macoto さん プロフィール

  •  
macotoさん: 北の小さな町から
ハンドル名macoto さん
ブログタイトル北の小さな町から
ブログURLhttp://macoto.blog.jp/
サイト紹介文日々の暮らしを綴っています。美しい景色など楽しい話題をお届けしたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供295回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/04/09 18:36

macoto さんのブログ記事

  • NHK BS1 『空港ピアノ 駅ピアノ』
  • NHK BS1 の『空港ピアノ 駅ピアノ』がシリーズで放映されていますが、ご覧になっている方は大勢いらっしゃることでしょうね。私も大好きで毎回見ています。ロサンゼルス、マルタ、シチリア、アムステルダムなどの駅や空港に置かれたピアノに定点カメラを設置して撮影したものです。ピアノを奏でる人の表情、そしてピアノを取り巻く周囲の様子が温かい空気感をもって捉えられていて、いい番組だなと思っています。駅構内や空港の優 [続きを読む]
  • 凍てつくような寒さのスキー場
  • スキーの方はやっと10回目に到達しました。町はほんのサラッと降っただけでしたが、スキー場はフワフワの雪が沢山積もっていて、だんだんいいコンディションになってきました。手や足が凍えるほどに寒いですが、滑っていますと寒さなんてふっ飛んでいきます。ナナカマドの赤い実も粉砂糖をまぶしたような霧氷で真っ白になっています。小枝についた霧氷はカラフルシャワーの白いポッキーのようですね。 [続きを読む]
  • 150年の歴史に幕
  • 函館市民から「棒二(ボーニ)さん」の愛称で親しまれていた棒二森屋百貨店の閉店まで2週間余りになりましたので、最後の買い物兼見学に行ってきました。1869年(明治2年)に函館の大町で金森森屋洋物店として創業したのが始まりと言いますので、150年の歴史を誇る老舗中の老舗デパートです。家がバスで10分程のところにあって子供の頃からよく出入りしていましたし、すぐ上の姉がここに勤めていましたので、人一倍愛着を持っているデ [続きを読む]
  • 楽しいひと時
  • 昨夜は非常勤で勤務している職場の新年会でした。顔と名前が一致しない他の部署の方がおりますし、若い方々からはパワーをもらえますので、歳と共にこういう会はいいなと思っています。美味しいものを食べて、ワイワイと盛り上がって、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。お料理はさすがに美味しかったですし、美しい盛り付けは勉強になります。来年のおせちの参考にしようかなと思っています。 [続きを読む]
  • 珈琲 『レッドマウンテン』
  • 今回ご紹介する珈琲は『レッドマウンテン』です。それにしましても珈琲の銘柄にはマウンテンと銘打ったものが多いですね。その『レッドマウンテン』、いつもと同じように購入元の説明を参考にさせていただきます。ケニアの首都ナイロビより北東約300kmに位置する標高5,199mのケニア山の南に広がる高原、ニエリ地区が主産地なのだそうです。ケニア山はタンザニアのキリマンジャロ(標高5,895m)についでアフリカ大陸第2位の高峰です。 [続きを読む]
  • ゲレンデひとり占め
  • 今日もまずまずの天気でしたので、スキー場へお出ましです。10cm上積みされて積雪が60cmなったようで、少し滑りやすくなったような気がします。いつも滑るコースは自衛隊さんや冬休みの子供のレッスンなどで少し混雑していますので、早々に高速ゲレンデへ回避です。こちらは雪不足で地形の凹凸や小石が露出しており、おまけにところどころアイスバーンですので、スキーヤーやボーダーの姿はほとんど見かけず、ほぼ貸し切り状態でし [続きを読む]
  • 『熱帯』 森見登美彦
  • ということで、森見登美彦の『熱帯』を読了です。何とも摩訶不思議というか難解な小説です。物語の中に何層にも別の物語が入っている入れ子の入れ子で、長方形の紙を180度ひねって端と端をくっつけたメビウスの輪のように最後は最初に繋がるという複雑な構造になっています。謎を追うたびに「千一夜物語」が深く関わっていることを知るのですが、あたかも千一夜をトレースしているような、はたまた1001夜(アラビア語写本では282夜) [続きを読む]
  • my favorite spot
  • 長いお正月休みが終わり、今日が私の仕事始めでした。非常勤で勤務している施設が五稜郭公園の近くに新築移転しての最初の勤務日でもありますので、それなりに緊張しての出勤とあいなりました。広々としてピカピカですので、ちょっと落ち着かないのですが、綺麗で快適で、このような恵まれた環境の中で仕事ができる幸せを感じています。帰りは歩いて10分程の中央図書館に立ち寄って軽いランチタイムです。今日が返却期限の森見登美 [続きを読む]
  • wonderful snow world
  • お正月休みは今日でフィナーレですので、函館七飯スノーパークへ繰り出してきました。天気予報に反して、ピッカピカの良い天気で最高のスキー日和でした。スノーパークいちおしの霧氷も青空に映えてとても綺麗でした。どこを切り撮っても絵になるって、こんな風景を言うのでしょうね。この冬からシーズン券デビューした家内も颯爽(?)と滑っています。 [続きを読む]
  • 『フーガはユーガ』 伊坂幸太郎
  • 伊坂幸太郎の『フーガはユーガ』を読了です。話題性が高かっただけに期待して読んだのですが、個人的には「ウーン」って感じです。常盤風我(フーガ)と優我(ユーガ)という双子の男の子の物語です。風我と優我は毎年の誕生日のみ2時間おきに入れ替わるという特異体質を持っています。中身が入れ替わるのではなく、身体ごと物理的に瞬間移動するというのがポイントです。この瞬間移動がいろいろな出来事の場面で効果的に使われ、それ [続きを読む]
  • 珈琲 『ブルーマウンテン No.1 クライスデール』
  • 年が明けてから最初の焙煎は、『ブルーマウンテンNo.1 クライスデール』です。昨年末に奮発して買っておいたもので、私の中では年明けに相応しい銘柄かなと思っています。皆さんはすでにお飲みになっているかもしれませんが、私はブルマンはブレンドしか飲んだことがなく、ストレートは今回が初めてで、少しワクワクしていました。価格は生豆でも段違いに高く、私のような庶民はお正月でなければ購入しない代物です。販売元の説明 [続きを読む]
  • NHK総合「北アルプス ドローン大縦走」
  • 昨夜のNHK総合「北アルプス ドローン大縦走」は多くの方が楽しんだことでしょうね。このシリーズは一昨年に始まり、今回で3度目になります。初回は槍ヶ岳と穂高岳。昨年の2回目は立山と剱岳でした。前二回は夏の撮影でしたが、今回は雪が降り始めた11月。前回までとはまったく違う山の厳しさと美しさをドローンを駆使した映像で楽しませてくれました。まず、中房温泉を出発して燕岳から大天井岳まで。いったん上高地まで降りて、 [続きを読む]
  • new year ski
  • 年が明けて初めてのスキーです。当地は雪の少ない年明けを迎えており、スキー場の積雪も50cmほどです。それでもお正月ですから、家族連れなどで賑わってゴンドラへの乗車を待つ人が長蛇の列を作っていました。3回目からは高速ゲレンデへ逃げたのですが、こちらはところどころに地面が出るほどのコンディションで、「わお〜」って感じです。滑走面への傷は必至で、今頃の滑走は新しいスキー板を持ち込まないのが賢明ですね。あと50c [続きを読む]
  • NHK Eテレ「こいつぁ春から 初芝居生中継」
  • 皆さま、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い申し上げます。19:00から21:30までNHK Eテレで放映された「こいつぁ春から 初芝居生中継」をご覧になった方はたくさんいらっしゃるでしょうね。初日を迎えた歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」、大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」、浅草公会堂「新春浅草歌舞伎」の模様が生中継で放映されていました。いつもながら新春の華やかな歌舞伎舞台をワクワクしながら観ていました。歌舞 [続きを読む]
  • おせち作り
  • だて巻きに続いて、海老のつや煮や八幡巻などを作り終えていたのですが、今日は朝からうま煮つくりで午前中を費やしてしまいました。本当にたまにしか料理をしませんので、段取りが悪くて時間ばかり食ってしまいました。もう少し料理をしなくてはと思っているところです。そんなことで恒例のおせちが完成しました。紅白なます、昆布巻き、黒豆などは家内の担当です。今年のおせちで私の中でのイチオシは『市松のしどり』です。作り [続きを読む]
  • 『宴の前』 堂場瞬一
  • 堂場瞬一の『宴の前』を読み終えたところです。物語はこんな感じです。日本海に面したとある県が舞台です。イメージ的には新潟県あたりが近いように思います。この県の知事、安川美智夫は4期16年を務めあげ、県の定例議会ですでに引退の宣言をしています。しかし後継者指名をためらううち、知事選まであと2ヶ月という時期に意中の副知事が病で倒れてしまいます。一方の対抗馬は16年前の冬季オリンピックで銅メダルを獲得したアルペ [続きを読む]
  • だて巻き作り
  • 忘れた頃にやる男の料理ですが、年末ですので恒例のだて巻き作りに挑戦です。今回はベターホーム協会講師の浜二さんが紹介していたレシピをもとに自分なりにアレンジしました。作り方は、Mサイズの卵6個を軽く攪拌しておきます。別に、はんぺん1枚(100〜120g)を細かくちぎり、さらにスプーンの裏などですりつぶします。それにみりん大匙2、酒大匙1、砂糖大匙1、醤油小匙1/2を加えてよく混ぜます。そして、両者を合わせて、ブレンダ [続きを読む]
  • -14℃を滑る
  • ちょっと忙しい日々を過ごしていましてオープンから2度目のスキーになります。ゴンドラに乗るのは今シーズン初めてです。全国的に寒波が押し寄せて来ているようで、当地のスキー場の掲示では-14℃とありました。滑っていてもさすがに寒かったです。寒さのせいか雪質は良かったのですが、積雪がまだ45cmと地面の凹凸がそのまま出ているところがありますので、もう少し雪が欲しいところです。4月のクローズまでときどき白銀の世界の [続きを読む]
  • 珈琲 「キューバTL」
  • 今回同時に焙煎した3つ目は「キューバTL」です。TLというのは「ツルキーノ・ラバト」の頭文字らしく、スクリーン17というサイズの等級をさしているようです。キューバと言うと太陽の楽園というイメージがありますが、コーヒーでもジャマイカと並びカリブ海地方で人気の高い銘柄を多く産出しています。キューバのコーヒーの歴史は1748年にドン・ホセ・ヘラルドという人がハイチのコーヒー園から豆を持ち帰ったのが始まりなのだそう [続きを読む]
  • 『ある男』 平野啓一郎
  • 平野啓一郎の『ある男』を読み終えました。物語のさわりはこんな感じです。宮崎県のS市で実家の文具店を手伝うバツイチの女性・里枝は林業会社に勤める職人の谷口大祐と店先で出会い、それが切っ掛けで再婚することになります。真面目で優しく働き者の大祐との間にやがて女の子が生まれ幸せに暮らしていましたが、大祐は突然の伐採事故で亡くなってしまいます。生前、実家とは縁を切ったと言っていた大祐でしたが、思うところのあ [続きを読む]
  • 珈琲 「モカマタリ」
  • モカマタリも一緒に焙煎しました。このモカマタリ、私の中では1961年に大ヒットした西田佐知子の「コーヒールンバ」の歌詞に出てきますので子供の頃から知っている銘柄です。コーヒーと言うとモカマタリって感じでしたね。昔は純喫茶が沢山ありましたので、モカマタリを出すお店もありました。うふふ・・・何が「純」なのか今でも分かりませんが。(^^♪販売元の説明によりますと、コーヒー発祥の地であるエチオピア/イエメンのア [続きを読む]
  • 『ホモ・デウス ?』 ユヴァル・ノア・ハラリ
  • 『ホモ・デウス ?』も読み終えました。歴史学者だけあって、大きな歴史の流れを踏まえ、何がどういう理由で未来につながるのか、そしてその過程がどのような意味を持つのかを分かりやすく読み解いてくれます。なぜ人間は「不死」と「至福」と「神のような力」の獲得を目指すように出来ているのか、過去の歴史から浮かび上がる人間の思考や行動を分析し、その延長線上を生きていくであろうホモ・サピエンスの未来を考えていきます [続きを読む]
  • 珈琲「イルガチェフェ」
  • 珈琲のストックがなくなりましたので焙煎をしました。このところもっぱら「エメラルドマウンテン」ばかり飲んでいたのですが、ちょっと違うものを飲んでみたいと思い、新たに購入した3種類を焙煎してみました。選んだのは「イルガチェフェ」「キューバTL」「モカマタリ」などです。「モカマタリ」以外は聞いたこともありませんから、選択は行き当たりばったりという感じです。豆の特性などがありますから、焙煎の感じや飲んだ感じ [続きを読む]
  • 一晩で2台も救出
  • 昨日の仕事帰りの函館の路面状況は概ね良好だったのですが、高速道路に入り七飯に差し掛かった頃に状況が一変していました。家に近づくにつれ徐々に吹雪模様の相当な積雪です。案の定、車庫の前は吹き溜まりで、除雪をしないことには車を仕舞うことも出来ません。暫くしましたら除雪車も入り、ホッと一息です。家内も仕事から帰ってきて、ちょっと寛いでいた頃に、近所の奥さんが車が脱輪したので助けて欲しいと飛び込んできました [続きを読む]
  • winter wonderland
  • 仕事がフリーでしたので、昨日オープンした函館七飯スノーパークへ初滑りに行ってきました。まだ積雪20cmほどで、下の2コースのみのオープンです。ところどころブッシュが出ていたり、地面の凹凸があったりと、あまり芳しいコンディションではありませんが、初滑りですからこんなものかなと思っています。人工降雪機がフル稼働していますが、全コース滑れる日が待ち遠しいです。 [続きを読む]