行政書士・夫婦カウンセラーゆらこ さん プロフィール

  •  
行政書士・夫婦カウンセラーゆらこさん: 行政書士・カウンセラーゆらこのわかりやすい離婚の話
ハンドル名行政書士・夫婦カウンセラーゆらこ さん
ブログタイトル行政書士・カウンセラーゆらこのわかりやすい離婚の話
ブログURLhttps://ameblo.jp/yurakosan/
サイト紹介文行政書士・夫婦カウンセラーで元法律事務職員、シングルマザーのゆらこが離婚に役立つ情報を書いています。
自由文兵庫県行政書士会会員、夫婦問題レスキュー隊認定カウンセラーのゆらこです。
夫婦トラブルの相談、協議離婚サポートを専門に行っています。
夫婦トラブルで悩む方や離婚を考える方の相談窓口となり、一般的な手続のみに縛られず、それぞれの方の状況に即したアドバイスを行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供82回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/04/04 17:01

行政書士・夫婦カウンセラーゆらこ さんのブログ記事

  • 離婚届を出したらスッキリする?
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 離婚を希望する若い女性の方の中には、一刻も早く離婚届を出してスッキリしたいという人が多いです。 けれど、離婚届を出した途端スッキリして、それ以降は何もないということはないと思います。 一旦はスッキリするかもしれませんが、その後も何かと小さい問題が起こることはあるのが普通です。 たとえば、元夫が速やかに諸手続きをしてくれない、養育費や面会のことで [続きを読む]
  • 離婚届がすぐに出せないケースとは?
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 協議離婚するとなると、夫婦双方が離婚届に署名捺印する必要があります。 離婚するかどうかでもめていたけれど、お互いが納得してようやく離婚届に署名捺印が完了したら、早く離婚届を出してしまいたいと思うかもしれません。 ですが、「さあ役所に離婚届を出そう!」と思ったとき、すぐに出せないケースがあります。 たとえば、下記のようなケースになります。 ①本籍地 [続きを読む]
  • 相手の気持ちを考える離婚
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 協議離婚というのはお互いが合意して初めて離婚が成立するものですから、相手の気持ちを無視するわけにはいきません。 ですから、協議離婚の際に、相手の気持ちを考えるということは、とても大切なことだと思います。 日本では、結婚するときには、お互いが合意しないと結婚できません。 日本国憲法にも、「婚姻は、両性の合意に基いて成立し…」(第24条)と書いてあり [続きを読む]
  • 離婚時に夫や妻の浮気相手に慰謝料請求するには
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 夫や妻の浮気、不貞行為が原因で離婚になった場合、夫や妻だけでなく、浮気相手にも慰謝料請求をすることができます。 浮気相手への慰謝料請求は、必ず内容証明を出さなければならないとか、裁判を起こさないとならないとかいうわけではありません。 これも話し合いで決着がつくのであれば、当事者間の話し合いで決めてOKです。 当オフィスで協議離婚サポートを受けられ [続きを読む]
  • 結婚とは「学び」です
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 私は、結婚というのは一言でいうと「学び」であると思っています。 我々が生まれてきた目的は、いろんなことを学びながら、人間として成長していくことです。 結婚も学びの場の1つですが、人生にはほかにも学びのチャンスはたくさんあります。 結婚しなくてもいろいろなことを学んで成長していくことはできますから、別に結婚にこだわる必要はありません。 ですが、結婚ほ [続きを読む]
  • 離婚で不安な気持ちになったなら
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚のときというのは、特に女性は不安な気持ちになることが多いと思います。 十分なお金がなければそれだけで不安ですが、仮にそれなりのお金があったとしても、本当にやっていけるのかと、やはり不安になるんじゃないでしょうか。 離婚というのは、ライフイベントの中でも特にネガティブイメージが強いですから、理由もわからず不安になるものです。 不安な気持ちをな [続きを読む]
  • 進学時にかかる費用の取り決め
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚の際に子どもがいれば取り決めしなければならない養育費。 養育費を決める際には、毎月の生活費として受け渡しする分以外に、特別の費用として臨時でかかる分についても取り決めしておくのがおすすめです。 特別の費用とは、一般的には病気や進学のときの費用を言います。 と言っても、ひとり親家庭の場合には、自治体の医療費助成が受けられますから、病気のときの [続きを読む]
  • 離婚で「失敗した」とみじめな気持ちになったなら
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 離婚の相談に来られる人は、いろいろなことに納得がいかない思いと同時に、自分に自信がなくなってみじめな思いも抱えています。 他のトラブルと違って、離婚というのは、どんなケースでも、相手が100%悪いとは言いにくいところがあります。 相手を悪者にすればするほど、「そんなひどい相手を選んだのはほかならぬ自分」ということも浮き彫りになってしまいますから、心 [続きを読む]
  • 協議離婚の流れ
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 今回は、協議離婚の流れについてまとめてみます。 協議離婚というのは、基本的には、お互いが離婚するということで合意し、離婚届に署名捺印して役所に出せばそれでできることになっています。 ですが、実際のところ、離婚届を出すだけであとは何もしなくて良いなんてことはほとんどないと思います。 特に、子どもを引き取る女性の方は、離婚前後にやっておかなければなら [続きを読む]
  • 今月のゆらこ事務所
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 事務所を大阪市北区西天満に移転してからもうすぐ1か月。お祝いもいろいろいただきました。 きれいな胡蝶蘭。ありがとうございます。 美味しい日本酒。ありがとうございます。 ここ西天満は、私にとってはとてもなじみのある場所です。 初めて西天満で働いたのは、20代の終わり頃、司法書士事務所でアルバイトしたときでした。 その後、西天満の法律事務所に就職。 西 [続きを読む]
  • 女性が一人で子どもを育てていけない社会っておかしい
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 私は、バツイチのシングルマザーですが、「バツイチ」とか「シングルマザー」とか言われるのは、実はあまり好きではありません。 バツイチである前に一人の女性だし、シングルマザーかどうかに関係なく一人の母親だと思っているからです。 私も、この仕事を始めた当初は、「シングルマザー行政書士」というキャッチフレーズを使っていた時期がありましたが、何かしっくり [続きを読む]
  • 円満離婚したいなら相手に家族レベルの期待をしない
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 離婚の話し合いをしようとすると、必ずケンカになってしまうという人も多いと思います。 離婚の話し合いがうまくいかないのは、相手をまだ家族と思い、家族レベルの信用を求めたり、期待をしたりしているからです。 日本人は、特に、家族は絶対と思っている、家族絶対主義の人が多いように思います。 何よりも家族が大事、家族だけは守りたい、家族しか信用できないとい [続きを読む]
  • 離婚の話し合いはどこでする?
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 離婚についての話し合いをするとき、いつ、どこでしたら良いのかということで悩んでしまうことがあります。 たとえば、家では子どもがいて落ち着いて話ができないということもあります。 また、そもそも仕事している時間帯や休みの日が違い、家ではすれ違いということも、離婚に至る夫婦ならありがちかもしれません。 既に別居している夫婦なら、話し合いのためとはいえ、 [続きを読む]
  • 離婚するなら何月がいい?
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚するときというのは、立場や環境が大きく変わりますから、離婚するタイミングというのは重要です。 離婚するなら1年のうちいつ頃がいいのかと考える人も多いのではないでしょうか? 離婚するタイミングとして、3月という年度末を選ぶ人もいます。 離婚の際に引っ越しをする人も多いですが、子どもを転校させるにも、年度末のキリのいいときの方がいいと思うもので [続きを読む]
  • 男性が協議離婚で気を付けたいポイント
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 当オフィスで行っている協議離婚サポートは、円満離婚をサポートするもので、夫婦のどちらかに一方的に有利な離婚を目指すものではありません。 ご相談の段階では相手に内緒で相談に来られる人が多いですが、正式に依頼をされるときには、行政書士のサポートを受けるということについて、事前に相手の同意をとってもらっています。 夫、妻のどちらが窓口になっても、他方 [続きを読む]
  • 離婚公正証書の送達とは
  • こんにちは。行政書士・離婚カウンセラーのゆらこです。 公証役場で公正証書を作成するときに、送達という手続きをすることがあります。 送達とは、義務者に対して、公正証書を送付する手続きになります。 前回書いたとおり、公正証書では、お金を受け取る側が権利者、お金を支払う側が義務者と呼ばれます。(→「公証役場での公正証書作成の流れ」) 離婚公正証書で、養育費を払うのが夫であれば、妻が権利者、夫が義務者という [続きを読む]
  • 公証役場での公正証書作成の流れ
  • こんにちは。行政書士・カウンセラーのゆらこです。 今日は公証役場に行って、離婚公正証書を作る当日の流れについて説明します。 公正証書は公証役場に行けばすぐにその場で作ってもらえると思っている人も少なからずいるようなのですが、そうではありません。 公正証書を作ってもらうには、事前に公証人との打ち合わせが必要です。 公証人と打ち合わせして公正証書の原稿を作ってもらった後、予約しておいた調印日に改めて公 [続きを読む]
  • 離婚前後で戸籍謄本が必要な場面
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚の前後というのは、何かと戸籍謄本が必要になります。 多くの人にとって、戸籍謄本が必要になる場面というのは、離婚のときか相続のときくらいなんじゃないかと思います。 結婚するときには、婚姻届を出すときにも戸籍抄本でかまいませんから、戸籍謄本まで取る機会はあまりないと思います。 ちなみに、戸籍謄本というのはその戸籍に入っている人全員が記載されている [続きを読む]
  • 面会交流の取り決めのポイント
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 協議離婚する際には、子どもと別居する親との面会交流について定めるものと、民法でも規定されています。 面会交流についてはあまり細かく決め過ぎてもうまくいきにくいですし、アバウトな決め方をしてしまうと特に離れることになる親にとっては不安が残るところです。 やはり、ある程度具体的なルールは決めておいた方が良いですから、離婚の際にはきちんと話し合ってお [続きを読む]
  • 離婚後の面会をスムーズにするには
  • こんにちは。夫婦カウンセラー・行政書士のゆらこです。 世間はお盆休み真っ只中ですね。 離婚でお父さんと離れてしまったお子さんは、夏休みにお父さんと面会をすることも多いと思います。 普段お子さんと離れて暮らしているお父さんにとっても、待ちに待った時間かもしれません。 子どもというのは、あっという間に成長するものです。 離婚でお子さんと離れてしまい、あまり面会ができていない男性の方は、お子さんについては [続きを読む]
  • 児童扶養手当と離婚協議書
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚などでひとり親となって子どもを育てている人の中には、児童扶養手当を受給している人が多いと思います。 児童扶養手当を受給している人は、毎年8月に、住んでいる自治体(市区町村)に現況届を提出することになっています。 児童扶養手当は、8月から翌年7月までが1つの年度となっているため、8月に現況届を提出しなければ、その年度の分がもらえないことになります。 [続きを読む]
  • 養育費は前倒しでもらうこともできます
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚時にお子さんがいる場合に取り決めが必要になる養育費。 養育費は、子どもにかかる毎月の生活費として、月々必要な額を支払ってもらうケースが多いと思います。 しかし、養育費は別に毎月払いにしなくてもかまいません。 たとえば、離婚時に、子どもが成人するまで(または大学卒業まで)の養育費を一括払いすることも可能です。 また、一括払いはできないけれど、 [続きを読む]
  • 男性からの離婚公正証書作成依頼も多いです
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚の際に、養育費や慰謝料などのお金を払うことになるのは、ほとんどの場合男性の方です。 離婚公正証書というのは基本的にお金の支払いを確保するために作るものですから、積極的に公正証書作成を希望するのは、女性側であることが多いです。 お金を支払う男性側にとっては、公正証書があれば支払いを怠ったときにすぐに差押えされてしまう可能性がありますから、でき [続きを読む]
  • 円満離婚したいなら謝ることも大事
  • こんにちは。行政書士・夫婦カウンセラーのゆらこです。 離婚する夫婦というのは、どちらか一方が100%悪いというケースはあまりありません。 じっくりお話を聞いてみると、相手のことを責めながらでも、「自分も悪いところがあった」とおっしゃる人がほとんどです。 離婚に至るまでの過程において、「自分にも落ち度があった」「自分も相手を傷つけてしまった」ということに関しては、たいていの人が自覚しています。 しかし、 [続きを読む]