ルミコ さん プロフィール

  •  
ルミコさん: フタリノトビラ
ハンドル名ルミコ さん
ブログタイトルフタリノトビラ
ブログURLhttp://futarinotobira.blog.fc2.com/
サイト紹介文夫婦2人暮らしのさらなるシアワセノカタチを探して、いざ前進!
自由文不妊治療を卒業して2年が過ぎ、目の前に現れた新たな扉の前でアワアワ。不妊騒動は終焉を迎えたものの、ふたたびやってきた人生の岐路に、そうだ、あいつに書いて貰おう!このまとまらない胸のモヤモヤをあいつに整理してもらおう! ……と、いうことでルミコ再び。基本的には、自分の心の整理のために書いています。今回は、なんの参考にもならない独り言の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/04/03 14:42

ルミコ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「私、子供いないので!」という魔法の言葉。
  • うちには子供がいないこと、今後もいないということを、さほど親しくない人に言う場面って、結構あるなと思う。昨晩、不動産投資の営業電話がかかってきて、その営業トークの要領の悪さに、最初は何目的の電話なのかわからず話を聞いてしまった。「マンションの家賃が毎月10万ほど入って来ることになったら、安心ではないですか?」何事もなくただ入って来るんだったらそりゃいいに決まってるという当たり前のことから始まり、「老 [続きを読む]
  • たどり着いたシアワセノカタチ。
  • ※ドラマ「隣の家族は青く見える」最終話のネタバレも含みます。ひとつクリニックで待たせている受精卵がある。夫は、凍結期限が近くなるまで戻さなくて良いのではないかと言った。夫と2人でクリニックへ行き、先生と向かい合い口を開いたのは夫のほうだった。「卵はひとつありますが、これまでずっと続けてやってきたのでしばらく休ませてあげたいんです」どうにかなるんじゃない? っていうふんわりした気持ちで始めた不妊治療 [続きを読む]
  • ドラマとわたし。
  • ※「隣の家族は青くみえる」9話のネタバレ含みます「私、ルミちゃんの本、何回も何回も暗記するくらい読んだヘビーユーザーなんだけどさ、昨日の深キョンのドラマの最後の手紙のところ、このセリフ私本で読んだよって思っちゃった! まさか協力とかしてるわけじゃないよね? このドラマ、ルミちゃんどんな気持ちで見てるのかな〜って真っ先に思ったんだよ」と、ついさっき同級生に指摘されるくらい、昨日のくだりは鮮やかに過去 [続きを読む]
  • 目の前に、まだ登れる山があるのに。
  • ※ドラマ「隣の家族は青く見える」7話のネタバレ含みます。配慮足りなくて追記スミマセン^^;「おまえがカウンセリングかよ!」……と、夫と声を揃えて突っ込んだわ……。しかも、カウンセリング受けた挙げ句、「不妊治療もうやめない? あとは自然にまかせて」とか言い出すって、カウンセラーも、ちゃんと仕事して!(笑)プロポーズの言葉が「俺の子供を産んでください!」だもんねえ……、そういえばそうだったわ、1話。結 [続きを読む]
  • ドラマのはなし。
  • 「う〜ん、人工授精4回目か〜」と、ドラマを見ながらつぶやく私を、夫はハテナという顔で見ていた。この話を身近で分かち合えるのは、今や夫くらいなのに、とっくに旬が過ぎた今現在、あんまり当時のことを覚えてなくて役に立たない(笑)。人工授精は最初の1回目が一番成功確率が高くて、だんだん下降線をたどる……んだったっけ。ドラマでは深キョンとマツケンの夫婦も、いつの間にやら4回目失敗というところまで来ていた。最 [続きを読む]
  • 見ることができなかった景色。
  • 泣けるよ、ここぞというところのミスチルも泣けるのよ。次のシーンに変わっても、まだ同じ場面を反芻して涙が流れる。生暖かい気持ちで見始めた深キョンとマツケンのドラマ。「妊活」って漢字で表さなくても「音」で通じる世の中になって、「もう渦中にはいない私」こと妊活の有識者代表を泣かすポイントが実に絶妙にちりばめられていて。たぶん、経験者は皆、泣きポイントがあると思うのだけど、私の場合は圧倒的にマツケンのシー [続きを読む]
  • 「代理出産」という選択と私。
  • 書くことで癒されていたはずの私が、沈黙が板についてきてはや何ヶ月?今年の漢字一文字も発表せぬまま、年を越してしまった! しかも年もひとつ重ねて、前ブログを書き始めたころから10年! あのころも自分のことを書いているだけでもたびたび炎上して、なかなかエキサイティングなブログライフだったけど、今は書くことで癒されるはずが傷つきそうで難しい世の中だなあと思うこのごろ。代理出産のことも、昔でさえも一言書いた [続きを読む]
  • 「子供が授からなくても幸せに暮らしている夫婦」
  • 都会を離れて早くも2度目の夏がやってきました。引っ越しと移住が決まってからの心のザワザワ感を思い返すと、今はなんとも穏やかで、特別なことは何もないけれど、日々過ぎていくのが早くて早くて。先日、またしても私のところに取材の依頼がありました。そうだった、ひとつ取材を受けると次々取材のオファーって来るんだった。不妊界は常に人員不足だからね。今回は、不妊治療を扱う記事の中で、「子供が授からなくても幸せに暮 [続きを読む]
  • 米と菌と想い出と。
  • 東京を離れて間もなく2年となります。もともと郷土愛もさほどなく、モノとヒトがあふれた東京のごちゃごちゃ感が好きだった。昨年末、仕事で東京へ行ったときに、ラッシュ時の新宿駅の構内で、20代のときによく一緒に仕事をしていた懐かしい人に偶然出会った。「すみません!すみません!」と言いながら、人混みをかき分けて腕をつかんで、わーー!久しぶり!と盛り上がる。こんなに人があふれていて、絶対に知り合いに会えそうも [続きを読む]
  • 理想の暮らし。
  • こちらに引っ越して来て歯医者に通うことになったのだけど、とにかく病院という病院すべてが初診なので、問診票の記入とカウンセリングから始まる。私が通っている歯医者は、インプラントや審美歯科などもやっている最新設備の病院で、初診患者は問診票だけじゃなくて歯科衛生士の対面問診も受けなければならない。これまでの治療のイヤだった出来事だとか、どんなふうに治療したいかとか、いろんなコトを細かく聞かれて最後の質問 [続きを読む]
  • 取材を受けました。
  • 昨年取材を受けた、光文社の「STORY」3月号が発売になりました。「私たちのCHALLENGE STORY」という読み物連載企画で、『「不妊治療」からの勇気ある撤退』というテーマでした。私を含め7人の経験談が掲載されております。そして、私を含め5人が撮影ありの実名で取材を受けています!ひとつ前の記事でも触れましたが、こちらの雑誌からルミコに取材オファーが来たのは2度目でした。「4年前に一度取材を断られたのですが」と言って [続きを読む]
  • 不妊治療の出口。
  • 新しい生活を始めて、2度目の年越しでした。ああ、本当にあっという間に時間が過ぎてしまい、気がつけば昨年はここのブログも4回しか更新してない!書きたいことはいろいろあったはずなのに、日々に忙殺されダメだなあ。昨年の漢字一文字は「再」でした。一昨年は「捨」で、捨てて捨てて捨てまくって再始動っていう感じでしょうか。この街で4つの季節を過ごし、ようやく生活リズムが落ち着いて、少しだけ「住んでる感」が出てきま [続きを読む]
  • 電子版シアワセノカタチ。
  • ココログのほうでも更新しましたが、明日、書籍版「シアワセノカタチ」の、電子書籍版がリリースされます。電子書籍、ひまひとつよくわからないのですが(笑)、amazonのkindle版以外にもいろんなところで購入できるようです。表紙は契約の関係で、書籍とは異なり、実写版になります。今年の夏に撮影されました。もともと、紙の書籍のときにもイラストレーターの方が写真を参考にして描かれたので、やっぱりとてもよく似ています( [続きを読む]
  • シアワセノカタチ。
  • ココログのほうのブログ「シアワセノカタチ」を更新しました。もうあっちのブログは更新することはないかな〜と思っていたのですが、なかなか過去にはならないようで。お知らせ兼ねて、あちらで少しだけ更新したら、またこちらに戻って来ます。↓高齢赤ちゃん待ちっていうバナーがすでに懐かしかった!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 気持ちが吹っ切れるまでの平均時間。
  • 東京を離れて1年が過ぎてしまいました。離れるまでの葛藤やあれやこれやを思い返すと、なんてあっという間の1年だったんだろうとビックリする。家の工事が完了するまでは毎日がドタバタで、ドタバタしているのを言い訳に、こちらの生活に今ひとつ馴染めてないまま時は過ぎ、そろそろ長い旅行気分だった私たち夫婦も、この街で根を張り始めるころでしょうか。夏の終わりからユルユルと始めたネイルサロンも、いつの間にかなんとなく [続きを読む]
  • 過去の記事 …