KOU さん プロフィール

  •  
KOUさん: 大名古屋ポタリング日記♪
ハンドル名KOU さん
ブログタイトル大名古屋ポタリング日記♪
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/route999kou
サイト紹介文名古屋近辺のポタリングや『旅ポタ』中心に更新(^0^) BROMPTONでキャンプに出かける事も!
自由文折り畳み自転車であちこちでかけてます。
ただ、行きも帰りも自力でガッツリ走るとかより、キツイ部分は電車やクルマを使って横着して、美味しい部分だけ楽しむのが好きです!
名古屋周辺の自作ポタリングコースもご紹介!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供206回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/04/13 16:33

KOU さんのブログ記事

  • 珍スポ探訪記『ハニベ岩窟院』地下空間篇
  • ●雨が強くなってきたお互い、クルマに傘を置いてきていたので、逃げ込む様に岩屋に立ち入る。KOU:「おおっ」Y:「広い〜」予想以上に広々とした岩屋は、いくつかのスポットライトで照らされていて、なかなか雰囲気がある。その中には朔像と思しきお坊さんがいた。正面の像は親鸞上人のようだ。『ハニベ岩窟院』の初代住職はもともと彫刻家だった方だというから、その作品かも知れない。岩屋には他にも道元さん、蓮如さんなど、 [続きを読む]
  • 珍スポ探訪記『ハニベ岩窟院』地上空間篇
  • ●9月のある日、YからLINEが入ったY:「そろそろ涼しくなってきたので珍スポに行きましょう」暑い夏の間はお休みだったYの珍スポ探検がシーズンインしたらしい。Y:「次の探検先は・・・」KOU:「・・・ハニベ岩窟院!」それは石川県にある有名な珍スポット。前から訪ねてみたいと思いつつも、ちょっと遠い事もあって後回しにしていた場所であった。●・・・と、いうわけで木曜日に休みをもらい、石川県小松市までやってきた。 [続きを読む]
  • 雨の日に情報収集して思う・・・(*v.v)。。
  • ●雨の中、鶴舞図書館にやってきた勿論、雨ゆえに徒歩+地下鉄で+・・・週末、片付けておきたい仕事がある時、ここの社会人席ははかどっていい。・・・と、とりかかってから20分ほどで実家から電話がかかってきた。この前の中国旅ポタ土産の高級乾燥マツタケ+新米でマツタケご飯作ったら、大変美味しかったんだとか大変結構な事だけど、こちらに送ってきてくれる分はないみたい●まあ、いいや4時間少々で仕事を片付ける。スッキリし [続きを読む]
  • なかなか刺激になる、海外のBROMPTON旅系ブログ^0^
  • ●『BROMPTON trip』で検索したウェブログ(等)を見てみよう『THE BROMPTON TRAVELER』・・・ズバリ、そのままの名前のコンテンツ、なかなか面白いぞ世界中の『BROMPTONトラベラー』のブログの、いわゆる『まとめサイト』なのかな。BROMPTONでアメリカの砂漠旅していたり、ギリシャ人が国内は勿論、タイとかBROMPTONで旅している姿を見たりできる・・・言葉は読めないけど。日本に遊びに来た人のブログもあるね。個人的には、ヨー [続きを読む]
  • 今度は『ミニベロ 旅』で検索して思う(*v.v)。。
  • ●googleで『ミニベロ 旅』で検索してみるお、先日『ミニベロ キャンプ』で検索して出てきた画より、シュッとしていてスタイリッシュに見えるね折り畳み式でないミニベロも多い。輪行ではなく、自走だけで出かけている人が多いという事かな?●『BROMPTON trip』で検索してみるこっちは先日『Brompton camp』で検索した時とスタイルはほとんど変わらない様に見えるけど、やっぱり背景が楽しそう!見知らぬ国の田舎は、たっぷりの [続きを読む]
  • 『ミニベロ キャンプ』で検索して思う(*v.v)。。
  • ●Googleで『ミニベロ キャンプ』で検索してみる色々なスタイルのキャンパーさんがいて、なかなか面白いね。前後に荷物を搭載されている方が多い様に見える。●続いて『BROMPTON キャンプ』で検索してみる大体、似た様な感じだ。みんな、色々工夫しながら旅してるんだな・・・●最後に『Brompton camp』で検索してみる海外のキャンパーの写真が増えると同時に、トレーラーを使っている写真が一気に増える。お、左下に僕の写真も出 [続きを読む]
  • BIG氏のブログを見て思う…(*v.v)。。
  • ●僕は他のキャンパーさんブログ等の影響を受ける事は殆どないのだけれど・・・↑BIG氏のブログから影響を受けることはよくある。なんてステキなガスランタンなんだろう●ほしい!しかし、けっこう高そうだな『それなりの環境』にキャンプしに行くと交通費もそれなりにかかるし、食材費も結構かかるんだよね。ここは、手頃な価格のものを1個試しに買ってみることにするか・・・●次のキャンプ地は・・・先週末にKさんが言っていた [続きを読む]
  • 【旅とポタ】秋の風情を愉しむポタ(*v.v)。。2日目 坂下の花馬祭り篇
  • ●2017年10月8日(日)ルートイン恵那で朝食をとり、中津川市の坂下神社に向かう。キョリはここから20km少々といったところだが、中津川市はとにかく峠が多いエリアでしんどいので、とりあえずクルマで運んでもらい・・・●9時過ぎには坂下神社に到着創建時期は未詳。源平合戦で活躍した武将・木曽義仲がとても厚く信仰していた神社で、もともとは別の場所にあったものを、彼が現在の場所に移動したそうな。とにかく坂だらけの坂下 [続きを読む]
  • 坂下の花馬祭り
  • のどかな田舎町の坂の上にあるお社に、礼服に身を包んだ町内代表者の長い列に続き、鮮やかな『花』で飾られたお馬が静々とやってきた!これは素敵じゃないのブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.10.08 美濃国 坂下神社にて [続きを読む]
  • 【旅ポタ】秋の風情を愉しむポタ(*v.v)。。1日目 岩村の獅子舞篇
  • ●ある日・・・Kさん:「KOUさん! KOUさんが仕事してる地区で、夜に行われる珍しい『獅子舞』があるそうですよ!」Kさんは仕事でお世話になっている映像プロデューサーで、たまに遊びに出かけたりする間柄だ。KOU:「獅子舞・・・?夜にやるというのはそんなに珍しい事なのですか???」Kさん:「私はあまり聞いた事がありませんね ちょっと見に行こうと思うのですが、一緒に行きます?」夜の獅子舞(*v.v)。。。秋の風情を [続きを読む]
  • 『夜の獅子舞』見物でほっこり
  • 岐阜県恵那市の岩村地区に伝わる、あまり聞いた事がない『夜に催される獅子舞』を見物しに来たいやあ、楽しかったし、ほっこりした詳しくは本篇で述べるとして、夜開催の地域文化を探訪する『泊りがけの旅』は、例え近場でも結構よさそう!ブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.10.07 美濃国 恵那市岩村町にて  [続きを読む]
  • VOLT300 SUBARUエディション再購入・・・
  • ●おそらくは上海のメトロポールホテルに忘れてきてしまったVOLT300 SUBARUエディション6日間の旅から日本に戻ってくるなり、Amazonで購入。8,000円弱だったかなトホホこういう比較的高いアイテムを『忘れて失う』とか、我ながらホントいい加減にしてほしい。●とは言え、超お気に入りのライトなので、在庫があって本当によかったこの深いブルーの美しさときたら、どうだ。心、洗われるような蒼ではないか。保管・観賞用にもう1個ほし [続きを読む]
  • 夜の哈爾浜にて思う(*v.v)。。
  • 夜風がふわ〜っと吹いてきて、たくさんの五星紅旗がゆったりとたなびいていた。この街は10月の上旬には雪が降り、冬には氷点下20度以下の酷寒の世界と化す。アーチの雪のオブジェも、納得だね。ブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.09.21 中華人民共和国 黒龍江省 哈爾浜市 中心部にて [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その12 さよなら哈爾浜 篇
  • ●哈爾浜市の夜のポタは、ポツポツと写真を紹介するような感じで・・・涼しい夜風に吹かれながら、のんびりと探訪する夜、9時頃になっていても、のんびりと散策している人はかなり多い。哈爾浜で特に目立ったのは『自販機』だ。勿論、日本ほどではないが、街の中でかなり見かけた。治安が良いのだろう。通りのアーチでゆったりと翻っていた五星紅旗。なかなか幻想的な光景だった。様々な色でライトアップされた、意味不明の森・・ [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その11 探走!夕暮れの哈爾浜 篇
  • ●Unit 731 museumからホテルまではタクシーで移動ここはタクシーなどなかなか通らない郊外だ。根気強くタクシーを探して、博物館近くの食堂前で休憩中のタクシー運転手を見つけて声をかけた。どういう理由か分からないが、彼自身は都心方面には迎えないようだが、「あんたじゃ無理だろうから、俺がつかまえてやるよ」という事で、15分ほどかけてタクシー探してくれた。前回の旅でも今回の旅でも感じることだが、この国は割と人懐 [続きを読む]
  • ソフィア大聖堂とBROMPTON
  • 夕〜夜の哈爾浜市内をグルグルと走り回る。やっぱ、旅は楽しいなあ。この聖堂は、ドームの天井がモスクみたいにも見えるね。そろそろ中東・イスタンブール行ってみたいけど、テロが怖いんだよな〜。ブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.09.21 中華人民共和国 黒龍江省 哈爾浜市 ソフィア大聖堂前にて [続きを読む]
  • Unit 731 museum
  • 負の遺産。何年かに一度、こういうところも探訪してみたりする。ブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.09.21 中華人民共和国 黒龍江省 哈爾浜市 Unit 731 museumにて [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その10 731部隊遺構をポタる 篇
  • ●今、僕は哈爾浜市の?家沟河(馬家溝川)にかかる橋の上にいる稚内と同じ緯度だが、陽がどんどん上がってくると、それなりの陽射しになってくるな。日焼け止めクリーム塗っとこうペタペタペタ(´ω`A) さて、731部隊の遺構はここから20km少々南、哈爾浜市の郊外にあるらしい。たとえ異国で寝不足で、いかにヘタレの僕だろうが楽勝過ぎるキョリだな。●『中山路』という巨大な道路に沿って進み始める『中山路』っていう道路、上 [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その8 朝の哈爾濱駅で思う(*v.v)。。 篇
  • ●定刻の6:10に到着した哈爾濱は、さすがに少し寒かった今回の様な軽装でこれるギリギリの季節だったろう。●哈爾浜(ハルビン)市はこんな位置にある日本だと稚内とほぼ同緯度にあるこの街は、80年前に僕の祖父母が渡ってきて、父が生まれた街でもある。祖父母が暮らした期間は10年程度。その暮らしの最後で祖父はソ連に連れ去られ、祖母は4歳の父を含む3人の子供を連れて命からがら脱出する事になるわけだが・・・●この街に到着 [続きを読む]
  • 哈爾浜駅に降り立って、思う(*v.v)。。
  • 80年前、祖父母が降り立った満州国という社会、世界感、情景は、ここまで来ても全くイメージできなかった。と、いうか、全てが幻だったんじゃないかと思うほどに、僕には現実感が感じられなかった。でも、じいちゃんもばあちゃんも、いたんだよね。ここに。ブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.09.21 中華人民共和国 黒龍江省 哈爾浜駅にて [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その7 早上好!寝台特急で哈爾浜へ 篇
  • ●色々な偶然や親切な方たちのおかげで修理完了したBROMPTON@中華人民共和国 大連市特に、小料理屋のママさんに出会っていなければ絶対に直らなかったろう。ありがとうありがとう●時刻は17時過ぎ中国の北の外れの街・斉斉哈爾(チチハル)行き寝台特急は、20:22に大連駅を出発する。それまでの時間、お世話になった小料理屋『泉』で夕飯を食べてから、駅に向かうことにしようママさんは中国語が苦手な僕の為に、1枚のメモを書 [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その6 運命に抗え!大連決着篇
  • ●クランプのネジがひん曲がってしまった僕のBROMPTON・・・BROMPTONのショップがある上海まで1000kmちょっと引き返せば交換できる可能性はないわけではないが、旅行のスケジュールそのものが破綻するリスクの方がよほど高い。と、なると、この大連市内でこのネジを修復してくれる職人を探し出す必要がある。しかし、鍛冶屋みたいな高度な作業をしてくれる様な人物を探し出すには、完璧に僕の言葉を理解してくれて、この街の事情に [続きを読む]
  • 【旅×輪】中国浪漫ポタ(*v.v)。。その5 運命に抗え!大連死闘篇
  • ●衝撃の瞬間まで90分地下鉄への乗車を断られた僕は、大連周水子国際空港でタクシーを捕まえて、大連市内へ向かっていた。『ロマンとトレンドの街、大連』・・・大連はガチで下調べゼロで来てるので何があるのかさっぱりわからんが、期待出来るのだろうか・・・?●衝撃の瞬間まで60分上海とは違って狭い路を数多く通り、タクシーはホテルに到着。今日の投宿先は、旧満州鉄道が経営していた『ヤマトホテル』の建物で営業中の『大連 [続きを読む]
  • 旧満鉄ヤマトホテルに到着・・・
  • 祖父母の旅路を追体験するつもりで投宿・・・それはいいのだが、僕のBROMPTONは致命的なダメージを負っていたブログ村のカウンターにチャレンジしています!↑ポチッと押して頂けると、励みになります!よろしくお願いします2017.09.19 中華人民共和国 遼寧省大連市 大連賓館(旧ヤマトホテル)にて [続きを読む]