浦部孝法 さん プロフィール

  •  
浦部孝法さん: 法廷日記
ハンドル名浦部孝法 さん
ブログタイトル法廷日記
ブログURLhttp://aiben.hatenablog.com/
サイト紹介文弁護士の日記です。時事問題、法律問題に関して適当に書いています。ペンネームなのであしからず
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/04/03 12:19

浦部孝法 さんのブログ記事

  • 2ちゃんねる訴訟、ひろゆき氏が勝訴!約1憶2000万円の支払命令
  • 2ちゃんねるの乗っ取り事件で西村博之氏とNTテクノロジー社(ジム・ワトキンス氏)が争っていた訴訟で、西村博之氏が勝訴したことをツイッターで発表しました。2ちゃんねる乗っ取り事件で、東京地裁判決が出まして、全面勝訴でした。違法行為に携わってる方々や代理店の人もわしわし訴えていきますので、今後ともよろしくお願いします〜https://t.co/xqirRmSfBc― Hiroyuki Nishimura (@hiroyuki_ni) 2018年6月23日判決の一部 [続きを読む]
  • 会社が辞めさせてくれない!←退職届一枚で解決するよ
  • 会社が辞めさせてくれなくて困ってる人って多いみたいです。そんな悩みが多いためか退職代行などというサービスまであるみたいです。こ、これは・・。「最終出勤日を●月●日とし、有給消化を使い切る日で退職します」って書面を弁護士代理人表示して送ればいいのなら、弊所なら文書作成料1~5万くらいでやるよ。仕事を円満に辞めるならコチラ!退職代行業者ランキングhttps://t.co/O8uPcjEqrl株式会社ニコイチ/― 弁護士大西洋一 ( [続きを読む]
  • ご飯を食べに行くときって結構みられているんだよって話
  • 最近これから社会人になる人たち(学生とか研修中の人たち)とご飯を食べに行くことが多くなってきました。僕が学生の頃なんかはよく知らない社会人のおっさん達とご飯を食べに行くのは嫌で嫌でしょうがなく罰ゲームみたいなもんだと思っていました。そんな感じなので、ご飯に行く際も特に何も考えずにおっさん達の話を黙って聞いて漫然と高そうなご飯をごちそうになっていました。ノリも悪く断ることの方が多かったです。そんな僕 [続きを読む]
  • るるぶの最新版をkindle unlimitedで読み放題
  • 旅行好きな人は旅行バッグにるるぶをしのばせて移動中とかに読んでる人も多いともいます。でも、雑誌版のるるぶは正直かさばりますよね。電子書籍版のるるぶならスマフォやタブレットで読めば、かさばらずに気になるところはそのままネットで調べちゃえばいいので便利です。で、実はkindle版のるるぶって結構kindle読み放題の対象となってるって知ってましたか?例えば、現時点で読み放題の対象となっているものとして、国内なら北 [続きを読む]
  • 弁護士を辞めて企業に転職する人が増えている
  • 弁護士を辞めて企業に転職していく人が増えています。企業の総務・法務人材は不足しているの、そのような転職市場では、専門知識を有する弁護士は売り手市場です。転職するなら景気がいい今がチャンスです。弁護士を辞める人たちの理由としては、以下のようなものが多いでしょう。今の仕事がやりたいことではなかったワークライフバランスをとりたい生活のため事務所をクビになった弁護士村社会が合わない企業のでかい仕事をやりた [続きを読む]
  • 弁護士を辞めて企業に転職する人が増えている
  • 弁護士を辞めて企業に転職していく人が増えています。企業の総務・法務人材は不足しているの、そのような転職市場では、専門知識を有する弁護士は売り手市場です。転職するなら景気がいい今がチャンスです。弁護士を辞める人たちの理由としては、以下のようなものが多いでしょう。今の仕事がやりたいことではなかったワークライフバランスをとりたい生活のため事務所をクビになった弁護士村社会が合わない企業のでかい仕事をやりた [続きを読む]
  • プルデンシャル流 心を磨く営業(感想)
  • おなじみのプルデンシャル生命保険営業マンの最新本を読んでみました。プルデンシャル流 心を磨く営業posted with ヨメレバプルデンシャル生命保険フェイスブック(日出ずる国の営業)運営事務局 プレジデント社 2018-01-27AmazonKindle本書はプルデンシャル営業マン30人の営業ノウハウ開示本です。具体的に詳細なノウハウが書かれているというよりは、心構え的なものが中心です。結局エッセンスに絞るとそうなってしまうんでし [続きを読む]
  • メディアや野党が黙れば森友文書改ざんはもっと盛り上がる
  • 財務省による文書改ざん問題、公文書が改ざんされるという日本国政府の信用性に関わる大問題であるが、佐川国税庁長官が辞任しただけでいまいち盛り上がりにかける。ネットの論調もどこか大人しく、むしろ政権擁護的な意見も多い。なかにはリーク元や新聞社、野党を批判する声もある。どうしてこうなってしまうのかを考えると、政権に批判的なメディアや野党に原因があるとしか思えない。財務省やその責任者である財務大臣の責任を [続きを読む]
  • 弁護士 転ばぬ先の経営失敗談(感想)
  • 「弁護士 転ばぬ先の経営失敗談」(第一法規)を読みました。弁護士が独立する際や法律事務所の経営において注意するべき点がまとめられている本です。紙版はプレミアがついて高くなっているので、kindle版を購入。弁護士 転ばぬ先の経営失敗談posted with ヨメレバ北 周士 第一法規株式会社 2015-02-28AmazonKindle内容的には、「弁護士 独立・経営の不安解消Q&A」に比べると正直いまいち。書いてあることも僕の目からみると一 [続きを読む]
  • 異業種交流会は時間の無駄、金持ちのいる場に行くのが最大の近道
  • 新年度の始まるこの時期、異業種交流会の案内も増えてくるころです。異業種交流会ってのは、僕もかつて付き合いで行ったことはありますが、全く時間とお金の無駄だと思います。異業種交流会に参加する人たちは、これからお金を稼ぎたい、そのために仕事が欲しいという人たちです。今現在、お金を稼いでいて、仕事にあふれている人はそんなとこには行きません。そんなところで人脈を築いていっても、自分が与えていただけることはま [続きを読む]
  • 国選弁護人は若手、ベテラン、長老どれがいい?
  • まもなく被疑者国選の対象事件が拡大し、全ての身柄拘束を受けた被疑者に国選弁護人が選任されるようになります。これまでは、軽い罪には被疑者国選はつかず、身柄を拘束されても私選で弁護人を選任するか、当番弁護で来てもらった弁護士に被疑者援助制度を使ってもらうしかありませんでした。例えば、これまでは器物損壊や住居侵入では、起訴されるまでは国選弁護人をつけてもらえません。国選弁護人は自分では選ぶことはできませ [続きを読む]
  • 弁護士独立・経営の不安解消Q&A(感想)
  • 弁護士の独立開業本って最近少しずつ増えてきたように思えますが、この手の本ってあたりさわりのない一般論が書かれているだけで、本当に読者が知りたいと思うことはあまり書いてありません。現状、経営のノウハウなどは酒の席などで、先輩弁護士が酔っぱらったときに気持ちよく話してもらって教わるというのが実態です。それでも独立開業本の中で比較的具体的な記述があるのがこの「弁護士独立・経営の不安解消Q&A」です。弁護 [続きを読む]
  • 弁護士独立のすすめ(感想)
  • 数少ない弁護士の独立に関する本です。知っている弁護士が載っていたので読んでみました。弁護士 独立のすすめposted with ヨメレバ北周士 第一法規株式会社 2013-02-08AmazonKindle全国17人の弁護士の独立事例がまとめられています。こういう資料はなかなか少ないので貴重な本ではないでしょうか。掲載されている弁護士は以下のとおり。「後藤雄則先生、西山健司先生、貝塚聡先生、小室光子先生、平井優一先生、遠藤治先生、 [続きを読む]
  • プラス月5万円で暮らしを楽にする超かんたんアフィリエイト (感想)
  • ここ最近ブログをちょくちょく書いています。僕がブログを書いていたのは2014年がピークで年々書かなくなって去年はほぼ書いていませんでした。PVもだいぶ減って今はだいたい500PV/日くらいです。意外にみなさんブログを続けているようで、当時購読していたブログも結構続いているようです。でも、更新頻度は明らかにどのブログも減っていました。昔のようにほぼ毎日更新している人って今でもいるんですかね?当時購読 [続きを読む]
  • 女性専用車両反対派の動画を視て思うこと
  • ついにテレビでまで紹介された女性専用車両問題。僕としては女性専用車両に対する問題提起は大いに結構だと思うので、反対派にはどんどん活動していただきたい。もっとも、彼らの動画を視ていて「うーん、、、」と首をかしげざるを得ない部分があることも否めない。理屈の正しさに対して、いまいち反対派が世間の支持を受けきれていないのもよくわかる。ここでは、反対派の動画を視た個人的な感想を述べてみたいと思う。おおまかな [続きを読む]
  • パワハラ問題の法的解決が難しい3つの原因
  • 労使間の法的紛争の中で、法的に解決することが最も難しい類型の事件がパワハラ案件である。一方で、労働者側の権利意識の高まりもあって、パワハラの認知件数はうなぎのぼりだ。労基署等に設置されている総合労働相談コーナーによせられた相談のうち圧倒的な数をほこるのもいじめ・嫌がらせ問題である。パワハラの相談件数はここ10年で2倍以上に急増している。引用:厚生労働省「平成28年度個別労働紛争解決制度の施行状況」( [続きを読む]
  • 法務局職員が弁護士を恐喝未遂で逮捕
  • 東京法務局訟務部の上席訟務官が弁護士を恐喝しようとしたものの失敗して逮捕されたようです。裁判記録の誤送信に乗じて恐喝しようとしたみたいですね。法務局職員、弁護士への恐喝未遂容疑 東京地検が逮捕 - ライブドアニュース弁護士を恐喝しようっていうのが大した度胸ですね。相手の弱みを握った恐喝って立場のある人がやる分には非常にリスキーな犯罪です。恐喝行為をした事実自体が自分の弱みになってしまいますから、かえっ [続きを読む]
  • 情報商材商法を知りたければウシジマくん30〜32巻を読むとよい
  • 情報商材商法は以前はFX塾やアフィリエイト塾みたいなものが主流ですが、今は仮想通貨塾みたいなのが主流になっているようです。今でも無料動画セミナーみたいなのを配ってメールアドレスを集めている人たちがいますね。○○塾みたいなのに入ったとして、数十万円の入塾料で済めばよいのですが、ところがどっこい、一度金を払ったら最後、金が尽きるまでむしりとられるのが悪徳商法です。情報商材系は基本的には世間知らずの学生 [続きを読む]