司法書士 山田 剛 さん プロフィール

  •  
司法書士 山田 剛さん: 日々,紆余曲折
ハンドル名司法書士 山田 剛 さん
ブログタイトル日々,紆余曲折
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/syosi_yamada/
サイト紹介文元警察官の司法書士が,相続,遺言,債務整理などの業務や,日々の生活を綴ったブログ
自由文警察官から紆余曲折の後,個人事務所を開業
おかしいと思ったことや知っていただきたいことを中心に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/04/03 14:27

司法書士 山田 剛 さんのブログ記事

  • もう少し、お待ちください 〜相続法の改正
  • 相続法の改正案が、7月6日に成立しました。この改正は、私たちに身近な『相続』に大きな影響を与えるもので、さっそく、「相続が変わったんでしょう?」と話しに出ましたが、改正法が成立しても、これが施行されて、実際に効力を持つようになるのはもう少し後になります。そこで、これから不定期になるとは思いますが、何回かに分けて、主な改正点について説明します。ということで、今回は、自筆証書遺言についての改正点につい [続きを読む]
  • またこの時期に・・・ 〜豪雨災害
  • 昨年に続き、また7月初めの豪雨特に今年は、西日本の各地で災害が発生したようです。どうなったしまったのか・・・この数日間で、『観測史上最大の・・・』や、『記録的な豪雨』という言葉を何度聞いたことか・・・本当に、自然災害の恐ろしさを感じます。そんな中、昨日は登記済証(登記識別情報)を届けに、筑豊地区に行きましたが、これまで何度か書きましたが、筑豊地区に行くためには峠を越えて行かなければなりません。続き [続きを読む]
  • そんなばかな!? 〜ほれ薬で弁護士懲戒
  • 昨日、仕事がひと段落してネットに接続したところ、目が点に・・・というのは、次のようなニュースの見出しが目にとまったからです。『ほれ薬?を女性に飲ませようとした弁護士を懲戒処分』(朝日新聞ネット版)「はあ? なんこれ?」気になって、記事に目を通したところ、40代の男性弁護士が、女性の飲み物に『ほれ薬』と称する液体を入れて飲ませようとしたが、女性に気づかれたと。それで後日、女性の関係者から所属する弁護 [続きを読む]
  • 睡眠不足・・・ 〜黒川博行さん新刊②
  • いやーー、面白かった!!黒川博行さんの新刊、『泥濘(ぬかるみ)』(文芸春秋社)昨日のブログで「まだ半分くらいしか読んでいませんが」と書きましたが、昨日の夜、仕事が終わって夕飯もそこそこに読み始め、仕事の本ではこうは行かない、という集中力と持続力を発揮して、今朝方までかかって読み終えました。おかげで、寝不足・・・(今日寝不足の人は、ほとんどがサッカーでしょうが・・・)続きを読む [続きを読む]
  • 出ましたよー! 〜黒川博行さん新刊
  • 5月の下旬ごろでしたか・・・私の大好きな作家、「黒川博行」さんの名前で検索したところ、『6月29日に文芸春秋社から新刊(泥濘(ぬかるみ))が出る』と・・・「やったー、楽しみー」と、さっそく手帳に書き込んで(何書いてる)、待ちに待った6月29日の午後3時過ぎ、外出したついでに(ホントかー?)全国チェーンの本屋さんへ・・・(経験上、全国チェーンの本屋さんの方が新刊の入荷が早いようです)ウキウキしながら [続きを読む]
  • こんなときに・・・ 〜外壁改修工事
  • 昨日は、曽祖父、祖父、父のそれぞれが被相続人となる相続登記の申請申請書の数は7件、ということは、その数だけの相続関係説明図や協議書などがあります。相続関係説明図をPDFにして、協議書や印鑑証明書などをコピーして、申請書ごとに揃えて・・・「もーー、ゴチャゴチャする!」と、悪戦苦闘していたところ、どこからともなく漂ってきた “ ツーーーン ” とする独特の臭い「あー! 有機溶剤?!」続きを読む [続きを読む]
  • 早くやらないから・・・ 〜遺産分割
  • もう1年以上前になりますか・・・遺産分割について相談を受けていたAさん年齢は60代半ばで、相談というのが、簡単にまとめると、『父の相続で、母はすでに死亡していて、子供はAさんを含めて4人 この4人の間では、父の生前に、実家の土地・建物を含めて、 相続財産は自分が一人で相続することで合意をしているが、 今後の手続きを教えてほしい』という内容でした。続きを読む [続きを読む]
  • ぬか喜び 〜成年被後見人の不動産売却
  • 私が成年後見人に就任しているAさんかつての自宅の売却のために後見開始の申立てがされたのですが、この自宅というのが、がかなり田舎にある10年ほど空き家になっている大きな一戸建てのため、最初にAさんが不動産業者に売却の依頼をされてから3年、私が成年後見人に就任してから1年、ほとんど内覧の希望もない状態でした。そんなAさん宅について、不動産業者の方から、「内覧の希望がありました」という連絡・・・続きを読む [続きを読む]
  • そんなに美味しいの? 〜夏の始まり
  • 今日は『夏至』、一年中で、一番昼が長い日『冬至』には、かぼちゃを食べる、柚子湯に入るという習慣がありますが(だいぶ廃れているかもしれません)、『夏至』にも、なにか習慣のようなものがあるのでしょうか?個人的には『夏至』だからといって、何かをやったとういう記憶はありません。そう言えば、大阪ではタコを食べると聞いたことがあるけど・・・。で、『夏至』は梅雨の真っ只中。つまり、夏の始まりです(かなり強引です [続きを読む]
  • 初めてでした 〜手話通訳による相談
  • 先日、初めて手話通訳を介した相談を受けました。最初に電話で連絡をいただいたのは、手話通訳をされる方からで、「本人はろうあ者なので、手話でも相談を受けてもらえますか?」ということでした。「私は手話はできませんので、手話通訳の方に同行してもらえるなら、 相談はお受けしますよ」と答えると、電話の主が手話通訳として同行していただけると・・・それで相談をお受けすることになりました。続きを読む [続きを読む]
  • なんで、また? 〜大阪北部地震
  • 大阪北部地域での地震公共交通機関がマヒして、大混乱のようです。それにしても、また、ブロック塀が倒壊して犠牲者が出てしまいました。なんで?これまで大規模な地震があるたびに、ブロック塀が倒壊して犠牲者が出て、危険性が報道されていたのに、これまでの教訓はどうなったのでしょうか?しかも、今回は小学校という公共施設での倒壊です。続きを読む [続きを読む]
  • 今年は自ら・・・ 〜ハンドルキーパー
  • 先日の土曜日は、高校の同窓会の年に1回の総会大昔の高等女学校の頃から、各期の有志(?)が一堂に会する盛大な会です。以前このブログで、同窓会の当日のご指名でハンドルキーパーをしたという話しを書きましたが(アルコールは任意引退しています)、(この記事は、2017年1月29日付、『指をくわえて・・・ 〜高校の同窓会』をご覧ください)今年もあてにされているようで、近くに住んでいるA子から同窓会の連絡があっ [続きを読む]
  • 養育費はどうなる? 〜改正民法成立(成人年齢の引下げ)
  • 成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法の改正法が成立しました。この改正が施行されるのは2022年4月1日、あと3年半後です。さっそく、「成人式が現在のように1月であれば、大学受験で参加できなくなる」、「2022年度の成人式は2023年の1月なので、この成人式には18歳から20歳までが参加するのか」、「高校生の間に晴着を注文しなければ・・・」といった記事を多く見かけましたが、私が気になるのは、「 [続きを読む]
  • なかなか終わらない 〜戸籍収集
  • 相続登記で必要な戸籍死亡された不動産の登記名義人(被相続人)と、相続人のうち死亡された方は、12歳くらいから死亡までのすべての戸籍謄本が必要で、(生存している)相続人は、現在の戸籍の謄本又は抄本が必要です。前者は相続人を探す必要があるから(これ以外に相続人はいないという確認ため)で、後者は相続人が健在であることが確認できればいいからです。そして、相続登記を依頼を受けて、戸籍の収集も依頼されたときは [続きを読む]
  • やっぱり、準備が大切です 〜遺留分
  • 「遺留分についてお聞きしたい」というAさんの相談なんでも、Aさんの父が死亡し、一人息子のAさんに『全財産を相続させる』という遺言書があるが、父の後妻さんから遺留分を請求されていると・・・最近、遺留分が問題となることが多いな、と思いながら、「遺留分を請求された以上、支払わないということはできません」と答えると、「それは分かっているんですが、遺留分を引き下げることはできないんですか?」とAさん「遺留分の引 [続きを読む]
  • メールが来ないけど? 〜オンライン申請
  • 先日、遠方の法務局に法人の登記をオンラインで申請しました。申請後に、添付書類はその法務局宛にレターパックで郵送・・・かなり便利になりましたね。オンライン申請が導入される前は、郵送なんてもってのほか日本中どこでも、「持って来い」ってことでしたが・・・で、オンライン申請をした後は、登記・供託オンライン申請システムから「申請を受け付けた」というメールが来て、次は、「書類が到達した」というメールが来ます。 [続きを読む]
  • ちょっと待ったー! 〜相続放棄
  • 「10日前に死亡した父に借金があることがわかったので、相続放棄をしたい」という相談お話を伺うと、その父という人は、“まじめ一方の会社員で、定年まであと1年というところで病気で急死したが、 遺品を整理していたところ、遺品の中から消費者金融会社の利用明細が出てきて、 死亡する20日ほど前に30万円を借り入れていたことがわかり、 他にも借金があるかもわからないので、相続放棄をしたいということで、 あわてて相 [続きを読む]
  • 自動では替わりません 〜不動産の登記名義人
  • 父から相続した不動産を「売却しようか?」と考えたAさん不動産会社に売却の相談に行ったところ、「まず、相続登記をしてください」と言われたそうですが、「市役所から『相続人なんとか』とかいう書類が送ってきたんで、 妹とは自分が相続することで話がついているので、自分を書いて送り返して、 それから固定資産税の納付書が自分宛に送ってきているのに、 相続登記をしなければならないのか?」という問い合わせ・・・続きを読 [続きを読む]
  • 次から次へと・・・ 〜相続登記未了の不動産
  • 「ひーじーさんから名義が代わってないんです・・・」という電話なんでも、昨年父がなくなり、相続財産である不動産の登記事項証明書を請求したそうで、こんな電話がかかってきました。それで、登記事項証明書の確認と、詳しい話を伺うために、電話の主のお宅に向かいました。曽祖父、祖父、父、そして依頼者という4世代の相続か・・・相続人が多くなければいいけど・・・などと考えならが・・・続きを読む [続きを読む]
  • たっか! 〜ガソリン代
  • 仕事になくてはならないもの・・・パソコンに電話、ファックスはもちろんですが、車もなくてはならないものになっています。昨日の土曜日のこと、車で遠方の依頼者のお宅に向かいました。まずは腹ごしらえと、ローカルフードのうどん屋さんに立ち寄った後、ふと、ガソリンメーターに目をやると、残りが4分の1を切っている・・・こりゃ、早めに給油しとこうと、目についたセルフのガソリンスタンドに車を入れました。続きを読む [続きを読む]
  • ついにこの日が・・・ 〜フィルムカメラの販売中止
  • 大手カメラメーカーのキャノンが、ついにフィルムカメラの販売を中止したそうですね。これで日本のカメラメーカーで残っているフィルムカメラは、ニコンの2機種だけとか・・・、時代の流れを感じます。思い起こせば・・・うわーー、もう40年ほど前になりますが、私が大学生になって下宿生活を始めて、最初に買ったのがカメラでした。(もちろんフィルムカメラです。当時はこんな言葉はありませんでしたが・・・)続きを読む [続きを読む]
  • 納得できない! 〜法定相続分
  • Aさんが死亡して、子供のBさんとCさんが相続人になりました。ところが、Cさんという人が若いころからお金で何度も問題を起こし、その度に、AさんやBさん、そして親族にまで迷惑をかけていて、ついにAさんから「この家の敷居はまたがせない」と言われてしまい、それから20年以上、音信不通の状態でした。そして、元気だったAさんが自分の相続について何も準備をしないまま突然亡くなったところ、Cさんは早々に弁護士に依頼をして [続きを読む]
  • 「これは何ですか?」 〜登記事項証明書の記載事項
  • 相続登記の依頼で、事務所から峠を越えて筑豊地区の依頼者のお宅にお邪魔したときのこと・・・相続された不動産を確認するために登記済証(権利証)を見ていたところ、「こんなんもありますよ」と言って、依頼者の方が差し出されたのは、年季の入った茶封筒に入った登記事項証明書が10通ほどそれを受け取って確認しようとしたところ、依頼者の方がそのうちの1通を取り出して、「そうそう、何か変なのがあって・・・、これこれ、 [続きを読む]