介護一年生 さん プロフィール

  •  
介護一年生さん: 介護一年生
ハンドル名介護一年生 さん
ブログタイトル介護一年生
ブログURLhttps://ameblo.jp/kaigo1nensei/
サイト紹介文健康が取り柄ので“ぴんぴんコロリ”が口癖の母、それを介護するアラフィフバツイチ息子の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/04/13 13:24

介護一年生 さんのブログ記事

  • 母も驚愕の特売品
  • 「まあ、何くっつけてるの!」バカ犬の尻尾に、黄色くてヒラヒラした細長いものが付いている。特売品……テープだねえ。「どこでくっつけて来たの、 キミは!」ゴミ箱のウインナーの空き袋かなあ。匂いが残ってたのかも。剥がそうとすると、毛が貼り付いててヒャンッ、と嫌がる。「キミ、しばらく特売でなさい!」ヒャンッ。つづく。 [続きを読む]
  • 母のオカズが残飯レベル
  • snsのサービスで「○年前の思い出」と銘打ち、過去の今頃の写真がアルバムのように見れる機能がある。大概は旅行やウェーイ系だが、母の作った朝食もたまに出る。するとこの1、2年で母の料理が急に貧弱になってることに気付かされる。・量が少ない 熱を通すと野菜の量が 減るのが判らなくなってる。・カレー、豚汁を作らない 手間なのだろう。・材料の種類が減った 食材を多く管理出来ない。写真に現れない違いでは、・塩辛い [続きを読む]
  • 母がご飯炊き忘れ
  • 「ご飯、炊いてないの」またか、ため息。そばかうどんにする?「う〜ん……」数十分後、出来上がったのは浅茹でのおじやだった。冷凍保存してあったご飯を解凍、つゆで申し訳程度煮込んだだけのもの。ご飯は固いままなので消化に悪い、糖尿病の敵。時間が無いので仕方ない。つづく。 [続きを読む]
  • 母が鍵を忘れて
  • 夕方、事業所に入ると、携帯に着信履歴いくつか。母の携帯と小規模多機能。もうそれだけで予想がつく。すぐに母からまた電話。「鍵を家に忘れたの」それしか無いだろうねえ。「どこにいるの?」仕事場。「スタッフさんに代わる」はいはい、前回、鍵を忘れた時のように来るのね。「お母さまは自分で行くと 言ってるのですが……」そりゃ無理でしょう。前回もまともに覚えて無かった。「迎えに来れませんか?」はあ?そんな無茶な [続きを読む]
  • 母のスネをかじる
  • またまた金が無い。使い過ぎもあるが、個人仕事が不調のため。ここのところ、食料品日用品、トイレの鍵修理でかなり出費。ダメ元で母に無心。いくらか援助してくれた。銀行へバイクを走らせ入金、なんとか引き落としに間に合う。50を過ぎて情けない。情けないついでに普段行かないあたりをバイクで転がしてみる。無人野菜販売所で唐辛子の束を購入。乾燥してない唐辛子はかじると青臭くそしてキョーレツで涙が出た。つづく。 [続きを読む]
  • 母が生きてる間はもつ
  • どうも鼻風邪が治らない。そう言えば最近、朝起きると体が冷え切っている。寝室の出入口が開いてるから。何故なら照明が切れてるので本を読むのに廊下の電気を頼りにしているから。何時までも照明を替えない自分のせいでした、ハイ。電球型のLEDは購入済だ。ただただ替えて無かった。今のLED照明は20年はもつという話だ。母が生きてる間は大丈夫?それ以上だと母は100歳を超えることに。それもそれでいいな。つづく。 [続きを読む]
  • 母が壊したのかと思った
  • 「トイレが開かなく なっちゃったの」ある晴れた午後、母が泣きついてきた。あー、昼前にも勝手に鍵が閉まってた。外から10円玉で回して開けたから、同じよにさ。「それが駄目なの」見ると母の手に工具が。そんなバカな、どうせお母さんが鍵を半開けで閉めたからでしょ……。10円玉でびくともしない。おやおやおや?ならば、とドライバーを持ち出してくるが、やはりびくともしない。無理っぽいや、ひとまず2階のトイレを使ってよ [続きを読む]
  • 母、パニクる
  • 土曜の早朝に来客。小規模多機能さんだ。「お薬カレンダーを 昨夜置き忘れたので 持って来ました」「え? 何? 何?」動揺する母。小規模多機能さんは土日は訪問しないので、いつもなら金曜の夜に土日と月曜朝分の母の食後の薬の入ったお薬カレンダーを置いていくのだ。それを忘れたので、翌朝に持って来た、と母に説明する。「え? え? 判んない」通常と違う状況、それだけでパニクってる。これが認知症だ。「え? どう [続きを読む]
  • 母の出す白湯
  • 朝食の後、いつも母がお茶を煎れてくれる。だが数日前からこのお茶、どんどんどんどんと薄くなっていた。その朝、とうとう微かにお茶の香りがするかも、程度の白湯になっていた。お茶っ葉、交換してよ!流石に訴えた。「替えてるわよ!」嘘だ。替えてたらこんな薄いほぼ白湯になる訳無い。冷蔵庫をさぐる母、「お茶っ葉、どこかしら?」ほら見たことか。いつもの場所のお茶っ葉が無くなって、新しく探す手間をサボっていたのだ。 [続きを読む]
  • 母が洗濯物を
  • うちの洗濯物は母の寝室から干している。10年以上前だったか、母が歩いて2分の実家から鉄製のベランダを持ってきて物干し台にした。どうやって持って来たかは未だにもって判らない。母の寝室を通るので、普段取り込むのは母の役目である。ある日、母を起こしに行くと窓の外にフラフラと舞う洗濯物に気づいた。取り込み忘れたのだ。すでに冬の風も感じる季節、一晩外に放置された洗濯物は朝露でしっとり。それも2日連続。参った [続きを読む]
  • 母も呆れる晴着商法
  • 「大量の晴着のパンフ、 いったい何なのこれ?」ほら、下の子が来年に成人式だからさ。「でも18年前に、元嫁と 出てったじゃないの」産まれた直後のリストがまだ流れてるんだろうね。小中学校入学、卒業、受験の時期にも、とうに住んでない子供たちあてにDMがバンバン届いた。電話もかかってくる。「先日パンフレットを お送りしたのですが、 晴着レンタル、記念写真、 ともにお安くしてます」考えておきます。最後まで聞い [続きを読む]
  • 母の買物を処分
  • 「誰が買ったのかしら?」お母さんしかいないよ。禁止してる炭水化物菓子に高くて栄養の無いカット野菜。「全然覚えてない。 何で買ったのかしら」食べたかったのと、楽をしたかったんでしょ。ここまでがワンセット、週に1、2回繰り返す。母の目の前でゴミ箱に。「そんな、勿体無い!」勿体無い、の言葉が糖尿病の敵だから!ブツブツと言いながら自室に戻る母。居なくなったのを確かめ、カット野菜を完食しとく。だって勿体無い [続きを読む]
  • 母のミニマルオカズ
  • 久々に目を疑った。2人分のオカズとして母が作った白菜炒め。縮んで一口サイズに。白菜をひと切れ食べる。しょっぱ!!!!!「何すんの?」水で洗う。しょっぱすぎ。バシャバシャと水道で塩を流す。まだしょっぱいよ!さらにバシャバシャ、これでもかと洗う。白菜炒めはさらに縮んで冷たくなった。どうぞ。「こんなのいらない」そうだよね。でも洗わざるを得ない味付けしたのはお母さんだからね。つづく。 [続きを読む]
  • 母は鼻が効かない
  • また玄関が匂う。バカ犬の抗議ションにンコ。三和土部分に散布するので夜中、早朝に帰宅した時は踏まないように毎回が地雷源に踏み入る兵士の気分を味わえる。ドアの下はションで錆び、ンコを踏んづけたタイルは焦げ茶がこびりつく。それなのに母は「全然匂わないわよ」とひょうひょうとする。鬼しょっぱい味噌汁を作ることからも判る、老化で味覚も嗅覚も半分以下になってるのだ。そんな訳で毎日のように玄関を洗剤とブラシで掃 [続きを読む]
  • 母、水族館より帰る
  • 「ああ疲れた!」母、水族館より戻る。「別に楽しくないし」ツンデレか!配食のお弁当、受け取っといたから。「あら、ありがと」ボクは夜のお仕事へ。翌朝、食卓で。「ビックリしちゃったわ」何が?「起きてみたら下着が ガサガサ言うから 見たら紙おむつなの」は?「昨日のバス旅行で バス乗る時に 履くよう言われた んだったわ」あー、おじいちゃんおばあちゃんばかりだもんねえ。いつか母も日常的に……と思ったが口には [続きを読む]
  • 母は水族館へ行った
  • 前の晩に道の端から足を踏み外して打ち身。イタタタと唸りながら酔ってたので爆睡。ピピピピピピ、といつもより1時間早く鳴るアラーム。バス旅行なので母が1時間ちょい早く出るから。4時間しか寝てないので自分のPCデスクに座りぼんやりぼー。ピンポン、と来客。え? え?早すぎない??「合ってるわよ」ぎゃ、母が野菜を食べたか未チェック。あわてて食後の薬とインシュリンを用意、母に渡すので精一杯。行ってらっしゃい!「別 [続きを読む]
  • 母の寝てる間に落ちて
  • そんなに酔ってはいなかった。疲れからただただ眠かった。深夜バスは無くなり、深酔いもしてないので歩いて帰ることにした。元気なら徒歩30分ちょい、疲れてると1時間か。眠くて眠くて、気を抜くと歩きながら眠ってしまい、ハッと目が覚めると分かれ道を逆に歩いてたりする。それでも50分程で自宅のある住宅街にたどり着き、半目で歩んでいたら……ズコーッ!!!!左足が空を切る。あ、落ちた。川だとヤバイな。そこまで考えた直後、 [続きを読む]
  • 母のオカズは小さくなる
  • なぜなのか。認知症の症状でどうも加減が判らなくなってる?母の作った朝食のオカズ、幼稚園の給食並に余りにも量が少ないので、別の野菜を追加して炒め直すことにした。味付けも無味か食塩拷問なので悩ましい毎朝だ。つづく。 [続きを読む]
  • 母の及ばぬ消費税問題
  • 中小企業庁から「消費税転嫁等拒否等に 関する調査」が届く。今年度は消費税支払ってくれない会社は無いから報告できないなあ。前には何社かあったんだけど、取引が無くなり(潰れたとこもあり)。自分から能動的に報告も出来るみたいなので、次の機会には!年金暮らしの母には関係ないお話でした。つづく。 [続きを読む]
  • 母は爪を切る
  • ある日、いつまでも朝食に呼ばれないのでキッチンへ様子を見に行ったら、すでに食べ終わった母が手の爪を切ってた。「あら、いたの?」……ちゃんと野菜食べたのかチェック出来なかった。起きていて自室でガンガン大きな音でTVを観ていても、母には気付いてもらえない。人四季の甘さに反省。つづく。 [続きを読む]