天女山 さん プロフィール

  •  
天女山さん: 八ヶ岳通い〜八ヶ岳に住む
ハンドル名天女山 さん
ブログタイトル八ヶ岳通い〜八ヶ岳に住む
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/may2009cool
サイト紹介文ブログ4年目。山登り・森の楽しみ・森遊び、神奈川と八ヶ岳を往復する中での出来事を・・。
自由文八ヶ岳通いを始めて4年、念願の八ヶ岳暮らしにチャレンジすることになりました。フルタイムで仕事をしながら、休日登山も楽しみたい・・・。やりたいことはたくさんあるけど、寒い八ヶ岳の気候の中でどうなるでしょうか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/04/05 15:12

天女山 さんのブログ記事

  • 5年目 家のリフォーム
  • 2013年夏、八ケ岳で出会った中古のハンドカットログハウスに惹かれて、そのまま購入。基礎のログは素敵なのに手入れする人がいなくなった家は、朽ちるのを待っているかのようで手を差し伸べずにはいられなかった。それで、購入してすぐ必要なところから改修をした。その様子は、ブログの八ヶ岳リフォーム工事 や、山岳高原景観形成地域 にある。家を買った理由も「なぜ八ヶ岳に家を・・・? 」https://blogs.yahoo.co.jp/may200 [続きを読む]
  • 冠雪の阿弥陀岳登山(2805m)
  • 阿弥陀岳の岩場の途中で下を見下ろすと、こんな怖い急斜面↓だいぶ前に八ヶ岳縦走をした時、天狗岳〜硫黄岳〜横岳〜赤岳〜中岳と歩き、中岳のコルまで来て阿弥陀岳の山頂へ続く岩場を目の前にして、ビビッてそのまま下山したことが、ずっと気になっていた。  (写真は、下山して赤岳山荘前からの阿弥陀岳)↓阿弥陀岳を除く八ヶ岳の山々は、もうほとんど登っていた。それで、今季最後の夏山登山を阿弥陀岳にしようと思っていた。 [続きを読む]
  • 八ケ岳枯露柿作り
  • 今年もびっくり市(野辺山)に甲州百目柿を買いに行った。ここからは、八ヶ岳が南から北八ケ岳まで全部見渡せる。写真は、赤岳アップ、天狗尾根の厳しいギザギザがかっこいい!買い物は、甲州百目柿(干し柿用)と、熟されすぎた百目柿(生食用)の二箱。作り方は、洗って、皮をむき、熱湯にさらし、ひもをつけて干す。皮をむくのがちょっと面倒だけど簡単な作業だ。昨年と違い、八ヶ岳で干し柿をするのは初めてだ。周りの景色と干 [続きを読む]
  • 紅葉雨乞岳周回登山(2037m) 山梨百名山
  • 紅葉シーズンなのに、また台風がやって来るということで、この日しかないと思える日に紅葉登山をした。雨乞岳2037m名前のように昔の人が雨乞いをしたという絶景の山梨百名山だった。隣の日向山や甲斐駒ケ岳に比べるとメジャーではない山だが、昔から雨乞いのために利用されたためか登山道は広く、よく整備され歩きやすかった。ただし、雨乞山山頂へ登るクマザサの繁る最終部分は、どちらからも急登なので滑らないよう注意が必要。 [続きを読む]
  • 八ケ岳初冠雪と紅葉真っ盛り
  • 長雨の後の夕方、山が見えたと思ったら、な〜んと初冠雪していた。八ケ岳も三ツ頭、権現岳は、切れ込んだ谷に雪。赤岳山頂はもう真っ白だった。 甲斐駒ケ岳も雪、北岳はもうすっかり冬山っぽくなっていた。明日は天気になあれ(^^♪と、雪解けを期待した。だってまだまだ山に登りたいから・・・。次の日は、真夏のような天気になったので良かった.!(^^)!写真は、家の前からの三ツ頭雨も後には、八ヶ岳の本物の紅葉が現れた。こちら [続きを読む]
  • 八ケ岳でキノコ狩り
  • この季節、八ヶ岳の道でよく見かけるのが「きのこ」「松茸」の看板だ。ということは、何も遠くまでキノコ狩りに出かけなくても、裏山にあるに違いない。八ケ岳にいながら、八ヶ岳のキノコを見つけられないならここにいる意味がない。ということで、今日は八ヶ岳のキノコ狩りに出かけることにした。と言っても、やはり熊が怖いので熊鈴は持った。そして、一人では熊に負けるので、近所の友だちを誘った。仕事は、午前中で終わらせpm [続きを読む]
  • きのこ狩りから御嶽山へ
  • 岐阜県の日和田高原で、きのこ狩りに参加した。参加者は、みなさんきのこ名人だ。もちろん私をのぞきだけど・・・。私は、と言うと、みんなの「あったよ〜」という声にいち早く駆けつける。ところが、きのこの生えている場所が見えず、大切なきのこを踏みつけてしまい、じゃまばかりしていたようだった。きのこは、枯葉の下にあるものが多く、名人には見えても私には、「どこどこ〜?」って感じ・・・。でも、皆さんには申し訳ない [続きを読む]
  • 台風一過の金峰山登山
  •  歩行時間 9時間(昼食・休憩・写真撮影等含む)標高差  金峰山2595m―瑞牆山荘1510m=1085m(少しのアップダウンあり)・・・・・・コース・・・・・・瑞牆山荘?出発 8:20〜(台風の後で道路を塞ぐように枝が沢山落ちていて山荘に辿り着くのに時間がかかった。山荘も停電で閉鎖中)富士見平小屋   9:13〜大日岩     10:54〜金峰山山頂   13:15下山開始    14:05〜富士見平小屋前で休憩 16:30〜   [続きを読む]
  • 晴れた八ヶ岳を描く no.2 
  • 八ヶ岳は確実に秋が訪れている。朝夕は、外気温度で13度まで下がっているが、屋内では21度あたりなのでさほど寒さは感じない。ログハウスの良いところは、まるで倉の中にでもいるように気温の変化に左右されないところなのかもしれない。日中も戸外が暑くても、家の中に入るとひんやりしているのだから・・・。台風が来るということで天気が崩れるらしいのだけれど、八ヶ岳周辺は、このところ秋晴れ〜というような快晴が続いて [続きを読む]
  • 秋の爺が岳〜鹿島槍ケ岳
  • この前の山行きで蓮華岳〜針ノ木岳〜スバリ岳〜赤沢岳〜鳴沢岳〜種池山荘〜柏原新道の縦走をしてから1か月、山はすっかり秋の気配になっていた。今回は、その先の種池〜爺が岳〜鹿島槍ケ岳の後立山連峰を縦走、往復した。爺が岳は三つのピークがあることや、種まき爺さんの雪形で知られる。鹿島槍ケ岳は後立山連峰の貴公子とも呼ばれるように、とにかくカッコイイ山として知られる。このコースは、ガイドブックによると「花と展望 [続きを読む]
  • 晴れた八ヶ岳を描く d(^^)b
  • 夏だというのに雨の続いた今年のお盆時期。それが終わったとたんに、太陽が戻ってきた。ひさしぶりに見た八ヶ岳、ひさしぶりに出かけた水彩画教室。八ヶ岳を目の前にして絵を描いたり、お昼を食べたりして八ヶ岳ライフの楽しみを感じることができた。描きたかったのは八ヶ岳の空と雲、それから編笠山の尾根すじラインがきれいに見えていたのでそれを描きたかった。描きたいものだけを描き、細かなものは省略した。絵の具で八ヶ岳の山の雰囲気 [続きを読む]
  • 北アルプス 針ノ木雪渓〜蓮華岳〜針ノ木岳〜種池縦走 柏原新道
  • 北アルプス 蓮華岳〜針ノ木岳〜種池縦走 熊にもニアミス!昨年の夏、北穂高岳の頂上で山の名人に出会った。「今までで一番の絶景は針ノ木岳からの景色」その人の話を聞いて、いつかその絶景を見たいと思っていた。今回、梅雨を思わせるような天候不順が続き、予定していた山行きは中止になった。そこで、一人で前々から行きたかった針ノ木岳をメインに天気と相談しながら成り行き任せの山行きをすることに決めた。1日目 標高差 [続きを読む]
  • 蝶ヶ岳〜常念岳〜三股
  • 2日目6月19日  歩行時間11時間40分(休憩含む)歩行距離 22、3?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4:30 蝶ヶ岳ヒュッテ出発5:00 横尾との分岐5:30 蝶槍北アルプスの幻想的な朝焼け   蝶ヶ岳山頂からヒュッテを臨む↓乗鞍岳、御嶽山方面↓8:30 出発して4時間、尾根歩きを振り返る。いくつも山を越えてきたけど、まだまだ・・・。稜線歩きの間、ずっと穂高連峰が見える絶 [続きを読む]
  • 三股〜蝶ヶ岳(1日目)
  • 1日目 6月18日   移動&仮眠時間 5時間   +歩行時間 6時間20分(休憩含む)歩行距離 11,7?・・・6月18日・・・・・0:00〜移動・仮眠(中央高速PA等)4:30 三股P着5:30 登山開始5:50 常念岳・蝶ヶ岳分岐6:35 ゴジラの木11:10 蝶ヶ岳の雪渓    残雪が多く急な沢渡りがあった。   アイゼンをつけて登る11:50 蝶ヶ岳山頂到着樹林の間から雪溪が見え始める。「滑り落ちたら下まで行くね」などと話しながら登 [続きを読む]
  • 残雪の北アルプス蝶ヶ岳〜常念岳周回
  • 蝶ヶ岳山頂に着くと、向かいの穂高連峰が目の前に見える。「あ〜っ」と、歓声を上げる瞬間今年初の北アルプスは、残雪が多かった。沢はよく言う〈腐った雪〉で覆われ、滑落したら危険な場所がいたるところにあった。アイゼンを持っていたので、途中からアイゼンをはいて慎重に沢を渡った。下りの残雪で、滑ってしまった時はシリセードで下った。常念岳の頂上近くでも、シリセードで滑った(遊んだ?)跡があり驚いた。「アイゼン無 [続きを読む]
  • 八ケ岳縦走(赤岳〜横岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉)
  • (赤岳〜横岳〜硫黄岳〜赤岳鉱泉)よく見ると赤岳と書かれている↓富士山は赤岳山頂(2899m)からこう見えるツクモグサ(九十九草)と南沢のホテイランに(布袋蘭)に逢いたくて行って来た。日帰りのロングコースは、お天気に恵まれたので予定のように周回することができた。赤岳〜横岳〜硫黄岳の稜線歩きは360度の絶景を楽しめたし、横岳にしか見ることができないツクモグサも沢山咲いているのが見られた。寒かったので花を閉 [続きを読む]
  • 霧ヶ峰高原&八島ヶ原湿原
  • 霧ケ峰というと、これまでは霧でまっ白というようなことが多かった。だから、大体通過だけだった。今日は、霧がまったくない晴天だったので、八島ヶ原湿原と合わせて周回コースにして歩いた。歩いたコースは、12,4km  歩いた時間 4時間36分霧ヶ峰スキー場からスタートした。スキー場のリフトは動いていない。丘に上がるとグライダーの滑走路や藤原咲平の記念碑があった。霧鐘塔の鐘も鳴らした。もともとは、霧で見えな [続きを読む]
  • 水田と軽トラ&水彩画教室
  • 八ケ岳山麓の田んぼは、田植えの季節を迎え、軽トラックが大活躍中だ。小さくても力強い日本の軽トラは、外国には無い。このクールな車、外国で今や大人気なのだ。八ケ岳の地元の人の家には車は2台以上あり、軽トラが一家に一台はある。・・・いいなぁ。田んぼに映る甲斐駒ケ岳を撮りたくて朝早く家をでる。しかし、シャッターチャンスは、めったにない。さざ波を起こす風がなくて青空で・・・まだ、田植えがされてなくて・・・、 [続きを読む]
  • 甲州アルプス縦走
  • 甲斐大和駅から甲州アルプスを歩いた。9人乗りのジャンボタクシーに乗り、着いたのは、小屋平(石丸峠入口)ここから登山する。甲州アルプスは、全部で8つのピークをアップダウンして縦走した。歩いた距離 17、5kmかかった時間 6時間40分縦走した山・・8ピーク熊沢山石丸峠天狗棚山1957m小金沢山2014m(秀麗富嶽12景)牛奥ノ雁ヶ原摺山1990m(秀麗富嶽12景)川胡桃沢ノ頭黒岳1987m白谷丸(茶臼岳1920m)下山は、湯ノ沢峠1640m [続きを読む]
  • 道の駅南きよさと&天女山の翁草
  • 今年もたくさんのこいのぼりが元気におよぐ 道の駅南きよさとここでも見つけた〜(^^♪ 動いている水車、昔はあちこちにあったのでしょうね次に行ったのは、八ヶ岳の自然を描く水彩画教室の展示発表会開催されていた場所は、谷櫻酒造の蔵ギャラリーの2階お話を聞いたり、素敵な作品を見て、こんな絵が描けたらいいな〜( ^。^)・・・ということで、水彩画教室の入れてもらうことになった八ヶ岳に住み八ヶ岳で仕事をして、八ヶ [続きを読む]
  • 桜の開花 標高1000mあたり
  • 通勤途中で桜の花が咲いてきた。写真に撮るためにちょっと行っては止まり、またちょっと行って止まり・・・、という風でなかなか職場までたどりつかない。それでも遅刻はしない。余裕で着く。なぜかというと、信号が少ないからだ。ましてや渋滞など一度もない。ついついスピードを出しすぎてしまいそうになる。マイクロバスの市民バスやスクールバス(小学生の通学のため)は、ゆっくりだ。でもこっちが法定速度なんでしょうね。桜 [続きを読む]
  • 日向山は雪解け&春の景色いろいろ・・。
  • 八ヶ岳にもようやく春が訪れようとしている。しかし、標高によってその様子はまちまちだ。まずは、朝の通勤途中の景色・・・、なんて贅沢な風景と思いながら・・・、右側は、八ヶ岳↓どうでしょう・・・。左側は、南アルプスの峰々↓北岳も白い顔を出している。振り返れば富士山が見送ってくれているけれど、富士山は山からの方がきれいに写せるので写真はありません。休日に、甲州市まで足を延ばせば、ちょうど桃の花の季節で、見 [続きを読む]
  • 山高神代桜
  • 国指定天然記念物の山高神代桜は、人・人・人のなか・・・。山高神代桜は、北杜市武川町山高の実相寺の境内にあり、日本三大桜の一つとして知られていて、多くの観光客で賑わっていました。日本三大桜・・・三春滝桜(福島県)と神代桜(山梨県)と淡墨桜(岐阜県) なかでも、山高神代桜の樹齢は、1800年とも2000年とも言われるエドヒガンザクラ。 ヤマトタケルが東征の際に植えた、衰えた神代桜を日蓮が祈りで再生させたなどの伝 [続きを読む]
  • 八ヶ岳に住む
  • このたび、念願の八ヶ岳ライフにチャレンジすることになった。と言っても、ただ住むだけではない。ちゃんと仕事をしながら八ヶ岳の極寒ライフをおくる。休日は、山にも登りたい。これができなければ、八ヶ岳の住民ではないかも・・・。と思った。心配なのは越冬する事ができるかどうかだ。でも、もう春だから大丈夫、先のことはまだ先・・・。と、甘い考えで4月を迎えたそのとたん、3月31日の夜は雪。写真は、4月1日の朝の家 [続きを読む]
  • 春の入笠山登山
  • 春の空気に誘われて入笠山へ登った。登山口は、沢入登山口(1450m)入笠山は、ゴンドラで上がる人が多いのだけれど、沢入登山口から歩いて登っても1時間で入笠湿原に到着する。ゴンドラでも降りてちょっと歩くので時間的には、あまり変わらないのだ。しかし、この沢入登山口は、あまり知られていない。パノラマスキー場近くで道を確認するために、通りがかりのおじさんにお話を聞いたところ、・・・「ゴンドラに乗ってほしいので、 [続きを読む]