リトルアメリカ教育センター さん プロフィール

  •  
リトルアメリカ教育センターさん: リトルアメリカ日記
ハンドル名リトルアメリカ教育センター さん
ブログタイトルリトルアメリカ日記
ブログURLhttp://littleamerica.junglekouen.com
サイト紹介文『英語は絶対に勝つ!』この自信があなたの人生を開く! 偏差値15アップを目指す、英語に強い学習塾
自由文リトルアメリカ教育センターは、1985年中津で始まった学習塾です。英語を徹底的に、しかも効率よく鍛え上げることにこだわり、独自の教材『フロウンうんち英単語帳』、『フロウンうんちイディオム帳』の出版もしています。リトルで鍛えた英語を武器にして、東大、早慶上智をはじめとする難関大学へ、多くの卒業生を輩出しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/03/30 23:50

リトルアメリカ教育センター さんのブログ記事

  • 欲張らないこと
  • Hello(^-^)Qです。 欲張らないこと。 それがこどもを育てるときには大切なことなんだと思います。  「こどもがやりたいと言っているから」  「こどもが興味をもったことは、すべてやらせて   あげたいから」  「こどもがやめたくないと言っているから」と言って、どんどんどんどん、こどもの習い事が増えていっているという方、とっても多いです。 毎日毎日、いろいろな習い事で大忙しの場合、こども自身は、学校から [続きを読む]
  • 単語は書いて覚えるべきか
  • Hello(^-^)Qです。「先生、うちの子は、単語を書いて覚えないんです。  私が学生の頃は、書いて書いて、書きまくって覚えて いたから、『書きなさい!』っていつも言ってるん ですけど・・・どうしたらいいでしょうか」とお母さんから相談をうけることがあります。 単語は書かないで覚えた方がいいと私は思います。 もちろん、英語を始めたばかりの子どもが、アルファベットの練習をしたりするのは必要かもしれませんが、何 [続きを読む]
  • 話せるようになるために、英文法は大切なのか
  • Hello(^-^)Qです。「文法を勉強すると話せなくなる」という人がいます。 本当にそうでしょうか。 答えはNoです。 だって、私は文法はわかるけど、話せないよという方がいるかもしれません。 確かに、中学・高校と6年間も英語を勉強してきても英語を話すことができない日本人がたくさんいます。 でも、それは、文法を勉強したから話せないのではないのです。 大きな誤解です!!! では、なぜなのか。 その答えは簡単で [続きを読む]
  • OBSラジオ「廣道純のNever GiveUP!!」 、Q先生出演回の紹介
  •  OBSラジオ「廣道純のNever GiveUP!!」先週、Q先生が出演した回がオンエアされました。 現在、OBS大分放送のホームページのブログに、放送内容が紹介されています。http://www.e-obs.com/blog/jun/today/1173.html 収録の様子を、詳しく紹介してくださっていて、スタジオでの写真まであります。 ありがとうございます。 先週放送を聞かれた方も、聞き逃してしまった方もこちらをぜひ一度、ご覧になってください!!  [続きを読む]
  • 英語の先生はネイティブスピーカーの方がいいのか
  • Hello(^-^)Qです。「英語はやっぱりネイティブの先生に教えてもらいたい」という日本人はたくさんいます。 でも、果たして、英語はネイティブから教えてもらうのが一番いいのでしょうか。 答えは、場合によるんだと私は思います。 どういうことかというと、かなり初心者が、一週間に一度一時間の英語のレッスンに通っている状態だとします。 ネイティブの先生にどんどん英語で話しかけられても、ほとんど理解できません。 外 [続きを読む]
  • 「がんばっていると、きっといいことがある。」
  •  それは、がんばっている人のことはきっとだれかが見ていて、応援したいと思うからです。 自分のためにコツコツ必死でがんばっていたら、「あの人はすごい人だ」と自然と自分の信用や評価がついてきているものなのです。 今こそ、がんばりどころのみんな! みんなが見ています、あなたを。 リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら  https://twitter.com/LittleAmericaON       大分校地図はこちら 2018/11/ [続きを読む]
  • ラジオ出演のお知らせ
  •  お知らせです! 塾長Q先生が、OBSラジオに出演します。 車いすアスリートの廣道純さんの番組「廣道純のNever GiveUP!!」に呼んでいただき、お話をしてきました。 オンエアは、明日11月24日(土曜日)の18:10からです。ぜひ聞いてください!OBSラジオ「廣道純のNever GiveUP!!」 土曜 18:10〜 リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら  https://twitter.com/LittleAmericaON       大分校地図は [続きを読む]
  • 気持ちひとつで昨日までできなかったことができるようになったりするもの
  •  人間は、自分の気持ち次第だなあと思います。 もちろん、何かのきっかけがあることが大切ですが、気持ちひとつで、昨日までできなかったことが、できるようになったりするものなのです。 覚えられない、と思っていたら、何時間かけてもできないのに、決心ひとつでできるようになったりして自分でも不思議になることもあります。 ずいぶん前の生徒ですが、彼女は、受験生の年、ちょうど今頃だったのかな、もっと先だったかもし [続きを読む]
  • ご心配、ご迷惑おかけしました。Q
  • Hello(^−^)Qです。 今回、体調をくずしてしまい、一週間ほどお休みさせていただいていましたが、ようやく復活しました。  なんとなく調子悪いな・・・  なんとなくきついな・・・という日々が続いていましたが、ま、ちゃんと仕事もできてるし、いつものようにいっぱい食べて、眠ればなんとかなるはずと思って、見て見ぬふりをしていました。 さすがにちょっとまずいかな、と思って近くの病院に行ったら、…そのまま救急 [続きを読む]
  • ちょっと楽しい気持ちになればその日の成果は最高
  • Hello(^-^)Qです。 もし、自分のこどもが算数が苦手だとします。 お母さんとしては焦ります。「今、こんなことができなかったら、あとになって、 この子はきっと困るだろう。 今のうちになんとかしてあげなければ!」 そして、できるようになるまで、真剣に(でも、こどもにとっては、この真剣さが、残念ながら怒っているようにしか見えなかったりします)教えます。 苦手になっていることが、一日ですっかりできるようにな [続きを読む]
  • 目をキラキラさせて喜ぶ
  • Hello(^-^) Qです。 中学英語を一年間で終える中学ハイレベルコースについて、ずっとお話をしています。 来年の新クラスの準備クラスを年明けに始める予定です。1月から約3か月間、みっちり特訓をしてから、4月に本格的にスタートします。 この3か月で、英語の文の形、疑問文や否定文の作り方を徹底的に体に叩き込みます。 リトルアメリカでは、クラスが学年別にはなっていないので、基本はだれでも入ることができます。で [続きを読む]
  • 英語の優先順位を上げて『中学ハイレベルコース』に入るためには…
  • Hello(^-^)Qです。 中学英語を一年間で終える中学ハイレベルコースですが、来年の新クラスの準備クラスを年明けに始める予定です。 1月から約3か月間、みっちり特訓をしてから、4月に本格的にスタートします。 この3か月で、英語の文の形、疑問文や否定文の作り方を徹底的に体に叩き込みます。 リトルアメリカでは、クラスが学年別にはなっていないので、基本はだれでも入ることができます。 でも、「英語が好き!」でい [続きを読む]
  • 勉強が楽しいと感じる ようになるきっかけ
  • Hello(^-^) Qです。「単語やイディオムなどのテストで、賞金を出してます。」と私がいうと、時々、「子どもがお金のために勉強するなんて・・・」と、なんとなく悪いことのように言われることがあります。 でも、私は全然悪いと思いません。 賞金レースのために、必死で勉強して、単語を何千個も覚えられて成績は上がるし、そこで優勝して賞金を手にしたら、  「あいつは、すげえやつだ!」…みんなの尊敬を集めることができる [続きを読む]
  • やるかやらないか 時間をとるかとらないか
  • Hello(^-^) Qです。 昨日からお話している「中学ハイレベルコース」のクラスの中で、最近は頻繁に賞金レースをやっています。 賞金レース、とは、範囲を決めてテストをして、点数のいい人に賞金を渡す、という、ある意味、リトルの伝統!です。(私も学生の時に、賞金めざして必死に勉強したなあ・・・) あらかじめ出題範囲を決めてあるのがポイントで、もちろん、答えも全部渡してあります。 ですから、一生懸命勉強すれば、 [続きを読む]
  • 小学生でも「中学英語 を勉強する」ことができます!
  • Hello(^−^)Qです。 最近、クラスのことについてよく質問をいただきます。 ありがとうございます。そこで、これからクラスのことについても、ちょこちょこ紹介していきたいと思います。 中学ハイレベルクラスとは、中学英語を一年間で仕上げるためのクラスです。 クラスの名前に「中学」とついているのは、「中学英語を勉強する」という意味であって、中学生だけのクラスではありません。 小学生でも、「ここまでできれ [続きを読む]
  • どんどん飛ばして読む!
  •  多くの生徒は「わからなければ、飛ばして読みなさい」と言っても、その単語にこだわって、先に進めないということがよくあります。 実際には、その単語を飛ばして読むほうがずっと難しいようです。 ぜひ、どんどん飛ばして読むことをおぼえてください。 実際、日本語の本を読むときでも、知らない単語があるはずです。 それでも、私たちはその文章の内容を理解していますし、後になって、「知らない単語があったでしょう」と [続きを読む]
  • 文章を読むときに大切なこと
  •  ほんの短い文を10分も、20分もかけて読んでいては全体の意味がつかめなくなるのは当然です。 日本語でもわずかの文を20分もかけてゆっくりゆっくり読んでみてください。 何のことを言っていたのか、わけがわからなくなるはずです。 さらにこれに輪をかけて、「わからない単語が出たらすぐに辞書をひきなさい」という先生が多くいるようです。 辞書をひく間に、今まで読んできた内容は忘れてしまい、文の前後の関係が消 [続きを読む]
  • 「僕は訳ならできるのに」と言います が……−英文読解の授業のときに
  •  英文読解の授業中によく、大意を言わせようとするのですが、多くの学生が「訳してもいいですか」と言います。 どうも大意をつかむことが難しいようで、「僕は訳ならできるのに」と言います。 あるいはまた、大意を言っているつもりが、文の一番初めと、最後のほうを訳している学生が多いのに驚かされます。 要するに、文全体の意味を抽出するのではなく、ただひたすら英語を日本語に置き換えるだけの作業をしているといっても [続きを読む]
  • 英語の勉強 = 日本語訳ではない!
  •  英語の授業といえば、訳すことだということで、よく、英文をノートに書き写し、その下に日本語の訳を書きなさいという作業を予習として要求している学校があるようですが、リトルアメリカ教育センターではそんなことはしません。 英語はできるだけ、日本語に訳さないで、意味がわかるほうが望ましいのです。 そして何度も同じ英文を繰り返し読むことによって、英語全体の構造がわかり、わざわざ日本語に訳さなくても意味が理解 [続きを読む]
  • 語呂合わせから 次の段階へ
  •  英単語を覚えるとき、はじめのうちは語呂合わせや、関連語などを頼りとして、単語を覚えるのですが、もっともっと速くたくさんの単語を覚えていくという、次の段階に進んでいくことになります。 その時には、とにかく声を出して読んでください。 1日1回、できれば最初から、最後まで単語を音読してほしいのです。 何度も読むことで、単語に親しみが湧き、音を聞いた瞬間に、意味が浮かぶようになります。 何度も音読するう [続きを読む]
  • 英単語を覚え始めて、少しすると…
  •  英単語を覚え始めて、少しすると、前におぼえた単語を忘れているのではないかと、気になり始めてくるようになると思います。そうではありませんか? しかし、そんなことは気にしないでどんどん先に進んでください。 そして、最後まで終わったら、すぐにまた始めから繰り返すのです。 だから今は、忘れてもいいのだと、自分に言い聞かせて、どんどん先に進むことです。 ただ、いつも単語をおぼえるのは楽しいなと思い込むこと [続きを読む]
  • Q先生の 英単語の覚え方! 459 abundance
  • Q先生の 英単語の覚え方!459 abundance今回も、楽しく覚えましょう!!出典:フロウンうんち英単語帳(青)出演:眞上 久実制作:リトルアメリカ教育センター単語帳の購入はこちらのヤフーショッピングのページからhttps://store.shopping.yahoo.co.jp/mcp66ozp7pp5friwpndqcxj5ya/nhfv3zub8r.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsr_title リトルアメリカ教育センター 中津校地図はこちら  https://twitter.com/LittleAmeri [続きを読む]
  • 覚えにくい単語が出てきたら…
  •  単語をおぼえるのに…「ひとつひとつ書いておぼえるのがいいのだ」という人がいますが、これは1日20〜30単語程度をおぼえる時のやり方です。 1日100〜200単語をおぼえるとなると、とても書いていたのでは間にあいません。 1語1語を、のみ込むようにおぼえて下さい。 できるだけペンや鉛筆を使わず集中して、1語1語を体の中に入れるようにおぼえるのです。 そんな時に… 単語の中には、見た瞬間に親しみがわき、一 [続きを読む]