りょうこ さん プロフィール

  •  
りょうこさん: シルクロード絵描き旅
ハンドル名りょうこ さん
ブログタイトルシルクロード絵描き旅
ブログURLhttp://unhuman.hatenablog.com/
サイト紹介文中央アジア・中国・東南アジア。シルクロードを半年かけて旅したおはなしです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 118日(平均4.4回/週) - 参加 2014/03/31 07:55

りょうこ さんのブログ記事

  • 9/6-7 モンゴル、ホブドの市場(ザハ)
  • こんにちは。りょうこです。やっとモンゴルの記事を書けるのが嬉しくて仕方ありません。…これまでの記事で『疲れた』『眠い』『移動辛い』と弱音を繰り返す紋切り型の旅に我ながら辟易しつつ書き進んでまいりました。そうは言ってもウルムチ〜モンゴル国境越えくらいまでの濃い出来事は、時系列を守って景色心象人物と事細かく描写せねば気が済まず…。当時の自分もそうですが、記事を書く今の私もここホブドは肩 [続きを読む]
  • 9/4-5 中国新疆-西モンゴル国境越え その3
  • unhuman.hatenablog.com前記事の続きモンゴル側国境のブルガンに着いてそのまま西部都市ホブドを目指します。サングラスの女性は、声をかけて来た乗り合いバンのドライバーに何か断りの言葉をかけているようでした。乗り合いバンは私達を残して去ってしまいます。えっ、あのバンがホブドに行くんじゃないの…?女性は、ブルガン側国境に自家用車を停めていました。彼女より年 [続きを読む]
  • 9/4-5 中国新疆-西モンゴル国境越え その2
  • unhuman.hatenablog.com9/5 前記事の続き満足に寝れぬまま、疲れた顔の私を乗せたバンはタカシケンの交易市へと到着。空は私の気分とは裏腹に澄みわたり、強い日差しに目を細めます。相変わらずうだつの上がらない私ですが、今日はまる一日かけて国境越えをします。仕事するのは私じゃありませんが、大仕事です。 タカシケン行のバンにて日本人の私はいつもに増して奇異の目を向けられました。この国境を利用 [続きを読む]
  • 9/4-5 中国新疆-西モンゴル国境越え その1
  • 9/4孫さんと別れた私は早速時間に追われて焦っていました。財布にはもう200元しかありません。今夜が中国最終日なのに…ギリギリ足りません。今月末に控えている帰国のフライトの為にまたウルムチには戻りますが、出国間際にお金を降ろすなどあまりしたくはありません。広く大きい中国の都市。道路を渡るだけで一苦労。そう言ってもいられないので無い時間の中で銀行に走りましたが、なぜかそのATMではお金が降ろせな [続きを読む]
  • 9/4 “善始善終”
  • 9/4遅れていた列車は朝5時にウルムチへ到着。5時は北京時間であり新疆時間では3時、つまり外はまだ真っ暗。寝起きの悪い私は毎度の如く車掌さんの声かけに不機嫌に。あんなに待ち望んでいたウルムチ着も、真夜中ではさすがに過酷ってもんです。のそのそと列車を降ります。同じく駅にあるチケット売り場で、私達にはやる事がありました。ウルムチ行列車チケットと同時に孫さんが取り、 [続きを読む]
  • 9/2~4 大遅延の列車旅。
  • 9/2 17時34分発の列車でウルムチへ向かう日起きたら11時過ぎでした。…昨夜寝る前に予想した通りでした。ちなみに孫さんは早朝に外で太極拳をしたそうです。その爽やかさ分けて欲しいです。チェックアウト時間ギリギリまで日本人の方とおしゃべりして、ホステルで休みました。その後オールドタウンでカバブとラグメンを食べ、カシュガル駅に向かいました。涼粉(リャンフン/ラ [続きを読む]
  • 9/1 中国旅のテーマソング
  • 9/1は犠牲祭のダンスにオールドタウン散策など、間違いなくこの旅のハイライトとなった一日でした。夜は宿のスタッフの食事を一緒に頂きました。昼間一緒に散策した、住み込みで働いている旅人の女の子(写真右)の手料理です。旅をしているとなかなか食べられない“家庭料理”はビール2〜3本込みで15元でした。楽しい楽しい夕食が終わったのは23時過ぎ。食べながら・聴き取れない彼らの中国語を聴きながら、 [続きを読む]
  • 9/1 カシュガルを歩く その3 羊の解体
  • 前記事の続き9/1先程のオールドタウンとは道路を挟んで、もう一つの“オールドタウン”があります。古い住宅地です。こちらは現地の方の家々しかないので、観光客向けに作り直されたところはないですが、さっきのオールドタウンの向かいにあるので、旅行者が毎日歩いています。路地には3歳くらいの子が一人で立っていたりもするので、この先観光客がもっと押し寄せたら…とか、もしもここに観光地化の手が少し [続きを読む]
  • 9/1 カシュガルを歩く その2 羊の売買
  • 9/1 前記事の続きオールドタウンを出て、道路を渡ったところにはだだっ広い空き地があるんです。以前はそこは車が停まっていたり何もなかったりしたので、その空き地の事など特に意識もしていませんでした。しかし、今回はそこに大勢の人々(ほとんどが男性)が集まって、羊の売り買いが行われていました。『動物バザール』の縮小版といいましょうか。動物バザールとは毎週日曜日にある動物の売買の事で [続きを読む]
  • 9/1 カシュガルを歩く その1
  • おはようございます。りょうこです♪先日9/29に無事帰国いたしました。ブログはもはや一か月遅れになっていますが、帰国する最後の記事まで見守っていただけますと幸いです。9/1犠牲祭の踊りを見終わった私は燃え尽きて力が抜けていました。そして思い出したように眠くなりました。前々日はブログに書いた通り寝台バス泊だったのでよく眠れませんでした。昨夜は私の泊まった女性ドミトリーに深夜1時ごろ到着する [続きを読む]
  • 9/1 カシュガル犠牲祭、人々が一つになる日
  • おはようございます、りょうこです♪前回の記事はいつもよりずっと多くの方に見て頂けたようで嬉しいです。たぶんTwitterの拡散と思いますが、今私は中国の新疆ウイグル自治区におり、ブログ以外のサイトに全然繋げません。拡散していただいた方へ、ありがとうございます、今後もしばらくカシュガルの記事が続くので、引き続き読んでいただければと思います^^これを書いている今の私は念願の帰国を明後日に控えて、毎日中華料 [続きを読む]
  • 8/31 三度目のカシュガル、夜市と私の涙。
  • 8/31 カシュガル(喀什)に到着した直後今回泊まるのは喀什麦田青年旅舎。ウルムチにもある同名の麦田青年旅舎とは関係ないそうです。カシュガルの麦田はオールドタウンから徒歩30分くらいのところにあります。今回は犠牲祭のためオールドタウン内の人気宿である喀什帕米爾青年旅舍(カシュガルパミールユースホステル)と喀什老城青年旅舍(オールドタウンユールホステル)は満室でした。オールドタウンからはタクシ [続きを読む]
  • 8/30~8/31 カシュガルへ、24時間バスの旅
  • 地図のオレンジの線上を移動します。カシュガル行バス出発時刻ギリギリまで、オールドタウンを観光していた私たち。走ってバスステーションに到着した時刻は、カシュガル行バスの出発する20時ちょうど。走っている間孫さんは、『こういう長距離バスは少し発車が遅れるか来ていない乗客を待ってくれるはずだから、大丈夫!』とフォローの言葉をかけてくれます。結果-20時ちょうどになってもバスは [続きを読む]
  • 8/30 孫さんと歩くウイグル自治区
  • 8月30日当日20時発のカシュガル行のバスチケットは買えた、宿も検討をつけて私のオフライン地図に保存した、全てが上手くいきました。日中は新疆ウイグル自治区博物館とウルムチのオールドタウンを散策。孫さんは街を歩いて気付いた点を、知りたがりの私にいろいろと解説してくれました。孫さんのウイグル自治区への感想は、“中国側から見た” 考え方そのものでした(当然と言えば当然の事で [続きを読む]
  • 8/29 珍しく雄弁になる私
  • 8月29日 孫さんと出会ってからカシュガル行を決めるまで夕方。自己紹介をしつつ雷鳥を出て街を歩きます。宿から程近いところにレストランの集まった通りがあるのでそこへと向かいます。目指すレストランはもちろん、ウイグル料理店。『年期が入っていてそこそこ大きいお店が良いですよ!』と、道行く人に人気のお店を訪ねながら歩く孫さん。入ったお店にはウイグル族の地元客ばかりでした。孫さんは彼らの顔 [続きを読む]
  • 8/29 ウルムチでのんびり、のはずが…。
  • 私はウルムチに数日腰を据えるつもりでした。『一日に多くの事をせずゆったり過ごそう。』長期滞在することで街の日常がより見えてくるものです。28日は洗濯やお昼寝…、等々一日宿で休み、29日には念願のオールドタウンへ行きました。オールドタウンの目印である大巴札(=ダーバージャー、グランドバザールの意)に着く路線バスは、雷鳥ホステルからは7番バスで、途中で乗り換えをします。それをホステル [続きを読む]
  • 8/28 再びウルムチへ、ここからが本当の新疆の旅。
  • unhuman.hatenablog.comビルゲが可愛い可愛い、カザフ族ファミリーの宿。アルタイに滞在しなかった分ここに4~5泊したかったのですが、結局、二泊だけでここを去る事にします。二泊といっても一泊目は到着が夜遅かったので、実質一日とちょっとです。理由は宿主のチェクスでした。彼は日中はほぼこの宿にはいませんが、会う度にビールだ白酒だ、と強引にお酒を勧めてくるのです。フレンドリーでヘルプフルなのはいい [続きを読む]
  • 8/25 カナス湖へ。一難去ってまた一難 その3
  • 前記事の続きです。もう考える力が湧きませんでした。こんな時ほど冷静でないといけませんが、気力もどこかに行ってしまっています。せめて彼が電話している間だけでもと、私は考える事を一切放棄してぼうっとしていました。『おい、宿見つけたぞ!』おいくらでしょうか。『イーバイアー!(120元)』2000円弱。だいぶ安い宿を見つけていただきました。これに泊まろう!宿主が車で迎えに来 [続きを読む]
  • 新疆クチャのユースホステル情報とキジル千仏洞(2015年)
  • こんにちは。りょうこです♪現在地はモンゴル西部のホブドという町に居ります。前記事はかなり暗いものとなっていますが、今の私はとても元気ですよ!さて、私がウイグルにてVPNが使えない間、ブログに載せているGmailアドレス宛てに、メールが届いておりました。新疆ウイグル自治区クチャのホステル情報を訊ねてくださったMさん。返信が遅れました事、改めてお詫び申し上げます。返信後改めて確認したと [続きを読む]
  • 8/24 ウルムチからアルタイへの移動
  • ※今回の記事は、私の危機管理の甘さが露呈しており、人によっては気分を害されるかもしれない内容となっています。それでも、私はあくまで『旅を物語のように』書きたいうえで、これは今後のエピソードに繋げていくために必要な出来事と思ったため、当時の私の気持ちのまま書かせて頂いております。25日の丑三つ時、アルタイのホテルにてそれは起こりました -夜半過ぎ、ハッと目が覚めて起き上がると、 [続きを読む]