ゆきむし さん プロフィール

  •  
ゆきむしさん: 30代・40代こそやるべき理由
ハンドル名ゆきむし さん
ブログタイトル30代・40代こそやるべき理由
ブログURLhttps://ameblo.jp/yukimushi001
サイト紹介文愛する家族と、自分のために自由を求めて、起業を決意しました。
自由文5歳の娘にメロメロの45歳です。
生まれた名古屋を離れ夢の北海道で生活。
子供の成長と共に、親も一緒に成長しているようです。
ビジネスだけでなく、毎日の生活に役立つ「ちょっと違った視点」をお伝えします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供454回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2014/03/29 22:02

ゆきむし さんのブログ記事

  • 4/13放射線治療 頭の中の陣取り合戦
  • 今日の放射線治療は早めに呼ばれ4回目の照射が終わりました。直接触られるわけでも、レーザー光線で焼き付けられるわけでもないのでウィンウィン音を鳴らしてる機械の中に頭を固定された状態で、ベッドが動き腫瘍に照射しているようです。今日は過去3回に比べて、照射している右側の耳で機械音を非常に大きく感じ、見えないものに直接触られた感覚?みたいなものを感じました。僕の病気の場合、聴神経を中心として神経のいろんな [続きを読む]
  • 自分が弱ってるからこそ『誰か』に認められたい?
  • 今回の再入院では、脳外科の入院患者がかなり多いこともあり、大部屋ではなく2人部屋に入ることになった僕。同部屋のお隣のおじいちゃんについては何度か記事にしたけど、かなり重篤な状態を脱してはいるものの、未だに食事は胃の中に入れたチューブを通しての点滴のみの状態。病気になったからこそわかる家族との心の繋がり | 今を必死に生きる 今を思いっきり楽しむ続編:隣のおじいちゃん | 今を必死に生きる 今を思いっきり楽 [続きを読む]
  • 3/13放射線治療 診察も受けてきた
  • 3回目の放射線治療をしてきました。それに加えて週に一度の放射線科の診察。この機械に頭を固定され、寝ている間に様々な角度から腫瘍に目掛けて放射線を照射してるらしい。どこら辺にどうやって当てるのかの分布図みたいなものを見せられたけど痛くもかゆくもないので正直わからん。ただ一つ気がかり。放射線照射の部分が『ハゲる』かも。一時的なものだと思うが、ハゲる可能性があるらしいとのこと。治療の説明聞いた時には軽く [続きを読む]
  • ダイエットメニューに最適なお食事コレクション
  • 再入院してからのお食事コレクション。基本、減塩でカロリー計算もされてるのでこのコレクションをうまく使えば退院後もダイエットにつなげられる?まぁ、それは自分次第( ;∀;)初日昼初日夜2日目朝2日目昼2日目夜3日目朝3日目昼3日目夜4日目朝4日目昼4日目夜5日目朝5日目昼5日目夜6日目朝(今日の朝)前回の入院の時よりちょっとおかずが豪華になっているようないないような。前回の緊張してたのか入院したばかりの時血圧めっち [続きを読む]
  • 病は気から?病は自分で?
  • 心の中?頭の中で繰り広げられる天使と悪魔のささやき。『健康のために歩いた方がいいよ』『いや、これから仕事なのに疲れちゃうよ』『歩くことで爽やかに1日頑張れるよ』『午前中から予定たくさんあるから体力温存しておかないと』……なんて通勤時に頭の中で互いの意見をぶつけ合って戦ったり。昨日紹介した本にも右と左の脳の違いで様々な面(多様性)があるって書いてあるけど難しいこと抜きにしても、自分の中にいろんな性格の [続きを読む]
  • コーヒー飲んでくつろぐはずが…
  • 土日祝日は外来がお休みなので大きな顔して病院の一階にあるスタバにコーヒー飲みに来る。auのWiFiがあるのも有り難い。ゆっくりくつろぎたいのだ。病室の閉塞感をなんとか和らげたいのだ。しかしさっき隣のテーブルに来たおばちゃんは(入院患者)声のボリュームを制御できなくなってるのか、ぶっ壊れてるのか知らないけど、とんでもないデカイ金切り声で喋ってる。耳があまり良くなくなってから、デカイ声で喋る声(特に女性の声) [続きを読む]
  • 脳卒中でも脳腫瘍でも『終わり』じゃない!
  • まだ全部は読めてないけどこの本読んで勇気をもらえた。本の内容を簡単に言うと脳科学の博士であるジル・ボルト・テイラーが脳卒中で倒れそこから8年もの期間をかけて元通り?というか新しい自分を作り上げる物語。脳科学者だからこそのアプローチがものすごく斬新で面白い。現代医学の中でも最先端の脳科学者が自分の『病気』について分析し、その時の感じ方を独特な表現で夢物語のように教えてくれる。人間の脳は右と左の二つに [続きを読む]
  • 今日の我が家は娘ちゃんの特製カレーだそうです いいなぁ
  • 我が家では日曜日もパートの仕事の嫁さんがお疲れなのを気遣って娘ちゃんが夕飯の支度をしたそうです。メニューはカレーライスとほうれん草のお浸しとカットトマトだそうです。おばあちゃんに手ほどきを受けながら一生懸命作ってます。トマトも一緒懸命切って出来上がり!美味そうに出来てます。女の子だね。ほんとエラいな。親の知らないところで子供は成長してるんですね。写真で実況してくれたお疲れの嫁さんにも感謝感激です [続きを読む]
  • ダメだ…見てるこちらも辛くなる
  • 中学生くらいの少年が泣いていた。僕にも覚えがあるが、それくらいの年齢の少年が人前で涙を流すのはすごく恥ずかしく余程でないと人前で泣かない。同じ脳外科の病室から早足で出てきて涙がこぼれるのを我慢できずにエレベーターホールで声も出さずに。家族の誰かだと思うけど具合が良くないのかも。なんか見てると胸が張り裂けそうで声をかけてあげたいけどなんて言ったらいいかわからないし同じ病人の僕から声かけられても…も [続きを読む]
  • 笑顔の源はなんだろう?
  • 僕が今いる部屋はナースステーションの目の前の部屋。本来は重篤な人が入り看護師がすぐに来れるような場所。となりのおじいちゃんを見てると起きてる時なら頻繁にナースコールするから全く呼ぶこともなく、見た目は元気な僕がここに居ると場違い感は半端ない。でナースステーションの目の前なのでナースコールの呼び出し音が聞こえるんだけど、常になってる感じ。大学病院なのでナースの数も多いけどこんなに鳴り続けるものか? [続きを読む]
  • 続編:隣のおじいちゃん
  • おじいちゃんの話の続編。来たよおばあちゃん。やっぱり豪快だけど優しく愛がこもってる。でおじいちゃんいいとこ見せようと思ったのか歩いてトイレ行ったよ(さっきまで尿瓶でチョロチョロってこっちに聞こえてたのに)愛の力ってすげぇ。おばあちゃんピシャリと言った。『あんた、しっかりと自分の口からご飯食べなさい!元気の素を自分で取らなきゃどうするの!』って。おじいちゃん大人しく聞いてた。聞き耳立ててたわけじゃな [続きを読む]
  • 病気になったからこそわかる家族との心の繋がり
  • 明日は我が身なので文句ではないけど2人部屋でご一緒してるおじいちゃん。つい最近まで意識も朦朧として受け答えもできないし、排尿の管も入れてほぼ寝たきりだったそうです。今はなんとか歩けるようになりそれでも身体から沢山の管が伸びてて食事も取れず点滴のみ。タンも吸引しないと自分で出せないようで、夜中に何度も看護師を呼ぶので気になって起きちゃう。まぁ、仕方がないことなんだけど一昨日ちょっとだけ見たおじいちゃ [続きを読む]
  • 放射線治療2/13 三連休に思うこと
  • 昨日の放射線治療に関しては昨日の記事に書いたように相変わらず緊張はするけど苦痛はないです。ただ夜寝る前の20:00くらいから右側の耳鳴りがやっぱり大きく感じる。周りが静かになるからか?それとも夜だけ何かあるのか?今朝おそるおそる起きてみるとそれほど苦にならないレベルになってる。気の持ちようという部分もあるだろうが自分自身のことだし、せっかく入院して治療してるので我慢せず変化を伝えることも大切かなって思 [続きを読む]
  • 放射線治療の現場なんて見ることないと思ってた
  • 正直な話昨日の夜の耳鳴りが大きくなった時はこのまま聴力が落ちて行って頼みの綱の右耳が聞こえなくなってしまうとの不安からかなり凹んで覚悟もしました。夜に処方された薬のおかげか、今朝になると昨日ほどの耳鳴りではなくなっていて神さまに感謝したりして。先ほど2回目の治療を受けて来ましたがやはり昨日と同じように緊張はしたけど昨日ほどガチガチではありませんでした。放射線治療にはこのカチカチの台の上にタオルだけ [続きを読む]
  • 放射線治療1/13 初回の治療を終えて…
  • 昨日は夕方の15:30くらいにようやく呼ばれ初回の放射線治療を受けてきた。硬い台の上に寝るので腰が痛く頭を固定されるので息しづらくなかなか辛い20分だったけどなんとか終了。引用:https://goo.gl/wwAKZY口では『楽勝』なんていいながらもかなり緊張していたようでいろんなところに力が入り疲れた。放射線治療の感想は特に痛いわけでもなく、衝撃もあるわけでなく、いつ照射してるのか正直わからなかった。あっけなく『こんなも [続きを読む]
  • 再入院1日目 いよいよ放射線治療の始まり
  • はい。再び入院生活に戻りました。前回の入院の時に見た顔もチラホラ。なんかすごい数の入院患者がいるらしく大部屋の空きが無いということで2人部屋。隣のおじいちゃんは、たくさん管をつないで吸引とかも必要らしい。看護師さん達は申し訳なさそうに『うるさかったら遠慮なく言ってくださいね』と言うから、そんなに夜中うるさいのか?と不安になる。まぁ、病気ならお互い様だしおじいちゃんじゃなくても気になるから広々してる [続きを読む]
  • よっしゃ!行ってくるか(^。^)
  • 今日から再入院。昨日函館を離れる時には『あー、またしばらくこの風景も見れないんだなぁ』ってちょっと感傷的になりそうでしたが、涙を我慢して見送ってくれた娘ちゃんのためにも仕事終わってから札幌まで付き合ってくれた嫁さんのためにも頑張らないと。すごく天気の良い札幌。行ってきます。 [続きを読む]
  • 娘ちゃんとの約束
  • 12日の午前中から入院するために今日の午後から前乗りで札幌に。しばらく娘ちゃんとも会えなくなるので昨日は嫁さん、娘ちゃん、僕の3人で『川』の字になって寝ました。相変わらず、僕の顔を見ると泣いてしまう娘ちゃんでしたがパパは頑張るために行ってくるから。娘ちゃんと2つ約束しました。① 毎日勉強すること② 毎日手話を3つ覚えること②の約束は僕も同じです。スマホにも手話アプリがいくつかあってわかりやすいものもあ [続きを読む]
  • 娘の涙に耐えきれず二人で泣いた夜
  • 再入院に必要なものを100均で見ていたら一緒に行った娘ちゃんが??これ欲しいって。今月後半から夏休みに入るけどどうやら入院生活になってしまいそうな僕は、夏休みの自由研究についても気にはなっていたので購入をOK。昨日の夜に『一緒にやろう!』と言ってきて2人でペットボトルをハサミで切ったりぬるま湯に塩とかしたり、中に入れるモールを作ったりして完成しました。このモールに塩の結晶が付くらしい。『良かったね、こ [続きを読む]
  • ちょっとだけ……
  • ちょっとだけ弱音。娘ちゃんに泣かれた。もう少しで一時退院も終わり再び札幌の病院に入院になる。たぶんずっと我慢してたんでしょう。たぶんものすごく心配なんでしょう。僕が『大丈夫だよ』と頭を撫でながら話しても泣き止まなかった。僕も一緒に泣きたい気持ちでいっぱい。10歳の娘にこんなに辛い我慢させて僕の病気のこと気遣ってくれて人混みやお店に行った時に騒がしい環境が今はすごくキツいんだけどそんな時必ず『大丈夫 [続きを読む]
  • 生き方そのものの見方を変えてみる
  • 人間って不思議なものです。(最近このフレーズよく使います…笑)頭の中で勝手にフィルターをかけるのか見たいもの聞きたいもの知りたいものって自然に目が行き、聞こえ、知る機会があったりしますが、そうでない場合は全く気付かずスルーしちゃう。嫁さんが妊娠した時はこんなに妊婦さんって世の中に居たんだって思ったし、車の購入などを検討してるとやたら自分の欲しい車とすれ違ったり。僕は、今回の病気が見つかり脳腫瘍によ [続きを読む]
  • もう中学のこと?って驚きです
  • 小学四年生の娘ちゃんが学校で私立中学の体験会のチラシを貰って参考になればと家族で参加しました。カトリック系の女子校で中高一貫で歴史も古く、建物も古いけど綺麗にしてあって好感が持てます。授業体験で理科と英会話の体験。その前に朝は讃美歌とお祈りの言葉から始まるのもなんか新鮮。理科の実験室で顕微鏡を見る体験だったけど、授業では一人一台の顕微鏡が割当たるらしく、さすが私立と感心しました。その後の英会話で [続きを読む]
  • 地球が壊れてしまったのか?と疑うほどの大雨
  • 独り言だと聞き流してください。近ごろ、聞いたことないような警報や『観測史上初』とか『甚大な影響が…』とか天変地異があちこちで起こってます。もちろん僕たちが生きている『今』と、まだ生まれていない『過去』をコンピュータやAIが計算したデータだけで比べられるわけないとは思うけど…昔、SF小説で本当に地球が崩壊し、人類滅亡する時人間は誰に言われるともなく『最期』であることを察し、みんな口には出さないが粛々と [続きを読む]
  • 七夕 星に願いを 日本中が幸せになりますように
  • 星に願いを今年はお願いしたい事が沢山あります。毎年七夕の日には函館独特の七夕祭りについての記事を書いてます。??コレ去年の娘ちゃんの歌声。一昨年の記事??1年に一度だけ会うことのできる2人 | 30代・40代こそやるべき理由函館の七夕は独特。簡単に言うとハロウィンみたいな感じ。七夕の笹飾りが玄関先にあるお宅に子供達が突撃して歌を歌う。竹に短冊七夕祭り大いに祝おうロウソク一本ちょうだいな??この日だけは [続きを読む]