マーイルマン さん プロフィール

  •  
マーイルマンさん: マーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ハンドル名マーイルマン さん
ブログタイトルマーイルマンのブログ・思い出・愛・希望
ブログURLhttps://ameblo.jp/karamatto777/
サイト紹介文キリスト教・統一教・天理教など宗教との出会いを通して知った悲哀や歓喜。日常の出来事や生きがい等。
自由文キリスト教を知ったのは1967年18歳で、統一教は1971年22歳の時、天理教は1981年32歳の時でした。愛と真実と幸せの世界をめざして旅立った日々。
まさに『青い鳥』を求めるように。でもつまずいて傷ついて諦めて、そしてまた希望を持って。
気がつきました。愛は近くにありました。人と人との間に愛がありました。トルストイ『人はなぜ生きるのか』の話のように!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/04/13 00:58

マーイルマン さんのブログ記事

  • ゴーンさんを無罪放免にしないと国際世論は許さないのでは?!
  • 少なくともゴーンさんは日産自動車を立て直した人物である。 毎年、森友学園事件やスポーツがどうたらこうたらと小さな事件を針小棒大に取り上げで大事な国際関係を台無しにしているように私には見える。 日本人が北朝鮮に拉致され、未だに解決されず、非難しているのに、その日本が人(ゴーンさん)の自由を奪い長時間拘束するなんておかしいだろ。 パンと数十億円との差はあるが、まるでレ・ミゼラブル(ああ無常)を彷彿とさせ [続きを読む]
  • 『主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる』
  • 聖書に『主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる』(ローマ人への手紙10章13節) と書かれています。 なぜ、今この聖句なのかというと・・・・・ 歳のせいにしてはいけないんだろうけど、私は最近、愚痴っぽくなったし、怒りっぽくなったようです。家内がうつ病でほとんど何もしないというか、出来ないのです。それで私が家事のほとんどをしなければなりません。働けることは有難いことだと頭では分かっているのですが、つ [続きを読む]
  • 「神から啓示があった」とか「イエスから声があった」というのは方便なのか?
  • 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 「神から啓示があった」とか「イエス様が幻で現れた」というのは方便だと思います。『方便』というのは「?も方便」という使い方をされ、ある目的を達するための便宜上の手段として使用されます。(こういう目に見えない話は形而上の話なので宗教の話として片付けられることが普通かもしれません) 前回、パウロの話をしましたが、パウロも「天から強い光が [続きを読む]
  • 禁欲主義は何故生まれたのだろうか??
  • これから書くのはあくまでも(独断と偏見かもしれない)私の考えですから、ご了承くださいますように。 私は『神の国』の著者・アウグスティヌス(354年〜430年)とキリスト教の創始者とも言うべきパウロ(5年〜67年)をWikipediaで検索してみました。それは彼らの生き様を知りたかったからです。パウロhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%AD よく知られているように、パウロはイエスの信者達を迫害 [続きを読む]
  • 年賀状を出したけど、今年はスムーズにはいかなかったんです
  • 毎年この時期になると年賀状作りに焦ってしまう。デザインを考えるのは好きなほうだけど、家内のも考えないといけないし・・・それでも以前に義母のも母のも作っていた頃より少なくなったので少しは気楽にはなりました。とは言え、私だけなら、JPやキヤノン等の無料年賀状デザインをネットで見つけ拝借したりして済ませられるんですが、家内は見本が必要というので、CD-ROM付きの年賀状雑誌を500円位で買ってきた。ところが、いざ [続きを読む]
  • 交通安全スローガンを今一度振り返り見てみると・・・
  • とてもたくさんの交通安全標語がありますが、心に残ったのを次のURLから少しお借りしました。 標語『交通安全標語(道路標語)・スローガンの気になる言葉』https://iso-labo.com/labo/words_of_traffic_slogan.html ● 急停車 されても良い距離 良い速度 (1969年 内閣総理大臣賞) ● 自分だけはと思う心が 事故のもと  (1971年 佳作) ● せまい日本 そんなに急いで どこへ行く (1973年 内閣総理大臣賞) [続きを読む]
  • 「自由と平等と博愛・世界平和が理想」と言うけれど・・・
  • 「自由と平等と博愛・世界平和が理想」と言うけれど・・・心の中は皆 少しずつ違うのでしょうね。本当にそう願っている人もいれば、思惑と違って口先だけの人だったり色々だと思います。。   なぜ今更こんな話を持ち出したかと言えば、人間の本能(本性)は自然なのかどうかを確かめておきたかったからです。それで見つけました。下のページを!! プレジデント オンライン「他人の不幸は蜜の味」は科学的に証明済みhttps://pr [続きを読む]
  • 文教祖の悪行は1977年にも国会で取り上げられていた。
  • (衆議院会議録情報)第080回国会  法務委員会  第4号 1977年(昭和52年) 3月22日(火)http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/080/0080/08003220080004c.html ※ 長い文章ですが一箇所だけ選んでUPしてみました。 ○横山委員 私もその点は同感であります。私は三十一年のころのいきさつは直接タッチをしておりません。したがって、今日の立正佼成会の実態しか私は知らないんであります。しかし、改め [続きを読む]
  • 今日発売の正論は見出しだけでもスゴイ!!
  •   大きいミカンより小さなミカンのほうが甘い場合もあるけれど・・・・・小さいより大きくて美しいのを選ぶのは本能でもあり知恵でもあります。 人の幸せより自分の幸せを先に願うのも世の常です。しかし・・・・・ 前置きはこれくらいにして・・・本日発売の産経新聞社発行、創刊45周年1月号の見出しに思わず「その通りだ」と大いに同感した次第です。 「韓国に1円たりとも払ってはならない」というエドワード・ルトワック [続きを読む]
  • 「大恋愛をしたい」と言っていた私の霊の親の親の親だった
  • テレビで『大恋愛〜僕を忘れる君と』というのを毎週金曜日午後10時からやっていて、先日は7話でした。次回の金曜日は8話です。それを観ていて、昔、霊の親の親の親が言っていたことを思い出しました。「今1番何がしたいかというと、大恋愛をしてみたい」と。(霊の親というのは統一教会用語で自分を伝道した人のことをいいます。天理教では道の親といい、ある仏教では法の親とかいいますよね。)「霊の親の親の親」ということは私 [続きを読む]
  • 続き・愛が愛らしくあるために愛の力は原理の力よりも強い (その2)
  • (続き)私の話は今から50年も前のことだから、記憶がうろ覚えなので話が前後してるかもしれませんが、お付き合いいただけるとうれしいです。 彼女(Y)は自身の日本名を教えてくれ、私に「のん」というニックネームをつけて会う度に仲良くなっていった。大津周辺や京都の寺院や四条河原町でデートすることもあった。3度めの美術大学受験のための勉強もしていたけれど、今度はすべり止めに親父の勧めもあり、近大の夜間の建 [続きを読む]
  • 愛が愛らしくあるために愛の力は原理の力よりも強い (その1)
  • 原理講論の堕落論、第三節(1)には、愛が愛らしく存在するためには、愛の力は、あくまでも、原理の力以上に強いものでなければならない。・・・と、文教祖は書いている。 ”愛が愛らしく”という言葉も曖昧なのだけれど、「愛」が愛する人のためなら何でもできる愛情のことだとすると、文教祖が「愛の力は原理の力以上に強いものでなければならない」と今更 強調しなくても古今東西あまねく古来より「愛の力」は何時の時代も強 [続きを読む]
  • 夕焼けと紅葉・黄葉と落ち葉
  • ネットを検索すると夕焼けの美しい画像はいっぱいありますね。海や舟や富士山などを背景にした夕焼けってすてきです。  最近の私と家内は遠方に行けないのですが、それでも周りに美しいと思うところがあり、気にいったらシャッターを押します。 夕焼けが美しい時は変形した雲が多い時がいいように思います。散歩する並木道は桜の木が多いのですが赤、黄、黄緑の変化や虫食いの葉にも情緒を感じます。 可愛いから [続きを読む]
  • 文教祖の一代で消えた統一教会!?
  • 文教祖は「統一教会」を創設し、この名をこよなく愛したが亡くなってからこの「統一教会」という名も亡くなったに等しいと感じます。所詮、家庭連合やサンクチュアリ教会や他の分派も含めて別物だからね。  「統一教会という宗教は文鮮明が始めたのだが中身は新型共産主義です。私は、この統一教会は文鮮明教祖一代で終わるとみています」と1970年頃?予見されていた方が卓 明煥 (タク・ミョンファン)氏でした。(1937〜1994年) [続きを読む]
  • 反原発・反戦歌うジュリー(沢田研二さん)
  • 沢田研二さんのドタキャン騒動の原因は東京電力が株主のコンサート会場で原発反対の署名を実行しようとしたためとか言われています。 もしかしたら沢田サイドが署名活動を強行しょうとして会場側ともめ、さいたまスーパーアリーナ側から使用禁止を言い渡された可能性もあるという見方がファンの間で広がっているらしい。 沢田研二さんの歌った歌詞はこれhttp://open.mixi.jp/user/20456977/diary/1939921121 想定外の津波で福島原 [続きを読む]
  • 「若気の至り」だったとしか思えない文教祖の生涯
  • 神様の芸術 夕日が反射した第二京阪道路です。  もっと正確に言うと「若気の至りを生涯をかけて貫き通した文先生」と言うべきかもしれません。※文教祖を真のメシアと信じている方は読まないでください。というより、来ないよね。/////   ( 信教の自由ですからね。) 自由が一番 (^_-)-☆   「若気の至り」とは血気盛んで未熟な人間が、若さゆえに取ってしまう無分別な行動や発言のことを言う場合が多いです。文教祖に [続きを読む]
  • 統一グループの看板を書いていた時があったけれど・・・
  • 先日、天井の雨漏り修理のために合板や材料をコーナンで買ってきたので物置を片付けていると、沢山の横断幕がロール状態にして埃をかぶっているのが見つかった。私が統一教会や世界平和女性連合(WFWP)から看板(横断幕)の注文を受けて精誠を尽くして看板を制作し、講演会等が終わって不要になった横断幕を撤去したものだった。記念になると思い大事にしまってあったのだ。  今から数年前、文教祖のダブルスタンダードの [続きを読む]
  • 妻が先日から夜の散歩を突然やめた/////
  • 家内はウツ病を患ってから随分長くなります。ウツ薬の多種服用の副作用で危篤状態になったこともあり、本当に大変な時期がありましたが、最近はだいぶ安定してきたように思います。   家内とは毎日、夕方一時間ほど決まったコースを散歩します。そして、夜は2時間ほど自宅と京阪萱島駅近辺を家内は一人で散歩します。雨の日以外はほとんど毎日行っています。「俺も一緒に行こか?」というと、「一人がいい」と言います。夜と言 [続きを読む]
  • 「女と子供は負けるのが好き」って聞いたことがあります。
  •  前のブログで弱肉強食とか闘争の歴史とか書いたんだけど愛がないというか希望がないような文章になって反省しています。それにもかかわらず、「いいね」して下さってどうもありがとうございました。暴力や各種のハラスメントを肯定するつもりは毛頭ありません。愛と慈しみに満ちた、互い立てあい助け合いの世界が望ましいです。 若い頃、フィンランドの女性宣教師から「フィンランドには”女と子供は負けるのが好き”という言 [続きを読む]
  • 「歴史は闘争の歴史だった」/////当たり前です。
  • 共産主義は人類の歴史を「階級闘争の歴史」と捉え、文鮮明教祖もそこからヒントを得たのか人類の歴史を「善悪闘争の歴史」と捉えていましたね。(私が思うに、戦うには敵と味方があるのは当然ですがどちらも「自分側が正義」と考えているんですから善悪闘争というより善と善の闘いで善善闘争と言うべきだと思う。勝てば官軍というだけのことです。それに闘いに勝ったとしても次は敗けるかもしれないし、休戦になったり又始まったり [続きを読む]