リトルアメリカ教育センター さん プロフィール

  •  
リトルアメリカ教育センターさん: リトルアメリカ日記
ハンドル名リトルアメリカ教育センター さん
ブログタイトルリトルアメリカ日記
ブログURLhttp://littleamerica.junglekouen.com
サイト紹介文『英語は絶対に勝つ!』この自信があなたの人生を開く! 偏差値15アップを目指す、英語に強い学習塾
自由文リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供195回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/03/30 23:50

リトルアメリカ教育センター さんのブログ記事

  • どんどん飛ばして読む!
  •  多くの生徒は「わからなければ、飛ばして読みなさい」と言っても、その単語にこだわって、先に進めないということがよくあります。 実際には、その単語を飛ばして読むほうがずっと難しいようです。 ぜひ、どんどん飛ばして読むことをおぼえてください。 実際、日本語の本を読むときでも、知らない単語があるはずです。 それでも、私たちはその文章の内容を理解していますし、後になって、「知らない単語があったでしょう」と [続きを読む]
  • 文章を読むときに大切なこと
  •  ほんの短い文を10分も、20分もかけて読んでいては全体の意味がつかめなくなるのは当然です。 日本語でもわずかの文を20分もかけてゆっくりゆっくり読んでみてください。 何のことを言っていたのか、わけがわからなくなるはずです。 さらにこれに輪をかけて、「わからない単語が出たらすぐに辞書をひきなさい」という先生が多くいるようです。 辞書をひく間に、今まで読んできた内容は忘れてしまい、文の前後の関係が消 [続きを読む]
  • 「僕は訳ならできるのに」と言います が……−英文読解の授業のときに
  •  英文読解の授業中によく、大意を言わせようとするのですが、多くの学生が「訳してもいいですか」と言います。 どうも大意をつかむことが難しいようで、「僕は訳ならできるのに」と言います。 あるいはまた、大意を言っているつもりが、文の一番初めと、最後のほうを訳している学生が多いのに驚かされます。 要するに、文全体の意味を抽出するのではなく、ただひたすら英語を日本語に置き換えるだけの作業をしているといっても [続きを読む]
  • 英語の勉強 = 日本語訳ではない!
  •  英語の授業といえば、訳すことだということで、よく、英文をノートに書き写し、その下に日本語の訳を書きなさいという作業を予習として要求している学校があるようですが、リトルアメリカ教育センターではそんなことはしません。 英語はできるだけ、日本語に訳さないで、意味がわかるほうが望ましいのです。 そして何度も同じ英文を繰り返し読むことによって、英語全体の構造がわかり、わざわざ日本語に訳さなくても意味が理解 [続きを読む]
  • 語呂合わせから 次の段階へ
  •  英単語を覚えるとき、はじめのうちは語呂合わせや、関連語などを頼りとして、単語を覚えるのですが、もっともっと速くたくさんの単語を覚えていくという、次の段階に進んでいくことになります。 その時には、とにかく声を出して読んでください。 1日1回、できれば最初から、最後まで単語を音読してほしいのです。 何度も読むことで、単語に親しみが湧き、音を聞いた瞬間に、意味が浮かぶようになります。 何度も音読するう [続きを読む]
  • 英単語を覚え始めて、少しすると…
  •  英単語を覚え始めて、少しすると、前におぼえた単語を忘れているのではないかと、気になり始めてくるようになると思います。そうではありませんか? しかし、そんなことは気にしないでどんどん先に進んでください。 そして、最後まで終わったら、すぐにまた始めから繰り返すのです。 だから今は、忘れてもいいのだと、自分に言い聞かせて、どんどん先に進むことです。 ただ、いつも単語をおぼえるのは楽しいなと思い込むこと [続きを読む]
  • Q先生の 英単語の覚え方! 459 abundance
  • Q先生の 英単語の覚え方!459 abundance今回も、楽しく覚えましょう!!出典:フロウンうんち英単語帳(青)出演:眞上 久実制作:リトルアメリカ教育センター単語帳の購入はこちらのヤフーショッピングのページからhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/mcp66ozp7pp5friwpndqcxj5ya/nhfv3zub8r.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら  https://twitter.com/LittleAmeri [続きを読む]
  • 覚えにくい単語が出てきたら…
  •  単語をおぼえるのに…「ひとつひとつ書いておぼえるのがいいのだ」という人がいますが、これは1日20〜30単語程度をおぼえる時のやり方です。 1日100〜200単語をおぼえるとなると、とても書いていたのでは間にあいません。 1語1語を、のみ込むようにおぼえて下さい。 できるだけペンや鉛筆を使わず集中して、1語1語を体の中に入れるようにおぼえるのです。 そんな時に… 単語の中には、見た瞬間に親しみがわき、一 [続きを読む]
  • 意味をひとつだけ…最後まで行き着くこと
  •  単語にはたくさんの意味があるのだから、全て覚えなさいという人が時々います。 たしかに、全部の意味を覚えるのは大切なのですが、 1度にはできません。 リトルでは、まず第1ラウンドは単語の意味だけを覚えます。 たとえば、 odd といえば、まず ①奇妙な というふうに反応できるようにして下さい。 何度かやって、この「奇妙な」 という意味を強く定着させます。 この意味が定着したら、 3、4回目の繰り返しの時に、下の図 [続きを読む]
  • 模試の利用の仕方
  •  大学入試の受験生たちには、模試の季節となりました。 毎年この時期には、何度も書いてきましたが、今年も今年の受験生に向けて書きたいと思います。 今ここであわてたらいけません。 何度も書いてきたように、模試の利用の仕方は、模試のたびに自分の勉強の成果を確かめることです。 まず模試を受ける前の準備段階では、今回は、何をどの程度までしておくのかという目標設定をして、そこを集中して勉強してください。 その [続きを読む]
  • 不安なときこそ 健気に 明るく、自分を信じて…
  •  勉強をしていると、自分としては、必死に努力しているのに、なかなか思うように成果がでないこともあります。 「やっぱり私はダメなのかなあ…」と不安になるときもあります。 勉強、それ自体がつらいというよりは、いつ来るのかわからない“その日”――目の前の霧が、うそのように晴れて、ぱあっと先が見えてくる――その日を、じいっと待つことがつらいのです。 「私なんか、どうせ、こんなものだ」と他のみんながあきらめ [続きを読む]
  • 「じやあ、性格変えたらどう?」
  •  私は「暗い人は落ちるよ」とよく授業中に話しますすると「そんなこと言われても、もともとの性格が暗い人はどうすればいいんですか」なんて反論してくる生徒がたまにいますその場合「じやあ、性格変えたらどう?」と答えます――性格はもって生まれたものなので、変えられない――…ほとんどの人がそう思っているようですが、本当にそうでしょうか。 私は、高校時代まで、どちらかといえば"暗いほう”だったと思います。 でも、 [続きを読む]
  • 合格するために大切なこと
  • 「合格するために大切なことは何ですか?」ときかれたら、私は答えます。ひとつ目は、「真面目であること」 真面目であることは、何を仕上げる時でも、とても大切なことです。 苦しくてもコツコツがんばることができれば、いつかきっと道は開けるからです。もうひとつは、「明るいこと」 意外ですか? あなたが、「真面目=暗い」というイメージを持っているからかもしれませんね。 でも、苦しい努力を、暗い気持ちで長く続け [続きを読む]
  • 勉強垢…進歩しようとしてる美しい姿
  •  青春とは自分に何ができるのか、何をすればいいのかを問い続ける時期です。  どうすれば生きていけるのか?  どんな才能があるのか?…そんな疑問を自分に投げかけ、もがき苦しむのが青春です。 あなたが今悩んでいるとしたら、それは進歩してるということなんです。 多くの人がSNSで勉強垢を作って、何かを伝えようとしています。 それは、今やってる勉強方法に何かしっくり行かないことがあるからではないでしょうか [続きを読む]
  • どう調べたらよいのか…ではなく、
  •  大学入試によく出る問題として、次のようなものがあります。① He (   ) for a great doctor in this village.   彼は名医としてまかり通っている。② Please,(  ) in touch with me.   どうぞ、連絡してください。このような文が、解答が与えられず、分からないことは辞書で調べなさいということで宿題として出たとします。 ①の場合、辞書をひいて調べるとしたら、どの単語をひこうと思いますか。 どの [続きを読む]
  • 眠くなって困ったときは
  • 「勉強しようと思い立っても、すぐ眠くなって困ります。 どうしたらよいのでしょうか」という質問を多く聞かされます。 あまりに眠たいときは、自分の腿をペンチでつねりながら勉強しなさい…などといったスパルタな話はリトルアメリカ教育センターではしません。 リトルでは、「眠くなったら、すぐ眠りなさい」と、アドバイスしています。 眠たくなってもがまんして勉強するというのは、もっとも能率が悪く、そんな勉強ならし [続きを読む]
  • 単語の覚え方! 674 sober
  • 覚え易くなければ単語帳ではない。楽しくなければ単語帳ではない。これでどうだー! 674 sober ソウバァ出典:フロウンうんち英単語帳(青)出演:眞上 久実制作:リトルアメリカ教育センター単語帳の購入はこちらのヤフーショッピングのページからhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/mcp66ozp7pp5friwpndqcxj5ya/nhfv3zub8r.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら  h [続きを読む]
  • 勉強したことを毎日テストして確かめる
  •  毎日を大事にすごしてください!! 基本は、朝、ちゃんと起きて、びしっと時間通りの勉強にとりかかること。 いくら夜遅くまで勉強したとしても、その分、朝寝ていては意味がありません。 それから、毎日、自分のやるべきテストをすること。「テストをしなきゃっ」と思うから、前日にかっちり勉強をするんです。 テストがなければ、だれも必死でできないのです。 人間そんなもんです。 そんな立派なもんじゃない、それでい [続きを読む]
  • 読んで、書けて、聞けて、話せる
  •  リトルアメリカ教育センターでは、文法をしっかり教えて、それを使って話す練習をさせるようにしています。「中学、高校、大学と何年も学校で英語を勉強して、それでも英会話できない…。」 多くの人のそんな経験から、「文法をやると話せなくなってしまう…」…文法のせいで話せないという考えが一般的になっています。 でも、実はそうではないのです。 文法を知っているから話せないのではなくて、話す練習をしないからだと [続きを読む]
  • 勉強の始まりは単語記憶から
  •  マラソンで、前を走っている人に追いつくためには、相手より早く走らなければ、決して追いつくことはありません。 勉強の場合、相手に追いつくには、相手より勉強時間を増やすか、ものすごく効率よく勉強する以外にありません。 前を走っている人はかなり勉強している人ですから、その人より多くの勉強量を出すことは、ほぼ困難でしょう。…とすれば、効率の良い勉強を追求しなくては決して追いつけないのです。 どうすれば勉 [続きを読む]
  • 単語をはじめよう!
  •  英語はことばですから、とにかく、「単語が命!」です。 単語が仕上がった時点で、うそのように英文が読めるようになったという人はものすごく多いのです。 リトルでは、授業以外でも単語テストを受けられるようにしています。 しっかりと自分の将来に対して自覚を持って、コツコツ努力する人は、いつかきっと花開く時がくるだろうと思います。 ぜひ、お互いに競い合って、どんどん実力をつけてくださいね。 辞書をひきなが [続きを読む]
  • 勉強が楽しくない…、やる気が起こらない…のは…
  •  勉強はいやいやするものではありません。 あるいは強制されるからするものでもありません。 そんな勉強では効果が上がりません。 勉強は楽しいからするのです。 楽しくなければ続かないのです。 やる気が起こらないというのは楽しい勉強をしていないからです。 ある人が、「私は一度だけ死にものぐるいで勉強したことがあった」と言うのです。「それは何時?」と聞いたら…「すごくカッコいい先生がいて、その先生に ほめ [続きを読む]