司法書士 横田聡 さん プロフィール

  •  
司法書士 横田聡さん: 大津市・石山駅前の司法書士 横田聡のブログ
ハンドル名司法書士 横田聡 さん
ブログタイトル大津市・石山駅前の司法書士 横田聡のブログ
ブログURLhttp://otsu-houmu.com/blog/
サイト紹介文相続・遺言・成年後見・会社設立・借金問題は、お任せください。初回相談無料・出張相談もしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/04/08 09:59

司法書士 横田聡 さんのブログ記事

  • 【実績】相続放棄が受理されました(累計73件)
  • 相続放棄の申述が受理されました。 これで、累計73件となります。 管轄裁判所や、亡くなった方と相続放棄した方との関係性は以下のとおりです。 管轄:千葉家庭裁判所続柄:子期間:ご依頼日から受理されるまで、約30日でした。 相続放棄は全国対応しています。 司法書士大津法務コンサルティング代表・司法書士 横田 聡 [続きを読む]
  • 支払督促が届いたら、すぐに異議申立てを
  • 司法書士大津法務コンサルティングの代表・司法書士横田です。 先日、裁判所から、「支払督促」が届いたので、どうしたらいいでしょうかというご相談をいただきました。 裁判所から訴状などが届いたら、放置せず、すぐに対応方法を検討しなければなりません。 「支払督促」の場合は、書類を受け取ってから、2週間以内に、裁判所に対し、異議申し立てをしないと給与や預金の差押えを受ける恐れがあります。 司法書士大津法務コ [続きを読む]
  • 不動産の相続手続きの際、売却もご相談いただけます
  • 司法書士大津法務コンサルティングでは、多くの方から、不動産の名義変更(相続)手続きのご依頼を頂戴しています。 相続したものの空き家になった家や、不要な土地など、土地や家を売りたいというご希望があった場合は不動産会社さんをご紹介しています。 大津市内の物件だけでなく、大津市の方が、姫路市の家を売りたい兵庫県の方が、相続した守山市の家を売りたい大阪市の方が、相続した高島市の土地を売りたいなど、ご多忙の [続きを読む]
  • ウィンブルドン2018 
  • 学生時代にテニスをしていたので、テニスは好きで、時間が合えば、テレビ観戦しています。 東京に住んでいた時には、有明コロシアムに、東レパン・パシフィックの試合を観に行ったこともあります。当時は、マルチナ・ヒンギス選手が活躍していました。 錦織選手が怪我から復帰し、ウィンブルドンでは、見事ベスト8になりました。素晴らしいですね。 準決勝進出をかけた、ジョコビッチ選手との対戦をテレビ観戦しました。第2セ [続きを読む]
  • 【司法統計】自己破産・個人再生
  • 1、自己破産の申立件数裁判所の司法統計によると、全国の裁判所に申し立てがされた自己破産の申し立て件数は、以下のように推移しています。 破産については、平成28年から、少しずつ増加傾向にあります。 平成20年 約14万件平成21年 約13.7万件平成22年 約13.1万件平成23年 約11万件平成24年 約9.2万件平成25年 約8.1万件平成26年 約7.3万件平成27年 約7.1万件平成28年  [続きを読む]
  • 【民法改正】相続・遺言制度が変わります
  • 相続で変わるのは?1、配偶者居住権の創設たとえば、土地・建物(評価額2,000万円)と、現預金2,000万円が相続の対象となる遺産であった場合、配偶者が今の住居に住み続けるためには、住居(一般的には、土地・建物)を相続することとなり、現預金は相続できませんでした。(配偶者の法定相続分は、2分の1であるため) しかし、新たに創設される居住権を使うことにより、不動産を子が相続しても、配偶者は住み続けられ [続きを読む]
  • 【実績】自己破産の免責許可決定(累計61件)
  • 当事務所で、自己破産申立書類作成の依頼を受けた方の自己破産の免責許可決定が出ました。 平成25年に、現事務所で開業してから、通算61人目の免責許可です。 管轄:大津地方裁判所彦根支部債権者数:4社負債総額:約665万円 免責許可が出たことをお伝えすると、晴れやかな笑顔で、ありがとうございました。とおっしゃって頂きました。 司法書士大津法務コンサルティング代表・司法書士 横田 聡 [続きを読む]
  • 【登記統計】合同会社の設立件数が増加
  • 1、会社設立の登記統計政府が発表した登記統計によりますと、平成29年に新たに設立された株式会社は、約9万1,000社でした。 株式会社の設立件数は、平成20年から平成29年までを見ますと、毎年、約8万社〜9万社で推移しています。 2、合同会社が増えている一方、平成29年に新たに設立された合同会社は、約27,000社でした。合同会社の設立件数は、平成20年から平成29年まで、毎年右肩上がりで増え続けて [続きを読む]
  • 【会社の登記】社長が変わらないのに、登記は必要?
  • 1、会社設立後、取締役(社長)の登記はされていますか?会社設立後、社長や取締役などに変動がない場合は、登記はしなくてよいと、一般的には考えられがちですが、実は、社長には任期が定められており、ずっと社長として、会社の経営を続けている場合でも、数年に一度は、会社の登記をしなければなりません。 2、どれぐらいの頻度で登記をすればいいの?社長の任期は、会社の定款に記載します。 任期は、原則2年ですが、会社 [続きを読む]
  • 定額小為替
  • 1、定額小為替とは現金を郵送したいときに使います。 定額小為替証書は、郵便局の窓口で買います。1,000円や750円、450円、300円のものなどがあります。 購入時には、1枚あたり、100円の発行手数料がかかります。 2、どんな時に使うの?司法書士事務所では、郵送で、戸籍謄本や住民票などを取得する際に使います。 当事務所では、相続手続きをご依頼頂いた際、依頼者の方に代わって、亡くなられた方の出生から [続きを読む]
  • 【司法統計】相続放棄の申立件数は年々増加
  • 相続放棄のご依頼を多数いただいているので、裁判所が発表している司法統計を確認したところ、相続放棄の件数は、以下の通り、年々増加しています。 平成20年  約14万8000件平成21年  約15万6000件平成22年  約16万件平成23年  約16万6000件平成24年  約16万9000件平成25年  約17万2000件平成26年  約18万2000件平成27年  約18万9000件平成28年 [続きを読む]
  • 本日の業務(H30.6.29)
  • 本日は、ご依頼頂いた相続手続きのため、以下の金融機関の窓口に行ってまいりました。 ゆうちょ銀行関西アーバン銀行京都銀行滋賀銀行京都中央信用金庫 当事務所では、相続手続き業務として以下の手続きも代行しております。 1、戸籍の収集(相続人の確定)2、遺産分割協議書の作成3、不動産の名義変更4、銀行預金の解約及び相続人様名義の口座への送金5、証券会社の株式の相続手続き6、株式の未受領配当金の請求7、死亡 [続きを読む]
  • ロシアW杯 ポーランド戦
  • 今日は、サッカー日本代表戦ですね。 ワールドカップ開催直前の監督交代で、どうなるかと心配していましたが、強豪相手に、1勝1引き分けと、日本代表は、堂々たる結果を残しています。 今大会では、イタリアやオランダが予選敗退したり、ドイツがグループリーグ敗退になるなど、FIFAランキングだけでは結果が読めないのが、ワールドカップの面白いところだと思います。 今年は、平昌オリンピックで、カーリングやスピードス [続きを読む]
  • 【実績】個人再生で、2400万円の借金が300万円に
  • 以下は、当事務所にご依頼頂いた方の実例です。(ただし、ご本人を特定できないよう、詳細は記載しておりません) 競売により、マイホームを失い、残った住宅ローン1,500万円と、銀行やクレジットカード、消費者金融からの借入総額900円の合計2,400万円の借金がある状態で、ご相談に来られました。 会社員として、安定的な収入がある方でしたので、小規模個人再生の申し立てを選択しました。 小規模個人再生とは、借 [続きを読む]
  • 7月1日は、司法書士資格の筆記試験です
  • 毎年7月1日は、司法書士資格の筆記試験の日です。 私も、平成19年に受験し、合格しました。 この時期になると、受験生時代を思い出します。 受験前の約1年間は、仕事を辞め、受験勉強に専念しました。 目標を立て、司法書士になろうと決意した頃の初心を忘れずにこれからも、自己研鑽を怠らず、業務に邁進する所存です。 司法書士大津法務コンサルティング代表・司法書士 横田 聡 [続きを読む]
  • 【相続】株式の相続の際は、配当金の請求も代行しています
  • 当事務所では、たくさんの相続手続きのご依頼を頂戴しております。 不動産の相続(名義変更)手続き以外にも、預金の相続や株式の相続なども代行しております。 株式や投資信託については、よくわからないという方もいらっしゃいますので、当事務所で、売却の代行をし、現金化して相続人の方の口座へ送金することも可能です。 なお、株式の相続は、通常、証券会社に対する手続きとなります。しかし、株式の配当金については、株 [続きを読む]
  • 債務整理をすると、ETCカードは使えなくなりますか?
  • 「債務整理をすると、ETCカードは、使えなくなりますか?」 債務整理をすると、クレジットカードは、使えなくなりますので、クレジットカードに付帯するETCカードについては使えなくなります。 ただし、「ETCパーソナルカード」は使えます。 ETCパーソナルカードとは、いわゆる、ブラックリスト等の問題によりクレジットカードを作れない人でもETCを利用できるように発行されるものです。 支払いは、口座引き落と [続きを読む]
  • 死亡届の記載事項証明書
  • 先日、20年以上前に亡くなられた方に対する相続放棄手続きのご相談を受けました。 相続放棄は、家庭裁判所への申立が必要となり、申立をする裁判所は、亡くなられた方の、最後の住所地を管轄する裁判所となります。 最後の住所地を特定するには、亡くなられた方の住民票の除票 または、戸籍の附票等を収集して調べますが、住民票の除票等は、亡くなってから5年間で廃棄されますので、今回は、取得することができませんでした [続きを読む]
  • 新築建物の評価額が、平成30年4月から改定されます
  • 建物を売買や贈与した際には、名義変更手続き(登記)が必要です。そして、登記申請の際には、登録免許税という税金を法務局に納めなければなりません。登録免許税は、市町村長が決定した、その建物の評価額をもとに算出します。 ところが、新築した建物の場合は、まだ評価額が決まっていません。評価額が決まっていない建物について、登記申請する場合には、法務局が決定した「新築建物課税標準価格認定基準表」に基づいて、登 [続きを読む]
  • 印鑑登録証明書から、性別を削除
  • このたび、司法書士会に、大津市より、印鑑登録証明書の様式を変更し、「性別」欄を削除する旨の連絡がきました。 これは、ご自身の性別選択に違和感を感じておられる方に対する配慮によるものとのことです。 司法書士は、不動産の登記や会社の登記などで印鑑登録証明書を目にする機会が多いですが、実務上においても、性別を考慮することはないため、特段大きな影響はないと考えています。 司法書士大津法務コンサルティング代 [続きを読む]
  • 相続登記はお済ですか
  • 毎年2月は、「相続登記はお済ですか?」月間として滋賀県司法書士会で、相談会を開催しています。 私も、昨日(2月17日)は、滋賀県司法書士会主催の相談会に、相談員として参加して参りました。 13時半から16時半までの3時間で、計16名の方がご相談にいらっしゃいました。 政府の調査によりますと、相続登記をせず、放置していた結果、現在では、九州よりも広い面積の土地が所有者不明となっており、売ったり、貸し [続きを読む]