櫻撫子 さん プロフィール

  •  
櫻撫子さん: 包み結び 櫻撫子
ハンドル名櫻撫子 さん
ブログタイトル包み結び 櫻撫子
ブログURLhttps://ameblo.jp/tsutsumi-musubi/
サイト紹介文包み結びを切り口に歳事記などの身近な和の文化を皆様への贈り物として発信しています。
自由文海外在住時代に日本の「包む文化」の素晴らしさに目覚め、帰国後にラッピングコーディネーターとなり、折形、水引、花結び、室礼を学びました。日本の伝統文化を現代の生活に活かし、未来に伝えていきたいと思い活動中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/04/14 14:58

櫻撫子 さんのブログ記事

  • 一家に一冊♪〜「和食手帖」のご紹介〜
  • 私も会員になっている「一般社団法人 和食文化国民会議」監修の「和食手帖」が発売されましたので、ご紹介致しますね。 一般社団法人 和食文化国民会議 ふふふ…私は会員なので、カタログとともに1冊、送っていただきました〜♪ 〜和食手帖〜 和食手帖1冊でわかる和食の基礎知識 和食文化国民会議 監修思文閣出版1500円(税別) 調理道具、食器、盛り付け、食事のマナー、食材・調味料の種類、各地の食、和食歳時記など、盛り [続きを読む]
  • 「包み結び 櫻撫子」〜商標登録のお知らせ〜
  • 私が主催する「包み結び 櫻撫子」の名称が商標登録されましたので、お知らせ致します。 自分のこれまでの活動を何かのカタチで残したいと思ったのがキッカケでございました。 〜登録証〜登録番号は伏せております あらっ! 前々回のブログでご紹介した十六弁八重菊表紋がここにも… 7月27日のブログ 私の櫻撫子紋(さくらなでしこもん)も、ご紹介♪ 枝垂れ桜と撫子を組み合わせた紋でございます。 〜櫻撫子紋〜上が櫻、下が撫子 [続きを読む]
  • 櫻撫子塾〜8月の公開レッスンのご案内♪〜
  • 2018年8月の櫻撫子塾の公開レッスンのご案内です。 和の包みや結び、折形にご興味がありましたらぜひ、ご参加くださいませ♪ 【LaLa Club】<結び講座>菊結びのアクセサリー〜菊結びのペンダント〜 9月9日の重陽(菊)の節供の解説とともに、菊結びのペンダントなどのアクセサリーをご紹介致します。 日時: 8月10日(金)10時30分〜12時場所: LaLa Club ららぽーと豊洲内    最寄駅 東京メトロ有楽町線 豊洲 問い合 [続きを読む]
  • 室礼〜文月のお稽古から「お盆」〜お盆とお彼岸の違いって⁉?
  • 今月の室礼のお稽古のテーマは「お盆」。 お盆には、ご先祖さまたちが家に帰ってくるそうです。 帰ってきたご先祖さまをもてなして、家族とともに過ごし、またお送りするのがお盆の行事と… 今回の私の室礼のテーマは、お盆〜ご先祖さまのお迎え〜でございます。 〜お盆、お迎えの室礼〜 ご先祖さまは、野の花を伝って家に帰って来られるとか… お花は禊萩(ミソハギ)、菊、リンドウ、ガマの穂。 ガマの穂の別名は、「灯芯草」( [続きを読む]
  • ネコジャラシも立派な茶花に♪〜「茶花」にハマる〜
  • 期間限定ではありますが、40年ぶりにお茶のお稽古を再開致しました。 毎回先生がご用意されるお軸、香合、釜敷き、茶花などのしつらえの美しさに感動♪ その中でも、しっとりとした「茶花」にハマってしまいました。 「茶花」とは、茶席に生ける季節の花。 先生は、ご自宅のお庭で茶花を育てているそうです。 私も真似して、我が家で育てている花を生けてみました。 〜我が家の花生け〜デュランタ・タカラヅカと白のルリマツリ カ [続きを読む]
  • 室礼〜水無月のお稽古から「七夕」〜
  • 今日は、夏越しの祓、そして来週の土曜日は七夕。 6月に行われた室礼のお稽古から「七夕」のご紹介です。 七夕の節供には、いろいろなイミがありますが、今回の私のテーマは乞巧奠(きこうでん)。 乞巧奠(きこうでん)とは、七夕の夜に、機織りが上手だった織姫に「手芸が巧みになりますように」と…女子が願う祭事でした。 その後、いろいろな芸事の上達を祈る行事となったようですが… 美しい文字が書けますようにとの…願いを [続きを読む]
  • 櫻撫子塾〜2018年7月の公開レッスンのご案内♪〜
  • 櫻撫子塾 2018年7月の公開レッスンのご案内です。 和の包みや折形にご興味がありましたらぜひ、ご参加くださいませ♪ 【LaLa Club】<和の包み講座>和紙で折る伝承のポチ袋〜シャツ形とセーラーカラー形のポチ袋〜 夏休みの子供たちにあげるお小遣い「お盆玉」にも使える、シャツ形とセーラー形の可愛いポチ袋をご紹介致します。 日時: 7月13日(金)10時30分〜12時場所: LaLa Club ららぽーと豊洲内    最寄駅 東京 [続きを読む]
  • ラッピング〜マチ無し袋のマジック‼?〜
  • ラッピングの中でよく使われる「袋」についてのご紹介。 袋には大きく分けて「マチ無し袋」と「マチ有り袋」の2種類があります 先日、ららぽーと豊洲のLaLa Clubでのラッピングレッスンでは、厚みのない物を入れるの適した「マチ無し袋」の作り方と袋の口のバリエーションをご紹介致しました。 〜レッスン風景〜 まずは、袋作りから。 包装紙の長い辺に貼る両面テープの使い方や、紙の貼り合わせ方に皆さま目からウロコ!! 単純 [続きを読む]
  • 〜「青もみじ」の包み結び〜モミジとカエデの違いって?
  • 雨に濡れた緑が美しい季節になりました。 「包みと結び」でこの季節を表してみましたので、ちょっとご紹介♪ テーマは青もみじ(楓)。 そもそも「紅葉(もみじ)」と「楓(かえで)」の違いとは… 「もみじる」とは、秋に木の葉が赤や黄色に色づくイミだそうです。 秋になって黄色や赤に変わった葉を全て、紅葉(もみじ)と呼ぶそうです。 植物の世界で、カエデ科はあってもモミジ科はないようです。 ゆえに、まだ紅葉しない楓( [続きを読む]
  • 室礼〜皐月のお稽古から「虫除け」〜
  • 遅くなってしまいましたが、5月の室礼のお稽古のご報告です。 私のテーマは「虫除け」。 虫除けとは… この季節になると虫の動きも盛んになってきます。 私は虫が嫌いですが、虫にもいろいろなムシが… 稲などの植物や人間に害を与える「害虫」、そして災いや、人間の心の中に住む「虫」。 「浮気の虫」なんてのも…? 悪い虫が入ってこないよう願う室礼です。 香りの強いもの、苦い味のものを盛って虫除けと致します。 〜虫除け [続きを読む]
  • 風に、空気に、神仏の気配を感じた〜奈良ひとり旅〜
  • JR東海の「そうだ 京都、行こう。」の青もみじ&御朱印めぐりと、「うましうるわし奈良」の写真とキャッチに惹かれ、MIHO MUSEUMの後は、奈良と京都へ… 〜東大寺二月堂への裏参道〜 東大寺大仏殿の裏から二月堂へ、土塀が続く私のお気に入りの道。 ほとんど人通りはなくて、時々、鹿さんと遭遇… 〜奈良市内一望〜 二月堂から奈良市内が一望できるこの場所もお気に入り♪ 正面に大仏殿の屋根が。 この後は、てくてく歩いて、若草 [続きを読む]
  • 緑の中の桃源郷「美の世界」@MIHO MUSEUM(ミホミュージアム)
  • 滋賀県のMIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)に行ってまいりました。 京都からバスで1時間ほど、奥深い山の中にあるミュージアムは素晴らしいものでした。 見渡すかぎり山々の緑しか見えません。 もちろん、携帯の電波も?? この美術館のコンセプトについて解説してくださった、館長の熊倉功夫先生のお話は大変興味深いものでした。 〜美術館へのトンネル〜トンネルの入り口を中から撮影 美術館のゲートの建物から美術館の本館へ [続きを読む]
  • 40年ぶりにお茶のお稽古を再開いたしました〜♪
  • 先月から、なんと40年ぶりにお茶のお稽古を再開しました。 とりあえずは、半年の期間限定で…? 〜お茶のお稽古の持ち物〜 昔の持ち物は処分していましたが、今回新たに購入したのは、袱紗とお扇子だけ。 なぜか、数寄屋袋や懐紙挟み、古帛紗、懐紙、楊枝入れなどは、我が家にありました… なぜ、お茶のお稽古を再開したのか、それは… 〜陰陽五行 茶の湯のなかの易思想〜 思えば40年前、お茶のお稽古を始めたキッカケは、茶筅で [続きを読む]
  • 浮世絵〜広重の「名所江戸百景」はインスタ映えする構図!!〜
  • 大好きな歌川広重の「名所江戸百景」展を太田記念美術館@原宿で鑑賞してまいりました。 〜名所江戸百景@太田記念美術館〜 「名所江戸百景」は、浮世絵師の歌川広重が安政3年(1856年)から安政5年(1858年)の間に描いた江戸の名所図絵でございます。 面白いのは、名所図絵の下に、描かれた場所が現在のGoogleマップの拡大図で示されていて、どの方向を見て描かれたのかが、一目でわかるようになっていること。 霞ヶ関から江戸 [続きを読む]
  • 結び〜卯月のお稽古から「菊づくしの結び」〜
  • 3月から結んでいる、結びのカタチがの完成形がようやく見えてきました。 〜菊尽くしの結び 作品其の壱〜 〜新しく結んだ結び〜 菊のつなぎ結びの下の結びを変更。 菊のつなぎ結びの下に、八重菊結び、菊の五つ結び、八重菊結び3個と結んでみました。 この後は、師匠と相談です。 〜菊尽くしの結び 作品其の弐〜 菊尽くしの結びの其の弐でございます。 ひもの色も萌黄色に変えて… 上部は菊尽くしの結び其の壱と同じに、上から二 [続きを読む]
  • 櫻撫子塾〜2018年5月の公開レッスンのご案内♪〜
  • 櫻撫子塾 2018年5月の公開レッスンのご案内です。 結びや折形にご興味がありましたらぜひ、ご参加くださいませ♪ 【LaLa Club】 <ふろしき講座>いざという時に役立つふろしき活用術 ふろしきリュック、忍者マスクなどを中心に、災害の時などに役立つふろしきの使い方をご紹介致します。 日時: 5月11日(金)10時30分〜12時  場所: LaLa Club ららぽーと豊洲内    最寄駅 東京メトロ有楽町線 豊洲 問い合わせ先: [続きを読む]
  • 室礼〜卯月のお稽古から「端午の節供」〜
  • 4月の初旬に行われた室礼の「端午の節供」のお稽古。 端午の節供を彩る植物と可愛らしい木彫りのお人形をしつらえてみました。 〜「端午の節供の室礼」〜 盛り物は、菖蒲、枇杷(ビワ)の実、枇杷の枝、獅子唐(シシトウ)、赤ピーマン、茄子。 そして、木彫りの人形の置物。 〜木彫りの人形〜 富山県砺波市の木彫家 野村修三さんの作品だったと思います… 以前から、端午の節供にしつらってみたいと思っていた作品でございます。 [続きを読む]
  • 歳時記の包み結び講座から〜5月5日は「女の日」だったんですよ♪〜
  • 歳時記の包み結び講座から、端午の節供を楽しむ「和の包み」のご報告です。 まずは、端午の節供の解説から。 中でも、現在5月5日は「こどもの日」ですが、昔は「女の日」だったというお話には、みなさま驚かれていました。 この解説はブログの最後に♪ 〜兜をのカタチを折り出した包み〜金封包み・カード包み・ハガキ包み まずは、折り紙の兜(かぶと)の折り方から。 皆さま、一度は折ったことがある兜ですが、美しい兜のカタチに [続きを読む]
  • 美しき炭「花炭」の世界〜「花炭」って知ってる?
  • 友人から「花炭(はなずみ)」というものを頂きました。 「花炭(はなずみ)」をご存知でしょうか? 花炭とは、植物を原形のまま炭にしたものです。 美しい花炭、皆様にもちょっとご紹介致しますね♪ 〜花炭の盛り合わせ〜 墨色を美しく見せたいと思い、ガラスの器に盛ってみました。 コデマリの枝を添えて… さもないと、全くの白黒写真になってしまいます(汗) 〜コデマリの花がないと、まるで白黒写真…〜 どんな植物が花炭に [続きを読む]
  • 桃源郷〜桃の花を楽しむ旅@甲州・桃に込められたイミをご存じ?〜
  • お稽古仲間の皆さまと、甲州(山梨)へ。 桃の花と和紙とワインを楽しむ旅は、まさに桃源郷への旅。 まずは、中央高速道、釈迦堂PAの釈迦堂遺跡博物館付近の美しい桃の花をお楽しみくださいませ〜♪ 〜桃の花のカーテン〜こちらは枝垂れ桃 桃の節供のころに出回る、触るとツボミがポロポロと落ちてしまう桃の花とは大違い。 びっしりと花びらをつけた桃の花は、思ったよりも大きくて生命力に満ち溢れています。 〜白い桃の花〜 清 [続きを読む]