司法書士 山田 剛 さん プロフィール

  •  
司法書士 山田 剛さん: 日々,紆余曲折
ハンドル名司法書士 山田 剛 さん
ブログタイトル日々,紆余曲折
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/syosi_yamada/
サイト紹介文元警察官の司法書士が,相続,遺言,債務整理などの業務や,日々の生活を綴ったブログ
自由文警察官から紆余曲折の後,個人事務所を開業
おかしいと思ったことや知っていただきたいことを中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/04/03 14:27

司法書士 山田 剛 さんのブログ記事

  • この場合は不要です 〜居住用不動産処分の許可
  • 私が1年くらい前に成年後見人に就任したAさん以前は、自宅(土地・建物)で一人暮らしをされていましたが、5年前から認知症などのために子供さんの家に同居され、2年前からは施設に入所されていて、ほぼ寝たきりの状態です。私が成年後見人に就任したのは、Aさんが施設に入所される少し前に、子供さんが空き家になっているAさんの自宅の売却を不動産業者に相談したところ、「売却するためには成年後見人を付けてもらう必要があ [続きを読む]
  • これが理由? 〜曽祖父名義の不動産
  • Aさんから依頼を受けた父の相続登記相続財産である不動産の確認と、登録免許税の計算のために役所でAさんの父の名前で固定資産の評価証明書を請求すると(もちろん、委任状をもらっています)、Aさんの父名義の不動産のほかに、この方が相続人代表者となっている山林があることがわかりました。「うん? 相続登記漏れ?」続きを読む [続きを読む]
  • 正当事由が必要です 〜建物賃貸借の解約
  • 知り合いのBさんから一戸建てを自宅として賃借しているAさん今年の6月末で2年の賃貸借期間が満了しますが、4月の初めに、Bさんとその建物とは関係のないことでいさかいになり、その時に、Bさんから「お前にはもう貸さん! 2年経ったら出て行け!」と言われたそうで、賃貸借期間が満了すれば出て行かなければならないのでしょうか・・・と、心配されています。続きを読む [続きを読む]
  • そのままクリーニングへ 〜花粉対策?
  • すっかり、春です。春、 春、といえば、芽吹きの季節芽吹きの季節、といえば、現代人の病、花粉症この時期になると、いつもは目のかゆみとくしゃみ、鼻水に悩まされるのですが、今年はどうしたことか、まだ何ともありません。このまま何事もなく過ぎてくれれば・・・、と願う今日この頃そんなある日の夜、ネットで衣類の消臭スプレーのファなんとかが花粉が舞い上がるのを抑えるので、花粉症に効果がある・・・というような記事を [続きを読む]
  • 私じゃダメなの? 〜遺言執行者と遺産承継業務
  • 相続について、相続財産である不動産の承継手続き(名義変更)だけでなく、預貯金や生命保険などを含めて、遺産全体の相続人への承継手続きの依頼を受けることがあります。先日依頼を受けた遺産承継業務は、公正証書遺言で、4人の相続人のうちひとりの相続人に全財産を相続させるというもので、さらに、その相続人が遺言執行者に指定されていて、その方から、預貯金の承継手続についてだけ依頼を受けました。続きを読む [続きを読む]
  • がんばれ! 新人さん 〜誰もが通った道
  • 新年度がスタートし、あちらこちらで新入社員(職員?)を見かけるようになりました。先日、ある役所に行ったときのこと・・・この時期、役所の窓口はどこも混雑しています。整理券を取って窓口を見ると、カウンターの向こうに2人の職員が並んで座って、60歳くらいの女性に対応しています。一人は30代半ばの男性で、もう一人は見るからに新人と思しき女性なぜなら、周りの職員の服装は様々で、すこーし茶色い髪の女性もいるの [続きを読む]
  • 話し合いではできません 〜親権者の変更
  • 30代のAさん昨年、Aさんの転勤が決まったときに、奥さん(Bさん)と協議離婚をすることになり、小学生と保育園児の二人の子供の親権者はBさんと定めて離婚届を提出して、Aさんは、転勤で県外に引っ越しました。離婚をするときにBさんとの間で、Aさんと子供との面会交流は「月に2回」と約束していたそうですが、半年経たずに、「仕事」という理由で、子供に合わせてもらえなくなったそうです。(面会交流のときは、子供の [続きを読む]
  • 混んでますね・・・ 〜年度初めの法務局
  • 最近の法務局・・・年度末から年度初めにかけて,たくさん登記が申請されたのでしょう,登記完了までにかなり時間がかかっています。3月中旬に,4月1日に予定されている法人の役員変更の相談を受けたのですが,そのときに,その後の段取りがあるそうで,遅くとも9日までには新しい登記事項証明書が欲しいと・・・(なんて無茶なことを・・・)続きを読む [続きを読む]
  • 効果があるかな? 〜相続登記の登録免許税の特例措置
  • 土地の相続登記の登録免許税に関する特例措置が,4月1日から適用されています。通常の相続登記の登録免許税は,課税標準額(固定資産評価額)の1000分の4ですが,これを今年の4月1日から3年間に限って,『特定の類型の相続登記』については,登録免許税を課さない,つまり『0円』とするというものです。これは,所有者不明土地問題に対応するために,手続きにかかる費用の負担を軽減して,相続登記を促進するための措置 [続きを読む]
  • 何回ぐらい? 〜任意整理の分割弁済
  • Aさんから任意整理の相談「キャッシングやショッピングによる借入れが膨らんで・・・」債権者は5社で,借入れの総額は200万円を超えたとのことです。任意整理をしたとして,3年の分割弁済であれば,月の返済額は5万6千円弱5年の分割弁済が認められれば,これが3万4千円弱になります。(ただし,これ以外に振込手数料が必要です)という説明をしていると,Aさんから,「何回まで認められるんですか?」との質問続きを読 [続きを読む]
  • 穴を掘ってでも,入りたい! 〜赤面した出来事
  • 誰が悪いのではなく,悪いのは私自分で,何でこうなのかと,もあきれた出来事・・・昨日は,午後1時に依頼者の事務所で打合せ事務所に行く途中でお昼を食べようと,早めに出かけました。「何処で食べようか?」と考えながら車を走らせていると,目についたのが,駐車場のあるお蕎麦屋さんすぐに車を止めて店内に入ると,お客さんでほぼ一杯カウンターの70歳くらいの男性の左隣に空いた席を見つけ,目があった店員さんに「ざる」 [続きを読む]
  • 勘弁してよ・・・ 〜納得できない出来事
  • 昨日の日曜日のことヒマつぶしを兼ねて本屋に行きました。何か面白い本はないかと,平積みされた新刊のコーナーを見ていると,警察小説といわれるミステリーを書かれているSさんの文庫本が出ていました。この方の本は,新刊でも結構読んでいますが,この題名の本は読んだ覚えがありません。本の帯には,『王道にして,破格の警察小説!』とあります。続きを読む [続きを読む]
  • あらら・・・,私が誤解・・・ 〜またまた,日々,雑感
  • 桜が満開の頃・・・暖かな春の日に誘われるように,のーーんびりと車を運転していると,ラジオから聞こえてきたのは,「お聴きいただくのは,ラ パ パラダイスです」という声に続いて,”ラ パ パーラダーイス ふたーりで行こーう〜?”「あーー,この歌,前に聞いた・・・」何とも耳に残るアップテンポなリズムと,特徴のある女性の高い声ちょうど信号待ちをしていたために,すぐに曲目をメモしました。続きを読む [続きを読む]
  • それ,誤解ですよ 〜司法書士の報酬
  • 年度末で不動産取引が増えているようですね。不動産業者の方や金融機関の方の成績にも関係するのか,「今年度中に・・・」と言われたこともあります。で,不動産取引(決済)の場では,司法書士が売主・買主や,金融機関の書類を確認して,必要な書類に署名・押印をいただいて,取引にゴーサインを出すわけですが,取引の最後に,不動産業者の仲介手数料や司法書士の報酬を含めた登記費用を現金でいただくことがあります。続きを読 [続きを読む]
  • 今度こそ,間違いないです 〜任意整理
  • Aさんから依頼を受けた任意整理10年以上前に消費者金融会社のB社から借入れをしていたそうですが,Aさんの引越しや転職などがあったためか,いつの間にか請求が来なくなり,Aさんがすっかり借入れのことを忘れていたところ,半年ほど前に突然請求の書面が送られてきて,それもそのままにしていた・・・,とのことです。それが何で突然相談に来られたのかを尋ねたところ,知り合いが同じような状況で,突然訴えられたそうで, [続きを読む]
  • そうなるのも当然か? 〜疑り深い留学生
  • 先日,駅のホームで電車を待っているときに,「オキャクサンデスヨネ?」と,カタコトの日本語で話しかけられました。ちょっと驚いて,声の主を見ると,よく行くコンビニでアルバイト(?)をしている東南アジア系のA君もともと愛想のいい人なのでしょうが,「ベンキョウデス」と言って,お金を支払うときに,いつも話しかけられていました。続きを読む [続きを読む]
  • うわー! 今日まで! 〜支払督促に対する最初の異議
  • 先日相談を受けたAさん「借金問題ということですが?」とお聞きすると,「はい,昔の借金なんですが,裁判所からこんなものが・・・」と言って差し出されたのが,福岡簡易裁判所からの茶封筒なかを確認すると,Aさんに届いたのは,消費者金融会社のB社が申し立てた『支払督促』・・・これは簡易裁判所の裁判所書記官が担当する手続きで,債権者の書面による申立てだけを審査して,迅速に財産を差し押さえることができるようにな [続きを読む]
  • さて,いくらにするか? 〜後見制度支援信託
  • 私が成年後見人をしているAさんもともと,財産管理を含めて,親族がお世話をしてこられたのですが,ある法律問題を処理する必要が生じて,親族が後見開始の申立てを行い,私が成年後見人に就任しました。その後,その法律問題の処理が終了したことから,家庭裁判所に終了の報告をして,当初の予定通り私は辞任し,親族に成年後見人の業務を引き継ぎたいという相談をしたところ,「辞任の前に,後見制度支援信託を検討してください [続きを読む]
  • 問題は税金です 〜父名義の不動産
  • 事務所にかかてきた「父の不動産を私の名義変更したいんですが・・・」という電話簡単にお話しをお聞きすると,私の事務所と,父親のご自宅と電話の主である息子さんのご自宅は徒歩圏内それで,詳しいお話を伺うためと,登記手続きの説明のために,日時を調整して,父親のご自宅に三者で集まることになりました。約束の日時にお邪魔をすると,父親という方は80代半ばで,息子さんは50歳前後続きを読む [続きを読む]
  • 次はこっちを・・・ 〜所有者不明土地問題
  • 増加している所有者不明の土地・・・この問題に対処するために,『所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法案』が国会に提出されています。この法案提出の背景・必要性の一つとして,「公共事業の推進等の様々な場面において,所有者の特定等のため 多大なコストを要し,円滑な事業実施への大きな支障となっている」ことがあげられていて,次の3つの仕組みを設けることになっています。続きを読む [続きを読む]
  • 18,19をどう守る? 〜成人年齢の引下げ
  • 現在,「成人」といえば,20歳ですね。これは民法4条が「年齢20歳をもって,成年とする」と規定しているからですが,昨日の報道によれば,この成人年齢を18歳に引き下げる民法の改正案が閣議決定されたとのことです。改正案は今国会での成立を目指し,2022年4月から施行予定のようです。成人年齢は明治時代から一度も改正されていなかったので,明治以来の大改正となります。続きを読む [続きを読む]
  • これ! これ! 〜介護保険制度の入門書
  • 高齢になればお世話になる可能性が高い「介護保険制度」高齢者の介護を社会全体で支えて行こうということで,2000年に導入され,40歳以上の人は,加入が義務付けられています。ただ,制度がなかなか複雑で,「家族の介護が必要となった」というまでは,馴染みのない制度ではないでしょうか。おまけに,サラリーマンの場合は,介護保険の保険料が医療保険の保険料とあわせて徴収されているため,「私は入っていない」という人 [続きを読む]
  • やっと最終報告 〜民事再生
  • ちょうど1年前に依頼を受けたAさんの債務整理最初は『破産』の申立てをするという方針で準備を進めていましたが,準備をしている間に,事実上の配偶者との関係を清算されたことから,毎月の収支に大きな変動が生じて,『民事再生』が可能な繰り越しができるようになったため,方針を『民事再生』に変更・・・という経緯をたどって,昨年12月中旬に『小規模個人再生』の申立書を裁判所に提出しました。続きを読む [続きを読む]