はなちゃん さん プロフィール

  •  
はなちゃんさん: 誰にもいえない
ハンドル名はなちゃん さん
ブログタイトル誰にもいえない
ブログURLhttp://zyunmai.blog.fc2.com/
サイト紹介文50を目前に会社を辞めてしまいました。独身一人暮らし、貧乏で社交性ゼロ。これからどうしよう…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/04/02 13:51

はなちゃん さんのブログ記事

  • もう十分・・と思ってしまう
  • 半年前までは、心と体が落ち着いたら働けると思っていた。前回の時の様に、いずれ履歴書を書くことも出来ると思っていた。だけど今は、もしかしたら外に働きに出る以外に、生きていく方法を模索しなければいけないのかも・・と思うことが増えている。だけど自分には、売りものに出来る技術も資格も、長年積み重ねてきた実績といえるような職歴もない。その上、やれることがないだけでなく、やりたいことも未だに何一つ思いつかない [続きを読む]
  • ある場所へ出掛けてきた。
  • 色々と行き詰まって気持ちが八方ふさがり。身も心も動くのが億劫になっていくのが分かる。何とかしなきゃ・・と気持ちが焦るだけだったのだが、昨日、ふと思いついてある場所へ出掛けてきた。それは、ある時期の私を支えてくれた、いわば私のパワースポットで、一時期はすがる思いで毎週通っていた、思い出の源泉かけ流し温泉。↑心身が弱った私の駆け込み寺なんでこの1年半、行かなかったのか不思議なのだが、記憶の中からぽっか [続きを読む]
  • 私の中に流れている危険な血
  • 10月に入って涼しくなると、父親のことを思い出す機会が増える。仕事中、突然胸が苦しくなって救急搬送、すい臓がんが発見されたのが10月だったからだ。父親との親子関係はどちらかというと希薄で、嫌いではないけど苦手。まともに会話をした記憶もないのだが、唯一「血」だなぁ〜と思うのが自分のギャンブル気質だ。今じゃ信じられないことだけど、父親は私が小さな頃、趣味のパチンコに子供連れで出掛けた。しかも私は父親の [続きを読む]
  • 2択で考える。
  • 最近の私は、自分のことを必要以上に卑下して書いているなぁ〜と反省。白か黒か、ゼロか100か、という極端な思考はよろしくないらしいが、試しに今の自分を幸か不幸か・・という2択で考えてみたら、これが意外に自分が不幸だとは言い切れなかったのである。なんか色々あるけど、幸か不幸かの2択で答えろと言われたら、不思議と幸になる。あっ、この2択いいかも。ぐだぐだ、うだうだ、考え出し、自分を卑下しはじめたら、それ [続きを読む]
  • おひとりさまと台風
  • どちらかというと、台風の影響を受けることが少ない地域に暮らしているのではあるが、今年の台風や豪雨の被害を見ると、明日は我が身・・と思う。今日はベランダの日除けや物干し竿を片付け、もし2,3日停電になったら、今家にあるモノだけで、社交性ゼロのおひとりさまがサバイブ出来るか、考えてみた。食料は日頃から在庫を抱え込むリスタイプなので、冷蔵庫はカラでも冷凍庫と常温品、お菓子など何かしら口にする物はありそう [続きを読む]
  • 未来の自分が今の私を許してくれない
  • 普段なら髪の毛を切った翌日ぐらいは、何となく気持ちも軽くなるのに・・。今回は鏡を見てもシャンプーをしても、何の感情も湧かない・・。妙ちきりんにねじ曲がったハイテンションが落ち着いたのはいいけど、その反動で、負の感情が波のように押し寄せている。その波に負けないようにするのだけで精一杯。今、負の感情に飲み込まれてしまったら、そのまま、また医者や薬に助けてもらわないと、生活出来ない状態にまで戻ってしまう [続きを読む]
  • ふぅ〜疲れた。
  • 昨日は取り乱してしまいました。私はやけくそになると別人格が出現します。社交性ゼロはどこへやら、会話が弾みます。だけど本当は美容師さんには会話することなく、カットという仕事に集中して欲しいのです。それなのに美容師さんの好きなスイーツの話しを振りまくり、質問される前に質問しまくる・・という戦法で、私の事には触れさせることなく乗り切ったのでした。結果・・何だかいつもよりカットが荒いような・・。まぁ、この [続きを読む]
  • ふっふっ。
  • 昨日、あれからエイヤッと美容室に電話を入れ、時間を空けるとまたまたエンジンが止まってしまいそうなので、「明日空いてる時間があれば・・」とお願いし無事予約は終了。・・で、今日がその「明日」なのであるが、せっかく久々に青空も見え、お出かけ日和・・なのに。朝からエンジンがかからず布団の中でウダウダ。やっとゴソゴソ起き出して、洗濯の準備を始めるも・・撃沈。また布団に戻ってしまいそうになったので、寝てしまう [続きを読む]
  • 物事はシンプルに。
  • 毎年、暑さが過ぎるといの一番に行くのが美容室だった。私が美容室に行くのは年に2度、3月と9月だけだ。夏場は首や肩先に髪の毛が当たるのに耐えられないので、ひっつめ髪で過ごし、涼風が吹き、暑さが落ち着いたと思うやいなや、美容室に駆け込んではバッサリとカットしてもらう・・というのが、もう10年以上、決まり事のような行動だった。・・が、今年は未だに美容室に電話をかけられずにいる。シャンプー&ドライヤーが面 [続きを読む]
  • 身がもたない。
  • なんだか胸がバクバクして早朝に起きてしまった。目をつむってゴロゴロしてみたけど眠れそうもないので起き出している。先日、妹から頼まれ事があった。甥っ子くんを医者へ送迎するだけの用事だったのだが、頼まれた電話の後から緊張状態に入ってしまったらしく、胸バクバクが始まり、入眠困難、早朝覚醒となってしまった。子供の頃から遠足や運動会など行事の前になると神経が興奮。それは大人になっても変わらず、何かしら日常と [続きを読む]
  • 今の私は・・
  • 突然の気候の変化についていけない。ここ数日は風邪に襲われ眠ってばかりいた。今年3回目の風邪・・完璧に免疫力が落ちている。しかも今回も前兆を何一つ感じることなく、事前対処が出来なかった。始まりは風呂上がり、突然止まらなくなったくしゃみと鼻水。気温変化によるアレルギーかな? と思った時には喉痛がきていた。あわてて葛根湯飲んで、はちみつ生姜湯作って「ヒーヒー」言いながら飲んだ。このはちみつ生姜湯、身体が [続きを読む]
  • どうしたらいいんでしょうね・・
  • 自分の中から感情というものが日々希薄になっているような気がします。アップダウンが激しいのも考えモノですが、ここまでフラットになるのにも困ったものです。すべてどうでもいい・・と言い放てるほど投げやりになるわけでもなく、ただただ時間が過ぎていくのをボーッと眺めているだけ。過去も現在も未来もなんだか薄ぼんやりとして、不安や焦りもあるようなないような・・よく分からないのです。季節の変わり目、いつもこんなん [続きを読む]
  • お盆の目標
  • お盆、選択の余地なく帰省する。ここ1年は土遊びを兼ねて頻繁に帰省しているのだから、何も世間のお盆に合わせて帰らなくても・・とは思うのだが、母親の「お盆にひとりぼっちは嫌」という命令は絶対なので、お盆の迎え火を炊く前までには帰ることが恒例になっている。元々は、小さな孫たち連れの娘息子たちが帰ってきて、賑やかになるご近所さんを見ると惨めになるから・・だったのが、ここ数年、孫たちも大きくなるとその親であ [続きを読む]
  • 羨ましくて妬ましくて心がザワついている
  • 子供たちが無事就職し子育てを終えた友人たちが、子育て卒業のお祝いに台湾への旅行を計画しているらしい。「一緒にどう?」と声をかけられたのはうれしいけど、長年待ち焦がれていた自由を謳歌しようとウキウキの、彼女たちのテンションについていく自信など持ち合わせていない。話しを聞いただけで羨ましくて妬ましくて心がザワついている、絶賛人生迷い道くねくね中のおひとりさまなのだ。お金と時間が自由になる時代を迎えた彼 [続きを読む]
  • 夏が終わった時の反動が怖いけど・・
  • 早い梅雨明けで始まった今年の猛暑。最初は夏かぜをひいたり、バテバテで嫌なことばかりだったのだが、ちょっとここ最近、アレ?と思う変化がある。それは・・この異常な暑さが続いたせい? おかげ? で、何だか色々考えるのがメンドーになっていたのだが、それがあまりに続いて限界点を超えたのか、何だか妙にいいカンジに諸々どーでも良くなっている。最初の夏バテの頃も考えるのがメンドーだったのは同じなのだが、何もかも投 [続きを読む]
  • 朝だろうが夜だろうがガスの炎さえ見るのも嫌
  • 毎日暑くて、食欲はあるのに台所に立ちたくない。例年だと、朝1日分のそうめんをまとめて茹でる・・なんてことしたり、夕方になれば夏野菜を料理するぐらいしていたのだが、このところ朝だろうが夜だろうがガスの炎さえ見るのも嫌になっている。最近では茹でずに「水で洗うだけ」で食べられる麺類も出ているが、残念ながらちょっとお高く、お値段的に予算オーバー。そんな私の最近の主食は「冷たいおかゆ」。炊飯器でおかゆを炊い [続きを読む]
  • トマトとタヌキとご近所問題
  • 実家に戻っていた時は夏野菜の最盛期。きゅうりに茄子にピーマン、モロッコいんげん、大玉とまと・・etc小さいながらも母の畑は朝晩収穫作業が必要なほど。きゅうりやモロッコが次から次へと大きくなってしまう。 私のプチ畑のししとうとミニトマトもそれなりに頑張って実っている。・・で、そんな野菜たちの食べごろを待っているのは人間だけでない。春先も「明日収穫出来る!」と思った翌朝、どこでどう見張ってたのか鳥さんに初 [続きを読む]
  • 行く先に「孤独死」が見え隠れしてしまった
  • 実家の母親の体調が悪くしばらく帰省、2週間ほど介護的生活をして自分の基地に戻ってきた。今は時間だけはいくらでも自由になる身の上だから対処出来たが、働いていたら自分はどうしたのだろう、とか、同じおひとりさまでも、子供もいない自分は孤独死するしかないのだ、とか、色々考えさせられてしまった。・・こんな風に書くとどんな大病かと思われてしまうが、母親の症状は激しい吐き気と嘔吐のみ(自律神経の乱れで起こるらし [続きを読む]
  • 他者から「悪く思われること」を極端に恐れている
  • 何故自分は、他者の目ばかり気にしてしまうのか・・。このところそんなことばかり考え、心理学的な検索ばかりして過ごしていた。様々な人が様々なことを書いている中で、しっくりきたのが、他人軸、自分軸という言葉だった。例えばブログ一つ書くのにも何時間もかかってしまうのも、「読んだ人に誤解されるような書き方はどこにもないか?」そんなことばかり気にして、書いては消し書いては消しして半日・・。結果、最初に書きたか [続きを読む]
  • 欲望のままに流され罪悪感と満足感がないまぜ
  • 無理のない範囲で小麦を食べない生活を続けている。(→貧乏生活と小麦と不調)色々試した結果、夜寝る前のパンやパスタ、ラーメンなどの主食系小麦を排除。麺類が食べたい時は「しらたき」をパスタ替わりにしたり、チャプチェなどで春雨とたっぷりの野菜を食べたりしている。で、今夜はいつものチャプチェを食べようと、昨日買ってきた100g97円の豚肉の切り落としを開けると、これがまぁ、切り落とし・・なんて呼んだら申し訳ない [続きを読む]
  • 服を着るぐらいなら外出したくない・・
  • 先日の暑さが風邪をひいて弱っていた身体と心を直撃。まだ夏は始まったばかり・・と思うとすでにうんざり。雨が過ぎ去るという週明けの天気予報の晴れマークを見るだけで、気持ちの落ち込みを止めることが出来ない。ギラつく太陽と刺さるような日差し・・。いつから日本はこんなに暑い夏が長々と続く国になってしまったんだろう。加齢のせいか年々肌が汗に弱くなっているのも最近の夏が苦手な一因。汗と肌と繊維が触れると生地の種 [続きを読む]
  • おひとりさまの悲哀が身に染みる・・
  • このクソ暑い中、風邪をひいてしまい寝込んでいました。おひとりさまの悲哀が身に染みる4日間でした。その風邪は夜中、突然の喉の痛みから始まり、身体のダルさ、熱っぽさ、と一気に悪化してしまいました。これまでは体調の悪くなる前日ぐらいには「嫌な予感」を察知し、ポカリやらゼリーやらアイスなど水分補給や喉越しのいい食品を確保し、熱さまシートやら風邪薬など・・体調悪化に備えて乗り越えてきたのですが、今回は何の前 [続きを読む]
  • 薬で性格は治せない・・
  • 実はここ最近昔のような「不安の波」が押し寄せてくる。薬を止めて3ヶ月、とうとう脳から薬の影響が完璧に消えた・・そんな感じだ。しばらく会わなかった昔馴染みが戻ってきたような感覚がある。「そうそう、昔の自分ってこんなんだった」と思う度、以前の自分に会えてうれしいような、不安のコントロールが出来なくて、また不安に飲み込まれてしまうような恐怖を感じる。薬を飲んでいた時は自分の中の「不安」のスイッチがなくな [続きを読む]
  • ワールドカップがやって来るたび思うこと
  • 一昨日、サッカー好きの友人から「いい試合だったよ」「感動した!」のメールが入った。そういえば少し前にハリル監督の解任が騒ぎになっていたけど、ワールドカップが今年で、すでに開催していたとは知らなかった。この時期になるとナンシー関さんを思い出す。W杯に関して私はナンシー派だったりするので、いつも友人の盛り上がりについていけずに返信に困る。そういえば前回は職場でW杯に興味がない・・とは言えない状況に追い [続きを読む]
  • 事態は停滞ではなく悪化しているように思えてくる
  • ブログを書いては消し、書いては消して、時間だけが過ぎていました。未だ一歩も踏み出せないまま、何の変化もない生活の中、時間だけが過ぎていきます。何も状況が変わらないまま時間がたてばたつほど、事態は停滞ではなく悪化しているように思えてきます。ブログを書くこと=そんな自分をわざわざ晒すこと。そんな気がしてしまうのです。それが自分なんだし、書きたかったら書けばいいだけ、それが嫌なら書かなければいいだけ。そ [続きを読む]