リトルアメリカ教育センター さん プロフィール

  •  
リトルアメリカ教育センターさん: リトルアメリカ日記
ハンドル名リトルアメリカ教育センター さん
ブログタイトルリトルアメリカ日記
ブログURLhttp://littleamerica.junglekouen.com
サイト紹介文『英語は絶対に勝つ!』この自信があなたの人生を開く! 偏差値15アップを目指す、英語に強い学習塾
自由文リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/03/30 23:50

リトルアメリカ教育センター さんのブログ記事

  • 部活が忙しいから…
  •  今の中学生、高校生たちのほとんどは、部活動に所属しています。 リトルアメリカに来ている生徒たちの多くも何かの部活に所属して忙しそうにしています。 そんな生徒たちに約束することがあります。それは、『部活を言い訳にしない』ということです。 よく、「部活が忙しいから…」と、何もしない自分を正当化しようとする場合があるのですが、もちろん、そうしたい気持ちもよくわかっているつもりです。 でも、そこは本人の [続きを読む]
  • そのほうが楽しそうにどんどん覚える
  •  現在、リトルアメリカ教育センターに来ている小、中学、高校生の多くが、大学入試をにらんで勉強しています。 そんなリトルの英語の授業で使っている教材は、生徒がおぼえやすいように手作りしたオリジナルのものが多くあります。 それらの教材にはなるべく音声データをつけるようにしています。 覚える時には、ガリガリ書いて、むりやり手で覚える!というのではなく、英語は言葉ですから、音声につけて何度も言ってみて、自 [続きを読む]
  • 2018年合格体験記…頑張りの原動力!
  • 大分大学 合格  A.N.さん 私は高校3年生の夏に、友達に勧められてリトルアメリカに入りました。 授業は、文法とリスニングを受けていました。 リトルの授業では学ぶことが多く、自分に抜けている部分が授業でははっきりわかり、復習を通して力がついたなあ、という実感はかなりありました。 実際に模試を受けて“ここ、リトルで習ったところだ!”ということがよくあったし、結果を見ても文法の得点率は、リトルに入る [続きを読む]
  • 速いスピードで先に先に…リトルアメリカ教育センターの数学
  •  生徒たちに学校でやっていることを聞いてみると、多くの学校での数学の授業は、教科書の順番通りにすすめられているそうです。 中学校の教科書は、各学年とも、数の計算、式の計算、方程式、関数、図形、資料の整理、確率…の分野の順番で編集されていて、ほとんどの中学校では、その順序に従って、学年の始めのうちは非常にゆっくりとすすめられているようです。 その進み方があまりにゆっくりなため、学年末になると、教科書 [続きを読む]
  • 順番を守る…『勉強名人』への道
  •  勉強の第2段階目は、覚えた知識を利用して問題を解くことにあります。 問題集をやるのはこの時期です。 問題集は7割以上出来なければ楽しくありません。 だから問題集を解くよりも先に、問題を解けるための知識をつけるのです。 これが勉強の第1段階目です。 『勉強名人』とは、…覚えて…解く…人です。 勉強の第1段階を終えた後に、第2段階目に入っていく…という順番を守っている人です。 この順番を間違えるから [続きを読む]
  • 大切なことを見失わないように…大分校の小学生算数低学年クラスのご案内
  • まぁけんです。 『勉強』とは本来、出来ないことを出来るようにする努力の積み重ねだと思っています。そして、その考えを基に日々小学生の算数、中、高校生の数学を教えていっています…が、リトルに入って間もない生徒さんの言動に 『???』 違和感を感じることが時々あります。 ある小学生に分数の計算を教えようとしたときに…「せんせー、今日わたし、定規を忘れたんで、計算式を ノートに書けません。」…初めは言って [続きを読む]
  • 英語が好きになることはとても大切ですが、それだけでなく…
  •  小学生でもうまく教えてあげれば、中学英語を理解できます。 でも、そのためには、英語を身につけたいと本人が本気で思うことが大切です。 私はリトルアメリカに初めて来るお子さんには、小学生であっても、どうして英語をしなければならないのかを話すようにしています。 その時、興味をもつことのできるお子さんであれば、大学入試の配点表まで見せて話をします。 英語ができれば、こういう風にあなたが得をするんだ、自分 [続きを読む]
  • 「勉強しなさい」という言葉は何の役にも立たない…あるお父さんの言葉
  •  ある日、生徒のお父さんがリトルに来て、こう言っていました。「勉強しろと言っても、なんの役にも立たない。 言えば親の気持ちは軽くなり、ストレスは解消される かもしれないが、その反面、子供にストレスを残す ことになる。  親にとって一番つらいのは、言わないで押し通す ことだ。  言わなければ、苦しみは親だけが背負うことになる。  要するに、親と子のどちらが苦しみを背負うかという ことなのですよ。   [続きを読む]
  • 「勉強しなさい」という言葉は何の役にも立たない…お母さんの場合
  •  顔を見るたびに「勉強している?」と聞く…子供が答えられないでいると、「お母さんはあなたのためを思って言っているのよだれ が子供の不幸をそのまま見逃すことができるのです かあなたが将来このままでは不幸になると分かって いるからこう言うのじゃないの」…とたたみかける。 さすがにお母さんのこういう言葉に抵抗できる子供はいないでしょう。 また母親の言ってることは正しいことですから、ますます答えられなくな [続きを読む]
  • 「勉強しなさい」という言葉は何の役にも立たない…お父さんの場合
  •  ある日曜日、朝寝坊した父親が台所に降りて行きます。 すると遅い朝食をとっている子供に出くわします。 いつもは接することのない子供に父親は「おい、勉強しているか」と親しみを込めて話しかけます。…なのに、子供は返事をしません。 すると、父親は返事のないのにややむっとして「最近の子供は返事もろくにせん」と言って腹を立てます。「勉強しているか」というのは、父親にとっては、ほんの“あいさつ”のつもりですか [続きを読む]
  • 英文法は難しくない!
  •  高校で習う英文法というと、なんだか難しそう、面白くない、苦手、訳が分からないとイメージを持っていませんか? 本来、文法はけして難しくありません。 文法用語を使って、難しく説明するから難しいだけなんです。 文法用語を使う方が、説明する先生は楽なんです。 でも、それでは、学生には親切ではないです。 リトルアメリカでは、できるだけ文法用語を使わずに文法を教えています。 これがわかるポイントなんです。  [続きを読む]
  • 理系でも英語ができることがすごく大事
  •  大学入試では、英語ができることがすごく大事です。 文系でも理系でも、英語が必要でないような学部、学科はありません。 英語で勝負が決まるといっても過言ではありません。 理系の人でこういうふうに言う人がいます。「僕は理系だから、英語よりも数学と理科の方が 大事なんです。」…そんなことはありません。 理系の学部でも、入試での英語の配点はかなり高くなっています。 それに、理系に進む人というのはもともと、 [続きを読む]
  • 生徒たちの勉強への姿勢 ちょっとだけカンニングする…
  • まぁけんです。 10年は一昔と言います。 私自身が、リトルアメリカに戻り、中高生、小学生に教え始めて10年が過ぎました。 その10年の間で「生徒たちの勉強への姿勢」に大きな変化を感じます。今日はそのことを書いてみます。 私が返ってきてすぐのころは、「どうすれば実力をつけて成績を上げていくことができるんだろう」とそれぞれの生徒が、自分自身で悩んでいました。 だから、「こうすれば効率的だよ」とか「こう [続きを読む]
  • 高校の英語の授業はSVOから始まりますが・・・
  •  高校1年になるといちばん初めに習うのが、SVO――『文型』です。 第一文型とか、第二文型とか、聞きなれない形式的な言葉が次々と出てきます。 それを見てほとんどの学生が「わからない」を連発します。 よく生徒から「文型を教えてください。」と言われるのですが、リトルアメリカでは「わからなくてもいいよ」と答えます。 文型というのはそもそも「動詞の使い方」を理解することですから、動詞にはどんなタイプがある [続きを読む]
  • ある教科でモノを覚えていく能力を高めて別の教科でそれを応用する
  • まぁけんです。 先週の続きです。 リトルに入って、英語漬けの毎日で、英語は1番になっていましたが、下降線の一途の数学、真面目に宿題をやっても成績につながらない高校2年生の夏休み前…、 「数学も覚えればいいんじゃねんか。」リトルの先生に言われた言葉で、英語で鍛えた記憶力を数学にも使うというアイデアに気づかされました。 確かに、知識のない状態で、記述の解答を自分で考えてもできないのは当たり前なのです。 [続きを読む]