松本製作所 さん プロフィール

  •  
松本製作所さん: 工場長の製作日誌
ハンドル名松本製作所 さん
ブログタイトル工場長の製作日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/matsumoto-works
サイト紹介文鉄道模型の製作日記などです。地方私鉄の旧型車たちがメインです。ナローもやってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/03/30 07:39

松本製作所 さんのブログ記事

  • 鹿島参宮キハ201(完成)
  • 10月に手を付けた鹿島のキハ201いったん箱に仕舞われてしまいましたが再び再開。瞬着を盛って2か月くらい放置したのでヒケも無く仕上がり上々wGMの4番、18番で車体を塗装。屋根は調合したグレーです。床下はいさみやのカラープライマーを初めて使用。思ったより黒くないです。艶消し黒より周りに馴染んでいい感じです。実車は偏心台車になっていて、左右でWBが異なります。偏心にまではしませんでしたが、鉄コレ12m級動力の台 [続きを読む]
  • 新屋公民館(安曇野市)
  • 安曇野市穂高有明にある公民館たまたま通りがかって立ち寄りました。1951年築造文化財に指定されています。公民館にしては珍しい?構造で、学校の講堂か体育館のような造りです。・・・体育館には小さいか?http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/230351転用かなと思ったのですが、どうも元々公民館として建てられたもの。文化遺産オンラインによるとなんと映写室もあるという。ところでこの建物、Nゲージャーなら結構知ってい [続きを読む]
  • Oナローのホイットコム 完成
  • 年初めに新しい事をと始めたOナローのホイットコム。極寒の合間を縫って塗装しました。プライマーはミッチャクロン、下地にはマホガニー戦車のプラモなど、茶色から立ち上げる方法を真似ています。・・・まぁ下地は不要と言えば不要ですがw茶色塗装も似合いそうです。今回は緑色にしました。・・・ホイットコムと言えば緑、という何となくのイメージがあります笑クレオスの三菱系濃緑色に黒を少し混ぜています。フレームは黒です [続きを読む]
  • Oナローのホイットコム
  • 初めて作るOナローペアーハンズのホイットコムです。動力は指定はパワートラックですが、アルパワーを使います。そのままでは収まらないので、フレームの穴を拡大して入るようにします。・・・これで問題なし、と思ったら、キャブ前部下も削らないと入らないので要注意です。固定状況アルパワーの前後にあるベロを使って固定できるようにしました。このままでは左右に遊びがあるので、完成時には動かないように何か考えましょうw [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 読者の皆様あけましておめでとうございます。本年も変わらず工作記録や旅行記など上げて行きたいと思います。お陰さまで更新しない日も100〜200名程度の方のアクセスを頂いております。「別に見られずとも黙々と作ってればいい」とは云うものの、実は結構気にしていたり・・・結構励みになっております。笑・・・本年もよろしくおねがいします。さて、年初で新しい事がしたいという事で、中古で入手したOナローのホイットコム(ペ [続きを読む]
  • 善光寺道を行く3(青柳の切り通し)
  • いよいよ年末・・・何となくそわそわしますwさて、善光寺街道紀行の続き麻績村へ向かいます。筑北村にある旧坂北村役場の建物。明治33年築造で、青柳宿の端っこに立っている簡素ながらオシャレな建物です。・・・こんなのを模型で作ってみたいものです。筑北村と麻績村の間にはちょっとした峠があり、そこに2つの切り通しがあるとのこと。青柳宿の緩い坂道を登りきると道は大きく左にカーブし、曲がりきると大切通しが見えてきま [続きを読む]
  • おもいでの京王5000系(GM塗装済キットをつくる)
  • 私が鉄道趣味に走るきっかけと言える京王5000系旅客車が消えて20年以上、地方私鉄に譲渡された車両も引退時期に差し掛かっています。・・・そして今年、京王線に5000系を名乗る電車がまた走りだしました。さて、そんな5000系の模型と言えばグリーンマックスの塗装済みキットたまたま一畑の車の引退情報を聞いた日に中古模型店で見かけたので購入。・・・中学生のころから欲しかったのですが、未塗装の2連ばかり組んでいてこの箱は [続きを読む]
  • 善光寺道を行く2(花川原峠の石まんぼう)
  • 善光寺街道の続き四賀の会田宿は坂の宿場宿場の中からすでに峠道が始まっています・・・四賀と坂北の境に位置するのが立峠善光寺道で最大の難所だったようです。一番上の立派なお屋敷。集落は終わり、立峠に向かいます。途中にあった道標「左 善光寺近道」とあり、気になるも山止め(入山禁止)の看板が・・・途中のお堂?付近の馬頭観音この手の物は地元の方々の素朴な作品が多いのですが、これは非常に立派。精巧なので一見の価値 [続きを読む]
  • 善光寺道を行く1(刈谷原峠)
  • とても久しぶりに鉄道以外の「道」ネタです。引越し以来ずっと通ってみたかった善光寺道(北国街道西脇往還)を自転車で通行しました。北国街道西(脇)往還は中仙道の洗馬(塩尻市)から松本市、筑北村、麻績村を経由して長野市善光寺までの街道善光寺への参詣者の他、長野〜松本の物資の輸送路として栄えました。松本を朝出発し信大のある旭町を通過、北上すると岡田宿山が迫ります。・・・話がそれるけど、戦前旭町で生まれた祖母が [続きを読む]
  • 猫屋線の機関車(レビュー)
  • 発売と聞いて「えっもう?」と慌てて注文しました猫屋線第3弾の2種類・・・とりあえず入手ですw部品を共通化している部分もあって意匠が似ていますが、DB1はセミセンターキャブ、DB2はL型になっています。・・・なかなか上手いデザインかと思います。1番の方は山形交通のDBに似ているなと思ったのですが、キャブの形状など結構異なります。※後から気づきましたが尾小屋のDLがプロトタイプなのですね。一方の2番は [続きを読む]
  • GMキットの17m国電
  • いよいよ冬がやってきました(松本市 天狗岩)さて、以前入手したジャンク品のGM旧国動力を整備し、車体を捨ててしまうのも勿体なく…結局簡単に再生しました。・・・昔作った可部線クハ16があったのでそれと編成にします。車体の組立ては結構雑…なんだけど塗りの練習と割り切って本格的に改装はせず、・1両をT車化(床下新調)・前面票差しをRMMクモハ12付属のパーツに交換・テールライトレンズ化・パンタ以外の屋上機器を交 [続きを読む]
  • 岡谷のフェデラル製機関車
  • 岡谷インターから至近岡谷市のごみ処理場と隣接の公園に去年ナロー機関車が保存されました。ゴミ処理場が「エコポッポ」だから機関車を置いたのか?・・・内燃機関車は「ポッポ」ではないと思うけど特に彼の来歴などの紹介はありません(汗さて、保存されたのはナローの機関車諏訪湖の釜口水門の工事で岡谷組が使用した機関車2両のうちの1両のようです。この工事は昭和3年〜11年に行われ、受注者の岡谷組はアメリカから2両の機 [続きを読む]
  • Nゲージの金属キット組んでます
  • あまぎの鹿島参宮キハ201とキッチンの庄内交通の客車客車の方はハンダ済状態のジャンク品。床下はありません。あまぎのキハを開封して組み立て。このメーカーのキットは前面ホワイトメタルが多く、側板を組んだら前面を瞬着でくっ付けて箱になります。・・・まぁちょっとクセがあるのですが、多くの時間をヤスリ掛けに費やすのでプラ工作に近い感じです。そういう点では金属入門として取っ付きやすいかもしれません。動力は鉄コレ1 [続きを読む]
  • DL2題
  • 連休を利用して北アルプスに登ってきました。山小屋を利用すれば息を切らさないペースで登る事ができ、こういう登山も良いものだなと。いつもの「落ちたら死ぬ!」探検とは全く違う自然と接しました。さて、模型の方はゆるーく。軽便祭前夜からDLばかり作っています。1両はNゲージのジャンク品ワールドの津軽鉄道の機関車下回りが無かったので同じくワールドの東芝戦時型の動力を組み合わせました。サイズは中々ぴったり!もう1 [続きを読む]
  • 軽便祭
  • 軽便祭に参加いたしました。秀逸な作品群に並んで私もちょこっと車両だけ置かせていただきました。・・・猫屋改造電車は評判良くて嬉しかったです。詳しいレビューは皆さんの素晴らしい記事にお任せwここでは簡単にご挨拶で・・・親しくしてもらっている友人の屋久島エンドレス人形が乗ると一気にリアルになりますね。こういう作品はジオラマに置いてこそ生きてくる気がします。屋久島行った事ないけどすごく屋久島っぽい空気感。 [続きを読む]
  • ワールド工芸のホイットカムをつくる
  • さてさて、もうすぐ軽便祭(特にキックバックは無いけど宣伝!)祭りに向けてナローネタを作製中です。久しぶりに未開封キットに手を付けた気が・・・wワールド工芸のホイットカム動力付きで4500円!安い!再生産もされたらしいのでおススメです。動力はNのプラキット用のものが付いています(ただし自分で組み立てるサクサク組みましょう。ワタシが真鍮工作で使っている主要道具です。エッチングパーツの切り出しはボロい刃のデ [続きを読む]
  • 頸城の列車をつくる(完)
  • 夏の名残のような雲トンボが飛びまわっています。さて、頸城の最後の仕上げに機関車をワールドのDC92を塗装しました。・・・未塗装完で入手したのでホントに塗っただけです(汗最近のワールドのキットは塗りの事も考えたパーツ構成になっているんですね。車体はブドウ色1号、窓回りを白で塗装しました。愛らしい3両編成が完成機関車はコッペルが似合いそうではありますが・・・まぁコレもなかなか良いものです。実物は今も頸 [続きを読む]
  • 頸城のニフをつくる
  • 今も奇跡的に残る頸城鉄道のニフ1明治時代に作られた台枠まで木造の客車です。木造部分は朽果てたようで、再建されていますが非常に丁寧に復元されています。・・・現役時よりキレイ?大昔の乗工社の「軽便合造車」と題した未組立のキットを製作しました。妻面に短冊表現の無い製品なので、1971年発売の最初期の物と思われます。・・・取説が無くちょっと困ったのですが、西南海観光鉄道さまに画像が掲載されており助かりました( [続きを読む]
  • 蒲原鉄道モハ71をつくる
  • 今は無き蒲原鉄道中でもモハ71は乗車したことがあり思い出の車両だったりします。だいぶ前の鉄道模型市で仕入れたジャンクのキットを仕上げました。ターミナルプランニング製のようです。入手時点で箱組されていたので、当工場での作業は屋根を作る所から。鉄コレの一畑の屋根を2枚使っています。お椀型ベンチレータは再利用したい(ケチ)ので、デザインナイフで上手く切除してから屋根の整形にかかります。・・・金属とプラの接 [続きを読む]
  • 古いGM動力の整備
  • さて、JAMには行けなかった訳ですが。代わりではないけどちょっと用があり上京。中古屋巡りをしました。そこで見つけたのがGMの17m国電動力不動で1つ500円・・・不動なら動かしてみようということで拾ってきました。・・・こういうのは車輪を見て使用感が無ければ割合簡単に直ります。と言っても、鉄コレ動力を使う人の方が圧倒的に多いでしょうが・・・動力は古いエンドウ製のもの。まぁ性能は古いなりだったりしますが、よ [続きを読む]
  • 赤沢へ行く
  • なんか「またか」という感じですが実は今年初の赤沢自然休養林へ・・・去年は何回行っただろうか?笑行く途中には笹焼土場という現役の土場もあり道から観察できます。下に敷く2本の木は丸太そのままではないんですね。午後から雨の予報だったせいか森の中は人もまばらで落ち着いて散策できました。C型客車は最初に見たころより順調に土に還りつつあります・・・いっぽう資料館のモーターカーはレストア中作業されていた方によれ [続きを読む]
  • 紀州鉄道キハ605
  • 長らく伏木にあったという紀州鉄道キハ605がヤードから移動したという情報があり飛んで行きました。・・・キハ04大好きとしては是非見たかった1両なのです(笑場所はのと鉄道鵜飼駅跡能登半島の珠洲市にあります。・・・能登半島が思っていたよりずっと大きいというのに出発後に気付くwなんでもこの秋に開催される奥能登国際芸術祭で展示されるアート作品として展示されるとの事。まぁ色々不安要素しかないので早々に見に行っ [続きを読む]
  • 長野電鉄の保存車の行方
  • 最近ブログに書くような模型の製作はしておらず、気の向くままにお気楽工作になっています・・・さて、「県内私鉄の鉄コレはキレイに仕上げよう」という方針により長電1003を仕上げていた訳ですが、床下機器に板状の何かが。せっかく実物があるので見に行くか、と思いついて翌日に信濃川田へ飛んでいきました。・・・やはり「見れる時に見る」というのは何でも重要です。ぶっ壊されないうちに・・・汗初夏の信濃川田駅跡5年前に廃 [続きを読む]
  • 別府キハ101をつくる
  • いよいよ夏が近づいてきました。さて、手持ちの鉄コレ同和鉱業を別府鉄道のキハ101にしてみました。別府のキハ101といえば、ブレーキ管破損防止のために裾が延長された独特の姿をしているイメージですが、晩年になって取り付けられたようです。そのため登場時は同和時代とほとんど同じ。塗替えのみで対応できます。・・・なお、側面客扉間のみ裾が延長された姿の写真があり、前面はそのままで側面のみ裾延長という時期があったよう [続きを読む]
  • ダイソーケースに地面する
  • 機は熟したりと、言うよりは勢いで作ってみました。Nゲージでは初めてのジオラマ、というか先作は10センチ四方に情景というべきものは岩くらい、という代物なのでほぼ初のジオラマです。後述の廃車体を含めて10日程で作製しました。お題は「気動車庫」車庫はジオラマの題材としては定番ジオコレの車庫も手持ちにある事だし・・・と選定しました。配置原案ベースは300円のダイソーケース400円の物の方が長くて色々盛り込めそうです [続きを読む]