夢蓮花 さん プロフィール

  •  
夢蓮花さん: 心の出逢いにありがとう
ハンドル名夢蓮花 さん
ブログタイトル心の出逢いにありがとう
ブログURLhttp://ashitakagayaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文どんな苦しい壁にぶつかっても、前向きに朗らかに 生きていくことを努めています☆
自由文あなたがいるから頑張れる
そう想える人がいて、そう想われる人でいたら
どんなときもくじけない。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/04/02 09:27

夢蓮花 さんのブログ記事

  • ☆娘と映画を観に行った☆
  • 昨日、映画「パディントン2」が公開になって、娘と電車に乗って観に行ってきた。パディントンのパンフレット、表紙に写真も絵も無くて、パンフレットって感じじゃないけど、これはこれでオシャレな気がした(^O^)パディントンの1を観てなかったけど、2を観ても、笑いあり涙ありで、とても楽しかった。4回くらい、じーんときて泣きそうな場面があって感動だった。電車3回、乗り換えて行った映画館だけど、パディントン、初日だけど、 [続きを読む]
  • ☆今年も乗り越えていきます☆
  • 今年は、どんな年になるでしょうか。北海道、旭川の作家、三浦綾子さんのカレンダーもう、40年近く前、高校時代に、三浦綾子さんの作品を愛読して、人生観が変わりました。当時、三浦綾子さんにお手紙を書いて出したら、三浦綾子さんは、ずっと体調不良だったので、小説も手紙も、口述筆記で、秘書の方が手書きで書いておられました。私も当時は思春期で色んな悩みを抱えていたので、三浦綾子さんによく手紙を書きました。年賀状も [続きを読む]
  • ☆2018年☆
  • あけましておめでとうございます☆いつも読んでいただき、ありがとうございます。家庭のことや、自分の病気のことばかり投稿してしまってますが、今年もよろしくお願いします。大晦日から、娘がコンタクトレンズで目を傷つけたのか、目が痛いと言いだして、主人は、痛風になって、足が痛いと言ってて、なぜ、病院が休みのときに限って、そんなことになるかなぁと言いながら過ごしています。息子はお正月も夜勤の仕事が毎日あって、 [続きを読む]
  • ☆大晦日☆
  • 元旦が、誕生日なのだけど、先日、ひと足早くに、娘からプレゼントをもらいました。香りのする、フレグランスフラワー、大好きなチョコレート(^^)嬉しかったです(^O^)フレグランスフラワーは、部屋に飾りました☆今年も1年、無事に終わろうとしています。今年は後半に、人工股関節の手術をして、快適に歩けるようになり、長年の痛みからも解放されて本当に嬉しい年末年始になります。何をするにも痛みを感じていたので、それが消え [続きを読む]
  • ☆守れるのは家族☆
  • 月曜日は、母の訪問看護師さん、火曜日は、母の訪問リハビリの先生が来てくれて水曜日は、母の内科受診で、病院へ連れて行ってきた。1日に3回の、血糖値測定やインスリンの投与も母にしていて、母の血糖値は安定してるけど、精神面が、悪くて、それでも昔に比べたら、全然たいしたことではないのだけれど、やはり、母の妄想や独り言が多くなると、介護してるほうも疲れる。最近のニュースで、精神疾患の娘さんを17年間も監禁して死 [続きを読む]
  • ☆連絡しなかったので…☆
  • 去年、右の人工股関節の手術をするときは、友だちや知人に連絡してたけど、気遣ってもらってお見舞いに来てもらったりしたので、申し訳なくて…今年、10月に左の人工股関節の手術をするときは、主人の姉たちと、入院直前に連絡のあった人にしか言ってなかった。それでも家の近くの病院に入院したので、病院の中で、知人に出会ったりして入院してることを知られたりした…。親友たちにも言ってなかったので、年賀状に、ひとりひとり [続きを読む]
  • ☆イブは陸王、年末は紅白歌合戦☆
  • 昨日のイブに、隣町のヤマザキパンのお店のおばちゃんが、予約していたケーキを配達に早朝、来てくれた。クリスマスといったら、今はケーキを食べるだけ。子どもたちが小さな頃は、プレゼントやパーティなど、大きなイベントだったけど…ドラマ「陸王」の最終回を、7時からの総集編から、3時間半、座って観てた。入院中から、ずっと病室でも楽しみに観ていたドラマだった。池井戸 潤さん原作のドラマは、やはり素晴らしい。感動で [続きを読む]
  • ☆久しぶりに映画☆
  • 朝、8時半に、開館と同時に家族で映画館に着いて、主人と息子は、「スターウォーズ」を4Dで観て、私と娘は、「オリエント急行殺人事件」を観ました。どちらも、同じような時間帯だったので、良かったです。家族で映画に行くときは、みんなで同じ作品を観るときもあれば、別々の作品を観ることもありますが、ほとんど、別々の作品のほうが多いです。主人がひとりだけ別の映画の時もあれば、娘がひとりだけ別の映画の時もあります。 [続きを読む]
  • ☆洗濯機が壊れた☆
  • 家電って、突然に壊れるから困る(>_<)金曜日の朝は、いつもよりも洗濯物が多くて大量に洗濯して干したのだけど次の日、土曜日の朝に洗濯機を回したら途中でエラーになって、洗濯できなくなった。何度かやり直して洗濯するけど、洗うことはできるのだけど、ゆすぎや、脱水のときにエラーが出て止まる。排水もできないので、洗濯機の中の水を洗面器ですくって、底のほうは使わない容器ですくって出した。昨日は、洗濯機の中の [続きを読む]
  • ☆術後初めての検診☆
  • 今朝は、退院後、初めての検診日。朝一番に、CT検査とレントゲン検査、血液検査をしたあと、診察までは1時間あるので、その間に、リハビリ室へ寄って、リハビリの先生や作業療法士さんに挨拶に行った。リハビリ室の前の廊下に出てきてくださって、「歩いてみて」と言ってもらったので、歩いてるのを見てもらった。「足が悪いように全然見えない」と言ってもらった。手術後、1か月間、リハビリの先生たちには本当にお世話になった。 [続きを読む]
  • ☆母親のリハビリ会議☆
  • 昨日は、母親のことで、訪問看護師さんや訪問リハビリの先生、ケアマネージャーさんが来て、今後の母親のことを話し合うリハビリ会議があった。私も人工股関節が両方になって、痛みが消えたのは良いけれど、やはり、2、3か月は、脱臼の注意が必要だし、 慣れるまで月日がかかる…毎週、月曜日は、看護師さんに母親を入浴させてもらって、火曜日は、リハビリの先生に来てもらって、母親に運動させてもらうことになった。あとの曜日 [続きを読む]
  • ☆お芋パフェ☆
  • 27日に母親も退院して、また日常生活に戻った。母親の精神の病気は相変わらずで、困ったこともあるけれど、前向きに、頑張ろう(^O^)3時のおやつに、スーパーで買ったお芋パフェ初めて食べたけど、美味しかった(^O^) [続きを読む]
  • ☆人工股関節手術に背中を押してくれた女医☆
  • 昨日は、内科受診の日で、母親の入院先の病院へ行ってきた。去年の初め、母親の主治医の30代半ばの女の先生が、足を引きずりながら母親を病院へ連れて来てる私の姿を見て、「人工股関節の手術をしたほうが良いですよ。長期入院するなら、お母さんのことは病院で預かりますから、心配ないですよ」と、言ってくださったのが、私の両股関節の手術のきっかけとなった。母親の主治医のおかげで、去年の4月は、右側、今年の10月は左側の [続きを読む]
  • ☆天然石のブレスレット☆
  • 天然石のお店「gently」をしている友だちからインカローズのブレスを購入しました(^O^)大きな手術も乗り越えて長年の股関節の痛みからも解放されて、自分の人生に、また未来の扉を感じてワクワクしています☆インカローズ、ローズクオーツ、モルガナイト大好きな石ばかりで、嬉しい気持ちです☆来年は、心ときめく良い1年でありますように☆ [続きを読む]
  • ☆人工股関節手術から退院して1週間☆
  • 人工股関節の手術から退院して、1週間。何事もなかったかのように、日常生活が始まっていて、私は、もう母親を介護するモードに入ってる。さっそく、母親の入院先の病院へ行った。紙おむつをしてなくて、自分でトイレまで歩いてると聞いてホッとした。母親の退院は、27日と決まった。母親の介護認定の査定が、要介護 3になったので去年のように、訪問リハビリの先生に来てもらうことにした。週に一度、訪問看護師さんにも来てもら [続きを読む]
  • ☆人生を変えた恩師☆
  • 入院中に、高校時代の恩師から電話があったと主人から聞いていたので、退院してから恩師に電話をかけた。入院前に、手術や入院することを恩師に手紙で報告していたから、心配してくださっていたのだろう。高校時代、不登校になってひきこもっていた私を救ってくださった恩師。父親が亡くなって32年になるけれど、恩師が、第2の父親だと思って生きてきた。恩師のおかげで無事に高校へ通い卒業できた。もし、高校時代に、この恩師と [続きを読む]
  • ☆幼馴染からのレモンケーキ☆
  • 退院してきたら、幼稚園時代からの幼馴染から贈り物が届いた☆レモンケーキ、とても美味しかった(^O^)幼稚園時代からの友だちは、幼稚園に入園する直前に、隣の家に引っ越してきて…それから一緒に幼稚園に通い、小学校に通い…すぐに友だちの家は、隣町に引っ越して、2年して我が家も隣町に引っ越したら、偶然にまた、すぐご近所同士になって…運命的なものがあったのだろう。また小学校に一緒に通い、中学校にも一緒に通った。高 [続きを読む]
  • ☆日常生活に戻る☆
  • 退院して家に帰ったら、飼い猫が出迎えてくれました(^O^)覚えていてくれて良かった。柱に頭をこすりつけたり、そばへ寄ってきて喜びの表現をしてくれて、夜は私の布団の上で寝てくれました(o^^o)新入りの仔猫のほうは、まだ2階の娘の部屋のゲージの中にいるので、会えなかったけれど…。1か月分の郵便物の整理や、トイレ掃除、お風呂掃除、玄関の掃除をしていたら、腰が痛くなったけど…、日常生活に戻れた喜びを感じた。母親の入 [続きを読む]
  • ☆退院した☆
  • きょうの昼すぎから退院した。今朝は、主治医や看護師さん、ヘルパーさん、リハビリの先生たち、以前の同室の人たちや別の病室で言葉をかけあったりしていた人たちに、挨拶に回ってきた。退院するけど、一番風呂にどうぞと言ってもらって、入院最後の入浴も終えて、すっきりさせてもらった。入院するとき、手術のことばかり考えて、完璧に、パジャマや下着など入院準備をしてきたと思ってのに、退院時に着て帰る服を持ってくるのを [続きを読む]
  • ☆妹が来てくれた☆
  • きょうは、妹が病院へ来てくれた。朝に母親の入院先の病院へ寄ってくれて帰りに、私の入院してる病院へ寄ってくれた。どら焼きを持ってきてくれた。母親は、パーキンソン病の薬をやめてから、また元気になってきたようで、きょうはたくさんお喋りもしてくれたと、妹は喜んで報告してくれた。トイレもオムツはしてなくて、看護師さんの付き添いで、杖をついてトイレまで歩いて行ってくれてるそうで、安心した。きょうは、ホールで、 [続きを読む]
  • ☆私にとってのドクターX☆
  • 昨日は、20代前半の女性の作業療法士さんに付き添ってもらって、杖をつきながら外に出て、病院の周りをぐるっと散歩をしてみた。去年、私が右の股関節の手術をしたとき、研修で、来ていた学生さんが、今年はもう、作業療法士さんとして働いていたので、月日の流れの早さに驚いた。急な登り坂も、下り坂も、サッサっと歩けてうれしかった。「ちゃんと歩けてるやん!!」と、どこからか声がして見上げると、リハビリ室の窓から、リハ [続きを読む]
  • ☆一期一会を大切に☆
  • 同室の80代の女性が、「奥さんが退院されたら、淋しいなりますわぁ。話もたくさん聞いてもらったり、カーテンの開け閉めもしてもろて、色々世話になったのになぁ…」何度も同じことを言ってくださる。同室には、10日前に70代の女性が退院されて、その日にまた、60代後半の女性が別病棟から移動されてきたので、同室は3人だ。けれど、移動されてきた60代後半の女性が、初めて来られたとき、挨拶もされず、知らん顔をされていて、珍 [続きを読む]
  • ☆入院生活での学び☆
  • リハビリの先生から「いつでも退院できるよ。主治医と相談して」と、言ってもらえた(^O^)昨日は、若い女性の作業療法士さんと、病院の階段の登り降りの練習をして、きょうは、空になった病院の浴槽で、浴槽の出入りの練習をした。リハビリの理学療法士さんと、作業療法士さんのおかげで、無事に歩けるようになって、良かった(^O^)きょうは、リハビリ室で、杖なしで、足早に歩く練習ばかりをずっとしていたら、さすがに疲れてしまっ [続きを読む]
  • ☆誰か知らんけど☆
  • 杖で、病院の廊下を行ったり来たりしてると、「だいぶ、歩けるようになったやん!」と、違う病室の男性や女性の方々から声をかけられる。みんな、知らない間に、見ているものなんだなぁ。「歩行器、いきなり没収されたんです」と笑いながら言うと、どこからか、大きな声で男性が病室から顔を出して「その歩行器、俺んとこ、回ってきたでー!」と言って「だいぶ歩けるやん!もう退院できるんちゃう?」と言われた。知らない男性たち [続きを読む]