根来商店 さん プロフィール

  •  
根来商店さん: お酒の話に 笑顔をそえて。
ハンドル名根来商店 さん
ブログタイトルお酒の話に 笑顔をそえて。
ブログURLhttps://ameblo.jp/puchinegoro/
サイト紹介文大正15年創業、東京都八王子市北野町の、お酒専門店(ディスカウントグループ加盟歴14年)です。
自由文何をしているんでしょー。。。
というような日常も多々(*^_^*)書いてしまっていますが、まじめ?にお酒もご紹介しています。
夫婦二人だけの小さなお店ですが
価格はもちろん、お酒の品揃えも重視しています!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/03/31 20:19

根来商店 さんのブログ記事

  • ブラックニッカアロマティック 限定販売
  • 「逆らいきれない、香りの誘惑」(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆赤い色のラベルでも目をひくのにそんなふうに書かれているとたとえウイスキーが飲めない方でもその香りとは、どんなものなのかと興味がわいちゃうよね♪ 今日、ニッカウヰスキー.から数量限定発売された<ブラックニッカアロマティック>(700ml 1,980円(税別)2017.11.21現在) この前に数量限定で発売された<ブラックニッカ ブレンダースピリッツ>もウイ [続きを読む]
  • ディスクトップの背景変更の日
  • 2、30年後、そこの前の列で抱っこされている鼻たれの幼女も今、ここにいる自分と同じようにこの日の事を思い出したりもするんだろうなヾ( ´ー`) 18日(土)閉店(19時)後に、二の酉が開催されている八王子市守神社へ行ってまいりました。 お酉さまちっちゃい頃から毎年訪れ数十年@ 'ェ' @街並みは、どんどんと変わっていくけれどこの神社のお酉さまの雰囲気はタイムスリップしたかのようにほとんど変わらないせいか列 [続きを読む]
  • 数量限定麦焼酎<樽ノ雫>
  • 琥珀色に輝くシェリー樽長期貯蔵古酒 青いリボンまでついて、なんだか立派なボトル数量限定ときたらば、こういうたぐいは気軽に買おうっていう値ではないんだろうな、、、っと、思いきや( ̄□ ̄;)!!アラマ!価格をみて即、仕入れ決定! 博多子女郎を造られている福岡県の光酒造㈱さんの限定麦焼酎です。 優しく甘く香る樽の奥行感が楽しめる<シェリー樽> 長期樫樽貯蔵の琥珀色した焼酎は、そう珍しいとはいえませんがそのほとん [続きを読む]
  • 日本映画専門チャンネル
  • 夜な夜な チクチクと刺繍をしながら録画している映画を見るのが楽しみだったりするこの頃(^_^) 昨夜は、日本最大奇書のひとつと言われる夢野久作原作の[ドグラ・マグラ] 「読むだけで精神異常になる」という帯書きのついている事でも知られる小説です。 以前、その本を読んでみたものの正直、私には難しすぎたのか(・・;)その世界が異質すぎて、なんだかわけがわからない話でした。 それでも、映画化されているならば少し [続きを読む]
  • 桑乃都の酒粕入荷!
  • (´∀`)(´∀`)う〜ん?いい香り♪ 先ほど、地元八王子の地酒<桑乃都>の板粕が到着!今年は、ちょっと早めのお出ましです。 すでに11月に入ったとたん、酒粕ファンのお客様からいつ入るのかとお声がかかりました。 もしかしたら、このブログをご覧になられているかもしれないのでとりあえず初入荷のご報告です! 今年も、おいしくあったまって下さいね [続きを読む]
  • これなら読める!翻訳小説
  • (*^.^*)やっぱり、読書は楽しい♪ 老眼鏡使用になってからはめっきり読書の時間が減ってしまいましたが最近、また、図書館通い復活 そこで先日、いつもブログを拝読させていただいている方が<その女アレックス> 著:ピエール・ルメートル訳:橘 明美 という本を紹介されていました。 なんだか面白そう(・∀・) と、興味がわいたものの、(´ε`;)ウーン…実は、外国語を日本語に翻訳した小説というものがとても苦手、、、以前 [続きを読む]
  • う〜ん?いい香り♪信州ヌーヴォー完熟ナイアガラ
  • [猫のおしっこ」の香り(*_*)これは、たまに白ワインの香りを表現するのにつかわれる言葉だとワインの本に記されているのだけれどね、それがフランスのブラックジョークだと言われても私には、どーしても理解できないでいる。。。 昔、猫を飼ったことはあったもののワインの香りに例えるようなイイにおいがしていただろうか、、、??? もしかしたら、大人になった今猫のおしっこを嗅いでみたらば、納得がいくものなのか?? そ [続きを読む]
  • コンコードの妖精♪
  • ・:*+.(( °ω° ))/.:+キラ キラ キラ (●´ェ`●)ポッ ユラ ユラ ユラ ずっと見ていたいくらいキレイなの 「Hello!」「はじめまして♪」   「さぁ、どうぞ、どうぞ。」 ううん(*´ω`*)、ちょっと、待ってて、、、もう少し 見ていましょう (?˘?˘?) グラスに注がれたワインの中はぶどうの妖精が遊んでいるような景色 グラスを持つ指元でキラ キラ キラ 元気に遊ぶ 一人(ㆁωㆁ*)妄想世界に入っていると [続きを読む]
  • イイものみっけ♪井村屋つぶあん
  • こんな商品が、あったんですねぇ(*^.^*) 十五夜の、次の日には欠かせないモノ? これは便利でウレシイ♪↓ 去年、小分けになっている<つぶあん>をみて同じようにな事を思ったけれど今年はパワーアップした感じよね(^〜^) 十五夜の次の日だけ?は高カロリーもなんのその♪お団子をちょっいと焼いた後にバターとあんこをのせていただくのが楽しみだったりします(´∀`)あんまりの美味しさに、調子にのって7個もいただいちゃい [続きを読む]
  • 良いとこどり♪喜多屋ひやおろし夢一献
  • ・華想い・秋の精・舞風・夢山水・結の香・夢の香・しずく媛・神の穂・いにしえの舞 上記は全て酒造好適米お酒の原料となるお米の名前です綺麗なネーミングがついているものですねo(^-^)o その名だけで、そのお米はきっと大切に育てられた良い育ちのお米なのだろうな。って思ってしまいます。これらの名をつけられた方もきっと素敵な感性を持たれた方なのでしょうね(*´ェ`*) 今日、ご紹介させていただく<喜多屋ひやおろし夢一献 [続きを読む]
  • 今日はスターウォーズ
  • 何やら店の外で話し声がする 「今日はね、さとパパ(主人のこと)野球なんだよぉ」 「だからね、シャッター開けるの手伝いにきてるの♪」 早朝野球に行った主人に変わり今朝の開店準備は私の役目(`・ω・´)ゞ 毎日のようにお店の閉店時間にやってきてシャッターや備品をしまうお手伝いをするのが日課の隣の床屋さんのお孫さん(3歳)Kくん昨夜、今日は私がお店を開ける事を知り今朝はお手伝いをしようとお店の外で待っていてく [続きを読む]
  • 八王子のステキ♪<桑乃都ひやおろし>
  • 「そろそろ出かけるようだよ。」 「おっぺさないでよぉ。」 「いいじゃんかねぇ〜。」 これらの言葉は、<八王子ラーメン>と同じように日本中、誰でも知っている言葉かと思っていたんだけどねどうもそうではないみたいね(^▽^;) 八王子生まれ、八王子育ち通った学校や勤めた会社・嫁ぎ先まで八王子の私がそのことを知ったのは、数年前とかなり大人になってからのことでした(*´ω`*) 一応、東京都とは言っても山梨県も神奈川県 [続きを読む]
  • 菊の司<茜>見かけたら即買いの一本!
  • [菊一輪、世界の花の司かな] ↑昨年の新宿御苑の菊花壇展素敵だったなぁ・:*+.(( °ω° ))/.:+きっと、こんな菊をみてよんだ句なのだろうなヾ( ´ー`) 格調高い香りの良い大輪の花を咲かせ花の世界の司(王様)である菊 この句にちなみ花の世界同様、酒の世界でも司になれるようにという願いを込めてつけられた社名だという[菊の司酒造㈱]さん 出荷量の7割以上は、岩手県内で消費されているということでこの辺では、あまり目 [続きを読む]
  • 今年もまた(^^♪燦然
  • (  ゚ ▽ ゚ ;)あれ?なんかこのラベル、いつものと同じなような気が、、、 ズラリと日本酒が並ぶ試飲会場大概の蔵元はでは、<限定酒>となると定番酒とは別のネーミングだったり、ラベルだったりするものだからそれが<ひやおろし>だと見逃すところでしたよぉ(^▽^;) 「そういう、飾らないところもイイんだよ!」と、主人が言う今では定番商品となっている岡山県[菊池酒造㈱]さんの<燦然>特別純米の<ひやおろし>今年は、 [続きを読む]
  • 御園竹ひやおろしスーパープレミアム
  • 「うん、これもいいねぇ〜 かなりインパクトあるよぉ、これ!!」 って(^_^;)まぁ、その顔をみれば、美味しいお酒なのだとはわかるのだけれど、、、もうちょっと、気の利いた表現ができないのかしらん。 昨日ご紹介させていただいた<ひやおろしプレミアム>は、二夏を越し熟成させたものでしたが今日の<ひやおろしスーパープレミアム>はそれ以上熟成させたお酒のこと。 ↓こちらは、なんと五夏越えです(ノ゚ο゚)ノ <御園竹(み [続きを読む]
  • 誠鏡<番外品>ひやおろしプレミアム
  • ( ̄ー☆やっぱりね、ここ数年、毎度の顔だ。 どうも、この蔵のお酒が好きらしく「あった、あった♪」などと試飲する前からワクワクしている主人 広島県の中尾醸造㈱さん日本酒のお好きな人にはこんなふうに自分の好みの蔵というものがいくつか存在するようですね(*^o^*) 地酒問屋さんの、秋のお酒の試飲会にはその蔵の<ひやおろし>が数種出品されていました。その中でも、特に主人がお気に召したのが前年とは、ちと違う<ひやお [続きを読む]
  • 甲子 純米吟醸 秋あがり
  • うん、うん ('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*) やっぱり、美味しいなぁ。って思うと自然に口角が上がるよね♪(^∇^)手っ取り早い美容法でもあったりして? 昨日のブログでご紹介させていただいた<飯沼本家>さんの杜氏さんのモットー「飲んだ後の自然と笑みがこぼれるようなそんな旨い酒をつくりたい」そう、まさしくそんなお酒が <甲子(きのえ)純米吟醸 秋あがり>日本酒度:+2.5 酸度:1.6 産地:千葉県精米歩合:55% 原料米 [続きを読む]
  • はじめまして♪の千葉県の旨酒
  • とりあえず自分の固定観念や好き嫌い長年の間に固まってしまいがちなイメージを全て捨てて全て口にしてみる お酒の品評会に伺う時の主人の心がけのようです。 そして、先日地酒問屋さんの品評会で出会ったのが江戸時代から300年に渡り千葉県印旛郡酒々井町に蔵をかまえる<飯沼本家>という酒蔵さん 酒々井町(しすいまち)という町名からしてお酒好きには、ルン♪とアンテナを立てたくなる美味しそうな町の名前ですネ( ´艸`) [続きを読む]
  • 西八王子の美食家の居酒屋<仲むら>定休日のお知らせ
  • もじ(´pq`*)三(*´pq`)もじ やっぱり、ここでお知らせしておくことに致します! おせっかいな事だとは思いますが今年の5月末にオープンしたあの、<仲むら>さん♪最近、定休日を設けたようです。 「今夜は、どんな美味しいものをいただけるだろう♪」ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!などと、お仕事帰りに<仲むら>さんへ行こう!と計画されているそこのあなた様、がっかりしちゃう前にお知らせしておきます!(*^.^*) 毎週月曜日 そ [続きを読む]
  • 八王子市北野町よりアルプスワインのご紹介
  • とっても久しぶり≧(´▽`)≦ 今年はボジョレーヌ―ヴォの前に久しぶりに国産新酒が入ってきます! 近年フランスの新酒解禁日は、なにかとメディアで話題になりそりゃー私も楽しみにはしておりますが日本だって、たんと美味しい新酒ワインを発売しているのです先日、問屋さんからご紹介いただきもう、ネーミングを聞いただけでオイシそ〜:*:・( ̄∀ ̄)・:*:って、ピピっときてしまいました。 <信州ヌーヴォー 完熟> (↑こち [続きを読む]
  • 大人だけが味わえる<ボンタンアメのお酒>
  • それはそれは丁寧に主人が粉薬をオブラートに包んで飲む姿を見た時ちょっと意外な感じがして印象的だったな。Σ(=°ω°=;ノ)ノ私は昔から、粉薬はそのままグワっといっきに袋からそのまま口に入れちゃうタイプオブラートが、口の中にくっつく感じが苦手だったりします、、、 だからね、↓このボンタンアメを初めて食べた時                      (写真お借りしました)キライな味ではないからこそなぜに [続きを読む]
  • 北野ストリートフェス
  • フリーマーケットの出展者を募集しています! 9月30日(土)我が町<北野>で初のイベントがありますヾ(@^▽^@)ノ11:00〜14:00(雨天中止)京王北野駅北口前の道路が歩行者天国に♪フリーマーケット・オープンバル・ライブステージなど盛り沢山のイベントです! 北野の神社での盆踊り大会もなくなりここ数年というもの、町が賑わう行事もなくちょと寂しい北野町でありましたが<北野ストリートフェス>として楽しいイベント [続きを読む]
  • アボカドの木
  •            (お写真お借りしました) 今年のお正月に伺った知人の家にあった可愛い観葉植物?初めてみるそれは、シュンと葉っぱを広げ腕を上げてのびをしているような元気いっぱいのオーラ―を発していましたなんの木かと尋ねると<アボカド>の木だとのこと。 「ただ、食べた後に土に埋めておくだけだよ。」 ?ヾ( ̄0 ̄;ノスーパーで買ってくる、あのアボカド(写真お借りしました)アボカドは好きなので、よく食べ [続きを読む]
  • 東伏見稲荷神社
  • 西東京市にある<東伏見稲荷神社>へ初めて行ってまいりました! ここ数年、続けて京都の伏見稲荷神社へ伺っていましたが今年は諸事情で行くタイミングがなく郵送でもご祈祷を受け付けて下さるようなのでそうさせていただこうかな。と、思っていましたがあの神殿の中で神主さまにお祓いをしていただくおごそかな空気を求めずにいられずどうやら東京にも東のお稲荷様と呼ばれる神社があるとのことで主人と二人で、いざ! 先日の定 [続きを読む]
  • 黒い雨
  • なんとなく録画した映画をなんとなく一人で観た <黒い雨> やの作家の漢詩の訳でも知られる[井伏鱒二]原作(1965年発行)を映画化したもの(1989年公開) 公開された時の記憶もなんとなくあるけれど今まで一度も観たことがなかった 広島の原爆と、その後の被爆した人々の話 一瞬の閃光のもとに始まる悲劇はここで簡単に言葉にまとめる事もできないほどの衝撃的で悲惨な映像と被爆者であることの恐怖を画面を通して震えるほどに感 [続きを読む]