shoun さん プロフィール

  •  
shounさん: 時代の地滑り(親父の小言)
ハンドル名shoun さん
ブログタイトル時代の地滑り(親父の小言)
ブログURLhttps://ameblo.jp/seikenshoun/
サイト紹介文時代の問題、社会の問題を、親父目線で鋭く、またユーモアを持って風刺する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供420回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2014/04/04 21:46

shoun さんのブログ記事

  • 雨の中のクモの巣
  • 毎日、雨の話題のようで申し訳ないが、今日も雨が続いている。もう4日くらい太陽と会えないのだ。この地方毎年のことだが、雨の日が続き『蝦夷梅雨』と言われている。朝外の空気を吸いに庭に出たら、たくさんの雲の巣があった。雨で水滴が出来、浮かび上がって来たのだ。これもまた美に見えた。 [続きを読む]
  • 雨後の小世界
  • 週末の書道の夏合宿を終えた。例年7月開催している合宿だが、今年は諸事情で6月合宿。それでも100人近い人が集まり、いい学習をしていた。※さて、日が変わって月曜日。再び普通の日に戻った。雨が降った後の美しい世界はあるのか?…。 [続きを読む]
  • 青一色…支笏湖
  • 夕方からの会議で、何時も通る支笏湖を、午後2時過ぎに通った。風は強かったが、青空が広がり、やや波の高い支笏湖があった。青一色に染まった支笏湖。やはり美しかった。 [続きを読む]
  • 水の星の潤い…
  • 地球は水の星である。地球の6割は海に覆われ、私たちの身体は、9割が水で出来ている。水の星の瑞々しさを目にした。まるでダイヤモンドのような輝く水滴。宝石で飾られたような植物。そこには潤った小さな地球が、たくさんあるように見えた。心も瑞々しくありたいと思った。 [続きを読む]
  • 可愛い双子のトマト
  • 食事のスタートは、生野菜からスタートする。レタスにキュウリ、トマト、キャベツ…。さて、赤い小さなミニトマトを食べようと、箸で持ち上げると、2個連なって来た。なんと!? 可愛い双子のトマトではないか。「思わずラッキー!!」ニッコリ笑ってしまった。 [続きを読む]
  • 雨滴いろいろ…雨模様
  • 台風の影響でしょうか。やや強い雨が降り続いています。今朝の気温は10℃〜12℃。寒暖差があまりない。軒下は強い雨垂れが、絶え間なく落ち、まるで荒れた海の様相。 一方路上は、ポツポツと水紋を描く。雨滴の世界も色々だ。 [続きを読む]
  • 可愛い小さな白い花
  • 今朝は雨模様。気温も下がり予想気温は、最高14℃、最低12℃。ストーブが恋しいです。さて、いつも楽しい森の散歩。小さくかわいい白い花の紹介です。 一つのマイズルソウは分かりました。 でも、もう一つのこの花が分かりません。図鑑を丹念に見ても、見つからないのです。でも、綺麗な野花でした。 [続きを読む]
  • 屋根の上の星屑
  • 驚嘆する美しさだった。我が家の屋根の上の天空に、こんな無数の星があるのか…。目を見開いて、しっかりと見た。昨日は半日雨。孫の運動会も雨の中行われたが、その雨が空気を清浄したのだろう。とにかく見て下さい。この星屑。 [続きを読む]
  • キビタキ発見!…
  • すっかり緑が深くなった。北海道のこの時期は、とてもいい季節。野山に花が咲いて、空気がとても爽やかだ。ふと! 小鳥の鳴き声に目をやると、鮮やかな黄をまとったキビタキだった。可愛い鳥だ。 [続きを読む]
  • 静寂なる朝の湖
  • いつもより1時間ほど早く起きた。まもなく雨が降るのだろうか?。灰色の雲が天空を覆っていたが、近くのポロト湖に足を運んだ。湖は静かだった。ハスの葉が水面に浮かび、アヤメが湖畔で咲いている。鏡のような湖面は周囲の森を映す。小鳥が囀り飛び交う、平和な朝だった。 [続きを読む]
  • 墨象の魅力…個展を見る!
  • 墨象の書家・山崎光雲先生が、札幌の大丸藤井セントラルで昨日から個展を開催。今日時間が取れたので、早速見に行くことが出来た。山崎先生は、一昨年北海道書道展で大賞を受賞している。隣り街と言うことで、親しくさせて頂いている。山崎先生の作品は、芸術性が高く、迫力がある。ボンドや膠で自ら墨を作り、一気呵成に書き個性あふれる作品だ。今回の個展では、膠作品を中心に、ボンド、淡墨など、16点が展示されていた。素晴 [続きを読む]
  • 墨象の魅力…個展を見る!
  • 墨象の書家・山崎光雲先生が、札幌の大丸藤井セントラルで昨日から個展を開催。今日時間が取れたので、早速見に行くことが出来た。山崎先生は、一昨年北海道書道展で大賞を受賞している。隣り街と言うことで、親しくさせて頂いている。山崎先生の作品は、芸術性が高く、迫力がある。ボンドや膠で自ら墨を作り、一気呵成に書き個性あふれる作品だ。今回の個展では、膠作品を中心に、ボンド、淡墨など、16点が展示されていた。素晴 [続きを読む]