むく さん プロフィール

  •  
むくさん: 渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜
ハンドル名むく さん
ブログタイトル渡邊むく俳句ブログ〜まあおたいらに〜
ブログURLhttp://junobird2012.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日詠むことを心がけている駄句を四季の写真を添えて綴る句日記です。
自由文Author:渡邊むく
神奈川県横須賀市と山梨県山中湖村に在住。男。産業技術英語通訳・翻訳者。俳句歴:2000年から。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供279回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/04/06 18:07

むく さんのブログ記事

  • 冬花火
  •     火のあればすなはち囲む冬花火        (ひのあればすなわちかこむ ふゆはなび)    もの足りぬほどなるが良き冬花火 /むく        (ものたりぬほどなるがよき ふゆはなび) 電飾祭〜山中湖花の都公園〜 (2018.12.9 山中湖:山梨県) 天地創造 (The Creation)by Kahlil Gibran (1883.1.6 ? 1931.4.10)訳・渡邊むく神は自らの命を一つ分けて、美しい女を創られ、その命に、あらゆる麗しさ [続きを読む]
  • 寒林
  •     富士へ続く寒林鹿の斃れをり /むく        (ふじへつづくかんりん しかのたおれおり) 寒林 (2018.12.1 山中湖:山梨県) 鹿の霊獣化 縄文時代(約14000年前〜紀元前4世紀頃)については、学問的に不明なことも多いようだ。 縄文人についても、近年はDNAや染色体に基づく研究が活発になり、従来考えられてきた学説にも影響を与えるようになった。 が、縄文時代の日本に住んでいた人々の暮らしが狩猟 [続きを読む]
  • 冬の鹿 / 冬鹿
  •     やはらかき木の葉の絶えて冬の鹿        (やはらかきこのはのたえて ふゆのしか)    冬鹿の目のやさしさの悲しき日 /むく        (ふゆじかのめのやさしさの かなしきひ) 牡鹿 (2018.12.5 山中湖:山梨県) 自宅 このところ、横須賀の自宅に帰る用事はガンコちゃんに頼みっきり。 医者に行くことだとか、私自身でなければ足せない用事もあるので、来週あたり帰ろうかと。 あれもこれも [続きを読む]
  • 冬の雨
  •     吾子旅立つ朝には晴れよ冬の雨 /むく        (あこたびだつあさにははれよ ふゆのあめ) ヤマガラ (2018.12.4 山中湖:山梨県) 冬の旅立ち 新しい仕事に就いたことに、とりあえずホッと。  ヤマガラ (2018.12.4 山中湖:山梨県) (2018年12月6日 山中湖にて) ご訪問ありがとうございました。ブログランキング: 日本ブログ村  FC2 ↓ よければ拍手・コメントをお願いします。励 [続きを読む]
  • 冬ぬくし / 啄木鳥(けらつつき)
  •     冬ぬくし富士の雪線すさりもし        (ふゆぬくし ふじのせっせんすさりもし)    瞬膜のゴーグル大事けらつつき /むく        (しゅんまくのごーぐるだいじ けらつつき) 朝富士 (2018.12.1 山中湖:山梨県) 天候不安定 今週は天候が不安定で、天気予報もよく変わる。 富士山の山麓だから、というよりは日本列島上空の気圧配置の微妙さによるものらしい。 今日は、各地ともこの季節と [続きを読む]
  • 冬霧
  •     日昇りて山湖しばらく冬の霧        (ひのぼりて さんこしばらくふゆのきり) 冬霧に浮かぶホテル・マウント富士 (2018.12.1 山中湖:山梨県) 冬霧とスモッグ 霧は自然の気象現象だが、スモッグ(煙霧)は、工業化、自動車社会化、冬期の暖房等を発生源とする大気汚染公害の一つである。 スモッグ、光化学スモッグという言葉を最近はあまり耳にしないが、ひと頃はよく新聞やテレビを賑わせた。 スモッグ [続きを読む]
  • 塩鮭(しおざけ、しおじゃけ)
  •     塩鮭の切り身ぶ厚く生きにくし /むく        (しおじゃけのきりみぶあつく いきにくし) キンクロハジロ (2018.11.17 山中湖:山梨県) 十二月 月替わり早々、またシニカルな句になった。 齢のせいにしておこう。 今日も晴天。 仕事漬けで出歩けないのが惜しい。 昨日、ガンコちゃんにミヤマホオジロの写真を見せられた。 「エーちゃん通りの林にいた」と。 エーちゃん通りというのは、今はシニア [続きを読む]
  •     一見に鴨を振舞ふ心意気 /むく        (いちげんにかもをふるまう こころいき) マガモ (2018.11.17 山中湖:山梨県) 締切 月末は仕事の期日や投句の締切が重なる。 余裕を持っていたつもりが、不意の用事などで忙しくなったりすることもある。 余裕には、そうした不測の事態も見込んでおくことが必要だと、今さらながら思ったりもする。 抱えている仕事の納期は3日後。 先に遊んでしまわないように [続きを読む]
  • 白鳥
  •     たとふれば白鳥羽のふくらみし /むく        (たとうればはくちょう はねのふくらみし) 冬の月 (2018.11.15 山中湖:山梨県) 白鳥 羽を膨らませて泳ぐ白鳥の姿がプリマドンナに見えて、面映ゆい。 だいたい、バレーはテレビや映画で見たことがあるだけで、劇場公演には足を運んだことがない。 話が逸れるが、宝塚歌劇にだって、何かの付き合いから東京で一回足を運んだだけである。 男としては、や [続きを読む]
  • 白鳥
  •     白鳥の毬藻を探しゐるらしや        (はくちょうの まりもをさがしいるらしや)    白鳥の月へ毬藻を運ぶ夜半        (はくちょうの つきへまりもをはこびよわ)    白鳥の運ぶ毬藻を誰も見ず /むく        (はくちょうのはこぶまりもを だれもみず) 冬の月 (2018.11.24 山中湖:山梨県) 風邪 弱り目にたたり目。 風邪を引けば仕事も忙しく。 ブログ記事はしばらく手抜 [続きを読む]
  • 冬の星
  •     電飾祭馴染めずにゐる冬の星 /むく        (でんしょくさい なじめずにいるふゆのほし) 有明 (2018.11.17 山中湖:山梨県) 電飾祭 勤労感謝の日を入れた3連休が終わった。 アメリカなどの外国では感謝祭の季節だ。 それが終わるとクリスマス一色に。 逆に言うと、感謝祭が終わるまではクリスマス商戦も始まらない。 いや、始めないという方が正しいかもしれない。 宗教を敬うことが当たり前の国だ [続きを読む]
  • 今年米
  •     今年米とや夕粥を炊きくれし /むく        (ことしまいとや ゆうがゆをたきくれし) 夜明け前 (2018.11.23 山中湖:山梨県) 防寒 ここ数日、朝の最低気温が次第に下がり続け、今朝は氷点下5℃に。 御殿場では氷点下9℃という朝があったが、あれは大寒の一番寒かった朝のこと。 氷点下20℃になることもあるという山中湖とは比較にならない。 そろそろ、外に出た時のカメラレンズの結露防止対策を考 [続きを読む]
  • よべの雪
  •     紅富士の裾を拡げしよべの雪 /むく        (べにふじのすそをひろげし よべのゆき) 午前6時16分 (2018.11.21 山中湖:山梨県) 午前6時20分 (2018.11.21 山中湖:山梨県) 午前6時22分 (2018.11.21 山中湖:山梨県) 午前6時24分 (2018.11.21 山中湖:山梨県) 紅富士 夏の赤富士に対して、冬の朝夕に紅色に染まる富士は紅富士と呼ばれている。 赤富士は夏の季語になっていますが [続きを読む]
  • 日向ぼこ / 冬うらら
  •     富士にあそぶ雲ありうれし日向ぼこ        (ふじにあそぶくもありうれし ひなたぼこ)    声をかけ声をかけられ日向ぼこ        (ふじにくもあそぶはうれし ふゆうらら)    吾トイレの百ワットとや冬うらら /むく        (われといれのひゃくわっととや ふゆうらら) 笠雲富士〜大池 (2018.11.17 山中湖:山梨県) 氷点下2℃ 風邪気味なので句は軽く、日記は手短かに。 今 [続きを読む]
  • 小六月(ころくがつ)
  •     小六月日暮るるまで遊びもし /むく        (ころくがつ ひくるるまであそびもし) 笠雲 (2018.11.17 山中湖:山梨県) 引っ越し 無事に引っ越しを終了。 片付けはすぐに終わると思うが、落ち着くまではもう少しかかると思っている。 実際に暮らしてみないと分からないことが必ず出てくるものだ。 冬支度がぎりぎり間に合った感。 と、私は気楽なことを言っているが、台所の使い勝手を良くしたりだと [続きを読む]
  • 落葉掃(おちばはき) / 落葉積む / 落葉掻く
  •     果てもなしゲリラ戦めく落葉掃        (はてもなし げりらせんめくおちばはき)    落葉積み忍者の潜みゐる気配        (おちばつみ にんじゃのひそみいるけはい)    落葉掃かれ一転苔の庭となる /むく        (おちばはかれ いってんこけのにわとなる) ある山荘の苔庭 (2018.11.17 山中湖:山梨県) 引っ越し前夜 朝からの曇天が、昼を過ぎた頃から雨に変わった。 御山 [続きを読む]
  • 落葉(おちば) / 落葉掃き
  •     ふかふかのからまつ落葉踏むは好き        (ふかふかのからまつおちば ふむはすき)    雑木落葉かさかさ音のし過ぎるよ        (ぞうきおちば かさかさおとのしすぎるよ)    きみは雑木吾はからまつの落葉踏み        (きみはぞうき あはからまつのおちばふみ)    落葉楽しこれでわたしも山ガール /旧詠        (おちばたのし これでわたしもやまがーる) から [続きを読む]
  • 冬麗(とうれい)
  •     冬麗の日を展ぶ湖の霧かとも /むく        (とうれいのひをのぶ うみのきりかとも) 追記: 元の句「冬麗の日のとなる湖の霧かとも」を推敲。(2018.11.18) 冬霧 (2018.11.15 山中湖:山梨県) 白鳥 山中湖は白鳥の飛来地ではない。 湖には何十羽かの白鳥が一年じゅういる。 つまり、白鳥たちはこの湖で生まれ育ち、一生この湖を離れることがない。 山中湖がいつから白鳥の湖になったのかは知らな [続きを読む]
  •     岳七たび降らば下にも雪降ると /むく        (がくななたびふれば しもにもゆきふると) 追記: 元の句「岳に七度降れば下にも雪降ると」を推敲。(2018.11.18) 旭光 (2018.11.15 山中湖:山梨県) 霧 霧は山中湖の名物。 特に、秋になって朝晩が冷え込むようになるにつれ、夜が明けると湖面から霧が立ち上る日が多くなる。 早朝に目を覚ました昨日の朝。 雨も上がって快晴のようだ。 富士山の積 [続きを読む]
  • 落葉松黄葉 / 狐・狸(きつね・たぬき)
  •     からまつの黄葉かつ降る畑じまひ        (からまつのもみじかつふる はたじまい)    きつね話たぬき話で仕舞ふ句座 /むく        (きつねばなしたぬきばなしで しまうくざ) 落葉松黄葉〜花の都公園 (2018.11.11 山中湖:山梨県) 句会 リフォームやハウスクリーニングが終わって、どうやら明日には引っ越し準備が整いそう。 昨夜は村の俳句クラブの句会。 10人が10句づつ提出した句の [続きを読む]
  • 濡れ落葉 / 雪蛍(ゆきほたる)
  •     濡れ落葉妻を迎へに傘を手に        (ぬれおちば つまをむかえにかさをてに)    ひかりかにからまつのふりゆきほたる /むく        (ひかりかにからまつのふり ゆきほたる) 追記: 元の句「ひかりかに落葉松の降り雪虫舞ひ」を推敲。(2018.11.18) 窓紅葉 (2018.11.11 山中湖:山梨県) 引っ越し準備 来週初めぐらいまで絵の作品展があって、ガンコちゃんは山中湖と横須賀を行ったり [続きを読む]
  • 檀(まゆみ)の実
  •     小枝ごと鵯のちぎりし檀の実 /むく        (こえだごとひよのちぎりし まゆみのみ) おからクッキー デザート 寒くなってきたので、もう豆かんでもないなぁ…。 ということで、冬の低カロリーデザートを試行錯誤中。 ガンコちゃんが作ってくれたレーズン入りおからクッキー。 (おやきみたいなもの。) 目分量だが、おから40パーツと小麦粉60パーツ。 つなぎに玉子。 レーズンはたたいて小さく…した [続きを読む]
  • 紅葉濃し
  •     柿実らぬ岳北の邑もみじ濃し /むく        (かきみのらぬがくほくのむら もみじこし) 紅葉〜旭日丘 (2018.11.8 山中湖:山梨県) 山中湖村の中心部 (2018.11.8 山中湖:山梨県) 散る紅葉〜旭日丘 (2018.11.8 山中湖:山梨県) 晩秋〜山中湖交流プラザきらら (2018.11.8 山中湖:山梨県) 柿 たわわに実った柿と秋晴れの富士山。 木守柿(きもりがき)と冠雪富士。 熟れ柿を啄む小鳥。 そん [続きを読む]
  • 秋風 / 秋の暮 / 秋のジャズ / ジャズの秋 / 秋 / 秋の風
  •     秋風やかつてジャズ祭ありし湖        (あきかぜや かつてじゃずさいありしうみ) 山中湖シアターひびき〜交流プラザきらら (2018.11.7 山中湖:山梨県)    ジャズ吹きつ豆腐屋の来し秋の暮        (じゃずふきつとうふやのきし あきのくれ) 追記: 元の句「ジャズ吹いて豆腐屋の来し秋の暮」を推敲。(2018.11.11)    五輪視ず耳をラジオに秋のジャズ        (ごりんみずら [続きを読む]