AQ さん プロフィール

  •  
AQさん: 宇宙の泡構造を解明する。
ハンドル名AQ さん
ブログタイトル宇宙の泡構造を解明する。
ブログURLhttp://pripriorg.blogspot.jp/
サイト紹介文宇宙の泡構造を解明する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/04/01 12:22

AQ さんのブログ記事

  • エコノミークラス症候群の原因と対策。
  • 北海道胆振東部地震で被災され、心ならずも命を落とされた方々の御冥福をお祈り致します。誠に恐れ多いと存じますが御遺族の皆様に衷心よりお悔やみ申し上げます。以下は風俗情報誌「イクナビ+35号」に掲載の記事であり限られた文字数の文面になります。  水分子の形状は金平糖の形をしており、空間の引力作用と水分子間の電気的反発のバランスで「水」として成り立つ。熱量が減少すると「場である空間」は膨張するが、「場」の [続きを読む]
  • 「食」とはビタミンを食べる事と見つけたり。
  •  以下の内容はローカル風俗情報誌に寄稿した物であり、限られた字数での文面となります。  人体はインシュリンで「糖」を分解し筋肉に「力」を蓄える。この筋肉を電気信号で収縮・弛緩させ、これを作動原理とする。即ち人体には電子回路が埋め込まれている。この電子回路の信号を伝えるのが神経であり、所々に中継点シナプスが存在する。この中継点で電気信号をデジアナ変換し、分波、分岐、分配する。この神経を伝わる電気はデ [続きを読む]
  • 癌と元素融合の同質性
  • 以下の内容はローカル風俗情報誌に寄稿した物であり、限られた字数での文面となります。  恒星内における元素融合とは、原子の核が熱の放出で質量減を生じる事で引き起こされる。質量の低い一個の水素原子Aが正常な水素原子Bと接すれば、Aの電子はBの電子に吸収され、Aの原子核は裸になる。電子同士は極性が−なので反発するが、裸になったAの原子核は+なので−のBに吸収される。このA+Bが重水素、ここから倍々でHe・Be・O・Si [続きを読む]
  • 潮の流れの仕組みと蛇行の原理。
  •  黒潮を例に取り、潮流の原理と仕組みを探りたい。黒潮の流れはフィリピン沖から台湾、沖縄、東南海、伊豆諸島、へと向かう。フィリピンプレートがユーラシアプレートに潜り込むところに海溝が形成されるが、この地点は地殻が急激に横方向に引っ張りを受けるので重力が弱くなる。球体が静的であれば「力」は全て球体の中心点に掛るが、地殻が落ち込む所は横方向に引っ張りをうけるので向心力は弱くなる。即ち、その地点の海水の張 [続きを読む]
  • 糖尿病と温泉
  • 以下の内容はローカル風俗情報誌に寄稿した物であり、限られた字数での文面となります。  糖尿病とは血管を内側から「力」で破壊する物理現象である。経口摂取した澱粉質は腸内細菌で糖に変えられ血液中に溶融する。通常はインシュリンで糖を細分化して筋肉に供給するが、糖の量が多すぎたり細分化が出来なくなると血液中で発酵して泡を形成する。これが物理上のカルマン渦であり「力」の塊となる。この泡粒が血管に穴を開け血液 [続きを読む]
  • 大潮小潮と盛り場の相関関係
  • 以下の内容はローカル風俗情報誌に寄稿した物であり、限られた字数での文面となります。  大潮とは地球の引力が増加した面まで海水が持ち上がる現象である。原理は空間の縮み「力」と物質の「重さ」は等価と云うアインシュタイン方程式から読み解く事になる。この仕組みは、月から拡がる重さは相対する地球表面からベクトルを描いて進入し、地球中心部に集約される。ここからシンメトリーに真裏の地表面から、地球の重さと一体と [続きを読む]
  • a Question 性伝
  • 英雄は色を好む 雌雄が存在する生命体は全て雌が創る世界である。何故ならば種の保存は雌が担うからである。社会生活を営む種族は、本能とは別に母親が学習という手法で子育てをする。例えば、蜂も最初は女王蜂が子育てをするが、働き蜂は女王蜂の行動を学習して脳に刻み込む。それは雌が荒ぶる雄に気付かれずに服従させる、太古から続く雌の戦略である。所謂、女が子を産み育て、その環境を男が用意する。景気が良くなると、稼ぐ [続きを読む]
  • 水分子と虚血性疾患の関係性。
  •  以下の内容はローカル風俗情報誌に寄稿した物であり、限られた字数での文面となります。水分子と虚血性疾患の関係性  現在知られてる水分子の構造では、水に関する諸現象を解き明かすことは不可能である。実際の水分子は金平糖の形であり、金平糖状の突起は14個、突起部はそれぞれ水素原子核1個、中央に酸素原子核1個で形成され、その全体を電子が雲のように覆っている。その水分子単体が空間に漂う時は、水平方向に突起が六 [続きを読む]
  • 水の三態 水が気体に戻る過程
  •   ここで恒星内の元素融合の原理を考えてみたい。水素原子1から始まり、重水素2、ヘリウム4、ベリリウム8、酸素16、ケイ素32、鉄64、と理論上では倍々と原子量が増加するはずである。しかし、酸素までは理論と合致するが、ケイ素、鉄、では原子量は低く出る。ここで恒星内の原子融合の仕組みを推察すると、水素原子で形成された恒星が対流を生じる、上昇する水素原子は核から「熱を発散」するので質量が減る。例えば、質量が [続きを読む]
  • 水の三態  水から氷になる過程を探る。
  •  「物質」が宇宙空間に存在する時に「場である空間」は、認識ソフトのデバイスドライバを「物質」に付与する。そのドライバを数式で表した物がアインシュタイン方程式である。これは物質の「重さ」を利用し、空間が縮んで「力」を発生させ、その「力」で物質をコントロールする。即ち、各々の「物質の重さ分」だけが「力」に変化するので、単位当たりでは平等に付与する事になる。次に「熱の重さ」の定義であるが、空間に存在する [続きを読む]
  • 水の三態を解析する。
  •  黒潮の蛇行を解くには水分子と水の正体を知る必要がある。水分子は金平糖の形をしており、水素原子と酸素原子が化合した気体である。水分子の金平糖状の突起は14個、突起部はそれぞれ水素原子核1個、中央に酸素原子核1個で形成され、その全体を電子が雲のように覆っている。その水分子単体が空間に漂う時は、水平方向に突起部が六個の六角形で、左右斜めに60度それぞれ傾いても水平方向に六角形の形を保持する。この水分子が [続きを読む]
  • エンタシスと地震の相関関係。
  •  建築物の柱は両端2つの質点を有するが、柱の重量を考慮しなければ柱の中央部に両端の2倍の「力」が掛る。その理由は、1トンの荷重を支えるには、床からも位相が正反対の1トンの荷重が掛る事になる。これを吊り橋に置き換えて考えると、吊り橋構造物は橋側からも地表側からも同じ重さを引っ張り合う事になる。つまり位相が正反対なので、重さは打ち消し合いゼロになる、しかし「力」は2倍になる。所謂、「重さ」は外へ外へ、「 [続きを読む]
  • 電離層を利用して地震を予知する。
  •  前々稿に記した地球の引力を決定する要因で、通常では読み解けない不規則な変化を及ぼすものは、地球の重さと一体となる、切迫した「地震の巣」の運動エネルギーだけである。然るに、海底の地下奥深くの「地震の巣」の運動エネルギーは、「力」と「物質の重さ」を掛けたものになるが、その「重さ」は地殻プレート、海水、大気、電離層と鉛直線上を外へ外へと向かう。その時、その「重さ」は海水に留まれば渦に、それでも「重さ」 [続きを読む]
  • 電離層と電波の関係に付いて。
  •  電離層を利用した地震予知を可能にする為には、電波の伝搬形態を正確に知る必要がある。巷間、電波は電離層と地表を反射しながら進むと考えられているが、地表から電離層への反射波は皆無である。なぜならば、電波を飛ばす時には、アンテナの片方は地中に埋め込むので、地表に届いた電波は送信所のアース側に戻る。長波、中波、短波帯までの電波の場合は、電離層に届いた電波は、電離層内を弧を描くように拡がり、次々と電波を空 [続きを読む]
  • 地震予知の本命の電離層に付いて。
  •  電離層を利用して地震予知をする原理は以前に示したが、実用面では種々の問題が出てくる。つまるところ「電子の海」、これが電離層の実体であり、大気層の外側に「水の海」とシンメトリーに形成されている。当然、海であるから、大波、小波、大潮、小潮、高潮、そして津波まである、そのスケールは「地表の海」に比べると桁違いに大きい。なぜ電離層に海水と同じような現象が表れるのか。それは空間を形成する重力量子群が、宇宙 [続きを読む]
  • 地震予知の為の諸ファクター。
  •  地震の原因となる「偏在する重さ」が地殻プレートから鉛直線上に、大地、海水、大気、水分子、電離層、を外へ外へと向かう。その時「場」を住みかとする生命体にどのような影響を与えるのか。以前の「人間は何故眠るのか」の稿に記しているが、人間も動物も電気信号で作動している。生命体発電の仕組みは、体温の熱による「力」と、空間の「力」を合算した「力」いわゆる引力で、「場」が膨張収縮する事により、細胞の核が励起し [続きを読む]
  • 地震予知の作法。
  •  地震の仕組みは分かっているが、地震の原理は未だ不明である。電離層の前に、地震の原理を解き明かす事から始める。地震とは地殻の「偏在する重さ」の解消であり、地球自身が有する引力適正化プログラムの行使である。即ち、地震の原因は地殻中の「偏在する重さ」と言う事になるが、それはどのように作られるのか。前提として、「重さ」とは物質が持つ固有の特性で、由来は「熱」の平衡する特性である。その「重さ」が「力」獲得 [続きを読む]
  • 電離層を利用した地震予知の原理
  •  電離層とは、太陽フレア現象で水素原子から剥ぎ取られた電子の残骸であり、地球の引力圏に捕捉されたものである。宇宙最強の引力特性を持つ陽子に拘束されている電子であれば、陽子が創る引力圏に従う。電子単独の、核を持たない粒子の様態は「場である重力量子群」、すなわち空間のルールで決まる。※「重力量子」=空間を形成する未知の量子=私的な仮称※「電子の質量」と「空間である重力量子数」は比例するので、縮んだ空間に [続きを読む]
  • 東南海沖の地殻は如何に・・
  •  地表空間を解析するには以下の2点を学習しなければならない。まず、宇宙空間とは「吊り橋構造」で形成されている事であり、宇宙の全物質の重さは宇宙外が支える、その代表例が外へ外へと向かう「光」である。我々が認識する重さとは、地球の引力に引かれる物質の引力であり、相対的な引力の割合である。この重さが宇宙外を目指して飛び去る時に、空間をバネのように縮める、これがアインシュタイン方程式の意味である。つまり宇 [続きを読む]
  • 東南海をアインシュタイン方程式で解析する
  •  アインシュタイン方程式とはアインシュタインの一般相対性理論を数式で表したものである。方程式右辺の物質の重さと、方程式左辺の空間の縮みは等価である、つまり物質の重さは空間を伸縮させるエネルギーと言う事である。反対に空間の縮みは、物質の重さを変化させる「力」になると言う事になる。ここから、「伸縮する空間」で物質が感じる「力」を引力と定義する事ができる。これを地球環境に照らし合わせると、海水、大気、雲 [続きを読む]
  • 人間の耳朶は放熱フィンである。
  •  我々の耳朶は、中耳及び内耳を格納する垂体、いわゆる筐体機構から「熱」の排出効果を高める羽根、いわゆる放熱フィンである。内耳にある蝸牛は、平衡感覚のセンサーと、アナログ音をデジタル信号に変換する電子回路付き超精密機械である。我々人体は、この超精密機械を筐体で保護する事と、蝸牛内の有毛細胞を「熱」から守る事を要求される。専門家ではないので情報源はインターネットからになるが、内耳蝸牛の機構を簡略に示す [続きを読む]
  • 人間の体毛退化の理由。
  •  人類発祥の地アフリカで、人は猛獣等動物相手に食糧を獲得するのであれば、腕力よりも強靭なスタミナと脳を発達させ知恵を使う方が有利である。それには体毛を薄くして身体の放熱を高めると効率が良い。そこに子供を産み育てる雌は気が付くはずである。体毛の薄い雄の方が上手に餌を採る。そして数十万年掛けて体毛の薄い雄の遺伝子を選んでいくと現代人に辿り着く。この女性の冷厳な選択が人類発展の大きな原動力となったのです [続きを読む]
  • 再掲版 人間はなぜ眠るのか。
  •  生命を解明する最終到達点は、人間の身体及び精神である。この帰結として、人間が罹る病気の予防治療が可能になるはずである。例えば、糖尿病は「力」の仕組みを、癌は「元素融合」の原理を、脳梗塞等の虚血性疾患は「水」の正体を、それぞれ原理に適用する事で、病気の予防治療が可能になる。但し、「癌」は物質の根源的宿命であり、予防治療は一生を通してと言う事になる。所謂、一生を通しての予防、即ち健康法と言う事になる [続きを読む]
  • 人間はなぜ眠るのか。
  •  生命を解明する最終到達点は、人間の身体及び精神である。この帰結として、人間が罹る病気の予防治療が可能になるはずである。例えば、糖尿病は「力」の仕組みを、癌は「元素融合」の原理を、脳梗塞等の虚血性疾患は「水」の正体を、それぞれ原理に適用する事で、病気の予防治療が可能になる。但し、「癌」は物質の根源的宿命であり、予防治療は一生を通してと言う事になる。所謂、一生を通しての予防、即ち健康法と言う事になる [続きを読む]