あじくん さん プロフィール

  •  
あじくんさん: 味くんの家族再生日記
ハンドル名あじくん さん
ブログタイトル味くんの家族再生日記
ブログURLhttps://jafarec.com/
サイト紹介文DV・虐待、引きこもり、自傷行為、などなど家族の問題をサポートする援助日記
自由文家族機能不全という言葉が言われて久しいですけれど、誰がいいとか悪いとかラベルを貼るのはもう程々にして、それぞれの抱える問題にそれぞれが向き合い解決できるよう、様々な支援をしています。当事者性を基本にした複合的援助は世界でも類をみない先駆的な援助システム。ドンキホーテに負けずに、無謀に突進する家族再生支援・・・おっと家父長制家族の再生との誤解はしないで下さいね・・・暖かく見守って下さいね
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供399回 / 365日(平均7.7回/週) - 参加 2014/04/05 21:05

あじくん さんのブログ記事

  • 体と相談・・・
  • 今日は午前中、時間があったので、久々のランニングを・・・なんだかんだと忙しかったり天気悪かったりで今月もなかなか走ることができませんでした。今日も疎水コース12キロを歩く程度の速さで・・・曇り空で空気もひんやり。走りやすい天候です。 フリージアとねむの木     なごりのヒメジョオンとはしりの黄花コスモス      全部四つ葉のオキザリスと野生のツユクサ     うちわサボテ [続きを読む]
  • 人生を俯瞰する・・女と男の非暴力ワーク
  • 昨夜は大阪はドーンセンターで、女と男の非暴力ワークでした。面会交流を兼ねたワークにしてて、子供達も参加して賑やかに。スカイプ参加も合わせて十人ほどの集まりに。ナラティブセラピーについて少しお勉強した後は、人生曲線なるベーシックなワークを。感情の浮き沈みと年齢と、簡単な座標に曲線グラフで表してもらいます。そのあと、それを何人かでシェアしてもらいます。何人かで共通してたのが、生育の家庭であれ、結婚して [続きを読む]
  • 腐った日本・・さてどうしましょ!!
  • ああもう日本はおしまいかなあ・・・ていうか、国民がますます暮らし辛くなってくんだろうなあ・・と。働き方法案とかカジノ法案とか・・アメリカ資本とか財界の利益のための法律ばかり次々とまともな審議もせずに力で押し通してるしね。モリ・カケで明らかになったように、政府はみえみえの嘘をつきとおして何食わぬ顔してるけれど、官僚がその尻を拭いてくれるから、政権の支持率はそこそこ維持されてるしねぇ。マスコミも国民に [続きを読む]
  • (無題)
  • ああもう日本はおしまいかなあ・・・ていうか、国民がますます暮らし辛くなってくんだろうなあ・・と。働き方法案とかカジノ法案とか・・アメリカ資本とか財界の利益のための法律ばかり次々とまともな審議もせずに力で押し通してるしね。モリ・カケで明らかになったように、政府はみえみえの嘘をつきとおして何食わぬ顔してるけれど、官僚がその尻を拭いてくれるから、政権の支持率はそこそこ維持されてるしねぇ。マスコミも国民に [続きを読む]
  • 嬉しい報告
  • 先日、関西旅行のついでにこちらに寄ってくれたご家族がありました。このご家族とはもう、四年の付き合いになるかと思います。当初、DV・モラハラで妻さんが相談に来られたけれど、行政のDV支援では、いろいろ不都合があり、悩んでおられました。仕事やら、実家のこと、子供の養育のことなどなど考えると、単純に離婚です、あとは他人です、との選択ができずにいました。離婚する、しないに関わらず、夫さんには脱暴力して欲しいの [続きを読む]
  • 甘い生活・・
  • 世の中なめたら甘かった・・・私の好きな私の造語だけれど、なめたらアカン?というCMソングがあるように、世間の人は世の中をなめてはいけないと考えてる人が多いみたいで、ごくろうさん、と言いたくなる私。どうも世間様は、わがまま言わずに忍耐努力してやっと人並みの幸せが得られる、と考えてるらしい。幸せになれないのは、忍耐努力が足りないからだと。これって、洗脳されてるよねって私は感じるけれど・・・だって、努力し [続きを読む]
  • Is self-actualization difficult for women?
  • Posted: June 29, 2017Yesterday, we had a workshop for women. The number of participants was small, including one man and two on Skype. The theme was “check your identity development level” to recognize your level of psychosocial development. We used Erikson’s stages of psychosocial development, which I mentioned the other day in this blog.Many of yesterday’s participants were women who were a [続きを読む]
  • 私のお仕事・・・
  • 私はもともと学習能力というか、記憶力とかあまりよくなくてね。社会適応が苦手というか、今の社会にうまく溶け込むことが難しいのは、子供の頃から感じてて、センセとトラブってばかりでしたが、私はそんな自分がダメとは考えてなくて、こんな私にうまく教えられないセンセがおかしいし、そんなセンセを作り出す世の中がおかしい・・と子供心に理解してました。その感じ方はいまも同じ、こんな世の中おかしいよねって。こんな世の [続きを読む]
  • なんも変わりなく・・・
  • 今朝、事務所に早出してゴミ出ししてたら、とつぜんドンと建物が揺れて、おおっ地震だっと身構えて、ぶら下げてたゴミ袋をどうしようか、一瞬考えてしまった(笑)幸い、揺れは短時間で、まったく被害も何もなくて、大したことはないなと安心して、ゴミ袋を所定のところまで捨てに行きました。そのあとテレビをつけてみると・・震源は大阪で震度6とのことでした。鉄道は止まってるらしいけれど、建物の倒壊なんかはそんな大したこ [続きを読む]
  • ふぅー、レッドピル上映会・・・無事終了
  • 今日は映画「レッドピル」の上映会でした。主催はKネット、協賛は家族再生センターという形で開催。主催者の宗像さん。 何人来てくれるかなー二時間の上映もあっという間で、映画を作ったキャシー自身もモヤモヤ感はのこる、どう考えたらいいのか? というエンドでしたが、私が三十年間活動を続けてきて感じてきたことそのもので、結局、女、男、の対立軸で考えてても答えはない、というものでした。映画のあとは、宗像さんと、翻訳 [続きを読む]
  • 今日もガーデニング・・・ささやかな楽しみ
  • 今日は昨日のグルメナイトのお泊り組母子がふた組で、一日中結構賑やか。昨夜のグルナイは結構賑やか、大人と子供合わせて二十人ほどの満員御礼。昨夜のグルナイ、オープン直後、お客さんはまだなし。おすすめは豆腐の蒲焼、大根フライ、ナマズのフライ、などなど。デザートのイチゴとキウイのケーキ今日は頂き物のストレチアを植えてみました。近所の花屋さんで一週間ほど、売れ残ってるバラ苗をススメられて、見切り品に弱い私は [続きを読む]
  • 女の加害者のケアには興味ないってさ・・ヌエック
  • 今日はヌエック(国立女性教育会館)からフォーラムワークショツプエントリーの結果が封書で送られてきました。なんと、ボツです。一応、応募多数で検討の結果不採用とのことですが、不採用の理由は触れられていません。今回の私の応募テーマは「加害女性のケア」です。このテーマがヌエックのセンセ方には気に食わなかったんでしょうかねえ(笑)なんせ、フェミニストはこれまでDVは加害者は男性、被害者は女性、という前提で全て [続きを読む]
  • 語れば笑いのネタに・・・ドツボの日
  • 昨夜は男のワーク・・・お休みの常連さんがいたけれど、久々の方もおられて、満席に。ファシリは私、ワークお題は「どつぼの日」過去の最低最悪の出来事を思い出して、絵にしてみましょう、その絵をみんなに解説してみましょう・・というもの。そんな体験は今まで、人に知られたくないから話さない、心に蓋して思い出さない事にしていた事ですが、あえて思い出して語り合う事で、その時の気持ち・・悔しいとか、辛いとか、悲しいと [続きを読む]
  • 男ってバカよねぇ・・・
  • 今日も多忙でした。女ワークとその後のおしゃべり会・・長い間感情を抑えてた妻たちが、ワークの場で本音を語る事を覚えたら・・ほんとよく喋る。妻たちが語り合う事で見えてくるのは、モラハラ・DV夫は共通するものがたくさんあり、「そうそう、うちもそう・・」夫たちは同じ発言、同じ行動をとるという事。これは、個々の男性の問題というより、男の陥りやすいジェンダーの病という構造的なものがあるという事。悪意とか性格とか [続きを読む]
  • 人生に正解はなし・・難しいぞ・・無条件の受容・共感
  • 今日は久々の方とお話ししました。しばらく途絶えてたけれど、状況が少しずつ良くなってきたとのことでご連絡いただき、その元気そうな姿を見て、嬉しくもあり、ほっとした私です。長い間連絡がないと、状況によってはこちらが案ずる場合もあるのですが、そんな方から回復や修復のご連絡いただけるのはありがたいし、嬉しいものです。家族問題が起こった時に、世間では定型的な価値観や支援プランに基づいて支援していきますが、往 [続きを読む]
  • 事件は起こる・・原因に対する理解と有効な対策を
  • 先日の5歳児虐待死事件にしても、新幹線殺傷事件にしても、マスコミは人物像をあれこれ分析的に報道して、その加害者の異常性、暴力性をイメージ付けていきます。当然視聴者は、そんな悪い奴は厳罰にしろ、世間に出すな、死刑にしろ・・などなど、視聴者・・いわゆる世間の人たちの暴力性、加害者性をあらわにします。言うことを聞かない人は、制裁を受けて当然、痛い目を見ないと治らない・・・この発想は、虐待やDVの加害者と同 [続きを読む]
  • 好奇心が疼く・・・パンガシウス
  • 前回はフライにしたパンガシウス、今回は蒲焼風にしてみました。パンガシウスは養殖ナマズといってもいいお魚なんだけれど、環境負荷の少ない養殖方法で養殖されているらしい・・・。主にベトナムで生産されているとか。味は淡白でクセもなく、何にしても食べやすく、値段も安いし、求めやすいお魚です。GSでは冷凍で売られています。お料理好きな方、一度トライしてみるのも悪くないかも。Copyright © 2018 日本家族再生セン [続きを読む]
  • 好奇心が疼く・・・
  • 前回はフライにしたパンガシウス、今回は蒲焼風にしてみました。パンガシウスは養殖ナマズといってもいいお魚なんだけれど、環境負荷の少ない養殖方法で養殖されているらしい・・・。主にベトナムで生産されているとか。味は淡白でクセもなく、何にしても食べやすく、値段も安いし、求めやすいお魚です。GSでは冷凍で売られています。お料理好きな方、一度トライしてみるのも悪くないかも。Copyright © 2018 日本家族再生セン [続きを読む]
  • アホ・・・でも大丈夫・・
  • 私は昔っから頭が悪いと自覚してて、それがLD(学習障害)という状況であるのはのちのちに知ったことで、当時の社会にそう言った言葉も概念もなく、ただ、私はできの悪い子、でした。計算できない、覚えられない、などなど・・けれど、言葉の理解、文脈の理解はとても優れてて、漢字は覚えられないのに、文章問題は簡単に理解できました。そんな能力の偏りは昔も今も変わりません。こんな私ですから社会適応も難しく、今は適応しな [続きを読む]
  • 今年はホタルが豊作 ? ・・・・
  • 先日、事務所近くのいつものところにホタル見物に行ってみました。歩いて十分ほどの小川だけれど、毎年ホタルがみられます。四年ほど前に豪雨でその小川も荒れたからか、ここ数年ホタルの数が少なかったけれど、今年は久々にかなりの数のホタルが光ってたのを楽しめました。乱舞とまではいかないけれど、50メートルほどの草の茂った小川に数十匹のホタルが光ってたし、その下流、事務所のすぐ近くでも、数匹のホタルが飛んでました [続きを読む]
  • 年寄りは死ぬ、子供は減る・・・どうする日本
  • 先日の朝日朝刊に人口減少を憂う記事が・・・そりゃそうです。今の日本では子供を安心して育てられない、と考える人が増えても当たり前。結婚したくてもできないし、結婚しても楽になれないなら結婚しなくてもいい、と考える若者が増えるのも当たり前。子供が少なくなるのは女が働くようになったからだとか、結婚しない若者が増えたからだ、などトンチンカンな発言をする政治家が多いようだけれど、長年の無策が根本の原因・・・こ [続きを読む]
  • 深い学び・・・メンズカウンセリング認証研修会
  • 今日の認証研修会、参加者は少なく、その分濃い学びに・・・この研修会は、事例を通じた援助実践について学ぶのが目的だけれど、会員が援助の中で悩んだり、困難に陥ることのないよう、会員の相互支援の意味も含まれます。今日の学びは、世間ではありえないレアケースと言われるような援助実践・回復事例を幾つか学びの素材にしましたが、参加会員自身がすでに世間ではなかなかありえない人生のプロセスを持っておられて、常識や一 [続きを読む]
  • 家族問題の解決・・・メンズカウンセリングだっ
  • DVや、虐待、殺人、その度に報道はざわめき視聴者は煽られます。事件の状況だけが切り取られ、視聴者の好奇心、報復感情、正義感、同情を満たすために情報が消費されていきます。家族問題についてDVは女性相談、虐待は児相、貧困は福祉、自傷他害には警察や精神医療・・・などなど、窓口も対応も縦割りで、それぞれ自分の受け持ちに関することしか扱わずその他は、無関係無責任。けれど、家族問題の現実は、これらの問題が全て複雑 [続きを読む]
  • やれやれ・・虐待促進だわっ・・虐待報道
  • このところの虐待死事例の報道にはうんざり・・・視聴者の感情を煽り、加害者に対する怒りや義憤をたぎらせる・・・それで虐待がなくなるのか、そんなバカな。視聴者の自己満足に過ぎず、虐待防止には役に立たないばかりか、虐待の構造を強化し、虐待を増やすことになってしまいます。今回の被害児の不幸は看過できないけれど、毎年100件ほどは虐待死があるし、実数はその三倍程度という意見もあります。とはいえ虐待死が多かった [続きを読む]