macoto さん プロフィール

  •  
macotoさん: 北の小さな町から
ハンドル名macoto さん
ブログタイトル北の小さな町から
ブログURLhttp://macoto.blog.jp/
サイト紹介文日々の暮らしを綴っています。美しい景色など楽しい話題をお届けしたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供304回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2014/04/09 18:36

macoto さんのブログ記事

  • 何となく秋色 その2
  • 小春日和のような気持のよい天気だなと思っていたら突然の雷雨と、目まぐるしく空模様が変わる北海道南西部の当地です。秋分の日が過ぎて、めっきり夕暮れが早くなったような気がしています。吹く風にも秋を感じるようになってきました。春にいろいろな花の種が混じった小袋を2つほど購入し苗から育てて植えてみました。そうそう、ミックス・フラワーとかいうものです。初夏のあたりまではいい感じに咲いていたのですが、管理が悪 [続きを読む]
  • 名残のバラ
  • 園芸愛好者の方々のブログを拝見し、綺麗なバラを咲かせている方の多いのには感心しています。バラの花の魅力は特別なものがあって私も大好きなのですが、こと栽培となると難しくて、春先は意気込むものの途中で挫折するのが毎年の恒例となっています。今年も春先には肥料をやったりして大事にしていたのですが、花のあまり咲かない夏の時期は忘れたようになっていました。そして9月、涼しくなってきましたら、沢山蕾が出来て、順 [続きを読む]
  • 『ロンリネス』 桐野夏生
  • 桐野夏生の『ロンリネス』。前作の『路上のX』が面白かったので期待して読んだのですが、個人的には期待外れでした。物語の主人公は、都内のタワーマンションに住み、それほどの財力もないのに背伸びをしてセレブ風の生活を楽しむ妻たちです。マンション内にある保育所のママ友なので、それぞれを子供の名前にママをつけて呼び合い、暗黙のうちに何らかのヒエラルキーも存在します。一見幸せそうな妻たちなのですが、本の題名のよ [続きを読む]
  • 何となく秋色
  • 連休初日、昨日の風雨が嘘のように晴れ上がりました。9月も終盤、秋分の日ですので、北海道南西部の当地は何となく秋色に染まりつつあります。早生の栗は早くも実を落としていますし、プルーン、ブドウも濃紫色に近づいています。町内のリンゴ農家では、リンゴの収穫が始まっており、私のところのリンゴも真っ赤に色づいてきました。すでにリンゴを買うことをやめて数日前から枝からもぎ採って食べています。こころもちまだ早いよ [続きを読む]
  • ぶんぶん寄席『春風亭昇太独演会』七飯
  • 昨夜、七飯町文化センターで北海道新聞ぶんぶんクラブ主催の『ぶんぶん寄席 春風亭昇太独演会』がありましたので、昇太さんの落語を楽しんできました。3000人を超える応募があったなか、めでたく2枚も入場券をゲットすることが出来ましたので、くじ運の悪い私にしては驚くようなハッピーな出来事でした。首都圏や関西圏などでは多くの寄席がありますから、身近に落語を楽しむことが出来ますが、田舎ではなかなか生の落語に接する [続きを読む]
  • 『ファーストラヴ』 島本理生
  • 島本理生の『ファーストラヴ』を読み終えました。『蜜蜂と遠雷』以来、個人的に直木賞受賞作品で心ときめく作品はありませんでしたが、今回(第159回)受賞の本作『ファーストラヴ』は、さすがに読んで良かったと思える作品でした。ある夏の日、多摩川沿いを血まみれの姿で歩いていた女子大生が殺人容疑で逮捕されるところから物語が始まります。彼女の名前は聖山環菜。刺されて死亡したのは彼女の父親で画家の聖山那雄人。彼が講師 [続きを読む]
  • 災害時に便利な物 その3
  • 今回の地震による停電の教訓から「災害時に便利な物」として新たに購入したものを紹介したいと思います。一つはあの電動工具メーカーmakitaのUSBアダプタ ADP05というものです。私は充電式インパクトドライバと充電式園芸用トリマーでmakita製品を使っており、14.4Vと36Vのバッテリーをそれぞれ2個ずつ計4個所有しています。このバッテリーの使用頻度は年数回程度で、殆どは物置の中で眠っているのですが、それをUSB電源として活用 [続きを読む]
  • 大沼湖畔一周・・・てくてくハイキング
  • 連休の最終日もカラッと良い天気。カヤックのトレーニングを予定していたのですが、朝から風がややあり、お昼過ぎからはさらに強くなるような予報でしたので断念です。かわりに家内を誘って大沼湖畔一周14kmのてくてくハイキングに行ってきました。気温は25℃と半袖でも汗ばむような陽気でしたが、日陰はひんやりとしていますし、吹く風も爽やかで秋を感じさせるものでした。ツタウルシと思いますが、少しずつ紅葉も始まりだしてい [続きを読む]
  • もうコルチカムの季節は終わり・・・
  • 道南は25℃ほどの蒸し暑い日々が続いていますので、まだまだ夏が続くような気持になっています。久々に雑木林の下草を刈ってやりました。それほど伸びてはいないのですが、刈り終えて全体を見まわした瞬間がたまらなくて作業をしていました。秋になると突然地面から蕾が飛び出してきて咲き出すコルチカム。もう殆どが盛りを過ぎて散り始めていました。9月も中旬ですもね。 [続きを読む]
  • 『焦土の刑事』 堂場瞬一
  • 堂場瞬一の『焦土の刑事』を読み終えました。昭和20年3月10日に起きた東京大空襲の日、銀座の防空壕で首に切り傷のある若い女性の他殺死体が見つかるところから物語は始まります。警視庁京橋署刑事で28歳の高峰は捜査に乗り出すのですが、署長から「あれは空襲の被害者で、身元不明ということにする」という思ってもいない指示を受けます。高峰は、特高に本籍を置き警視庁保安課で芝居台本の検閲などに当たっている幼なじみの海老 [続きを読む]
  • 初秋の函館山へ
  • 仕事はフリー、朝から風もなく絶好のハイキング日和ですので、家内を誘って初秋の函館山をぐるっと散策してきました。いつもの旧登山道から七曲りコースを巡ってきましたが、この日和に誘われるように多くのハイカーで賑わっていました。ロープウェーが一般的ですが、コースを選べばスニーカーなどでも気軽に登れる山ですので、観光で訪れた際にでも、ぜひご自分の足で登ってみてください。もちろん登りは足で、下りはロープウェー [続きを読む]
  • 城岱高原ヒルクライム & 駒ケ岳一周
  • 風は強いものの絶好のサイクリング日和ですので、城岱高原を経由して駒ケ岳山麓を一周してきました。気温は20℃前後とまずまず。強風は覚悟のうえでの出発でしたが、向かい風と横風には泣かされました。道の駅やコンビニなどで休憩して、何とか帰ってきました。ちなみに総距離は104km、総上昇高度は1135mでした。総カロリーも1500kcalほど消費しましたが、これだけのエネルギーを使うならば家のローラー台で発電してバッテリーに蓄 [続きを読む]
  • 映画『終わった人』
  • 9月4日にモントリオール国際映画祭のワールド・コンペティション部門で、映画『終わった人』で主演した舘ひろしさんが最優秀男優賞を受賞したとのニュースが飛び込んできましたので、さっそく同映画を観てきました。1999 年の『鉄道員』で高倉健さんが受賞して以来の快挙といいますから凄いです。「定年って生前葬だな」という何ともショッキングなつぶやきの場面から映画が始まります。舘ひろしさん演じるエリート銀行員の主人公 [続きを読む]
  • ビッグサイズのプルーン
  • 先日の台風21号の強風でプルーンが少し落ちてしまいましたが、勿体ないので傷みの少ないものを拾ってきました。左のビッグサイズはパープルアイという品種で、右の普通のサンプルーンと比べてみますと、その大きさが際立っています。計量してみましたら100gほどありましたから、3倍くらいの大きさがあります。どちらもまだ完熟には程遠い状態で酸っぱいだけでしたが、熟すと美味しいかも知れません。果樹は楽しいですから、庭木を [続きを読む]
  • 『噛みあわない会話と、ある過去について』 辻村深月
  • 辻村深月の『噛みあわない会話と、ある過去について』を読み終えました。メルヘンチックな装丁の表紙からは想像できないような何とも怖い四つの短編で構成されています。第1話は男として見てあげられなかった男友達のお話「ナベちゃんのヨメ」、第2話は昔の教え子を傷付けていたことに気づけなかった教師のお話「パッとしない子」、第3話は自分の価値観で縛り続けた母親のオカルト的なお話「ママ・はは」、そして第4話は何となく気 [続きを読む]
  • 災害時に便利だった物 その2
  • 地震発生から2日目の夜を迎えましたが、復帰した電気の恩恵に感謝して過ごしています。震源に近い道央などで深刻な被害を受けているのをテレビで知り、あらためて驚いているところです。ラジオやスマホなどの情報だけでは、正直なところこれほどまでに大規模で深刻な災害とは思っていませんでした。また、函館市内の様子も車で走ってみて、初めて凄いことが起きていると認識した次第です。インフラや流通などが元の状態に戻るには [続きを読む]
  • 災害時に便利だった物 その1
  • 「平成30年北海道胆振東部地震」の発生から2日目の朝を迎えた北海道ですが、私の住む道南では地震の直接的な被害は軽微だったものの、まだ停電の完全復帰には程遠い状態が続いています。幸いなことに七飯町は昨日の夜半に電気が復帰して通常の生活に戻りましたが、函館市内は交通信号が半分以上復帰していませんし、コンビニは閉店状態、ガソリンスタンドには延々と車の車列が続いていました。私の職場のところも電気が来ておらず [続きを読む]
  • 台風21号の爪痕
  • 近畿地方を中心に大きな被害をもたらした台風21号。勢力をやや落としたもののスピードを速めて日本列島に沿うように北上し、東北や北海道にも爪痕を残しました。リンゴの産地・青森県ではリンゴがたくさん落果したようですし、北海道でも農業用ハウスなどの倒壊が相次いだそうです。我が家の状況ですが、菜園のトマトなどの支柱はほとんど無傷でしたし、心配していたリンゴやプルーンの落果も僅かだけで済みました。ただ、写真のよ [続きを読む]
  • 大雪旭岳sea to summit 2018 フォトギャラリー
  • 8月18〜19日に開催された「大雪旭岳sea to summit 2018」のフォトギャラリーが公開されましたので、その中から数枚をピックアップして再掲いたします。天気予報に反して、雨模様の肌寒いなかでのアクティビティでしたが、楽しい大会の雰囲気を感じていただければと思います。全国12ヶ所(2019年からは13ヶ所)で大会が開かれていますので、我こそはと思われる方はぜひ一緒に参加しましょう。高度から低度までいろいろと難易度の異な [続きを読む]
  • 函館が一夜だけスペインに ピンチョス
  • バル街の最大の楽しみは、お店で出すピンチョス(おつまみ)です。毎回各店で趣向を凝らしたメニューで参加者を楽しませてくれます。未知の味付けや素材に出会うこともあり、これもバルの楽しみの一つです。ワインは勿論のことスパークリング、カクテル、日本酒なども用意されており、お店ごとにお料理に合わせて厳選していることも憎いです。3枚目は人気店の「cafe & deli MARUSEN」のピンチョスです。このお店だけブッフェスタイル [続きを読む]
  • 函館が一夜だけスペインに 店内で
  • 人気のお店はどこも行列ができます。待ちながら初対面の方と談笑したり、バンドの音楽に耳を傾けたりして、楽しく時間を過ごします。店内もいつもの営業とは違う雰囲気で、客足の流れは早いですし、立ち飲み居酒屋(いわゆるバル)といった感じです。ホテル、レストラン、鮨屋、蕎麦屋などは勿論のこと、普段行きつけないスナックやバーなども参加していますので、下見の意味でも覗いて見る価値があります。 [続きを読む]
  • 函館が一夜だけスペインに 屋外で
  • 今回で30回目を迎えた函館バル街へ行ってきました。絶好のバル日和になりましたし、81店も参加するようで期待感大です。七飯から乗った電車・ライナーにはバルのパンフレットを持って盛り上がっている夫婦連れやグループがたくさんいました。5時過ぎに十字街に到着しましたが、振る舞い酒に並ぶ長い長い行列にはいつもながら驚いてしまいます。私たちも事前にピックアップしていたお店にいざ出陣です。(^^♪ [続きを読む]
  • リンゴ台風にならないことを祈って
  • 強い台風21号が日本列島に近づいていますね。予報では日本列島を横断し、いったん日本海に出たのちに北海道西方沖をスピードを上げて北上するようです。このコースですと、以前のリンゴ台風を思い出させて心配になります。東北や北海道のリンゴ産地では台風の動向に気を揉んでいることと思います。我が家のリンゴも小粒ですがたわわに実を付けています。遊び半分ですから、台風で落ちてもそれほど気にはなりませんが、やはり少しは [続きを読む]
  • なかなかいい感じ フットブレイス
  • 先日購入したフットブレイズを使って見たくて、朝から大沼湖でカヤックです。風速2〜3mの風が小さな波を立てていますが、あまり気にならずに気持ちよく漕ぐことが出来ました。ゆっくりと岸や島に沿って巡ってみましたが、何となく秋を感じさせるような風情になってきています。来月の今頃は紅葉が始まっているかもしれません。一昨日にヒルクライムで駆け上がった木地挽高原は今日も靄の中です。天気が良いともう少しくっきりと見 [続きを読む]
  • 木地挽高原ヒルクライム
  • 20℃前後と秋を思わせる少し肌寒い天気でしたが、今日は隣町の木地挽高原でヒルクライムです。家から標高560mのパノラマ展望台まで一気に登ります。先日の道道1160号の旭岳ヒルクライム・コースほどではありませんが、それでも勾配10%前後の登りが続きます。シャツが汗でびっしょりになる頃にパノラマ展望台に到着です。途中にはキャンプ場、そして展望台には綺麗な休憩所があり、景色を眺めながら美味しい珈琲を楽しむことが出来 [続きを読む]