行っていたし,仕事と家事と引越しの手続き大変だし,でこれいつか発狂するのでは〜と思っていたけれどしませんでした笑今は,先々週 [続きを読む]
  • 障害者就労は研究の一貫
  • やはり出たか,1ヶ月以上更新してない広告笑この1ヶ月は卒論と派遣と引越し手続きの日々で,ブログ村自体に訪れることが少なかったな。で,問題の卒論は,無事実験も終了〜2万字の執筆も終了〜要旨も終了〜でございますドヤァ。11月は週1しか学校に行かなくて済むようになったので,週4日くらいの事務+コールの派遣はじめました。期間派遣だけど1ヶ月半で20万は稼げそうなのでおいしいね。しかし,ああいった派遣で社員さんなどと [続きを読む]
  • Sympathy for Brian Jones 2
  • 65年,ストーンズはサティスファクションで大成功を収める。これは,ジャガー=リチャーズによるもので,実験的なものであったとされているが,すでに疎外感と劣等感を感じていたブライアンにとっては,この成功はある意味で精神的な打撃となった。この年にブライアンは,リンダと別れて,アニタ・パレンバーグと交際するようになった(アニタは今年の6月ごろ,亡くなった)。アニタは,彼女なりの強烈な独創性を持っていて,そして精 [続きを読む]
  • Sympathy for Brian Jones 1
  • 今日で, 27歳は終わりだ...あー27歳のうちに死ねなかったか!と少しがっかりしながら,27クラブの一人である,ブライアン・ジョーンズを思う。ブライアン・ジョーンズ,69年7月3日に亡くなった,ローリング・ストーンズのメンバーでリーダーだった人間だ。ギタリスト,とされているが,彼はあらゆる楽器をすぐに弾けるようになるという天性の素質をもっていて,ありとあらゆる楽器を使っている。アフターマスでは特にいろいろな楽 [続きを読む]
  • 服薬と自殺
  • 疲れが溜まってきた...毎日の卒論研究は,細心の注意を払いつつやるものだから,実験そのものの時間的には短くても,精神的な負荷はでかいし終わるかわからないという焦燥感が強い。特に私は効率的になにかをできる人間でもないので,いちいち時間がかかってしまい,時間は経過するしやっている「つもり」にはなっているけれど成果がでないということが多くて,自己嫌悪に飲み込まれる。一昨日あたりから急激に死にたくなってきた [続きを読む]
  • 自己紹介 part8
  • もう10月ですね。卒論やら何やら色々やばいが,自己紹介第8回目やりますー。今月で28歳になるアラサー大学4年生です。24歳で私立大学の心理学科(臨床ではない)に入り,なんと今のところストレートで進級できていて卒論さえ終われば無事卒業っ,というとこまで来てます。来年度からは,国立大学の大学院進学が確定してて,精神保健分野に進みます。病歴や入院歴やその他諸々はめんどくさいから箇条書きです。(・14歳: 謎の心身の不 [続きを読む]
  • 大学院合格と入院と「ていねいになれる何か」と
  • えー,書くことはたくさんあるけれど。まずは,8月に受けて落ちた落ちた言ってた大学院入試の結果が出て,合格していました。絶対落ちていると思っていたから,ネットの合格発表に自分の受験番号があるのが信じられず,両親や例の人にまで確認してもらいました笑。来年から,あの研究室で,いろんな職種・立場・国籍の人々に囲まれて自分のやりたい研究ができる、そう思うととても嬉しくて,でも反面,私のようなバカがやっていけ [続きを読む]
  • べてるの家に行ってきました
  • 北海道に来ております,3泊4日。今日は最終日で札幌にいる。今,ホテル併設の温泉・露天風呂入ってきたぁ〜すぐのぼせるから20分も入ってないけどね笑今回,北海道に来たのは,べてるの家を見学したかったから。べてるの家,というのは北海道の日高の方にある,浦河町,というところでもう30年以上の歴史を持つ,当事者中心の「家」だ。グループホーム,就労継続支援B型を運営しているのだが,それが町全体にあって,共同生活体を [続きを読む]
  • 試験を終えて思うこと
  • はい,試験終わりました。午前中に筆記,医学英語2題。午後は面接でした。面接が私の志望ゼミは早々行われたため,早めに帰ってこれた。結果からいうと,落ちた,と思う。発表来月中旬なんだけどね(遅すぎでしょ)。大学受験のころの,落ちた落ちた詐欺ではなく,今回は英語だめだった。2題中,1題はだいぶできたかなぁと思うのだけど,2題目がほとんど意味不明。なんとなくの概要や,言っていることは分かるのだけど,細かなニュ [続きを読む]
  • 試験前日に思うこと
  • とうとう,院試が明日に迫った。今日はこれから,大学の最寄り駅のホテルに向かう。別に,朝早く出ればホテルに泊まる必要なく会場に着くのだけど,最近の体力のなさと精神の不安定さを考えると,少しでも省エネしたほうがいいと判断し,数週間前に部屋を取った。正直,今の状態はよくない。おとといバイトを早退してから昨日の18時まで,ほとんどベッドから起き上がれなかった。立つことができなかった。精神的というよりは,身体 [続きを読む]
  • 尊敬と嫉妬・魅力的な人
  • 私にはあまり,「友達」という概念がない。だから,この人のことを「友達」というかどうかは分からない。彼女とは,もう5年くらい付き合いがある。そのうち4年半は,共に活動を行う「仲間」という関係になっている。多分,私は女性の中では,その人との関係が一番深いと思う。なのに,私はその人の精神を全くつかめないでいるし,わけがわからない人だなぁ,と,今になっても思っている。いろんな意味でクレイジーだとも思っている [続きを読む]
  • パニックと発熱
  • 蒸し暑くてイラッとする。一昨日は朝早く私が出勤するときに限って出勤先の地域だけゲリラ豪雨で,靴も靴下もジーンズもぐしょぐしょで,タオルと靴下を買わなければならず1日最低な気分で過ごした。昨日はゾンビ。今日は講師。先週末,38.4℃の熱が出て,2日間寝込んだ。これだけ熱が上がるのは久しぶりだったので辛かった。関節痛と筋肉痛がひどくて,足腰に湿布を貼ってもらい解熱鎮痛剤を飲み冷えピタ一箱消費して(例の人が過 [続きを読む]
  • 神経症的な行動
  • 暑い。そしてエアコン寒い。このコンボで体調を大幅に崩し、昨日のバイトを休んでしまった私です。5月中旬から休み無しで来れたのに...昨日からエアコンを弱めて、夜や朝は使わないようにしたら少し体調が戻った。昨日は頭痛が酷かったんだけど、私は生まれてこの方ほとんど頭痛というものを体験していないので、この頭痛が普通の頭痛なのか病院に行くべき頭痛なのか救急車ものなのか分からず黙って寝てた。さらに、昨日は少し頭お [続きを読む]
  • 状況に応じた薬の調節をしてくれた件
  • ちょっと不眠&ちょっと混合状態、不安と焦燥感の強い私です。抗不安作用のある薬をちょびちょび飲んだりしてごまかして生きている。一昨日は、通院日だった。本当は1ヶ月に一回なんだけど、一昨日は、3年前に亡くなった人の墓参りに行く予定で、2週間ぶりの診察となった。そのせいか、久々の人々と何人か会えてよかった。2年ぶり?くらいに話せた人もいてラッキー。その日は、私の前の人が40分以上診察してて、しかも私の後には結 [続きを読む]
  • 不眠
  • 薬の副作用とこの天気で喉がかわく私です。今日はすでに洗濯と夕飯作りは終わり、これから学校ということで。最近、平均睡眠時間が4時間くらいになっている。これは別にやることがあって寝ているヒマがない、とかではなくて、不眠だ。ここ10ヶ月以上、フルニトラゼパムは飲んでいなかったんだけど、この不眠状態は日常生活に支障が出ると思い、飲むことにした。なのに、ほぼ、効かない。少しぼんやりはして、多幸感は現れる(?) [続きを読む]
  • 職員失格・ピア失格
  • 先週の木曜から,親知らず付近に細菌が入ったのか,信じられないほど痛くて腫れてロキソニンがぶ飲みして,日曜日あたりに治ったと思ったら月曜日くらいから左目が結膜炎になりやがってアイメイクができずに外に出るのも恥ずかしい私です。まあ,そんな中一昨日はゼミで卒論計画のプレゼンしてきたけどな!上下メタファーの心理学的実験という,誰得研究だけどな!私は今,個人情報の関係で詳しくは言えないのだけど,精神障害者の [続きを読む]
  • 孤独力
  • なーんかやる気がおきない私です。一応、最低限だけはやっているのだけど、なんかね...生きている実感がわかないよね...ここ数回、精神障害に関連することを書いてきている。私は孤独が、精神障害者をよけいに蝕み、最悪の場合、死に至らしめているのだと思っている。最近、「孤独力」という言葉を聴いた。何かの本のタイトルで使われていて、聞くようになったのだと思う。私は、そこで言う孤独力、には納得した。この孤独力、とい [続きを読む]
  • 精神障害者コミューン
  • 謎の過眠がようやく収まってきて昨日からはなんとかいつもの生活に戻りつつある私です。仕方がないのでゼミの発表準備やら英語の勉強やらを再開。院試の書類等必要なものリストに目を通したり。やることは少ないけれどそれぞれの重量があるので疲れます。私がこれ以降やりたい、やろう、と思っていることは精神障害者のサポートの仕事だ。今も、バイトで精神障害者の支援をしている。当事者としては、当事者会のスタッフをしている [続きを読む]
  • 自己開示とセルフ・スティグマ
  • 謎の過眠が続いてる私です。6月は心身ともにたいてい調子悪くなる時期なので、最近はほんっとに何もしないで欲求のままに寝てます勉強絶賛滞り中w自己開示について考えている。最近、セルフスティグマに関する論文を読んだこと、ツイッターでリツイートされてきたブログの内容に考えさせられたこと、がきっかけかな。きっかけとなったブログは私と同じ年くらいで発達障害を持ったアーティスト兼モデル兼なんちゃら、みたいな人の [続きを読む]
  • 月一のズドーン
  • ズドーンとなってます。ゾンビみたいになってる私です。そろそろかなーと思ってたら昨日生理が来た。私は生理前3日くらいと始まって3日はとにかく調子が悪い。身体に出る症状は,腹痛,だるさ,肌荒れ,精神的に出るのはイライラ,絶望感,恐怖感,私なんかだめだ感笑,等々。恐怖感というのは,夜部屋にいて例の人が眠ってしまうと,ベランダから誰か入ってくるんじゃないかとか,今すぐ地震が起こるのではないかとか,先月はミサ [続きを読む]
  • ピアの精神
  • ピア・サポートについて考えてみた。院試の関係で、ピアに関する論文を読んだり、幸運なことに専門家にお話を聞いたりしていたので、考える機会になった。一口にピア・サポートと言っても、定義がはっきりあるわけではなく、形態も様々なようだ。どうやら、大きくは3つの形態に分かれるようだ。まず、現在、全国的に取り入られつつある、ピアサポーターの制度のもとに行われるものがある。これはどちらかというと、ピアサポーター [続きを読む]