はまぽん さん プロフィール

  •  
はまぽんさん: 老後の暮らしをどうするんですか?
ハンドル名はまぽん さん
ブログタイトル老後の暮らしをどうするんですか?
ブログURLhttp://rougonokurashi.com/
サイト紹介文老後の資金、生活、保険、住居、年金、不安など、日々感じたことを書いています。
自由文老後の暮らしに少しでも生活の足しになる、無料でできる小遣い稼ぎも紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/04/11 14:13

はまぽん さんのブログ記事

  • 上半身と下半身は別の人
  • 自分では足先が冷たいと思っていたんですが 実は足先だけではありませんでした。この季節、暑くなったり涼しくなったりで自分でもなかなかコントロールができず、知らないうちに冷えてしまってたかもしれません。しかも上半身は暑くてしょうがないのに、です。足先が冷たいと感じていた日の夜から、なにやら下腹部がもぞもぞしてきて嫌な予感がしました。これは膀胱炎なのではないかと思いました。用を足した後の残尿感、ツーんと [続きを読む]
  • 足のつま先が冷たい 胸の谷間がかぶれた
  • 昨日おとといとすごく暑くてムシムシしていました。この暑さはこれから少しやわらぐようですけど、そのうちに梅雨と夏が同時にやってくるんでしょうね。そしたら私の大嫌いな虫であるセミも多発します。ここのところ暑いのでバッタや大きな水色のキレイで気持ち悪い蛾などマンションの階段で遭遇しています。今から心の準備をしておかないと。枯れ葉の落ちているのを死にそうなセミと見間違えて驚いちゃってます。夫不在時は冷房な [続きを読む]
  • 住まい探しは慎重に
  • 定年前に引越しを希望している夫の言うとおりに新しい住まいがみつかる確率はかなり低いです。夫は定年前にと言うけれど、定年前と定年後と比べても意味があるのかな?と思います。年齢が63歳となれば 誰から見ても定年前後だということがわかります。契約したすぐ後に定年を迎えて家賃が払えなくなるんじゃないかという心配は不動産屋さんだって大家さんにだってあからさまにあるでしょう。定年1ヶ月前には審査が通り、1ヵ月後に [続きを読む]
  • 男はあまい
  • 兄貴にガスが止まるからお金を貸してくれとメールされた夫は、結局、お金を渡しに行きました。なんとも情けないけど自分の兄貴だし、遠い昔 お坊ちゃまとして育った兄貴だからしょうがない、と言っていました。兄貴とその弟は10歳以上年が離れてるんですけど、弟が高校を卒業するころに父親の仕事に不幸が襲いかかり貧乏のどん底になったそうです。弟はそこから実家を出て、自力で生活費と大学の学費を払い、アルバイトばかりして [続きを読む]
  • 米が買えない、ガスが止まるぅ〜、だって
  • 夫の携帯に兄貴からメールがありました。弟である夫も頭が痛そうではあるけれど、どうしたらよいものか困っているみたいでした。メールの内容は「金貨してくれ〜、ガスが止まるぅ〜」とのことらしい。悪いけど私にはふざけているようにしか聞こえません。なんだよ「ガスが止まるぅ〜」って。支払いの順番ってのがあるでしょうよ、ガスとか電気は止まったら困るんだから・・・その前にあいさつとか無いのか、前回借りたお金を返せな [続きを読む]
  • 息子 新しい現場決まる
  • 2016年の春くらいに現在の職場に派遣されてから丸2年、交代制の勤務をしてきましたが、やっと常日勤の職場に変わることができそうだと言っていました。交替制の勤務にも良いところはありますが、若いからと言っても夜勤明けは体に負担があるらしく、仕事以外の趣味を続ける息子はけっこう無理していましたので喜んでいます。とはいっても派遣なので、またいつ職場が変わるかわかりませんけどね。(追記、2015年11月に人材を派遣す [続きを読む]
  • 気が重い
  • 小学6年生の時 早く大人になりたいと思った。大人になった時には早く年を取って何にもたじろがず、臆さないような貫禄がほしいと思った。しかし年を取っても貫禄どころか、いつも不安で自信が無く、自分主体では動けない何も変わらない自分がいた。人間は経験を積まなくては何にもならない。ただ時間が過ぎて年を取っただけでは知識は増えても身につかない。その知識はやがて古くなり役に立たなくなるけれど、それでも子に伝えたい [続きを読む]
  • 胃粘膜保護・修復の薬を飲み始めた
  • ピロリ菌の除菌薬を飲み終えた後、体がだるくて仕方なかったんですが 気分転換で元気を出そうと思ってカフェインレスだけどコーヒーを飲みました。そしたら胃がシクシク痛くなりまして、あっそうだ、私は胃炎なのだから除菌薬が終わっても胃炎を治さないといけないんだと思い出し、少しあわててクリニックに行きました。除菌薬を飲んでいる間も、お腹一杯食べた夕食後などに胃痛してましたから、何か食べた後に胃が痛くなるものな [続きを読む]
  • 口数が少ない方が無難
  • 余計なことを喋ったり言ってはいけない事が口から飛び出て非難を浴びてる人がいますが、心で思っていることを何も考えずに喋ってるんだろうと思います。たとえ、よく考えて 無難なことを話し その場はセーフだったとしても、考えそのものが不適切なら単なるその場しのぎなので、そのうちにボロが出てきそうな気がしますが。不適切な発言が出てしまった人は、言ってみれば正直な人間なので何を考えているのかわかりやすいといえばわ [続きを読む]
  • ハンカチでつくったマスクがいいお仕事をしてくれる
  • この前、風邪を引いた時に 使わなくなったハンカチを利用してマスクをつくったんですが、  ハンカチでマスクをつくってみた(過去記事)あれから何枚もミシンで縫って、風邪が治ってからもずっと寝る時に使っています。使い捨てのマスクと違って それほど蒸れないので(冬場は蒸れたほうがいいかもしれないけど)暖かい時期になっても暑っ苦しく感じません。さすがに真夏になったら暑く感じるかもしれませんが冷房をつけたまま寝 [続きを読む]
  • 引越し期限を切られてしまった
  • 息子が結婚でもして独立したら、親は高齢者住宅を申し込んでそこに住むつもりです。息子と一緒に住めるのが短期間なのか長期間なのかわからない状況なので、この先あと何年 民間の賃貸に住むのか予定も立たず。息子の独立が早ければ引っ越したとしたらお金の無駄になります。引っ越し先がなかなか探し出せないこともあって、もうしばらくここでいいか、って思っていたところ、どうしても引越ししたい夫に引越しの期限を切られてし [続きを読む]
  • ピロリ菌 除菌始まる
  • ピロリ菌除菌決定きょう、胃の内視鏡検査をやってきました。検査後にお話を聞きましたら、胃が慢性胃炎になっていて萎縮している部分があり、これはピロリ菌の影響と考えていいでしょう、呼気検査の結果も陽性だったので すぐに除菌しましょう、ということになりました。ピロリ菌除菌のために処方された薬が以下のものです。朝と晩に飲む薬がセットになっています。これを1週間飲み続けます。飲み終わったらまたクリニックに行き呼 [続きを読む]
  • 築31年の賃貸物件を見てきた
  • 夜中に騒ぐどこかの部屋の住人がうるさいとか、垣根の枝を折りながら跨いで越える非常識なヤツがいるとか、痰唾を吐きながら階段を昇る汚いヤツがいるとか文句をつけて、引越しをしたがっている夫のために引っ越せそうな物件を探しています。最近は転勤族の方たちが引っ越した後に空室になったのではないかと思われる賃貸物件がちらほらと出始めています。我が家が住んでいるマンションも3月に引っ越した方がいて 空いた部屋があり [続きを読む]
  • 「欧州向けのCookieに関する通知」を設置(するべき?)
  • ウェブサイトやアプリのユーザーから Cookie 使用の同意を得るEU一般データ保護規則(GDPR) (wikipedia)が今年2018年5月25日より適用されることにより、GoogleアドセンスやGoogleアナリティクス利用者にGoogleからEUユーザーの同意ポリシーに関する情報メールが届いています。 欧州連合のエンドユーザーへの対応: ・Google サービスを使用した結果として、サイト、アプリ、メールなどのプロパティで発生するデータの収集、共有、使 [続きを読む]
  • 「赤霧島」がOKストアで買えちゃった
  • 先日、夫が糖尿で通っているクリニックの近くにある(元住んでいた場所に近い)OKストアに行ったら、芋焼酎の「赤霧島」が限定数販売されていました。まさかOKストアで買えるとは思っていなかったので嬉しかったです。お一人様2本まで買えるということなので2本買ってきました。1升瓶と900mlの瓶、どちらも2本までということでしたが、小さいほうの瓶を2本買いました。1本は998円+消費税でした。黒霧島の紙パック1.8L入りは1400円 [続きを読む]
  • 小学校時代の先生の思い出
  • 私が小学生だった当時の先生は個性的な人が多かったように思います。頭がぴかぴか光っていた先生は、子供たちにぬか袋を家から持ってこさせて廊下をぴかぴかに磨かせました。私のクラスの教室の前の廊下だけ光っていました。昔は木造で廊下も板張りでした。我が家では米ぬかが無いのでわざわざ買いに行き、晒し木綿も買ってきて母がぬか袋を作ってくれました。母たちもよくそんなものをつくってくれたものだと感心します。ぴかぴか [続きを読む]
  • きょうはもの凄い風だった
  • 歩いて出かけようと思いましたが風がすごかったのでバスに乗って駅まで行き、髪を切りに行ってきました。少ししか歩いていないのに目に砂や埃が入ってしまい風避けのメガネが欲しいと思うくらい目が痛かったです。バスに乗っていてもドアが開くたびに風が舞い込んでバスの中の掃除しきれていない大きな埃がふわふわ舞い上がっていました。目も口も鼻も閉じたくなりました。髪を切ったのは前回切った時から数えると5ヶ月ぶりで、も [続きを読む]
  • ピロリ菌を保険適用で検査・除菌するには順序がある
  • 先日、ピロリ菌の呼気検査を診察室の奥にある処置室でやってもらっている時に、先生が診察室のほうからやってきました。私はその時には5分間横になっているという手順の最中で、先生が来たから起き上がろうかと瞬間思ってしまったんですが、「そのままの状態でいいですよ」ということで横になったまま聞かれたことに返事しました。先生に聞かれたことは「去年、胆嚢の手術の前に胃の内視鏡を受けたんだよね?その病院はどこでした [続きを読む]
  • FC2のアクセス解析の数値が高いわけ(訂正箇所あり)
  • FC2のアクセス解析とグーグルアナリティクスのアクセス数を比べると かなりの差があり、日によって違いますが だいたいFC2のほうが1.3〜1.5割り増しのような感じで数値が高いです。この差について今まであまり関心がなく 調べてみることはなかったのですが、最近になって気がついたことがありました。FC2のアクセス解析には設定の中に 「除外IPアドレスと 除外ホスト名」というのがあって、除外したいIPアドレスを登録しておくと [続きを読む]
  • 特定健診とピロリ菌の検査
  • 3月末期限の健診票を持って近くのクリニックに特定検診に行ってきました。体重を計ったら去年より3キロ増えていました。去年は入院手術があって体重が減っていたわけで、まぁしっかり元に戻っていたわけですけどね、残念ですが。その時に 少し前に胃のあたりと今はもう無い胆嚢があった周辺と背中までが痛くなり、同じクリニックに行って診てもらったのですが、ピロリ菌の検査をしておきましょう、とのことで、同時にやってきまし [続きを読む]
  • 市の医療安全相談窓口に差額ベッド代について問い合わせてみた
  • 各地域には医療安全相談窓口 というのがあります。胃がんになってしまい手術することになったけど、4人部屋の空きが無いと言われ個室に入院するという同意書を書いてしまった友達のことを横浜市医療安全相談窓口 に電話して質問してみました。差額ベッド料は 本来支払わなくてもいい場合が多い横浜市医療安全メールマガジンのバックナンバーから差額ベッド料に関する相談について読んでみると、似たような相談がありました。相談内 [続きを読む]
  • 胃がんで入院する友達の不運
  • 3月の初めの頃に友達から連絡があって 胃がんの手術をするってことは聞いていたんですが、その後検査をして方針が決まり、入院・手術日が決まったことで再度連絡をもらいました。手術の内容や方針が決まったのがつい2〜3日前で、それから約1週間後の4月に入ってからすぐの入院です。入院部屋の予約を調べてもらうと、1万5千円(+消費税)の個室しか空いていないと言われたそうです。そこの病院は公立大の付属病院で、個室(A〜Eタ [続きを読む]
  • 市営住宅の「借り上げ型住宅」も管理開始から20年で終了
  • 市営住宅の入居者募集横浜市市営住宅の入居者募集(横浜市住宅供給公社)のお知らせが発表されました。入居者募集は年2回、4月と10月に実施されています。市営住宅の入居者募集(横浜市建築局住宅部)募集期間などは以下の画像のようになっています。平成30年4月募集の概要を見てみますと、高齢者用の住宅は4ページ目の最後のページに出てきます。去年の10月募集時の応募状況を見ると、けっこうな倍率になっています。高齢者世帯 [続きを読む]