たまのし さん プロフィール

  •  
たまのしさん: セキセイインコの気になる〇〇
ハンドル名たまのし さん
ブログタイトルセキセイインコの気になる〇〇
ブログURLhttp://tamanoshi.seesaa.net/
サイト紹介文楽天ブログから継続 セキセイインコを愛でる日記、ですが…?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/04/10 02:06

たまのし さんのブログ記事

  • GEX オートヒーターミニ
  • チェリーシュリンプ水槽にもヒーターを導入しております。ジェックス『オートヒーターミニ10W』保温温度は固定式で約24〜28℃、適合水槽は水容量4リットルまでの小型水槽用ヒーターです。無印良品『ガラスフラワーベース ラージボールL』水量5リットルに対し、省エネながらも22℃。お気に入りポイントはやはり形状=網目でないこと&なんといっても小さいこと。本体大きさ:高さ6.5×横幅3.8×厚さ2.8cmヒ [続きを読む]
  • テトラ セーフティデュオ20W
  • 例年メダカは屋外にて越冬させていたのですが、その間に病気にかかる個体もあり・・・どうやら冬場はヒーターを使って加温してやること、ある程度の病気は防ぐことができるもよう。ではさっそくと購入したのは→テトラ『セーフティデュオ20W』 26℃固定設定、7リットル以下用です。設定先は→水作『グラスガーデンF300』 内容量11.4リットル力不足なのでは?という気もしますが、どうしてもヒーター設置にあたり譲れ [続きを読む]
  • モスムーンを自作
  • チャームさんで買った『巻きたてモスムーン(モスファン)』Mサイズ1年でこんな感じに育ちました。ちなみに1年前は・・・→http://tamanoshi.seesaa.net/article/442278591.htmlちょっとボウボウなので散髪することにしたのですが、散髪カスがもったいないなぁ、と。そこで見様見真似で自作に挑戦!駄目元です(笑)準備したもの:グリーンネット、結束バンド、あと土台(チャームさんで購入も苔だらけにしていまい断念したモス [続きを読む]
  • 桐箱リユース
  • 捨てるにはもったいない美しい仕上がりの桐箱。「とっておこうかな〜」と何のために?こういう思考回路だからいつまでたっても家の中がスッキリしない←断捨離が終わらない・・・(汗結局、思い切れず。とはいえ、活用方法は思いつきました!→題して「インコたち用の仕舞える砂場」ふわふわで気持ちのいいペッズイシバシ『ハムスター・小鳥のためのシルバーサンド』を投入して・・・アキクサインコさんに入っていただきました。セ [続きを読む]
  • 切ない!ドライマホガニーポッド
  • “コルク樹皮おもちゃ”の3回目の手直し。ゴツゴツとした表皮はすっかりと消滅し、この頃飽きられた感の否めない飼主お手製のおもちゃです。当初はこんな感じでした→http://tamanoshi.seesaa.net/article/454431033.html「せっかく作ったので、もうちょっと遊んでもらいたいなぁ・・・」かなと。あの素材の出番です。その名はMICS『ドライマホガニーポッド』CAP!さん取り扱いのマホガニーの木の実。今回はスライスされた [続きを読む]
  • カナダのペットショップ2017(2の2)
  • KORNA Natural Pet Suppulies in Coquitlam,BCバンクーバーで展開するペットショップのよう。“ペットおよび飼い主の健康と幸せ”をビジョンとして掲げている。BC州のペットショップは、大型ショッピングモールでは見かけない。ハイウェイ沿いの店舗密集地や各コミュニティーに存在するショッピングスポットを覗いてみるべき。カナダでは犬猫を飼っている家庭の割合が大きく、ベッドタウ [続きを読む]
  • カナダのペットショップ2017(2の1)
  • 特筆すべきことはとくにありません。ただ、どこにどんな店があったのか・・・という記憶を記録するためだけの一編です。PetSmart in Surrey,BC会員登録することにより、会員価格での買い物が楽しめる。登録はレジにて可。会員カード等はないが、次回から「登録された電話番号をレジにて伝達するように」とのこと。品揃えは豊富だが、Vision製品を発見することは叶わなかった。とはいえ、WescoPet [続きを読む]
  • コルク樹皮でおもちゃ(作り方)
  • 材料:コルク樹皮(東急ハンズで購入)大きさや形は適当。我が家の場合、使用場所はケージ内。ケージが大きいので、売られていた大きさそのままにて使用。その他材料:コルク樹皮を吊るす紐。手芸用の丸革紐(牛革・ナチュラル)と“バードカバブ”のサイザル麻紐(リユース素材)を使用。すべて丸革紐でもよかったのですが、とすると束ねる作業に力(チカラ)が必要となります。作業①コルク樹皮に穴を開ける。特別な道具は必要な [続きを読む]
  • コルク樹皮でおもちゃ
  • 今年の大ヒット素材!それはCAP!さんで販売されている『ドライマホガニーポッド』byジャンボさん破壊好きにはたまらなくよかったらしく、おもちゃ寿命は2日。こう↓↓↓なる前のおもちゃ・・・http://tamanoshi.seesaa.net/article/453779634.html目下の悩みは、長期売り切れに突入中の“マホガニーの木の実”に代わる素材探し。苦戦するかと思われましたが→即座にみつかりました!それは・・・コルク樹皮。これを使って“ [続きを読む]
  • 蓮華・野草ミックス
  • ピーツー・アンド・アソシエイツから新しい商品が発売されております。Drisd Leafs『蓮華・野草ミックス』里山からのおくりもの8g、東急ハンズ価格500円+税原材料:蓮華野草、原産地:福岡県特記:砂糖不使用、油不使用、低温乾燥(色・味・香りを追求) 安心安全の美味しさ仕様☆P2さんは福岡県の会社だけあって、福岡県産の製品が多いです。本品は“小動物用のおやつ”であって、小鳥用ではありません。我が [続きを読む]
  • 肝疾患用ペレット
  • ラウディブッシュ『フォーミュラAL』肝機能が低下した鳥に対して、低タンパク質な食餌からでも栄養を得られるように作られた高ビタミンおよびミネラルを含む療法食ペレットです。獣医師の指導で与えるフードなので、病院で処方してもらわなければ入手できません。我が家の場合、肝機能疾患の症状があらわれているセキセイインコくんと、「もうすこし痩せてもいいかな」と診断されたジャンボさんの2羽のみ、その対象です。最近よ [続きを読む]
  • 油膜と戦う!
  • 金魚鉢の水面を覆う“油膜”・・・もうひとつの30cm水槽にもときどき表れたり、なんともやっかい。屋外置きの睡蓮鉢には起こらない現象です。アクアリウムにおいての油膜とは=“タンパク質”なんだとか。ときに水槽のバランスが崩れて濾過バクテリアの死骸が油膜となって表れたり、与えすぎた餌の成分から出るもの、飼育生物の死骸etc.と原因はさまざまあるようです。対処方法も原因によって異なるようなので、まずはその [続きを読む]
  • 趾瘤症対策<その2>
  • アキクサインコさんのケージも見直すことにしました。とくにブランコ。止まりやすそうにしておりましたが、やはり太いので。アキクサインコさんのケージ→http://tamanoshi.seesaa.net/article/453754437.html「インコ 趾瘤症 止まり木」で検索をかけると“止まり木保護テープ”なる文言が。近所の薬局や100均を覘いて、似たようなものを手に入れてきました!薬局では、白十字『ワンタッチ包帯』素材:ポリエステルをゲット。 [続きを読む]
    • 関連キーワード
    • アンダーラップテープ
    • ワンタッチ包帯
    • 止まり木保護テープ
    •   >>もっと見る
  • 趾瘤症対策<その1>
  • 趾瘤症は、足底部が肉芽腫によって腫れた状態を言います。体重過多、握力低下による足底部への負重増大、片足の障害による健常な足への負重増大、不適切な止まり木などが主な原因です。〜小島篤史著『コンパニオンバードの病気百科』より抜粋〜治療としては、止まり木をはずし、足底にかかる負担を軽減させなければならないようです。ということで、受動的ですが、アキクサインコさんの足裏にかかる負荷を一定にさせない作戦開始! [続きを読む]
  • これは趾瘤症?
  • アキクサインコさん、4歳と2か月。幼いときから趾曲りの気になる鳥さんでしたが、現在気がかりなのは・・・生後2か月目の様子→https://plaza.rakuten.co.jp/tamanoshi/diary/201309220000/このコブ。おそるおそる触ってみたところ→とくに痛がる様子はないのですが、異常ですよね?とりあえず、以前(ジャンボさん用に)処方してもらった湿布薬をキッチンペーパーに含ませて・・・経過を看ることに。しかし、どうしたものやら [続きを読む]
  • マステカッター☆よもやま話
  • ミドリオンラインストアで“2018年版ポケットダイアリー”を購入する際、あわせて注文したもの↓↓↓これらがクロネコヤマトの宅急便で送料無料で送ってもらえるなんて・・・感激(涙)感謝の気持ちを込めて“優れもの”をひとつ紹介することに☆それは、『CL テープカッターⅡ』テープがすべてケースの中に納まっているので、ホコリがつきにくいテープカッターです。片手でスムーズにスライドオープン!両刃設計なので、右 [続きを読む]
  • インコ手帳2018
  • 毎年欠かさず購入しているインコ雑貨があります。それはCAP!さん、こんぱまるさんの『鳥カレンダー』=http://tamanoshi.seesaa.net/article/395223072.htmlとデザイン文具ミドリさんの『ポケットダイアリー』です。我が家ではこのダイアリーを“インコ手帳”と称し、愛鳥たちのいわば健康観察ノートとして使わせてもらっております。こんなカンジで→http://tamanoshi.seesaa.net/article/427174053.html使用歴2年、マメでな [続きを読む]
  • インコの置物
  • インコグッズ・・・気になったものはとりあえず買ってしまいます。ですが、手に入れた後は段ボール箱へストック・・・というダメダメ人間です。BIRDIE BILL(バーディ ビル) セキセイインコ素材:ポリレンジ、アイアン、マグネット原産国:中国クチバシ付近にマグネットが入った超リアルオブジェ。大きさも縦約11×長さ約15×肩幅約5cmというほぼ実寸大。額、胸、おなかの割れ(笑)なども愛おしくなるほどの出 [続きを読む]
  • LOVE!ことり
  • 宝島社 リンネル特別編集『LOVE!ことり』この本の存在に気がついたときには既にどこも売り切れ・・・でしたが、久しぶりに検索をかけたら・・・ある! ようやく手に入れることが叶いました。どうしてもほしかった理由は、きっとこの特別付録、『立体インコポーチ』ついにご対面〜〜〜・・・あ、こんなカンジで届くのね。第一印象は、ちょっと残念?だけど、やっぱり可愛らしい。お顔は機械刺しゅうのようで笑える平面、ボデ [続きを読む]
  • 出血斑ふたたび
  • 人間用のソファーに“ちょこん”と座っている姿がなんともいえず、おもわずパチリ☆自分がカワイイことを知っているお顔のセキセイインコくん、5歳です。この写真を撮ったときはまだ「クチバシ、まさか?」と思い過ごしであってほしかったわけですが、やっぱり、そうではなかった・・・。体重は40g(目標38g以下)、いくら食事制限をおこなっていても、ほかの鳥の餌をもつまんでいてはいつまでたっても痩せられず。それどこ [続きを読む]
  • 簡単☆手作りおもちゃ
  • できる範囲でインコにやさしいおもちゃを・・・セキセイインコくんの肝疾患を機にその思いはどんどんと強くなり、今では金属はステンレス以外は排除、天然素材でも無着色以外はNGな気分。というわけで、必然的におもちゃの類は手作りを余儀なくされております。しかし、これが案外楽しくて、既製品を活用しながらこれまでちょこちょこ作ってまいりました。例えば、こちらはサンコー『ナチュラルハンガー フルーツ』の軸を使った [続きを読む]
  • 超!簡単 手作りステップ
  • 東急ハンズでの買い物。欲しいものは基本“安価をネットで派”ですが、“定価販売のハンズ”へ出かけるのも好きです。ハンズには、ネットでは探しきれない“あんなもの、こんなもの”を発見する楽しみがあるからです。このたびの“掘り出し物”は、この高級木材の端材。アキクサインコさんのブランコに使っている材料=サボテンの骨の細バージョンを探していたときに目に飛び込んできたものです。一目惚れでした。コレを使ってなに [続きを読む]
  • 人間用プロポリス
  • 鳥たちの様子をみて飼主が生活に取り入れたものが2つあります。それは、“ビタミンB群”と”プロポリス”。どちらも何処かに際立った効果が表れているという実感はないのですが、不規則な生活の中、“大人ニキビ”と“口内炎”は発症しなくなったかな。ビタミンB群は、小林製薬を愛用しております。理由は、コレなら服用後に吐き気をもよおさないから。1日2錠、朝一の空腹時にコップ1杯の水で摂取しております。あ、もちろん [続きを読む]
  • 室内水槽も総括2017
  • こちらも総括?室内水槽の近況報告(^^メダカ水族館からの流れは今やこの姿、モスムーンメインwithエビってどういうこと(笑)この水槽も当初は・・・→https://plaza.rakuten.co.jp/tamanoshi/diary/201306050000/現在の目標図案は、チャームさんの『モスムーン』商品ページに掲載されている“Set Image”モスムーンをイサム・ノグチ風に鎮座させて→メタリックなメダカを少数“龍の如く”泳がせるという。・・・ほ [続きを読む]
  • 総括!睡蓮鉢の苔対策2017
  • 一雨ごとに朝晩ひんやり、秋だなぁと感じ入るこの頃。本日は、春より試みております苔を生やさない屋外飼育の結果報告です。苔を生やさない屋外飼育とは→http://tamanoshi.seesaa.net/article/449083981.html水替えは、基本“減ったら足す”だけ。ただ、水質浄化用に入れていたマツモ類に爆繁殖スネールが喰らいついたため→大量に落葉→水底に溜まり、汚らしかったので×2回ほど“総水替え”したこともありました。スネール駆除 [続きを読む]